麻婆豆腐 冷蔵庫。 パックのままはNG!?「豆腐」の賢い保存方法でおいしく長持ち♩

麻婆豆腐の保存方法と賞味期限は?

麻婆豆腐 冷蔵庫

水卜麻美アナウンサーが挑戦する麻婆豆腐レシピ【スッキリ】 スーパーの食材だけで作れる究極の麻婆豆腐が30分程度で作れます。 食材・調味料の分量・食感が全て黄金比率で計算し尽くされています! 材料(2人分) 牛肉(焼肉用)・・・100g 木綿豆腐・・・1丁 ショウガ(みじん切り)・・・20g ニンニク(みじん切り)・・・20g 万能ねぎ・・・20g 豆板醤・・・20g ラー油・・・30cc サラダ油・・・30cc ごま油・・・30cc 納豆・・・30g 粉山椒・・・お好みで 《a》 テンメンジャン・・・・30g しょう油・・・30cc 紹興酒(または料理酒)・・・30cc 顆粒チキンスープ・・・5g 水・・・200cc 《水溶き片栗粉》 片栗粉・・・15g 水・・・15g 作り方 1.万能ねぎは2cmに切ります。 2.牛肉は元々の厚さを目安に、粗く刻みます。 お玉の背で押すように混ぜます。 反対側で混ぜると豆腐が崩れてしまいます。 11.《水溶き片栗粉》を少しずつ投入し、混ぜ合わせます。 12.再び火を点け強火にして とろみがつき水溶き片栗粉の水分が飛んだら、ごま油・ラー油を加えて豆腐を焼くようなイメージで火を通します。 13.器に盛り付け お好みで粉山椒を振って完成です。 教えてくれたのはO2の大津光太郎シェフ この究極の麻婆豆腐を教えてくれたのは中国料理店のO2の大津光太郎シェフです。 中華料理の名店で15年間修行した後、2018年に独立されO2オープン。 すると、わずか2年でミシュランガイドに掲載され名店の仲間入りをされました。 多国籍の食材を組み合わせ、中国料理に落とし込むのが大津光太郎シェフの料理の特徴です。

次の

作りおきもできる。麻婆豆腐のもと

麻婆豆腐 冷蔵庫

お味噌汁やサラダ、ハンバーグなど……日々の食卓に大活躍の「豆腐」。 ですが、メニューによっては一度に使いきれない場合もありますよね。 そんな時、みなさんは残った豆腐をどのように保存していますか。 「パックのまま保存しても大丈夫?」 「中に入っていたお水はどうする?」 「冷凍してしまっても良いの?パサパサにならない?」 など、いろいろ気になる点はあるけれど、なんとなく開封するまでは買ってきた状態のまま冷蔵庫に入れているという方も多いのではないかと思います。 パックのまま使うまで冷蔵庫で保存しているという方は、ぜひ今回の保存方法を参考にしてみてください! 安いからとついついたくさん買ってしまう豆腐、せっかくであればおいしさを損なわないよう、きちんと保存していただきましょう。 豆腐を購入する際に必ずと言っていいほどパックに入っている水。 あの正体は一体何なのでしょうか。 開封する際に、勢い余って水をこぼしてしまったという方も多いのではないかと思います。 実は、 あの水には2つの役割があります。 1つ目は、クッションの役割をするためのもの。 輸送時、豆腐のままで包装してしまうと運搬時の衝撃で形が崩れてしまう可能性があるため、パックの中に水を入れることで豆腐の形崩れを防いでいるそうなのです。 いくら味は同じと言われても、やはりぐちゃぐちゃに崩れた豆腐はあまりおいしそうに感じませんよね。 2つ目は、豆腐の水分を外に逃がさないためです。 豆腐はその80%が水分でできており、放っておくとどんどんと水分が抜け、あの豆腐ならではの滑らかな食感が損なわれ、スポンジのようになってしまうのだそうです。 ちなみに、この豆腐の水は料理に使ってもいいのか、栄養はあるのか、などインターネット上では様々な疑問があがっているようです。 メーカーなどによりますが、この水には保存料などの添加物が含まれている場合もあり、あくまでこれは 豆腐を守るための水ですので、そのまま飲んだり、料理に使うことはあまりおすすめできません。 ひとつ目は、 きれいな水に移し替えて保存することです。 先ほども少しご紹介したように、豆腐のパックに入っているあの水は、あくまで豆腐を輸送時などの衝撃から守るためのもの。 一度開封したものは、きれいな水に移し替えてから保存をしましょう。 以下に保存の手順をご紹介します。 豆腐のパックを開封し、水を捨てます。 きっちりと蓋をします。 冷蔵庫で保存します。 また、温度は低すぎても豆腐の食感を損なう原因となってしまいますので、凍るほど冷たい水は避けてくださいね。 水はそのままにしておくとアクがたまりやすく、豆腐が傷む原因となりますので、最低でも1日1回、夏場は1日2回ほど交換するのが理想です。 また、この方法で保存した豆腐は、極力2~3日で食べきるようにしましょう。 食べきれない場合は、一度加熱することをおすすめします。

次の

麻婆豆腐

麻婆豆腐 冷蔵庫

茄子は冷凍出来るのか? 夏野菜の1つ『茄子』ですが、みずみずしい野菜は冷凍に不向きと言われています。 もともと水分の多い茄子は冷凍には向いていないと言われていますが、ひと手間くわえてあげると茄子も冷凍が可能になります。 まず茄子を冷凍出来る様に準備をしましょう。 準備する物はボウル・塩・水・ジップ付きの袋を用意します。 始めに茄子を水洗いし半分にカットします。 食べやすい大きさに切ると良いですが、ここでは半分にした茄子の太い方と細い方が均等な大きさになる様にカットしましょう。 次にカットした茄子に小さじ1程度の塩をまぶします。 揉み込まなくても大丈夫ですので塩をまぶした状態で軽く混ぜ20~30分ほど置いてアク抜きをします。 時間になったら水を加えさらにアク抜きをします。 この時に水に空気が触れない様にラップで蓋をして置きます。 最後にキッチンペーパーで茄子の水気をしっかり取りジップ付きの袋に入れて冷凍をします。 アク抜きをすると茄子は冷凍が可能になります。 麻婆茄子の保存方法 麻婆茄子の冷凍方法は粗熱を取ってから空気に触れない様にジップ付きの袋へ入れ、なるべく薄く平らにして口を閉じます。 アク抜きをしっかりしていない茄子で調理して、それを冷凍すると麻婆茄子の味が変わってしまいます。 そして唐辛子が入っているとは言え茄子も傷みが早まってしまいます。 調理する場合はしっかり茄子のアク抜きをした物で作りましょう。 解凍は冷凍庫で自然解凍をし再度、整えてあげます。 スポンサードリンク 長く保存するなら? 長く保存をするなら麻婆と茄子を別々に冷凍しておく事を勧めます。 別々に冷凍し麻婆を温めている時に解凍した茄子を1度、フライパンで焼いてルーと合わせると美味しい麻婆茄子が出来ます。 一緒に冷凍し再度、調理をすると茄子の色が変色して見た目にも美味しさが半減してしまいます。 まとめ 麻婆茄子を冷凍するなら空気に触れない様に薄く平らにしてジップ付きの袋に入れ保存をします。 茄子から水分が出てくると風味も見た目も悪くなってしまいますので麻婆と茄子は別々に冷凍保存する事を勧めます。 check スポンサードリンク.

次の