領収 書 書き方。 香典に領収書は出るの?領収書の書き方や香典が経費になるのかを解説|終活ねっと

領収書は個人でも発行して良いの?印紙は必要?書き方の注意点は?|ドクモバ!

領収 書 書き方

スポンサーリンク 普段何気なく使っている領収書ですが、いざ自分で書くとなると、 どうやって書けばいいのかわからないという方も多いと思います。 しかし、領収書は書き方のポイントをいくつか理解しておくだけで、 誰でも簡単に書けるようになります。 ネットでの取引が当たり前となっている現在では、 仕事上では領収書の使う場面がほとんどないという方でも、 ネット売買の際に相手が領収書を要求してくるというケースも度々あります。 そのため、誰でも領収書の簡単な知識を身につけておく必要があると言えるでしょう。 そこで今回は、意外と知らない領収書の知識や書き方をご紹介していきます。 個人や手書きの場合など、様々な場面に応じて対応できるよう、詳しく解説していきます。 スポンサーリンク Contents• 領収書の書き方!個人でもかくべき?手書きでも良い? 領収書とは、お金のやり取りの証明書とも言えます。 もし、何らかの取引の際に領収書を求められたら、 例え個人的な取引であっても必ず発行しなければなりません。 しかし、領収書の定型書類が常に手元にあるとは限りませんよね。 そんなときは、手書きで領収書を作成しましょう。 実は、領収書はどんな紙に書いても、 必要事項さえしっかり書いてあれば領収書として有効になります。 小さなメモ用紙でも、それが領収書として使えるということですね。 まずは、領収書に必要な情報を覚えて、 個人でも、手書きでも領収書を書けるようになりましょう。 手書きの領収書に書くべきポイントは、全部で5つです。 取引のあった日付、お金を払った人の名前、金額、内容(品物名など)、 そして、お金を貰った人の名前と住所です。 また、分かりやすいところに「領収書」という記載があると、 誰が見ても領収書を一目瞭然になりますので、書いておくのが無難です。 ちなみに「領収書」でも「領収証」でも、全く問題ありません。 また、領収書の日付は年号までしっかり書きましょう。 ついでに時間なども書いておくと、トラブルが起こった際に証明力が増します。 名前も、漢字間違いなどが無いように正確に記入しましょう。 個人であれば個人名だけで良いですが、 会社名などを記入する際には(株)などの略称は使わず、正式名称を使いましょう。 金額を手書きで書く際には、その後に改ざんされないような工夫が必要になります。 個人で領収書を手書きする場合には、 こういったポイントに気を遣い、領収書としての信頼性を担保することが大切です。 日付と金額、店名が分かれば十分という方にオススメの領収書です。 簡易タイプなので、特に忙しい方には便利だと思います。 一辺7cmと非常にコンパクトで、場所も取りません。 英語表記になっていて、少しおしゃれ感も演出できます。 スポンサーリンク 関連記事: 領収書に印鑑は必要? 店舗で領収書を発行して貰うと、よく印鑑が押印されているのを見ると思いますが、 領収書において印鑑は必須のものではありません。 ただ、偽造防止などの効果がありますので、取引相手に信頼性を見せるためにも、 領収書に印鑑を押印するという方は多いようです。 逆に、領収書を受け取るときに印鑑を押して欲しいとお願いされる場合もあります。 領収書にとって印鑑はどうしても必要なものではありませんが、 印鑑を押すだけで相手の印象も良くなることは確かでしょう。 原本と控えに割印をしておけば、領収書の改ざんを防ぐ目的にもなりますね。 また、印鑑がどうしても必要になる場合があります。 それは、印紙を貼らなければいけない時です。 現在、金額が5万円以上の場合には、 印紙税として領収書に収入印紙を貼り付けるという義務があります。 ただ、これはお店などの場合に関してであって、 たとえばネットオークションなどの個人的な取引では必要ありません。 ちなみに、5万円以上、100万円以下の取引の場合、200円となっています。 詳しくは、で確認してみてください。 この収入印紙は、再利用を防ぐ目的で割印をする決まりになっています。 もし、5万円以上の取引があるかもしれない場合には、 印鑑を用意しておく必要があるということですね。 ちなみに、収入印紙は郵便局や法務局で購入することができます。 コンビニなどに置いてある場合もありますので、 もし必要になったときはこれらを訪ねてみて下さい。 自分だけのオリジナルスタンプをオーダーメイドできます。 住所や会社名などをいちいち記入するのは面倒ですし時間もかかります。 こういったオリジナルスタンプで用意しておけば非常に楽になりますし、 書き間違いなどのリスクも回避できるなど、メリットがたくさんあります。 インクのカラーも5色あり、注文から発送までも最短1日と 欲しいものがすぐに用意できるというのが特徴です。 領収書に添える信頼の証として、こういった印鑑を用意しておくのも良いと思います。 スポンサーリンク 領収書の書き方の注意点! 領収書の書き方のおおまかなルールを押さえたところで、 ここからは領収書の書き方における細かい注意点を紹介していきます。 まずは、領収書の宛名としてよく聞かれる、「上様」という表現です。 これは、実はあまり良い表現ではありません。 第三者からすれば一体だれがお金を支払ったのか、よく分からないからですね。 「上様でお願いします」と言われた場合は別ですが、 間違っても領収書を発行する側から 「上様で宜しいですか?」などとは聞かないようにしましょう。 同じように、「品物代」などという曖昧な表現も避けるべきです。 せっかく領収書を作成しても、そういった曖昧な表現のせいで 領収書としての効力を失ってしまう(経費で落ちないなど)こともありますので、 面倒であってもなるべく詳細に記載することを心掛けましょう。 また、領収書の再発行の際にも注意が必要です。 実は、領収書は証明文書の一種であるため、原則として重複発行はできません。 個人で書いた場合には、本人の意思で簡単に再発行できてしまいますが、 2枚、3枚と同じ内容の領収書が存在することはあまりよくありません。 可能ならば、再発行の際に先に書いた領収書をきちんと改修しましょう。 スポンサーリンク 関連記事: 最後に 普段あまり気にせず受け取っている領収書ですが、 実際に個人で書くとなると、書き慣れていないと戸惑ってしまうものです。 仕事上、領収書を扱う機会が多い方もいると思いますが、 普段ほとんど領収書を利用しないという方でも、 いざという時に何も知らないと不安になってしまうはずです いずれにせよ、領収書の書き方について 必要最低限の知識は身につけておく必要があると思います。 特にビジネスシーンにおいて、領収書は必要不可欠になりますので、 これまでよくわからないままで書いていた方も、 この機会に書き方の基礎知識を身につけておきましょうね。 スポンサーリンク.

次の

正しい領収書の書き方とは?いまさら聞けない領収書の基礎知識

領収 書 書き方

そのような場合、発行する領収書の内訳に書く金額には送料は含まれるか悩む人が多くいます。 そんな疑問の答えについては、基本として送料を負担するのがどちらなのかによって変わるため注意が必要です。 例えば、送料を領収書を発行する側が負担する、いわゆる元払いの場合は送料を含めた合計の金額を発行します。 一方で着払いで商品を受け取る側の人が送料を負担する場合には、領収書には送料を含めずに商品代金のみを書いて発行するのです。 なぜこのように送料を負担する人が違うだけで送料を含めるかどうか変わるのかというと、領収書の役割を考えればわかります。 領収書というのはサービスや商品を購入し、その代金を正しく支払ったという証拠として発行する文書です。 そして着払いの場合の送料というのは基本的にその配達を担当した配達業者に対して支払いますので、送料の領収書というのは配達業者が発行するべきで、商品を送る側は領収書にその料金を含めてはいけないというわけなのです。 スポンサーリンク 領収書に送料を含める場合の書き方について 領収書に送料を含める場合には、まず領収書の合計額の場所に送料を含めた金額を記入します。 こうすることで商品代金と送料がそれぞれいくらなのか明確にわかるようになり、また管理もしやすくなるのです。 送料を含む領収書に関する注意点 送料を含む領収書に関する注意点は主に2つあります。 1つ目は代金の大きさによっては収入印紙を貼る必要があることです。 現在の税法上では5万円以上の領収書の場合、最低200円以上の収入印紙を領収書に貼る必要があります。 これは送料を含む領収書でも同じルールです。 もしこのルールを守らないと後々になって、本来支払うべき額よりも多く支払うはめになるので忘れないように注意しましょう。 そして2つ目の注意点は、キャンペーンやクーポンなどで送料が無料になった場合には、お客様から依頼があっても送料を含めてはいけないということです。 なぜなら、領収書は支払った額に対して発行されるものなので、何らかの理由で送料が無料になった場合には金額に含めてはいけないのです。 スポンサーリンク.

次の

香典に領収書は出るの?領収書の書き方や香典が経費になるのかを解説|終活ねっと

領収 書 書き方

手書き領収書の書き方!まずは見本で基本ルールをチェック せっかく領収書を手書きで発行しても、書き方にミスや足りない部分があってはいけません。 最低限度必要な記入方法はしっかり理解しておきましょう。 また、自分が務めている会社や取引先によっては、別途記載が必要な事項がある場合もありますので、必ず書き方を事前確認しておいてくださいね。 とても簡単で当然の内容ですが、書き間違えや記載漏れがあると大問題になるかもしれませんので、しっかり見本を見て書き方を確認しておきましょう。 手書き領収書の日付と年号の書き方!令和のアルファベットはR? いざ、領収書を手書きする時、• 「 年号と西暦どちらが正しい?」• 「 令和のアルファベットの省略はR?それともL?」 と意外に手が止まってしまうポイントではないでしょうか。 そんなちょっとした 日付の書き方の疑問も解決していきましょう。 領収書の日付欄は西暦と年号(元号)どっちが正しい? まず、領収書の日付は、 西暦と年号(元号)のどちらを書いても問題ありません。 「私の周りは西暦で書く人が多い」• 「私は年号記載しか見たことない」 という人もいるかもしれません。 それは企業やお客様層、年代によって違いますし、書く人によっても違います。 例えば• 中小企業の協力会社間なら 年号(元号)で書く• 引き渡し相手が若者や外国人が多いなら 西暦で書く といった慣習があることも多いでしょう。 お互いに見やすい方法で書けば良いですし、 どちらの書き方でも間違いはありません。 手書き領収書の日付欄で令和のアルファベット略称はRとLどっち? 2019年5月1日、元号が平成から令和へと変わりましたね。 「L1年 」は間違いではないかもしれませんが、一般的な書き方としてアルファベットは 「 R」で統一されています。 ので注意しましょう。 でもそもそも令和を 「Rと省略することは、 正式には間違いじゃないの」 と不安に思う人もいるかもしれません。 商慣習的にも個人への且つ手書きの領収書であれば、 令和と書く代わりに「R」と記載しても問題は無いと思われます。 ただし、会社間での発行や大事なお得意様の場合、「R2」などと記載すると、「手抜き」「適当な扱いを受けている」のような印象を持たれる可能性もありますので注意が必要です。 逆に「手書き領収書」の場合でも、常に漢字で年号を書いていれば、渡す相手に好印象だと思いますので、 心配な方はしっかり 漢字で年号を書くクセを付けておくのがおすすめですよ。 税率の違う異なる商品の分をまとめて記載する等の場合は、領収書を別々で発行するか、一枚の用紙に 税率別に対象商品名と金額内訳(明細)部分をはっきり分けて記載する必要があるので注意が必要です。 領収書内訳欄を現金・クレジットの支払い手段で分ける書き方 近年は現金やクレジットカードに加え、電子マネーでの支払いも急激に増えてきました。 支払い方法が分かれている場合や相手から要求された場合は支払い方法ごとの金額を内訳に記載するようにしましょう。 クレジットカード支払い以外にも、 EDYや SUICAなどの 電子マネー支払いもありますね。 手書き領収書を発行する場面では考えにくいですが、 万が一必要な場合に備えておきましょう。 特に記載する必要は無いという人も多いと思いますし、実際記載しないでも特に問題はなさそうです。 比較的低価な支払いの場合はほとんどが書かなくても大丈夫のようですね。 しかし、時には支払い者より記載を要求される場合もあったり、支払いが高額になると際に記載が必要になることもあるので、いつでも書けるようにしておきましょう。 は 軽減税率の場合領収書の内訳はどう書けば良い? 2019年10月より増税・ 軽減税率がスタートに伴い、「 内訳の書き方が分かりにくい」と思う人も多いと思います。 まず、基本的には 増税後の消費税は10パーセントなので、 内訳欄 に何も書かない場合は、 すべて 10 %の消費税込みの金額とみなされるということになります。 もし 軽減税率対象 の商品である場合は、内訳にはっきりと• 内訳欄が軽減税率対応の手書き領収書はどこで買える? 最近では、上の様な 軽減税率対応の領収書が コンビニや100円ショップ、スーパーなどで販売されています。 すでに税抜き金額と消費税額を書く欄が2か所あります。 領収書の宛名を空欄にしたり「上様」と書くのは間違い? よく、宛名欄に「上様」と書いてほしいと言われたり、自分で記載する人がいますが、この書き方は果たして正しいのでしょうか。 答えから言うと、宛名欄に「上様」と記載するのはNGです。 宛名欄には必ず 対価を支払った者の名前や企業名・団体名を書かなければなりません。 自社の名前が書かれていない領収書は税務署に指摘される可能性もあります。 なので、 宛名欄は必ず発行者の名前を書いてもらうようにしましょう。 手書き領収書の但し書きは空欄でも良い?商品代やお品代は? 領収書の但し書きは空欄でも大丈夫? もちろん、領収書の但し書きは正式には必ず記載しなければいけません。 万が一記載忘れがある場合には 領収書を発行する側に「但し書き」を書いてもらう必要があります。 なので、普段何も言われないからと言って但し書きが空欄の状態で領収書を引き渡したり、領収書を受け取った者が会社や税務署に提出した場合は、税務署から注意を受けたり、当該商品のレシートの提出、商品名の詳細を求められる場合があります。 領収書の但し書きに商品代やお品代と書いても良い? 但し書きの欄に「商品代」や「お品代」と書いてあるのを良く見かけますが、正式には正しいとはいえません。 本来「但し書き」の目的は、何を購入したかを知ることにあります。 具体的な商品名まで事細かく書く必要は無い場合が多いですが、手書き領収書のような簡易な領収書においても、下のような支払い目的がわかる項目を書くようにしましょう。 飲食代• 送迎代• 書籍代• タクシー代 など 企業の場合はその支払いが、業務上必要だったかどうかを判断するために必要な項目です。 但し書きの書き方も注意するようにしましょう。 領収書の書き方まとめ 如何でしたでしょうか。 とても簡単ですが、書き方を間違ってしまうととても面倒くさいのが領収書です。 念のため 日付、宛名、内訳、但し書きの書き方をもう一度見直しておきましょう。 軽減税率対象品目や非対象品目にも注意して、はっきり分けて書くことを忘れない様にしましょう。

次の