氷川 きよし ファン ブログ。 氷川きよし ファンブログや掲示板,コンサートチケットの優先入手方法

明日のテレビ②

氷川 きよし ファン ブログ

2000年に「 箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビューして以来、幅広い層から人気を得て、数々の賞を受賞してきた人気・実力ともにトップクラスの演歌歌手の 氷川きよしさん。 氷川きよし ファンクラブ入会特典 ・会員証の発行 ・入会記念「直筆サイン入り生写真」 ・公演チケットの優先販売のご案内 ・会報 年4回程度 の発行 ・毎月のスケジュール紙発行 ・オリジナルグッズ通信販売 不定期 氷川きよし ファンクラブ入会申込み方法 封筒と80円切手、それぞれ2枚ずつ用意。 「あかいの思い出日記」 あかいさん ブログ• 「天晴れ! HK伝説」 マルル まるる さん ブログ• 「みーこのブログ」 みーこさん ブログ• 「かずかずの幸せ」 かずさん ブログ• 「金食う虫たち」 kiyo4hmさん ブログ• 「ミーニャの あんぽんたんな日々」 ミーニャさん ブログ• 「みりりおばさんの日記」 みりりさん ブログ• 「氷川きよしに魅せられて・・・ひまわりブログ」 ひまわりさん ブログ• 「きよしラブのブログ」 きよしラブさん ブログ• 「*とことこ diary*」 ひまわりとのちゃんさん ブログ• 「ボルトのブログ」 ボルトさん ブログ• 「いず~のブログ」 いず~さん ブログ• 「氷川きよし応援掲示板」• 「氷川きよし応援ファン交流掲示板」•

次の

氷川きよし ファンブログや掲示板,コンサートチケットの優先入手方法

氷川 きよし ファン ブログ

氷川きよしさんを応援し、その魅力を語り合いたいという志を同じくする皆さまを代表して、とねりこが管理人をお引き受けしています。 氷川きよしさんに関することであれば、どなたでもご自由に投稿してください。 ただし、著作権、肖像権等、他者の権利を侵害する恐れがあるもの、特定の個人を攻撃または中傷する内容の投稿は、固くお断りします。 また、他のファンサイトへの誘導を目的としたURLの貼りつけもご遠慮いただきます。 これらに該当するもの、及び閲覧者に不快感を与えると判断した書きこみについては、とねりこの管理人権限で削除または非表示とさせていただきます。 上記のお約束をお読みいただいた上で、氷川きよしさんについて楽しく和やかに語り合える場として長く継続出来ますよう、皆さまのご協力をお願いいたします。 私はそういう形できよしくんの歌に遭遇したのは初めてでした。 わんわんさん、クニコさんのボーカルレビューとmi-mollet 山崎恵さんのブログのご紹介をありがとうございます。 仕事帰りにチェックしないと! そして夜はNACK5「J-POP TALKIN'」、田家さんのきよしくんインタビュー後編。 この曲に関しては称賛される一方でツイッターなどでは日本語で歌うなんてとか直訳過ぎて曲の雰囲気を壊す(湯川先生がクイーン側の要望に応えてあえてオリジナルに忠実な直訳にされた経緯があるわけで)だとか言いたい放題つぶやく方もおられます、まあ感じ方はそれぞれなので仕方ありませんが。 そんな中でクニコさんが日本語の「ボヘミアンラプソディー」は氷川きよしにか歌えないだろうときよしくんの歌手としての力量を認めて称えて下さったことがほんとにうれしいですよね。 ところで我が家にも写真集、届きました。 ゆっくりあとで見ましょう。 投稿者: 薫 投稿日:2020年 6月25日 木 13時27分49秒 とねりこさん、いつも詳しい情報ありがとうございます。 私も朝ドラの水川ながしでしたっけ? これきよし君意識? 笑ってしまいましたがNHKさんきよし君を大切にしてくれてるから? と思いました。 あの歌手さん記憶違いで無ければ細川先輩のお弟子さんだと思いますが違ってたらごめんなさい。 イャ~懐かしいデビュー当時のきよし君から様々な写真が.....。 表紙は勿論、裏表紙 でいいのかな? で、ないと家族の反対がありそう。

次の

氷川きよしhugブログ掲示板

氷川 きよし ファン ブログ

氷川きよしは確実に進歩している。 否、進化している。 彼がもうずっと出演を熱望していたというNHKの「SONGS」 この番組に出演できるということが彼の中での「ポップス歌手として認められた」という一つの免罪符だったのかもしれない。 20年間「演歌界の貴公子」として多くのファンを獲得し、歌手としての存在と支え続けて貰ったファンをポップス歌手へ転身することである意味裏切ることになるという彼の中の一種の罪悪感のようなものを「SONGS」の出演は救ったように感じる。 NHKの看板番組への出演は、転身が社会的に認めらたという自信に繋がったように感じた。 「変わりたい。 いつまでも同じ場所にいられない。 変わっていかないといけない」 「40過ぎて限界突破して次のドアを開けたい」 そう彼は言った。 演歌の貴公子としてだけでなく、常に演歌界のトップを走り、牽引してきた彼だが、歌手としての本心はどこかで満足しきれていなかったということになる。 これがポップスから演歌に変わるのなら、これほどの葛藤はなかったかもしれない。 演歌は日本人の心のルーツ、という音楽界での特別な存在感が日本人本来のジャンルへの転身をすんなりと受け入れる土壌がある。 しかし、ポップスという洋楽のジャンルに転身していくことは、ある種の裏切り行為のように捉えられかねない懸念を持つことが彼の中での長年の葛藤だったのではないだろうか。 彼の転身は最初、小さなものだった。 「ボヘミアン・ラプソディを観て、歌詞を見てたら涙が出てきた。 彼は凄い葛藤があったんだろうな、と」 「常にナチュラルでいたい。 ナチュラルにいきたいというふうに思う。 キーナチュラル」 「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディの生き方が歌手氷川きよしの背中を押したのだ。 そうやって彼は自分の気持ちを隠さなくなった。 演歌歌手氷川きよしとして作られたイメージで生きていくよりも、自分らしく、ありのままの自分で生きていくことを選んだのだ。 枷が外れた彼は、自由に大空を飛び回る蝶になった。 楽曲「Papillon」はさなぎから蝶に転身した彼そのものを描いている。 自分て何だろう。 自分が本当に歌いたい歌に巡り会えていない気がした、という彼は、限界突破で歌いたい歌に巡り合い、ボヘミアン・ラプソディで自分らしく生きていくことを決意した。 「SONGS」で歌った彼はどの曲も明らかに進化している。 特に一番の変化は言葉の処理に気負いがなくなったことだ。 概して演歌歌手の場合、ありがちな言葉に力を必要以上に入れて強い声で歌うという習癖は彼の中から完全に抜け落ちようとしている。 そしてどの音域も非常に素直に発声されている。 そこには彼の「ありのままに自分らしくナチュラルにいたい」という思いがそのまま歌声に反映されているように感じる。 元々滑舌がよく、張りのある恵まれた歌声を持って生まれている彼が本来、歌うべき場所に戻った。 そんな気がする。 これからの彼の一曲一曲は、彼のありのままの気持ち、そのものだろう。 彼が20年、心の中で培ってきた彼本来の音楽性がポップスというジャンルで爆発していくに違いない。 「人と違っていい。 1人1人、みんな違う。 人と違うことをおかしいとか言われる筋合いはない」 そう彼は言った。 人間は本心を誤魔化して生きていくことなど出来ない。 彼の歌手としての本心が満足するものを歌うことが彼が歌手としての道を全うすることに繋がっていく。 彼の転身は私達にそう教えてくれている。 この記事と合わせて読んで頂くと彼の変化がより理解していただけるように感じます。 読まれる方は下記からどうぞ。

次の