パワー スーツ 浜田。 パワーアシストスーツ

パワーアシストスーツ市場規模が1.4倍に!でも本当に使えるの?

パワー スーツ 浜田

東京理科大学の小林宏氏 イノフィスは東京理科大学発のベンチャー企業で、同大学工学部機械工学科教授の小林宏氏が2013年に創業した。 空気を駆動源とするMcKibben型人工筋肉を活用し、小林氏はパワードスーツ「マッスルスーツ」を2014年から開発している。 2019年4月には累計販売台数が4000台を超えた。 小林氏はマッスルスーツ開発にあたり「自由に動けない人を動けるようにしたい」との理念を掲げる。 最大の顧客層は介護業で、製造業での採用も多い。 また、物流や農業の法人からも引き合いを得ているという。 一方で、これまでのマッスルスーツは最廉価モデル「マッスルスーツ Edge」でも価格が49万8000円(税別)と、個人が購入するにはハードルが高いものだった。 イノフィス 社長の古川尚史氏は「老々介護など在宅介護を行っている家庭からも問い合わせを多くいただいていたが、価格を伝えると購入を諦める人がほとんどだった」と明かす。 そこで、マッスルスーツ Everyでは「従来製品からフルモデルチェンジを行い、低価格を実現した。 また、リコーと共同で企画段階から量産に向けた設計を行った」ことで、従来製品ではカバーしきれなかった個人の顧客にも訴求が可能な製品とした。 マッスルスーツ Everyを着用して重量物を持ち上げる様子(クリックで拡大) 量産対応については、リコーテクノロジーズが量産設計、リコーエレメックスが生産受託を担い、複写機の設計と生産ノウハウをつぎ込んだという。 生産はリコーエレメックスの恵那事業所(岐阜県恵那市)で行う。 リコーテクノロジーズで第二設計本部 本部長を務める江間裕通氏は「リコーのコストダウン能力と環境技術対応を詰め込んで量産設計を行った。 小林先生から高い精度を求められたのが印象に残っており、担当者は相当苦労していた」とイノフィスとの協業を振り返った。 初年度の販売目標は1万台。 次期モデルの開発も開始しており、さらなる低価格化と本体重量3kg程度を目指した軽量化を進める。 今後、海外展開や業種特化型モデルの開発も検討するという。 関連記事• イノフィスは、「第1回 工場設備・備品展」(2019年2月6〜8日、東京都江東区・東京ビッグサイト)で、動作補助設備「マッスルスーツ」を展示した。 イノフィスは2013年に設立された東京理科大学発のベンチャー企業で、現在は介護福祉用途での動作補助器具『マッスルスーツ』を開発、販売している。 ATOUNは「人手不足対策展 2018」において、腰用パワーアシストスーツの新モデル「ATOUN MODEL Y」を披露した。 2015年秋に発売した「ATOUN MODEL A」と比べて大幅な軽量化やコスト削減、機能向上を実現したことが特徴。 2018年7月から出荷を始める。 東京理科大学発のベンチャー企業であるイノフィスが、「腰補助用マッスルスーツ」の「軽補助モデル」の試験販売を開始する。 EU内での基準適合を示す「CEマーキング」も取得した。 イオンはグループ会社と共同で「アグロ・イノベーション 2014」(会期:2014年11月12〜14日)に出展。 ブース内で東京理科大学の小林研究室が開発した「腰補助用マッスルスーツ」の展示デモを披露した。 3mの巨大な身体を手に入れる、そんな夢を現実のものとした「スケルトニクス」。 このスケルトニクスで実現したことは何だったのか? そして「エグゾネクス」プロジェクトの終了を発表した今、彼らが次に目指すのはどこなのだろうか。 外骨格ロボットスーツで世間を驚かせたスケルトニクスが、「CEATEC JAPAN 2015」のIPAブースに出展。

次の

マッスルスーツ介護ロボットの価格!ダウンタウン浜ちゃんがcm

パワー スーツ 浜田

マッスルスーツEveryを使ってみた私の口コミ! マッスルスーツは重いものを持った時にかかる腰の負荷を軽減したり、力仕事をサポートしたりすることができる新世代のアシストスーツです。 こんにちは、今日はそんなマッスルスーツEveryのレビューをお届けしたいと思います。 マッスルスーツに興味をお持ちの方は、どうぞ1つの意見として参考にしてみてください。 若い頃は苦にならなかったのですが、長年一緒に切り盛りしている妻や従業員たちも年齢がいくにしたがって、徐々に力仕事が大変になってきていました。 特に腰痛持ちの人が増えてきていたので、自分が率先して力仕事を行うようにしていました。 そんな影響もあったのでしょうか、自分も年齢には対抗できず、腰が痛い日が出てくるようになったり、疲れがたまるようになってきたのです。 腰や背中に疲れがたまると、肩や腕、ひざなどいろいろなところにも波及してくるもので、いつの間にか、どこかが痛むことが当たり前になってきて、それでサポートベルトを試してみたのです。 膝やひじにサポーターをつけ、腰には腰痛対策用のベルトを付けていることが当たり前になりましたが、体の辛さや不安は解消できず、自分でもイライラすることがあるほど、動きが遅くなってきました。 若い従業員を雇わなければ、このままでは自分の身体がもたなくなるといった思いがありました。 我が家には息子がいるので手伝ってもらうことができる可能性は無いとは言えませんが、息子もいろいろと将来の仕事の展開を考えているようです。 経験を積むということで今は一般企業で働いていますので、家の仕事を手伝わせるわけにもいきません。 家の仕事を継ごうといった素振りも全然見せないので、あまり当てにすることなく、自分たちの力でなんとか切り盛りするしかないのです。 とは言っても、接客や経理などはまだまだ元気に行うことができるのですが、力仕事がきつくなっている現実があります。 店の継続や従業員のことなどを考えこむようになり、そんな悩みを同業の友人にふともらしたところ、今はマッスルスーツEveryというのを使って、随分楽になったと教えてくれたのです。 ところが廉価といっても税別で498,000円もします。 この値段だと、とてもじゃ有りませんが、手などでない金額です。 最近ダウンタウンの浜ちゃんがCMに出演しているというモデルで、普及版ということでした。 ですので、値段もかなり抑えられた価格設定になっていました。 ですので、さらにマッスルスーツEveryついて、さらに詳しく調べてみることにしました。 マッスルスーツEveryは、大きなリュックサックのような印象で、背負ってからベルトを締めて装着して使用する物みたいです。 重いものを持ち上げる動作や、中腰での作業をサポートしてくれるので、荷物を軽トラックやワゴン車に積み下ろししたりする時など、非常に楽になります。 また、店舗のディスプレイをしたりする自分の仕事を考えると、動きを良くするサポートをしてくれることが分かりました。 てっきり電気を充電して使うのだと思っていたのですが、予想に反して、マッスルスーツEveryは電力不要ということでした。 なんでも空気圧を利用して人工筋肉を動作させる方式ということで、屋外や水のある場所でも使うことができるということでした。 マッスルスーツの初代モデルは価格が50万円ほどだったのに、Everyは14万円弱で、すでに何千台も販売されているヒット商品になっているんだそうです。 旧モデルと比べて違うのは価格だけでなく、サイズ感も大幅にカットされているということでした。 以前のマッスルスーツは人を包み込むくらい大きかったのですが、Everyは大きなリュックというイメージに変化し、これなら楽に背負うことができそう…そんな印象を持ちました。 重量に関しても、かなり重いのかと思ったのですが、わずか3. 8㎏なので、いつも持っている荷物より軽い感じです。 それでいてサポートする力は25㎏もあるそうなので、これだけのサポート力があったら、力仕事がかなり楽になると期待できました。 電力も使わず、背負うだけで力仕事を軽減してくれるなんて、とにかくすごい発明です。 それでいて、価格的にも手が届く範囲なので、これはもう試してみたい…そんな気持ちが高まったのです。 アシストスーツといえば、電動モーターを使ったものを想像する人が多いと思いますが、僕は「力強く、かつ滑らかに動かせるもの」を第一に考えました。 身体に着けて、できるだけ軽くて、柔らかくて、力が出るものは何か。 そう考え、「空気圧式の人工筋肉」をマッスルスーツには使用しています。 それから、浜ちゃんのCMはこれです。 【TV-CM】ハマダがいい人になった篇【マッスルスーツEvery】 マッスルスーツEveryとは?機能や利用シーンをご紹介。 マッスルスーツEveryについて詳しく調べてみると、装着が楽で充電がいらないので、使いたいときにさっと身に付けることができそうだし、力仕事が楽になると腰やひざへの負担が軽減できそうでとても良さそうだと思うようになってきました。 毎日のことなので、少しずつ負担が蓄積しているのを軽くできたらいいなと思ったのです。 価格的に50万円なら手が出なかったと思いますが、14万円くらいなら力仕事のために従業員を増やさなくても良いですし、必要経費と思うことができます。 そうは言っても、自分にとっては高い買い物になるので失敗したくないと思い、口コミを調べました。 サントリースピリッツ 私はお酒の製造現場で、原料の受入や投入など生産工程全般を担当しており、日々10~18kgの原料を数多く取り扱っています。 弊社では男性だけでなく、女性でも働きやすい職場を作ろうというプロジェクトがあり、その一環でマッスルスーツを使用することにしました。 マッスルスーツを導入したきっかけは、装着のしやすさ、作業性、通気性、負荷軽減を実感できたことが主な理由で、更に危険物を取り扱う現場で一般電気が使用できないため、空気の力でも機能できることからこのモデルを選びました。 今では男性も同様にこのマッスルスーツを使用して、以前に比べて皆が快適に作業できる職場環境に生まれ変わりました。 さつまいも農家 収穫したさつまいもを入れたコンテナはひとつあたり25kgほどで、それをトラックや倉庫に積み下ろしする作業で利用しています。 ずっと腰は痛かったんですけども、特にここ数年、寝返りも打てないぐらいになってしまいました。 そこで、マッスルスーツは屋外でもOK、空気圧で動くので電気も必要ないというので使ってみることにしました。 実際使ってみると、コンテナを積み下ろしするときの腰はかなり楽になりました。 腰を一回痛めちゃうと、やっぱりなかなか治らないんですよね。 普段から注意はしているんですけれども、どうしても農作業で夢中になってくると、不用意に重いものを持ってしまうこともあります。 そういうときにマッスルスーツをつけていると、お尻を押してくれるような感覚でサポートしてくれるので、腰を痛めるリスクが減ると思っています。 30代 男性 コメ農家 タイトフィットMLサイズ使用 もみがらをふるいにかける機械に原料投入する作業で使っています。 腰痛対策に加えて、倉庫のスペースを有効活用する点から、コンベアなどと比較して利用を決めました。 スタッフは、もちろん腰を痛めた経験があるので、再発防止のためにもしっかりと活用していきたいと思っています。 40代 男性 介護施設勤務 ソフトフィットMLサイズ使用 主にベッドの上での排泄介助やシーツの張替え作業で使っています。 ベッドがひざぐらいの高さがあるので、どうしても中腰になって介助することが多く、その姿勢のときに使うととても楽です。 上からつるされている感覚がするので、このままの状態でも寝られるな、と思うくらいです。 もともとヘルニア持ちで10年くらい前に腰を痛めているのですが、もっと早くあればよかったな、と今では思っています。 30代 男性 製造工場勤務 タイトフィットSMサイズ使用 20kgの商品を、多い日だと50箱くらい積み替える作業をしています。 1時間以上かかる作業なので、マッスルスーツを使うと、腰の負担は減った実感があり、ない状態で作業すると、かなり疲れます。 できれば現場で、仕事をしているメンバー全員に使ってもらって長く働ける環境を整えていけたらいいな、と思っています。 20代 男性 照明機器メーカー勤務 タイトフィットMLサイズ使用 細身の体形ですが、60kgぐらいあるものを1回多ければ30個ほど、どうしても一人で持ち上げなければいけないシチュエーションも多々あるので、腰への負担軽減のため購入しました。 マッスルスーツは電力を必要としないので、災害時など電力が確保できないようなときにでも臨機応変に対応できる点から選びました。 72歳 女性 果樹農家 タイトフィットSMサイズ使用 収穫した果樹の仕分け作業でコンテナを運んだり中腰で仕分けしたりと、日ごろ腰への負担が大きいと感じていました。 公式サイトに掲載されていた「お客さまの声」から引用で紹介させていただきました。 他でもいろいろ口コミを調べてみると、工場や農家の方たち、介護の現場など、やはり力仕事が多い職種の人が多く使っていることが分かりました。 このような人たちが使いにくかったら、仕事に逆に支障が出ると思うので、使い続けて良さを感じているのは、使用感も良いのでしょう。 それからマッスルスーツEveryは、男性はもちろんですが女性も多く使っていることが分かりました。 動きを妨げずに、しっかりとサポートされるということで、日常的に使ってもなんら問題がないようです。 腰痛が軽くなっている人が実際にいることが分かり、通気性も良く、装着感も軽いみたいだったので、自分の仕事の負担軽減に、大いに役立ってくれそうな気がしました。 とりあえず、Amazonなんかでも売ってましたが、ほんのちょっと調べた程度で買うには、149,600円という値段ですので、そう簡単にはいきません。 万が一、あとで後悔するようなことには絶対にしたくなかったのです。 公式サイトからメールで問い合わせをして、資料請求を行い、また、保証の問題もあったりするので、最寄りの正規販売店も教えてもらいました。 皆さんも購入の際には、ネットだけの情報だけでは十分とは言えないので、必ず公式サイトから問い合わせをすることを、ここでお勧めしておきます。 そんな感じで、慎重には慎重を重ねて購入に踏み切ったマッスルスーツEveryが、やっとのことで自宅に届いたのです。 マッスルスーツEveryが届いたときは、梱包のせいもあって意外と大きく思えました。 早速装着してみると、スーツというよりはリュックサックを背負っている感覚に近くて、重さは気にならない程度です。 背負ってから腰と肩、胸にあるベルトを調整し、お尻周りのベルトもあってフィットしていく感じでした。 パットを太ももの部分にあてると、少しリュックサックとは違う感じになりましたが、太ももや背中の部分のパッドは通気性が良い素材でできているし、色もきれいな水色なので、ダサいという感じはしなかったです。 腰の部分に筒がついていて、筒を押して空気を充填していくのですが、これで仕事が楽になるというのが不思議な感じでした。 40回ほどポンピングして準備が完了したので、さっそく仕事をしてみて驚きました。 前傾姿勢で重いものを持ち上げるときと、荷物を下ろすときが一番つらかったし、気を付けているときだったのですが、腰への負荷が軽減しているのが分かりました。 力を入れつつ、入れすぎないようにコントロールして、重さに耐えていたのですが、軽く動けて腰のあたりに感じていた無理な感じが自分の場合はかなり楽でした。 腕の部分は、当たり前なのかもしれないですが、サポートされないのでそのままだし、重さが軽くなるわけでは無かったです。 でも腰に伝わるびりびりとした感覚を気にしないで作業をすることができたし、動きが滑らかになる感じがして、気持ちまで軽くなるような使用感でした。 試しにマッスルスーツEveryを脱いで荷物運びをしてみたら、すぐに腰の違和感が出てきたし、重さではないのですが、負担がかかっていることがよくわかりました。 友人はマッスルスーツEveryを付けないと、もう重いものを持つ気になれないと言っていましたが、確かにその通りだということが、すごくよく理解できました。 特に荷物の上げ下ろしの時の中腰姿勢や、重いものを持って運ぶ時に若干前のめりになるような姿勢の時の腰への負担が、大げさではなく軽減されました。 びりびりと負荷に耐える感じが気にならなくなり、作業後の腰のだるさが気にならなくなったのです。 とても気に入ったので毎日使っていると、3日目くらいからは、ベルトの調節にも慣れてフィットさせることができるようになってきました。 さらに付け心地が軽くなり、何も持っていない時は装着している意識はありますが、重いものを持っているときは付けていることを忘れるくらいのフィット感で、付け心地は悪くはありません。 作業時にマッスルスーツEveryの重さを感じることもありませんし、動きが妨げられる感覚も自分の作業で言えば特に感じませんでした。 背中の部分は、普通に立っていると体に付かないですし、真ん中が大きくあいているので蒸れることも無いです。 力仕事をすると汗をかくのですが、背中にぴったりとついているわけではないし、空気が通るので蒸れは気にならないといった感じです。 逆にリュックを背負っているほうが、密着度が高くて背中が蒸れる感じがするので、リュックよりも全然蒸れないです。 とにかくマッスルスーツEveryを使ってみて良かったのは、腰の負担が大きく減るところです。 重さが軽くなるという感じは自分はしなくて、重いものは重いのですが、動きをサポートしてくれるので、楽に動けることと、腰に負担が集中しない感じがするのでとても良いです。 それから装着するときに、はじめは時間がかかりましたが、慣れてしまえば10秒ほどで着ることができるようになりました。 空気を入れるのも慣れてくるとすぐにできるようになったし、車に荷物を積み下ろしをするときに、雨が降っていても電気製品ではないので漏電などを気にしなくていいのも良いと思いました。 マッスルスーツEveryを使い始めてみた時は、なんだかサイズが大きいなと思ったのですが、実際に使ってみるとサポートしてくれる割にはコンパクトだし、背負ってしまえば重量感もありません。 マッスルスーツ hashtag on Twitter• 【楽天市場】マッスル スーツの通販 - ジャンル一覧• Amazon. jp: マッスルスーツ• マッスルスーツの商品一覧 通販 - Yahoo! ショッピング• マッスルスーツEveryのコーポレートサイト【株式会社イノフィス】•

次の

ダウンタウン・浜田雅功が数年ぶりのCM単独出演!マッスルスーツで に!? 株式会社イノフィス 「マッスルスーツ Every」 TVCM 11月22日(金)よりオンエア開始|株式会社イノフィスのプレスリリース

パワー スーツ 浜田

[カテゴリ]• 2016年5月26日、物流プランナーズにて「物流で負ける通販会社。 勝ち残る通販会社」セミナーを開催しました。 株式会社ユーピーアールの「パワーアシストスーツ」が注目を集めました。 そんな「パワーアシストスーツ」をより詳しくご紹介します。 株式会社ユーピーアールの「パワーアシストスーツ」はパワードスーツとも呼ばれる装着型筋力補助装置です。 全身の筋肉を強化する装置ではありません。 持ち上げる動作を補助する装置です。 腰の負担を軽減して、作業者の腰痛や現場の環境改善を目的としています。 「パワーアシストスーツ」を装着すれば、高齢者や女性の方でも、重たい(最大30kg)荷物を小さな負担で持ち上げ運びができます。 年齢や性別を問わずに労働力を確保できることが魅力です。 積替え作業、バラ積み卸し作業、ピッキング作業、投入作業など、人手が足りない現場で活躍します。 デモや体験会、レンタルや購入に興味がありましたらぜひご相談ください。 マッスルスーツとアクティブパワースーツ 株式会社ユーピーアールの「パワーアシストスーツ」は2種類あります。 「パワーアシストスーツ」は、マッスルスーツとアクティブパワースーツの総称です。 ・パワーアシストスーツ L マッスルスーツ L アクティブパワースーツ マッスルスーツは、圧縮空気を利用したコンプレッサー動力で動作するモデルです。 コンプレッサーから空気を送るためのチューブが必須となり、移動性に若干制限があります。 最大で30kgと高補助力が魅力です。 人工筋肉が搭載されており、荷物を持ち上げるときに、特定の操作を行うことで、圧縮空気により人工筋肉がぎゅっと縮小して、物を持ち上げる腰回りの筋力を補助サポートします。 アクティブパワースーツは、バッテリーで動作するモデルです。 チューブが不要なので移動性に優れています。 移動性に優れている分、補助力は15kgになります。 15kgといえば、軽く感じるかもしれませんが、4歳の子供の体重です。 重たくなった・・・・重い。。。。 と感じる重さです。 いずれも重たい荷物の繰り返しの作業に効果を発揮します。 マッスルスーツの実際の使い方を見てみましょう。 重たい荷物の負担で発生する腰痛。 マッスルスーツで腰への負担を大幅軽減できます。 負担を軽減できるので、女性でも高齢者でも、作業が可能になります。 年齢・性別を問わない労働環境作りのサポートが魅力です。 マッスルスーツは物流現場で大活躍します。 トラックでの積み降し作業、パレットの積み替え作業など作業の負担を軽減できます。 まさにアシストスーツです。 マッスルスーツ動作原理を紹介します。 人工筋肉が内蔵されています。 人工筋肉がギュっと収縮することで、腰や背中の筋肉の負担を大きく軽減します。 人工筋肉の操作は、アゴの下にあるタッチセンサーなどで操作します。 最大で30kgまで補助可能です。 繰り返しの腰に来る作業の負担を、大幅に軽減することが可能です。 マッスルスーツの着用方法を説明します。 リュックのように背負います。 バックルや肩のベルトをとめて完了です。 簡単です。 物流倉庫スタッフの高齢者や人手が足りないと感じている事業者様は「パワーアシストスーツ」をご検討されてみてはいかがでしょうか。 1台あるだけで、人手や高齢者の方の負担を大きく軽減できます。 パワーアシストスーツ動画 おすすめ記事•

次の