メル ペイ ポイント と は。 PayPayとメルペイの違いを徹底比較【ポイント還元率はどっちが高い?】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

PayPayとメルペイの違いを徹底比較【ポイント還元率はどっちが高い?】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メル ペイ ポイント と は

前提:ポイントでメルペイ残高のチャージはできない ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 また、する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 ただし、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 iD/メルペイコード支払いで実店舗で利用する 実店舗でポイントを使うにあたって、チャージや特別な設定は必要ありません。 ただ、 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントでの支払いができないので、必ず「メルペイ残高」での支払いに切り替えておきましょう。 メルペイ残高支払いに設定されていると「ポイント優先利用」と表記される なお、購入金額に対してポイントが足りない場合には、ポイントとメルペイ残高の併用ができます。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。 iDのように初期設定は必要なく、また「メルカリ」アプリのインストールさえできていれば、どの端末でも利用できます。 使うときは購入金額分のポイントがあるかどうか確認し、メルペイ画面から[コード払い]をタップ。 パスコードやFace IDなどで本人確認をしてコードを表示します。 支払い方法がメルペイ残高とポイント支払いになっていることを確認したら、店員にコードを読み取ってもらえば完了です。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入もでき、足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もできます。 ただ、実店舗での利用と同じく、使うポイント数は指定できません。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 Suicaへのチャージに利用する(iOSのみ) 現状では iOSのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、iOSユーザーであればなにかとに便利に使えるでしょう。 メルペイポイントでチャージするには、Apple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣にある[チャージ]ボタンをタップ。 チャージしたい金額を入力し、[チャージ]を押します。 チャージ金額は1円単位で指定可能です。 なお、Suicaへのチャージするには、事前にiDの初期設定を済ませておく必要があります。 支払画面が表示されるので、カードの選択でメルペイ電子マネーを選びます。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 ポイントの有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:キャンペーンごとに設定• キャッシュレス・消費者還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]から、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 ポイントとメルペイ残高の違い ポイントもメルペイ残高も、iDやQRコードを通して実店舗で使えることに変わりありません。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」というわけでもありません。 少々分かりづらいそれぞれの相違点を下表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• キャンペーンでGETする• 還元事業の対象店舗でメルペイ支払いをする(2020年6月まで)• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間• 還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 なし ポイントは有効期限があり、銀行口座への出金ができません。 ポイントは有効期限の近いものから優先的に使用されるようになっていますが、有効期限が切れると失効してしまうので注意しましょう。 売上金から購入したポイントとは メルカリの売上金を、出金せずにメルペイとしてiD決済やQRコード支払いで利用するには、売上金をポイントもしくはメルペイ残高に交換する必要があります。 左:「ポイント購入」ボタンをタップして購入ポイント数を入力する 右:ポイント購入に手数料はかからない 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金を「メルペイ残高」に自動変換させて実店舗の支払いに利用できます。 それに対し、これらの登録をしていないアカウントは、1P=1円として売上金でポイントを購入することで、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに利用できるようになるのです。 つまり、売上金から購入したポイントは、メルペイ残高を利用できない人のために用意されているものだといえます。 キャンペーンで付与されたポイントとは ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得できるポイントは、銀行口座登録などの有無にかかわらず、キャンペーンに参加した全員に付与されます。 左:口座登録が済んでいないアカウント 右:口座登録済のアカウント ただ、銀行口座登録や本人確認を済ませたアカウントとそうでないアカウントで、ポイントの表示形式が若干異なります。 これらの登録を済ませたアカウントは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 一方、済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算されたポイント数が表示されます。

次の

メルカリ&メルペイでdポイントが貯まる・使える!メルカリとの提携でドコモが得るモノとは?|@DIME アットダイム

メル ペイ ポイント と は

ドコモとメルカリ、メルペイが業務提携に合意。 約 7345万人の「dポイントクラブ」の会員基盤を持つドコモと、月間利用者数約 1450万人、年間流通総額 5000億円を超えるメルカリとの提携により、国内最大規模の顧客基盤が実現する。 記者説明会に登壇したメルカリ 代表取締役 CEO 山田進太郎氏(左)と、 NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏(右)。 3社の業務提携でどんな取り組みが実現する? 今回、ドコモ、メルカリ、メルペイの 3社が業務提携することによって実現する新たな取り組みについて、 2月 4日(火)に記者説明会が開催された。 最近ではヤフーを傘下に持つ Zホールディングスと『 LINE』、『メルペイ』による『 Origami』の買収など、コード決済を巡る様々なニュースが飛び交っているが、今回の発表は一段と大きなものになった。 それは「これほどの規模の EC事業者との連携は初めて」と、ドコモの吉澤和弘社長自らが口にしたことでもうかがえる。 ではこの提携によって、いったいどのような取り組みが実現するのだろう? 現在、予定されているのは次の 5つだ。 メルカリIDとdアカウントの連携による顧客基盤の拡大• dポイント連携(『メルカリ』でdポイントが貯まる・使える)• スマホ決済連携(『メルペイ』でdポイントが貯まる・使える、『メルペイ』と『d払い』残高の連携、加盟店の共通化・共同推進)• ドコモショップ連携(メルカリ教室・梱包サポートの全国展開)• データを活用したマーケティング・フィンテックサービスの共同開発検討 メルカリ IDとdアカウントが連携することで国内最大規模の顧客基盤が実現する。 具体的には、 2020年 5月より、メルカリ IDとdアカウントの連携が開始予定。 それぞれが連携することで、両方のサービスが簡単に利用できるようになる。 そしてフリマアプリの『メルカリ』がdポイントの加盟店になり、『メルカリ』での買い物 100円(税込)ごとに 1ポイントのdポイントが貯まり、貯まったdポイントは 1ポイント= 1円(税込)として、『メルカリ』の買い物でも利用できるようになる。 『メルカリ』でdポイントが貯まる・使える。 これまで『メルカリ』ではキャンペーンなどでポイントが付与されることはあっても、買い物でポイントが貯まることはなかった。 もちろんそれは『メルペイ』の支払いに関しても同じだ。 それがメルカリ IDとdアカウントを連携することで、それぞれでdポイントが貯まるようになる。 これは『メルカリ』ユーザーにとって大きなメリット。 『メルカリ』ユーザーは、不要品を『メルカリ』で販売した売上げ金を使って、街の加盟店で『メルペイ』で買い物することができる。 自分のお金を減らさずに買い物できることに加え、今後は『メルカリ』で買い物した金額や、『メルペイ』で支払った金額に対してもdポイントがもらえる。 これは利用しない手はない。 ドコモユーザーのメリットとしては、簡単に『メルペイ』が利用できる点に注目したい。 そして 2020年初夏には、『メルペイ』ウォレットと『d払い』のウォレットの電子マネー残高や、dポイント残高の連携が開始予定。 残高の管理が容易になる。 現在、『d払い』の加盟店数は約 136万か所で、『メルペイ』の加盟店数は約 170万か所ある。 それらが 2020年初夏には共通化されるので、利用できる店舗が増えることもメリット。 今後はドコモとメルペイが共同で加盟店開拓を行なっていくので、加盟店拡大が加速することが考えられる。 ドコモとメルカリが提携することで得られるモノとは? 今回、 3社が提携することで、『メルカリ』や『メルペイ』が、dポイントというポイントサービスを利用することができる。 一方でドコモは『メルカリ』の 5000億円もの年間流通総額を、『d払い』の加盟店でも利用してもらえる機会を生んだ。 『メルカリ』や『メルペイ』がdポイントや『d払い』と連携 メルカリの山田進太郞 CEOはドコモについて、「最もシナジーがある相手。 それが今回の提携に繋がっている」と語った。 両社はこれまでにもドコモショップでのメルカリ教室の共同開催や、『メルカリ』で売れたモノが梱包・配送できる「つつメルスポット」のドコモショップ内の設置などで連携。 当初30数店舗のドコモショップで行なっていたこれらのサービスを、現在は 106店舗まで増やしている。 双方のメリットはこれだけに止まらず、共同で加盟店開拓することでのコストの削減や、データのマーケティング活用にも及ぶ。 「現在メルカリでは、 1年前、 2年前のファッションがどういう動きをしているのかがわかるとメーカーのマーチャンダイジングに活かせるのではないかということで、ファッションメーカーとデータ連携しています。 今回はキャリア独自のデータということで、お客様のプライバシーに重々配慮した上で、いろんな可能性を模索していきたい」と、メルカリの山田 CEO。 一方、吉澤社長は、「今回、アカウント連携することで、メルカリ IDを紐付けることができます。 そこから出てくるデータと、私共が持っているデータのかけ算が無限に出てくるのではないかと思っています。 非常に可能性がある。 キャリア独自のデータとうまく連携させながら、データ活用ビジネスに繋げていければ」と、今後の展望について語った。 両社が持つデータを活用し、新たなビジネスを検討。 今回の提携を記念して最大+ 20%還元のキャンペーンを実施 なお、今回の提携を記念して、 2月 4日(火)~ 2月 24日(月)まで、「メルカリでd払いを使うと+ 10%還元キャンペーン」を実施する。 『メルカリ』の支払いに『d払い』を利用することで、購入金額の 10%分のdポイント(期間・用途限定)が還元される。 提携記念として、+ 20%還元のキャンペーンを実施。 ドコモでは毎週金曜・土曜に対象サイトで利用することで、通常のポイントに加えて最大 5%のポイントが上乗せされる「毎週おトクなd曜日キャンペーン」を行なっているが、このサービスとも連携。 しかも 2月は『メルカリ』アプリ上での買い物に限り、最大 10%分のdポイントが還元される。 合わせて最大 20%のdポイントがもらえる。 さらにキャンペーン期間中は、『メルカリ』での『d払い』の決済 1回に付き、決済手数料( 1回 100円)分のdポイント(期間・用途限定)も得ることができる。 なお、このキャンペーンに参加するには、キャンペーン期間中にキャンペーンサイトでのエントリーが必要。 また、 3000円以上(税込)の決済が対象だ。 キャンペーンは、2020年 5月のメルカリ IDとdアカウントの連携時にも実施予定。 キャンペーンを含む 3社の今後の動きと共に、他のコード決済事業者の動きにも注目しておきたい。 取材・文/綿谷禎子.

次の

メルペイのポイントの使用方法|支払い方は?チャージできる?有効期限は?

メル ペイ ポイント と は

目次 PayPay ペイペイ とメルペイならどっちが便利でお得? 日本でも主流なスマホ決済サービスの「PayPay」と「メルペイ」ですが、 一体どちらを使っていくのがベストなのでしょうか? もちろんそれぞれ一長一短あって一概に「こっちの方が良い!」とは言い難いですが、 結論高還元を狙って決済したい人はPayPayを使うのがおすすめで、メルカリを頻繁に使っている方ならメルペイがおすすめです。 しかし、必ずしもどちらか一本に絞る必要はなく、 普段は還元率の高いPayPayをメインに使って、メルカリに関係した支払いを行う場合にメルペイを使おう といった具合で使い分けしていけば良いでしょう。 では、以下より両者の違いをより具体的に比較していくとしましょう! PayPayとメルペイのスペック 還元率• 通常0. 2020年6月30日(火)23:59まで• 2020年6月30日(火)23:59まで• 「ソフトバンク」「ワイモバイル」ユーザーならさらにお得な決済が可能• 月ごとの利用金額をグラフで管理できる• 支払いだけでなく友人間で送金や割り勘もできる 支払い方法• PayPay残高で支払う• で支払う• クレジットカードで支払う 使える代表的なお店• SSL Secure Sockets Layer が用いられている• クレジットカードの登録に本人認証サービス 3Dセキュア が推奨されている こんな人におすすめ!• キャンペーンを通してより高いポイント還元を受け取りたい方• 「ソフトバンク」や「ワイモバイル」ユーザーの方• を利用している方 還元率• 通常のポイント還元なし 開催中キャンペーン 現状なし 特長• メルカリで得た売上金をiD、もしくはコード払いにて決済に利用可能• 随時お得なクーポンがメルペイで使える• お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」も利用可能 支払い方法• メルペイ残高で支払い• メルカリポイント メルカリの売上金 で支払い 「iD支払い」が使える代表的なお店• 二段階認証による不正防止の対策が可能• 万が一不正利用の被害に遭っても被害額を補償してもらえる こんな人におすすめ!• メルカリでたくさん売上金が発生している方• 支払いを翌月に繰り越す「スマート払い」をしていきたい方• iPhoneを使っていて「iD払い」と「コード払い」の両方を活用していきたい方 PayPay ペイペイ とメルペイの違いをそれぞれ徹底比較 PayPayとメルペイの違いに関する結論を表にまとめると以下の通りです。 サービス名 ポイント還元率• 通常のポイント還元なし• 最大1. ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ• ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ 対応カード・銀行口座 クレジットカード• 現状未対応 銀行口座• 約80以上の銀行口座に対応 クレジットカード• VISA• MasterCard 銀行口座• 約60以上の銀行口座に対応 利用上限金額 支払い用銀行口座を登録済みの場合• 1ヶ月あたり300万円 支払い用銀行口座が未登録の場合• 過去24時間:50万円• 過去24時間:50万円• 過去30日間:200万円 本人認証設定済みクレジットカード• 過去24時間:2万円• 過去30日間:5万円 本人認証未設定クレジットカード• 過去24時間:5,000円• 過去30日間:5,000円 これらを以下より順番に紹介していきます。 PayPay ペイペイ とメルペイの「ポイント還元率」の違い メルペイとPayPayのポイント還元率の違いは以下の通りです。 メルペイ PayPay• 通常のポイント還元なし• 最大1. 【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】 2020年6月までの間、政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。 PayPay ペイペイ なら最大1. 以前は支払い基準を満たせば常時誰でも1. PayPayを使うならヤフーカードを使うのがおすすめ! あなたがPayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済していきたいのであれば、 を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。 は、唯一PayPay残高へチャージできるクレジットカード。 なので、 PayPay残高へチャージして最大1. なお、PayPayのお得なキャンペーンでは「PayPay残高以外の支払い方法は対象外」とされることが多いので、 PayPayをお得に使い倒すならいつでも残高にチャージできる がベストでしょう。 PayPayでとにかく高いポイント還元率を維持したい…。 と考える方は、PayPayにを登録してみてください。 現状メルペイはポイント還元率が定められていない 一方、 メルペイでは通常の支払いで得られるような一定のポイント還元がありません。 PayPayはPayPay残高やから支払えば最大1. しかし、メルペイはメルカリで得た売上金を使って支払えるので、メルカリを頻繁に利用している人にとっては、 ポイント還元以上にメリットが大きい場合もあるでしょう。 PayPay ペイペイ とメルペイの「キャンペーン」の違い 次に、PayPayとメルペイのキャンペーンの違いを比較していきます。 付与上限は期間中・一回あたりで共に10万円なので、 当たれば1万円の支払いが最大10万円になって返ってくる計算となります。 メルペイで開催されているキャンペーン 現状メルペイで開催されているキャンペーンはありません。 お店のジャンル コンビニ• ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ローソン• セブンイレブン• ミニストップ• ポプラ• ローソン• ナチュラルローソン• ローソンストア100• セブンイレブン• ファミリーマート• ポプラ• セイコーマート• ミニストップ 飲食店・居酒屋• 松のや• 吉野家• かっぱ寿司• 上島珈琲店• 白木屋• 上島珈琲店• かっぱ寿司• しゃぶしゃぶ温野菜• 松のや• 白木屋• 千年の宴• 目利きの銀次 家電量販店• Joshin• ケーズデンキ• エディオン• ヤマダ電機• ベスト電器• マツヤデンキ• エディオン• ケーズデンキ• Joshin• パソコン工房• ビックカメラ• ソフマップ• ヤマダ電機• ベスト電器• マツヤデンキ ドラッグストア• 薬王堂• コクミンドラッグ• サツドラ• サンドラッグ• スギ薬局• ウェルシア• マツモトキヨシ• ウェルシア• ハックドラッグ• キリン堂• クスリのアオキ• ココカラファイン 両者共にほとんどのお店で決済可能ですが、比較的PayPayの方が 大手チェーン以外の小規模店舗でも使えるお店が多い傾向にあります。 なお、PayPayで使えるお店を探したい場合、PayPayのアプリを開いて「使えるお店」から周辺の利用可能店舗を検索できます。 また、メルペイは「」と「」でそれぞれ使えるお店が異なっているので注意しておきましょう。 PayPay ペイペイ とメルペイの「支払い方法」の違い 次に、メルペイとPayPayの支払い方法を比較していきましょう。 PayPayの支払い方法は「PayPay残高」「Yahoo! JAPANカード」「その他のクレジットカード」の3種類です。 メルペイの支払い手順 メルペイでの支払いは「コード決済」と「iD決済」の2種類があります。 メルペイの「コード決済」を使って支払う メルカリアプリを開いて「メルペイ」をタップし、「コード決済」を選択します。 次に設定したパスワードを入力し Touch IDなども設定可能です 、QRコードを表示させましょう。 支払い時は「メルペイで」と伝え、上記の支払い画面を店員さんに読み取ってもらい決済を完了させましょう。 メルペイの「iD決済」を使って支払う メルペイ内で「iD決済」の設定完了後、店員さんに「iD あいでぃー で」と伝え、ApplePayに追加したメルペイを表示させて支払い画面を決済端末にタッチすれば完了します。 PayPay ペイペイ とメルペイの対応カードや銀行口座の違い メルペイとPayPayの対応カード・銀行口座の違いは以下の通りです。 クレジットカード 銀行口座• 未対応• 約80以上の銀行口座に対応• VISA• MasterCard• 約60以上の銀行口座に対応 PayPayとメルペイのいずれも様々な銀行口座からの残高チャージに対応していますが、 メルペイに限ってはクレジットカードを登録して支払うことができません。 なお、PayPayはやVISA、MasterCardを登録して支払いできますが、 以外のクレカで支払ってもポイント還元はつきません。 なので、PayPayにクレカを登録するなら、できるだけに登録して支払いましょう。 メルペイやPayPayで銀行口座を登録するならジャパンネット銀行がおすすめ! なお、メルペイとPayPayで銀行口座を登録するのであれば、その両方に対応しているネット銀行である へ登録するのがおすすめです。 は毎月最初の1回は入出金共に0円となってますが、2回目以降も3万円以上の入出金であれば、 いつでも何回でも手数料無料となります。 なので、 「メルペイとPayPayの両方を使っていきたいから、その両方に同じ銀行口座を登録しておきたい…。 」 と考える方は、是非で口座開設してみてください! PayPay ペイペイ とメルペイの支払い上限の違い メルペイとPayPayの支払い上限の違いは以下の通りです。 アプリ名 利用上限金額 PayPay残高で支払う場合• 過去24時間:50万円• 過去24時間:50万円• 過去30日間:200万円 本人認証設定済みクレジットカード• 過去24時間:2万円• 過去30日間:5万円 本人認証未設定クレジットカード• 過去24時間:5,000円• 過去30日間:5,000円 払い用銀行口座を登録済みの場合• 1ヶ月あたり300万円 支払い用銀行口座が未登録の場合• 利用者の「信用スコア」によって決まる PayPayは「PayPay残高」で支払えば 過去30日間まで利用上限額が200万円、そして 過去24時間で50万円と定められていますが、本人認証を済ましていないクレカだと利用上限額が 5,000円までとなるので注意しておきましょう。 なお、メルペイの「メルペイスマート払い」に関する上限は、利用者一人一人のメルカリでの商品のやり取りなどに基づいた 「信用スコア」によって決められており、 人によって上限金額が異なる場合があります。 詳しくは以下の記事で紹介しているので、気になる方は是非チェックしてみてください! PayPay ペイペイ とメルペイの違いのまとめ サービス名 ポイント還元率• 通常のポイント還元なし• 最大1. ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ• ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ 対応カード・銀行口座 クレジットカード• 現状未対応 銀行口座• 約80以上の銀行口座に対応 クレジットカード• VISA• MasterCard 銀行口座• 約60以上の銀行口座に対応 利用上限金額 支払い用銀行口座を登録済みの場合• 1ヶ月あたり300万円 支払い用銀行口座が未登録の場合• 過去24時間:50万円• 過去24時間:50万円• 過去30日間:200万円 本人認証設定済みクレジットカード• 過去24時間:2万円• 過去30日間:5万円 本人認証未設定クレジットカード• 過去24時間:5,000円• 過去30日間:5,000円 以上、メルペイとPayPayはそれぞれ違った特徴がありますが、少しでも ポイント還元をゲットしながら決済していきたい人はPayPay、そして メルカリを頻繁に使っている人や、あと払いサービスを利用していきたい人はメルペイを使っていくのが良いでしょう。 PayPayはを残高チャージに使っていけば、最大1.

次の