エウレカ 天井。 交響詩篇エウレカセブン2 パチスロ スロット

エウレカセブン3【天井期待値・朝一リセット・有利区間・やめどき】

エウレカ 天井

8枚 JAC中…約4. 5枚 AT期待度 35. 通常時にLFOが通過した場合は機体の種類と周期数でATレベルを示唆。 機体と周期 示唆内容 ニルヴァーシュ 全レベルの可能性あり 303 1周期目 ATレベル2以上確定 2周期目以降 ATレベル2以上示唆 スピアヘッド 2周期目まで ATレベル3以上確定 3周期目以降 ATレベル3以上示唆 theEND 3周期目まで ATレベル4確定 4周期目以降 ATレベル4示唆 会話演出• 会話キャラの組み合わせでATレベルを示唆。 有効なのは「非前兆中」のみ。 キャラ 示唆内容 チャールズ&レイ ATレベル3の可能性アップ アネモネ&ドミニク ATレベル4の可能性アップ ステージ ステージ 示唆内容 月光号談話室 基本ステージ ユカタン ブリッジ コンパクカウントチャンスの高確示唆 前兆ステージ ボーナス前兆示唆 有利区間ランプ• KCC コンパクトカウントチャンス 移行 有利区間移行時のKCCは、通常時に当選するKCCよりPTを獲得優遇。 初期ATレベル抽選 基本はレベル1スタート。 レベル2以上スタートなら1周期目のボーナス抽選が大きく優遇。 KCC高確抽選 有利区間移行時は必ず最大100GのKCC高確へ移行。 KCC高確中は純ハズレでもKCCを抽選。 の3つの抽選を行う。 リセット後はコンパクカウントチャンス確定• 非有利区間中のレア役はボーナス抽選 リセット後の大当たり振り分け ゲーム数 サンプル 振り分け 10G以内 3件 0. 5G コイン単価 約2. 1 98. 6 98. 2 100. 5 104. 4 107. 5 111.

次の

エウレカAO 天井 フリーズ 設定判別 打ち方 解析まとめ

エウレカ 天井

【技術介入要素】 ほとんど無し。 通常時とAT中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 【1000円あたりの回転数】 約31G 【ボーナスでの純増枚数】 純粋なボーナスは存在しないが、2種類の疑似ボーナスが搭載されている。 ただし、仮天井である77Gが選択される割合はそれほど高くない為、30GほどでヤメてもOK。 30Gほど回せば、AT引き戻しと高確はほぼフォローできる。 【天井】 疑似ボーナスもATも引かずに909G消化すると天井到達となり、AT当選が確定する。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー or BAR揃い中段チェリー。 中・右リールともにBARを狙う。 BARが揃えば、最強役である「BAR揃い中段チェリー」となる。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちし、3連チェリーになれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== 弱スイカ or 強スイカ or チャンス目。 中リール適当打ち後、右リールにBARを狙う。 スイカが斜めに揃えば弱スイカ、上段に揃えば強スイカ。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段にBARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 「ベルの小V字」・「中段にリプレイ・リプレイ・ベル揃い」となればチャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 ベルナビ40回発生で終了、純増枚数は約200枚。 ベルナビ20回発生で終了、純増枚数は約100枚。 【疑似ボーナス中の打ち方】 中身はATなので、基本的には押し順ナビに従うだけでOK。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォローする。 「?」ナビ発生時は、4択の押し順当てに挑戦。 押し順に正解すれば「リプレイ・リプレイ・チェリー」が入賞し、疑似ボーナス終了後に「モンスーノバトル」と呼ばれる5G間のチャンスゾーンへ突入する。 逆押し赤7ナビ発生時は、逆押しで各リールに赤7を狙う。 赤7が揃えばAT確定。 疑似ボーナス後のAT自力チャンスゾーン「モンスーノバトル」 - [交響詩篇エウレカセブン2] 疑似ボーナス中に「リプレイ・リプレイ・チェリー」が入賞すれば、疑似ボーナス後は必ず「モンスーノバトル」へ突入。 モンスーノバトルとは、5G継続の自力ATチャンスゾーン。 5G間で、4択押し順当てに正解するほどAT突入期待度が高まる。 基本的には1回正解につき1ポイント獲得。 レア役成立でもポイント獲得となる。 3ポイント以上獲得すればAT確定。 つまり、押し順当てに3回正解すれば問答無用でAT確定となる。 4回以上正解すれば、AT複数ストックが確定。 【モンスーノバトル中の押し順ナビについて】 モンスーノバトル中は、押し順が完全ナビされる場合がある。 疑似ボーナス中に「リプレイ・リプレイ・チェリー」揃いを複数回揃えれば、ナビ発生が確定する。 ナビ回数は、モンスーノバトル突入時のロゴの色によって示唆される。 【一発逆転演出「ブレイクチャンス」】 モンスーノバトル中、不正解が続いても諦めるのはまだ早い! 「ブレイクチャンス」という演出が発生し、このゲームで4択を当てることができれば、それまでの不正解分がすべて正解に書き換えられる。 通常時のモードについて - [交響詩篇エウレカセブン2] 交響詩篇エウレカセブン2の通常時には、「モードA」・「モードB」・「モードC」・「モードD」の4つのモードが存在する。 滞在モードによって、「AT当選までの天井ゲーム数」・「デューイモード突入ゲーム数」が異なる。 各モードの天井ゲーム数は以下の通り。 【モード昇格抽選】 滞在モードによって、AT当選期待度が異なる。 期待度は「A < B < C < D」で、モードDまで上がれば、初当たりでAT以上に当選することが確定する。 モード昇格抽選は、疑似ボーナスからAT当選しなかった場合にのみ行われ、一度上がったモードはATに当選するまで転落しない。 通常時の状態について - [交響詩篇エウレカセブン2] 交響詩篇エウレカセブン2の通常時には、「低確」・「高確A」・「高確B」の3つの状態が存在する。 滞在状態によって、疑似ボーナスやATの当選期待度が異なる。 液晶が夕方背景になれば、高確滞在の可能性が高い。 状態昇格抽選は、主に弱レア役(弱チェリー・弱スイカ)にて行われる。 なお、疑似ボーナス後は高確A or B滞在が確定する。 レア小役からの初当たり当選率 - [交響詩篇エウレカセブン2] 通常時のレア小役成立時には、初当たり抽選が行われている。 成立小役と滞在状態により、初当たり当選率が異なる。 そして、 初当たり当選率については以下の通り。 レア小役からの初当たり当選時に、ダイレクトにAT突入するようなパターンが多いような時は、高設定の可能性が高くなる。 そもそも、モードD滞在時は、初当たりに対して必ずAT当選が付いてくる。 前兆演出「ニルヴァーシュモード」 - [交響詩篇エウレカセブン2] 交響詩篇エウレカセブン2には、「ニルヴァーシュモード」と呼ばれる前兆演出が搭載されている。 疑似ボーナスやATへ突入する前には、この前兆演出を経由することが多い。 ニルヴァーシュモード突入時の液晶は、まず「ビークルモード」からスタート。 そこから「飛行形態モード」へ移行すればチャンス。 また、コンパクトカウントの末尾が「7」で発展すれば、疑似ボーナス or AT当選の期待大。 自力超高確ゾーン「デューイモード」 - [交響詩篇エウレカセブン2] 交響詩篇エウレカセブン2には、「デューイモード」と呼ばれる20G継続の自力超高確ゾーンが存在する。 デューイモードへは、規定ゲーム数消化により突入する。 デューイモード中は、リプレイ以外の全役にて疑似ボーナス or AT抽選が行われる。 【デューイモード突入システムとゾーン狙い】 デューイモード抽選は、「滞在モード」と「消化ゲーム数」の両方を参照しつつ、ハズレ時に突入抽選が行われる。 モードは、A~Dのうち、上のモードであるほどデューイモード当選率が高くなる。 (モードDが最上位) 消化ゲーム数は、50G刻みとなっている。 各モードのデューイモード当選が期待できるゾーンは以下の通り。 650Gまで回したら、そこからは天井まで回した方がよいため、実質的にゾーン狙いとして通用するのは「201G~250G」と「401G~450G」と「501G~550G」の3つ。 デューイモード当選後は、数ゲームの前兆を経由してからデューイモード突入となる。 【デューイモード中の初当たり抽選】 デューイモード中は、高い確率で初当たり抽選が行なわれている。 「強チェリー」・「強スイカ」・「中段チェリー」・「中段チェリー+BAR揃い」ならば初当たり確定。 AT「コーラリアンモード」について - [交響詩篇エウレカセブン2] 交響詩篇エウレカセブン2には、「コーラリアンモード」と呼ばれるAT機能が搭載されている。 ゲーム数上乗せ方式となっている。 【上乗せゲーム数=疑似ボーナス当選期待度となる「ボーナスリンクシステム」】 ゲーム数上乗せが発生した際には、上乗せされたゲーム数に注目。 上乗せされたゲーム数が、そのまま疑似ボーナス当選期待度となる。 【AT中のモード】 AT中には、複数のモードが存在。 滞在モードによって、上乗せ特化ゾーン「エアリアルラッシュ」への突入期待度が異なる。 液晶ステージにより、ある程度モードを判別できる。 期待度は「遠距離 < 中距離 < 近距離 < レインボー」の順。 なお、一度上がったモードは、エアリアルラッシュへ突入するまで転落しない。 【上乗せ特化ゾーン「エアリアルラッシュ」】 エアリアルラッシュとは、7G継続のATゲーム数上乗せゾーンのこと。 AT中のレア小役により突入抽選が行われる。 エアリアルラッシュ中は、リプレイ以外でゲーム数上乗せが発生。 終了後は、トータルの上乗せゲーム数でボーナスリンクが発動する。 エアリアルラッシュ中は、いかにリプレイ以外の小役を連続で引けるか、に懸かっている。 リプレイ以外の小役を連続で引くほど、上乗せゲーム数が優遇される。 7連続でリプレイ以外の小役を引ければ、100G以上の上乗せが確定!(つまり、疑似ボーナス当選も確定する) 【超上乗せ特化ゾーン「エアリアルバースト」】 エアリアルバーストとは、エアリアルラッシュ中の「リプレイ・リプレイ・チェリー」入賞で突入する、さらに強力な上乗せ特化ゾーン。 「目押しができる0G連」状態となり、BARが揃うたびに10G以上のゲーム数上乗せが発生する。 継続抽選に漏れるとエアリアルバースト終了となり、エアリアルラッシュへ戻る。 theENDモードは10G間継続し、リプレイ以外の小役で覚醒抽選。 最終的にアネモネが覚醒すれば、高モードのAT&エアリアルラッシュ突入が確定する。 リプレイならば疑似ボーナス直撃抽選が行われ、リプレイ以外の小役ならば上乗せ+ボーナスリンクシステムによる疑似ボーナス抽選が行われる。 そして、疑似ボーナスに当選する限り、延々とセブンスウェルが継続する。 セブンスウェルへの突入だが、最強のスペシャルモードというだけあり、滅多に突入することはない。 フリーズなど、ごく一部の条件を満たした時のみ突入する。 【ATの引き戻しについて】 AT終了後は、引き戻しの可能性あり。 引き戻しの確率は、初当たりAT終了後か、引き戻しAT終了後かによって異なる。 初当たりAT終了後の引き戻し率は偶数設定が優遇され、引き戻しAT終了後の引き戻し率は奇数設定が優遇される。 そして引き戻し当選時は、必ず30G以内にAT当選となる。 引き戻し確率がそこそこ高いため、AT終了後も必ず30Gは回すべき。 【AT中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 【AT中の純増】 AT中は、1Gあたり約2. 8枚のペースでコインが増加していく。 非常に大きな恩恵で、大爆発のトリガーになりやすい。 天井について - [交響詩篇エウレカセブン2] 交響詩篇エウレカセブン2には、天井機能が搭載されている。 疑似ボーナスもATも引かずに909G消化すると天井到達となり、AT当選が確定する。 なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [交響詩篇エウレカセブン2] 【弱スイカと弱チェリーの出現率】 通常時とAT中の、弱スイカと弱チェリーの出現率に多少の設定差が存在する。 どちらも、高設定ほど出現率が高くなる。 設定差があるのは、弱スイカ/弱チェリー/チャンス目成立時。 また、デューイモードによる初当たり当選率にも多少の設定差がある。 以上のことから、ハマリが少なく、初当たりが多ければ多いほど高設定の期待度が高まる。 大ハマリが少ない&初当たり出現率が多い台を狙っていこう。

次の

交響詩篇エウレカセブン パチスロ スロット

エウレカ 天井

天井: 885回転 ST数は含まない 【遊タイム(天井)の 恩恵】 リング 呪いの7日間2は低確率時885回転で天井を迎える。 天井到達の恩恵は1214回転の大量時短をゲットできる。 つまりほぼ次回の当たりを約束される。 57円】 千円22回 【3. 03円】 千円22回 【3. しかしながらこの台は店側が宵越しをクリアできるので注意が必要です。 遊タイム100Gカウントダウンが始まるので宵越し作戦が成功するかどうは100G前には分かります。 セグMAXを見てる人だけに 高騰テクニックを伝授します。 宵越し狙うなら前日のヘソセグの写真を撮っておきましょう。 あと、打つ時間には余裕をもって! 持ち時間90分以上ないと私は狙いません。 余談ですが、1200回転の遊タイム駆け抜けて2000円分追い金した事もあります。 約98%で759回転の時短を貰えるのだ! つまりほぼ次回の当たりを約束される。 57円】 千円22回 【3. 03円】 千円22回 【3.

次の