スイカ ポイント 還元。 5分でわかる「キャッシュレスポイント還元」、Suicaもクレカも還元

Suica(スイカ)のキャッシュレス決済の還元は事前に登録しないともらえない件

スイカ ポイント 還元

JR東日本は10月1日から、Suica利用で鉄道に乗車した際にポイントが貯まるサービスを導入した。 モバイルSuicaの還元率が高いのが特徴だ(写真:tkc-taka/PIXTA) JR東日本は10月1日から、Suica(スイカ)で鉄道を利用した際にポイントが貯まるサービスを開始した。 首都圏の駅などで「Suica究極の新サービス始まる」という告知を見かけた人も多いだろう。 このサービスは、JR東日本グループの共通ポイントサービスである「JRE POINT」に手持ちのSuicaを登録したうえでJR東日本の在来線に乗ると、1回ごとの利用額に応じてポイントが貯まるというものだ。 従来からSuicaで買い物をした際にポイントが貯まるサービスはあったが、ついに鉄道利用でも可能になったわけだ。 モバイルは大盤振る舞い? すでにJRE POINTに登録している人なら、その「大盤振る舞い感」に驚いた人もいただろう。 「モバイルSuica」を利用した場合のポイント還元率が高いのだ。 カード形のSuicaだと200円ごとに1ポイントだが、モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント貯まり、還元率は2%だ。 Suicaグリーン券や定期券をモバイルSuicaで買った場合も、購入額に応じて同じ還元率でポイントが貯まる。 定期券は他社線を含む場合でも、購入金額全体がポイント計算の対象だ。 なお、1ポイントが1円相当となる。 従来、JR東日本グループのポイントサービスは、駅ビルなど商業施設のポイント、クレジットカード「ビューカード」のビューサンクスポイント、そして「Suicaポイント」など、各種のサービスそれぞれに分かれていた。 2016年2月、これらの共通化に向けて「JRE POINT」が登場。 まず駅ビルなどのポイントに始まり、2017年12月にはSuicaポイントがJRE POINTと共通化。 さらに2018年6月、ビューサンクスポイントも共通化され、さまざまなサービスのポイントをまとめることができるようになった。

次の

JR東日本、Suicaで乗車するとポイント還元!モバイルSuicaなら還元率4倍

スイカ ポイント 還元

この政府主導の動きに応じるようにやなど各社が大きなキャンペーンを実施して自社のシェアを広げようと頑張っていますね。 キャッシュレス決済はたくさん種類がありますが、その本命はJR東日本の「 Suica(スイカ)」と「PayPay」でしょう。 SuicaはJR東日本利用者を中心にすでに圧倒的に多くの利用者や加盟店がいることが最大のメリットになります。 また、PayPayなどのQR決済やクレジットカードと比較してかなりスピーディーなのもポイントが高いです。 端末にタッチするだけで決済できますからね。 最近ではJR東日本の範囲を超えて全国各地の鉄道やバスでも利用できますから利用者がどんどん増えているのです。 そんなSuicaですが、 キャッシュレス・消費者還元事業でポイントを得るためには登録が必要なんですよ。 登録しなければもらえるはずの5%が無駄になってしまうのです・・・ 今回はSuicaでキャッシュレスの還元を受けるためにはあらかじめ登録が必要な件についてみていきます。 「JRE POINT」のサイトでSuicaを登録するだけです。 逆に言えば 登録しないともらえないのです。 すでにSuicaを持っている方はJRE POINTのサイトでメールアドレス(Suica識別ID とパスワードを紐付けるだけですからそれほど難しくありません。 登録作業をしていないとポイント還元の対象となりませんので忘れないように登録しておく必要があります。 SuicaでもらえるポイントはJRE POINT Suicaで貯まるポイントは「JRE POINT」です。 ポイントの還元は通常、(キャッシュレス還元事業分を除く)以下の通り貯まります。 スマホなどに入れるモバイルSuicaとカードタイプでは付与ポイントが違うんですよ。 ただし、これはSuicaが使える すべてのお店ではなく以下のマークが記載された店舗のみとなります。 出典:JRE POINT WEBページ エキナカのNewDaysやキオスクなどはもちろん、飲食店でも対象となっている店舗もありますから嬉しい限りですね。 キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗ならさらに・・・ キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗(中小企業が条件)ならばさらに国からの還元がありますのでさらにポイントが増えます。 JREカード(クレジットカード)で払うよりもSuicaで払ったほうがお得なんですね。 これが登録をしていないとみすみす逃してしまうことに・・・ 必ず登録しておきましょうね。 JRE POINTは何に使えるのか せっかく貯めたポイントでも使いみちがなければなんの意味もありません。 それでは貯まった「JRE POINT」は何に使えるのでしょうか? 「JRE POINT」のサイトで提示されている使い方は以下です。 >> 個人的には今回の キャッシュレス決済を巡っての争いは「Suica(スイカ)」と「PayPay」が本命だと考えています。 現在はかなり過当競争ですが、徐々に淘汰されていくでしょう。 その点を考えても「Suica(スイカ)」と「PayPay」は作っておいても良いと思いますね。 また、お店はせめてこの2つの決済はできるようにしておいてほしいところ・・・ これから始めるならPayPayとSuicaがおすすめ まだ、キャッシュレス決済をなにも使ってない方は、10月からのキャッシュレス・消費者還元事業に向けてとりあえずPayPayとSuicaだけでも用意しておきましょう。 PayPay 大規模なキャンペーンを繰り返し実施しているソフトバンク・ヤフー系列のPayPayはまずオススメです。 すでに利用者も1000万人を突破し、利用できる店舗もどんどん増えています。 こういう類のサービスははじめにシェアをとってしまったところが圧倒的に有利です。 その点PayPayはかなり今後も有利でしょう。 PayPayをこれから始める方はこちらからダウンロードをどうぞ Suica キャッシュレス決済の弱点であるというのが心配の方はチャージ式のSuicaがおすすめです。 Suicaは多くの駅でも利用できますから使える範囲はかなり広いです。 また、タッチだけで決済ができますので他よりも会計は格段に早いです。 ただし、チャージ式ですからちょっと面倒な部分もありますけどね お店が今からキャッシュレスを導入するならPayPayかAirペイがおすすめ まだ、キャッシュレス決済なにも導入していないお店の方はとりあえずPayPayかAirペイ(Suicaが使える)がおすすめですね。 PayPay PayPayは初期導入費無料、決済手数料無料、入金手数料無料です。 更に提携銀行利用の場合には売上が翌日入金となります。 ユーザー側から見てもアプリの使い勝手がかなり良いのがありがたいところ。 Airペイ テレビCMでおなじみのリクルートの「Airペイ」はクレジットカードから電子マネー、QR決済まで幅広く対応できるのが魅力ですね。 特に今回ご紹介したSuica(スイカ)が使えるのが嬉しいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました。 「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです•

次の

ビューカードはどれが得する?各カードの還元率、年会費を比較して解説します

スイカ ポイント 還元

でも、もし、今回は、 Suicaチャージ専用でクレジットカードを作りたいんだ、という方は、 単純にSuicaチャージ分のポイント還元率が高いクレジットカードを選べば良いです。 具体的には です。 Suicaチャージへの ポイント還元率は1. 同じくビューカードが発行している 『ルミネカード』 も 1. 両クレジットカードともに、 のページでご紹介していますので、確認してみてください。 また、 も、Suicaチャージ分の ポイント還元率が1. 『JALカードSuica』は、JALカードとビューカードとの提携カードです。 Suicaチャージ分に対するポイント還元率だけでなく、ショッピング時のポイント還元率も併せて検討したいという方は、通常ポイント還元率もチェックされるといいです。 この場合は、• が 1. が 1. が 1. が 1. これらのクレジットカードは、通常ポイント還元率も、Suicaチャージ分のポイント還元率も同じです。 一方で、貯めたいポイントが決まっている、という方もいらっしゃいます。 例えば、2大共通ポイントである TポイントやPontaポイントを貯めたいという方は多いです。 SuicaチャージでもTポイントを貯めたい方はとが選択肢となりますし、Pontaポイントを貯めたい方はが選択肢となります。 また、 でしたら、Suicaチャージに対するポイント還元率は0. と は、Suicaチャージで、 JALマイルを貯めたい、 ANAマイルを貯めたいという方にとっては、ポイント還元率についてはあまり考えず選択したいクレジットカードとなります。 このように、単純にポイント還元率だけを比較して、一番ポイント還元率が高いクレジットカードを選べば良い、という選択方法がベストではないのですが、一つの判断基準として、Suicaチャージに対するポイント還元率を比較してクレジットカードを選ぶのも一つの方法ではあります。 以下に、一覧表を掲載してみましたので、ご参考になさってみてください。 ちなみに、年会費を最優先に考えたい方は、をご参照ください 尚、以下に掲載の一覧表は、 ビューカード機能が付いたクレジットカードと、それ以外のクレジットカードを分けて一覧表にしています。 ビューカード機能が付いたクレジットカードとは、JR東日本のクレジットカード会社であるビューカードが直接発行しているクレジットカード、または、ビューカードと他のクレジットカードが提携発行しているクレジットカードです。 ビューカード機能が付いたクレジットカードには以下の特徴があります。 クレジットカード自体にSuica機能が搭載されている• カード型Suica、モバイルSuicaへもチャージができる• カード型Suica、モバイルSuicaへもオートチャージできる• ビューカード機能付きSuicaクレジットカードのポイント還元率比較表 クレジットカード名 Suicaチャージ ポイント還元率 通常ポイント還元率 備考 年会費 1. 初年度無料 477円 税別 1. JRホテルグループや駅レンタカーの割引特典あり。 初年度無料 477円 税別 1. 無料 1. 初年度無料 953円 税別 0. イオンシルマで300円割引き。 永年無料 0. 初年度無料 2000円 税別 1. 初年度無料 2000円 税別 一般クレジットカードのポイント還元率比較表 クレジットカード名 Suicaチャージ ポイント還元率 通常ポイント還元率 備考 年会費 1. ENEOSなど街のポイント加盟店では2. nanaco、スマートICOCAチャージ分にもポイント1. 永年無料 1. Tポイント加盟店では1. nanaco、スマートICOCA、auウォレットチャージ分にもポイント1. 永年無料 0. Tポイント加盟店では1. nanaco、スマートICOCAチャージ分にも0. 永年無料 0. 全国約5000店舗での割引き特典あり。 楽天Edy、スターバックスカードチャージ分にも0ポイント. 最短即日発行できる。 永年無料 1. 楽天Edy、nanaco、スマートICOCAチャージ分にも1. リクルートポイントはPontaポイントへ交換できる。 永年無料 0. 最短即日発行できる。 永年無料 0. 最短即日発行できる。 永年無料 1. スマートICOCAチャージ分にも1. 永年無料 0. 楽天Edyチャージ分には0. 永年無料 0. ウェブ明細で年会費無料 紙明細は1200円 税別 0. 初年度年会費無料。 翌年度から500円 税込 ですが、前年度カード利用5万円以上で無料に。

次の