クジラ と イルカ の 違い。 コトバ解説:「クジラ」と「イルカ」の違い

コトバ解説:「クジラ」と「イルカ」の違い

クジラ と イルカ の 違い

- 詳しい解説 - クジラとはクジラ目のほ乳類の総称であり、歯を持つハクジラと歯が退化して鯨鬚(くじらひげ)を持つヒゲクジラに大別される。 世界の海洋や大きな河川などに生息しており、体長は種類によって2メートルから35メートルと幅がある。 クジラは肺呼吸を行い、鼻孔から息を吐き出す様子は潮吹きとも呼ばれる。 一般的なイメージでクジラという場合はヒゲクジラが多い。 例えばシロナガスクジラは現存する動物で最大で、体長30メートル以上、体重は150トンになるものもいる。 ヒゲクジラは、オキアミやプランクトンなどを鯨髭を使って大量に漉しとり食料とする。 イルカとはクジラ目のほ乳類のうちハクジラに分類されるもので、比較的小型のものをイルカと呼ぶ。 中でも体長が4メートル以下のものをイルカと呼ぶ場合が多い。 実際には明確な基準はない。 生物としてはクジラとイルカにはほとんど違いがない。 多くは海に生息するがカワイルカのように川に生息する種類もいる。

次の

「イルカ」と「クジラ」の違いをご存知ですか!?

クジラ と イルカ の 違い

イルカとクジラの違いは!? きちんと理解している人って、とても少ないと思いますが、皆さんはイルカとクジラの違いを答えることができますか!? 私はイルカの方が可愛らしい顔をしている! ぐらいしか分かりません・・・ イルカとクジラの違いは・・・!! なんと、 大きさだけなんです! 見た目も違うし、意味がわかりませんよね? 実は、イルカとクジラは同じ鯨類で、クジラ目ハクジラ亜目に分類されています。 なので、 生物上の分類では同じ種類の生き物なのです。 イルカとクジラの違いは、大きさで決められるようです。 ハクジラ類の中で、 小さな種類をイルカ。 ヒゲクジラ類全般、ハクジラ類の中で、 大きい種類をクジラ。 と分けて呼んでいるそうです。 では、イルカがどれくらい大きく成長すればクジラと呼ばれるようになるのでしょうか? なんと、特に決まってないそうです・・・ 一般的には、3mを超えるとクジラと呼ばれるようですが、その基準はまちまちです。 すごく曖昧なのです。 ここで間違ってはいけないのが、イルカが成長して大きくなれば、クジラになるのか!?と言うことです。 生物学上同じ種類の生き物というだけで、イルカは決してクジラになりません。 イルカがある程度の大きさにまで成長した時点で、大きい種類のものはクジラ、小さい種類のものをイルカと呼ぶそうです。 大人になるまで分からないんですね。 スポンサードリンク まとめ いかがでしたか? イルカとクジラの違いは大きさだけなんですね。 調べていて私もびっくりしました! しかも、規定の大きさなどは決まっていないなんて・・・すごく曖昧です 笑 学者同士で、「これは3mを超えるからクジラだ!」 「いいや!4mを超えないからイルカだ!」なんていう議論が起こらないのか心配です。 スポンサードリンク.

次の

イルカ

クジラ と イルカ の 違い

【スポンサードリンク】 何が違うのか 実は大きさが違うということ以外は生態的には同じ種類の生き物なのです。 これら3つは大きく分けるとクジラ目と呼ばれる哺乳類にあたります。 外観は魚に似ていますが尾びれが横向きで肺呼吸をし、鼻は頭の上にあり、水面で呼吸する潮吹きという行動が特徴的です。 ヒゲクジラ類とハクジラ類 亜目といわれるもう少し細かい分け方をするとヒゲクジラとハクジラに分けられます。 文字通りヒゲと呼ばれる歯茎が変化したと思われるものを持つ物と、歯があるものです。 ヒゲクジラ類は大型で、ハクジラ類は比べて小型になります。 ハクジラの中でも小さいものがイルカ、さらにそのイルカの中の種類の1つがシャチと呼ばれています。 しっかりした定義ではありませんがイルカは4〜5メートル、シャチは6〜9メートル、それより大きいのがクジラです。 これはイメージ上の数字で具体的に種類が大きさで分けられているというわけではありません。 【スポンサードリンク】 イルカ・クジラ・シャチの特徴 クジラ 体の大きさとヒゲが大きな特徴で、中でも最大のシロナガスクジラなどは34メートルに至るものもあり、これまで地球上に存在した最大の生物とも言われています。 もう1つの特徴のヒゲは上顎の歯茎が進化したものと言われ、数十枚の髭状の板になっています。 このヒゲは小さな生物を捕食する際に役立ちます。 クジラは大きいので大口を開けて小さな魚を大量に海水ごと吸い込みます。 そしてヒゲで魚だけを濾しとり海水は体外へ出す、というのがクジラの食事です。 イルカ 次にイルカですが、前述のように歯があるというのが特徴で大きさは4〜5メートル。 歯があると言っても食べ物を噛み潰すわけではなく、食事は丸呑みにします。 主に歯の効果はとらえた獲物を逃さないため、または外敵から自分を守るために使われます。 そして何より特徴的なのが、その頭の良さ。 体と脳の比率で考えるとイルカと人間は大体同じぐらいなんだとか、つまり人間と同じぐらい頭が良いのでしょうか。 シャチ 最後にシャチです。 特徴としては6〜9メートルと大きいイルカといった感じなのですが、海のハンターとも呼ばれるほどどう猛なところがあり、クジラやサメを襲うこともあります。 歯もイルカより大きめになっており、イルカが主に獲物を逃さないために使うのに対して、シャチは獲物を切り裂く場合にも使用します。 生態系でもかなり強く、人間の次にもっとも広い地域に生息している生物と言われています。 また頭もイルカ以上に良く、イルカよりも芸を覚えるのが圧倒的に早いという結果もでています。 イルカ・クジラ・シャチの定義とは 特徴の例外 ここまででクジラにはヒゲがあり、イルカやシャチには歯があり、大きさはクジラ>シャチ>イルカという印象ですが、例外がいます。 例えばオガワコマッコウというクジラは最小のクジラで大きさも2.1〜2.7メートルしかなく、イルカよりも小さいです。 またベルーガという種類はシロイルカともシロクジラとも呼ばれ、どちらかでも良いという扱いです。 まとめ.

次の