渡島管内。 函館市・渡島管内

新型コロナウイルスに関連した肺炎について | 渡島総合振興局保健環境部保健行政室

渡島管内

北海道4例目の感染確認 60代の日本人男性 北海道は19日、新たに渡島振興局管内に住む60代の日本人男性の感染が確認されたと発表。 道内の感染者は4例目。 発症前14日間の海外渡航歴はなく、道が行動歴と濃厚接触者を調査している。 石狩管内とか渡島管内とか、どんだけ広いかわかるでしょうに。 プライバシー?人権?風評被害?今はもっと優先すべきことがあるでしょう。 感染を最小限にとどめる為に。 身近な人、もしくは自分が感染する可能性も十分ありえるよなあ。 — mily. 職業は明らかではないが、渡島振興局管内と言えば、函館も含まれる。 函館朝市関係者かもしれない。 外国観光客も多いし。 移動歴・感染経路は、感染者がもっと出ないと特定・発表できないということか? 憶測ではあるが! — 雪だるま ezorisu1013 渡島管内って範囲広すぎないか?せめて市まで言って欲しいもんだけどな。 まぁ、だいたい想像つくけど。 — 335 yorozuy66187861 渡島管内で感染者ってまあ十中八九函館だろうな。 なんにせよ、プライバシーの問題もわかるけど、ある程度絞った範囲で公表してくれないと、必要以上に警戒してしまう。 北海道はデカいんです。 — 葛生雪人 tL26Ox59ULVNNew.

次の

函館市・渡島管内

渡島管内

歴史 [ ]• (30年) - 亀田支庁、松前支庁、函館支庁設置• (明治32年) - 亀田支庁と函館支庁を統合、存続支庁の亀田支庁を函館支庁に改称• (明治36年) - 松前支庁を函館支庁に統合• (11年) - 渡島支庁に改称• (平成17年) - 八雲町が管内のと合併しとなり、旧熊石町域を管内に加える。 (平成22年) - 渡島支庁を渡島総合振興局に改組 地理 [ ] 所管 [ ] 従来の渡島支庁と同一であるが、条例により「広域で所管することが望ましい業務」に関しては隣接する檜山振興局管内を含む全域において事務を担当する。 14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では、 道南総合振興局(どうなんそうごうしんこうきょく)の名称で、檜山支庁より改組されるを下部組織として設置する予定であったが、「格下げ」に対する反発が生じたことから(平成21年)3月に条例を改正。 名称を支庁と同じ「渡島総合振興局」とし、檜山振興局については総合振興局と同等の地位(上の支庁)とされた。 人口 [ ] 人口変遷 [ ] (2010)• 一般的な都市圏の定義についてはを参照のこと。 なお、この表でよりも下の地域は胆振国。 '80 '80 1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体 (現在) 総合振興局 (現在) 渡島 - - - - - - 松前町 渡島 - - - - - - 福島町 - - - - - - 知内町 函館 都市圏 39 万5403人 - - - - - 木古内町 函館 都市圏 37 万5536人 函館 都市圏 37 万3296人 函館 都市圏 36 万6677人 函館 都市圏 37 万0744人 函館 都市圏 35 万5622人 七飯町 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 森町 - - - - - - - - - - 八雲町 渡島 - - - - - - - - - - 長万部町 脚注 [ ] [].

次の

渡島管内(2020/02/19 18:00)

渡島管内

政時代や制施行よりも前の歴史については、「」、「」をそれぞれ参照• (30年)11月2日 - 函館支庁、亀田支庁、松前支庁が設置される。 (明治32年)10月1日 - 函館支庁が廃止される。 また、亀田支庁が函館に移され、函館支庁と改称する。 (明治36年)12月22日 - 松前支庁が函館支庁に合併される。 (11年)8月17日 - 函館支庁から渡島支庁へと改称する。 (58年) - 鹿部村が施行してとなった。 (16年)12月1日 - が ・・・の4町を編入合併した。 (平成17年)4月1日 - (旧)とが合併して(新)となった。 2005年(平成17年)10月1日 - とが新設合併し、となった。 これにより、旧熊石町域は、を離脱して渡島支庁管轄となった。 (平成18年)2月1日 - とが合併してとなった。 (平成20年)6月28日 - において、を渡島支庁に編入する等、14支庁を9地域に再編し、名称を支庁から地域振興局に改める旨の条例案が可決された。この条例では、はの下に置かれることになっていた。 (平成21年)3月31日 - 他の総合振興局への編入対象となった支庁の反発を受け、北海道議会で条例の改正案が可決。 これに伴い、振興局は総合振興局と同等の扱い(上の支庁)へ改められるとともに、広域で所管することが望ましい業務に関しては隣接する総合振興局の所掌事務とすることが出来るとされた。 (平成22年)4月1日 - 渡島支庁が廃止され、が発足。 一般的な都市圏の定義についてはを参照のこと。 なお、この表でよりも下の地域は胆振国。 '80 '80 1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体 (現在) 総合振興局 (現在) 渡島 - - - - - - 松前町 渡島 - - - - - - 福島町 - - - - - - 知内町 函館 都市圏 39 万5403人 - - - - - 木古内町 函館 都市圏 37 万5536人 函館 都市圏 37 万3296人 函館 都市圏 36 万6677人 函館 都市圏 37 万0744人 函館 都市圏 35 万5622人 七飯町 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 森町 - - - - - - - - - - 八雲町 渡島 - - - - - - - - - - 長万部町 備考 [ ] 美原4丁目に庁舎を移転するまでは、近隣の函館市五稜郭町26番1号(現在は函館市中央図書館が建っている)に庁舎を構えていた。 関連項目 [ ]•

次の