剣 盾 トゲキッス 育成 論。 【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策【白い悪魔!嵌め殺しコンボ】

【ポケモン剣盾】トゲキッスの対策と育成論について【ソード&シールド】

剣 盾 トゲキッス 育成 論

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 最新情報 情報まとめ• ポケモン情報• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ポケモンソードシールド】

剣 盾 トゲキッス 育成 論

基本的なトゲキッスの型 弱点保険持ってて、だいたいダイマックスしてきます。 一致抜群も余裕で耐えられ、弱点保険で火力が上がって、ダイジェットで素早さもあげられ、手がつけられなくなります。 また、ダイマックス前には、隙があれば悪巧みしてきます。 サザンドラ相手に交換出しして、悪巧み積んできます。 サザンドラ使いはトゲキッスに注意してください。 対策を怠るとトゲキッスに全壊させられます。 努力値 Sはぶっぱで、HとCを調整しています。 性格補正ありの最速が多い印象。 持ち物はほぼ弱点保険で、たまーにラム持ちもいる。 パーティ次第で読まないといけない。 弱点保険持っていなくても、悪巧み積まれたら同じ。 止まらない。 技構成 確定:エアスラッシュ・マジカルシャイン ほぼ入ってる:大文字orかえんほうしゃ 選択:悪巧み・はどうだん・草結び トゲキッスを対策できるポケモン トゲキッスを対策できて、パーティ単位でも邪魔にならないポケモンは以下かなぁと思っています。 バンギラスは弱点を突かれてしまいますがこちらも弱点保険で返り討ちにすることは可能です。 ただし、後出しは難しそうです。 ではトゲキッス対策の各ポケモンの紹介に移ります。 ヒートロトム 最有力候補ですし、私もよくパーティに入れています。 H全振り、CDに振り分けてとつげきチョッキを持たせるとトゲキッスに圧倒的に強くなります。 フェアリー・飛行を両方半減でき、炎技、草技も半減とトゲキッスが持っているウエポンを全て半減できます。 注意点があるとすれば、電気技をどのタイミングで打つか、ダイマックスを切るのか切らないのかということくらいです。 相手もダイマックスを切っているので合わせて切りにいっても構いません。 ヒートロトムは弱点保険が発動していないダイマックストゲキッスならば後出しからでもダイマックスターンを枯らせることは可能です。 ただ、ダイマックスターンが終了しても相手の方が素早さが上なので、エアスラで強引に突破されることもあります。 そうならないためにも、ヒートロトムでダイマックスを切って、ダイマックストゲキッスは倒しに行くのがいいのかなぁと思っています。 セキタンザン あまり目をつけられてないポケモンですが、かなりオススメです。 タイプではメインウエポンを軒並み半減できます。 はどうだんは抜群取られてしまいます。 特性の蒸気機関はS6段階アップという夢の特性です。 炎技読みで出せると強いです。 Sがかなり低いので、アタッカーの場合はトリックルームでの運用もいいです。 受けの場合はHDセキタンザンという型もいるようです。 ステロ撒いたり、鬼火打てたりはします。 回復は眠るしかありませんが。 4倍弱点も水と地面とあるので、相手は選びます。 ドリュウズ ドリュウズはとつげきチョッキだとトゲキッス相手に対面優位を取れます。 フェアリー・飛行は半減にできます。 オススメの調整は以下です。 Sの調整先は準速ミミッキュです。 ドサイドン 一致抜群が取れて、耐久があるポケモンです。 注意点は草結び(だいそうげん)です。 たまーに持ってるトゲキッスがいます。 悪巧み積まれてるときつい場面も出てきます。 悪巧みの場合は草結びは覚えていないものと思ってて大丈夫です。 ギガイアス 特性すなおこしによりDを1. 5倍にできます。 岩技で抜群が取れるので有利ですが、素早さは下なので、タイミングを見て岩技を叩き込みましょう。 バンギラス バンギラスも特性すなおこしによりDを1. 5倍にできます。 岩技で抜群が取れるので有利ですが、素早さは下なので、タイミングを見て岩技を叩き込みましょう。 また、フェアリー技が抜群なので、ダイマックスして逆に弱点保険を発動させてもらい、逆転ダイロックでワンパンしましょう。 トゲキッス対策のまとめ• トゲキッスは大体弱点保険持ち• ヒートロトムやセキタンザンで対策ができそう トゲキッスが相手のパーティに見えた際には、全抜きされないような選出をしましょう。 また、対戦中もトゲキッス対策となるポケモンはしっかりと温存しておいて、トゲキッスが出たタイミングで出せるようにうまくバトルをしましょう!.

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ポケモンソードシールド】

剣 盾 トゲキッス 育成 論

自身の技の追加効果が発動する確率が2倍になる。 飛行タイプ以外は「ダイジェット」が全抜きのための下準備、積み技のような感覚で使用されますが、飛行タイプである トゲキッスは「ダイジェット」そのものがメインの攻撃となるためノータイムで最大火力を押し付けることができます。 環境最高峰の種族値 トゲキッスは現環境で8番目に高い合計種族値を持っており、さらに使用しないステータスである攻撃がかなり低いため 実質種族値(対戦に影響しないステータスを除いた実質的な種族値合計)が非常に高いです。 短所 明確に苦手なポケモンが存在する 他のトップメタポケモンは多少の有利不利があっても型と状況次第ではその相性関係を覆すことが可能ですが、トゲキッスは バンギラスやラプラスなど覆すのがかなり難しい明確な不利相性が存在します。 試合中に これらのポケモンを温存されてしまうとトゲキッスの活躍は絶望的で、トゲキッスを最終的な勝ち筋とする場合がほとんどなので負けに直結してしまいます。 ・ダイマックス時の最高火力である「いのちのたま」で前準備なしに全抜き ・相手のダイマックスポケモンをも確定1発に 努力値調整 HP:端数 C:特化 S:準速 役割 エース、ダイマックス 解説 「いのちのたま」で強化されたタイプ一致「ダイジェット」で素早さを上げながら全抜きを狙います。 持ち物 「いのちのたま」の補正により「ダイフェアリー」でダイマックスドラパルトやダイマックスパッチラゴンを1撃で倒せることが他の型との大きな違いです。 基本的な運用方法は終盤のエースですが、初手で出して複数の相手のポケモンを削ることも可能です。 参考パーティ 使用者:A0() 弱点保険型 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:52 攻撃:0 防御:252 特攻:52 特防:4 素早さ:148 実数値 167-49-147-161-136-119 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ わるだくみ 入れ替え候補技 だいもんじ ハイパーボイス でんじは あさのひざし ・耐久振り+「じゃくてんほけん」による圧倒的なタイマン性能 ・「じゃくてんほけん」が発動すればそのまま勝利も 努力値調整 C:余り HB:ダイマックス時、「こだわりハチマキ」を持った192 252 ガラルヒヒダルマの「つららおとし」を確定耐え S:1段階上昇時、最速アイアント抜き 役割 タイマン、エース、ダイマックス 解説 ダイマックスさえすればほぼどんな攻撃も耐えることができます。 これを活かして 不利対面すら強引に居座り、「ダイジェット」で素早さ関係を逆転させることで、こちらは2回攻撃ができタイマン勝負を制することができます。 また、この時に弱点攻撃を受けていた場合「じゃくてんほけん」で火力の底上げが行われるので、途端にすべてをなぎ倒すエースポケモンへと変貌します。 参考パーティ 使用者:CR7() ラムの実型 特性 てんのめぐみ 性格 おくびょう 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-49-115-172-135-145 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ わるだくみ 入れ替え候補技 だいもんじ くさむすび ハイパーボイス ・「ラムのみ」で1度「どくどく」を無効化し受けを崩す ・ダイマックス対策の「あくび」への耐性 努力値調整 HP:端数 C:振り切り S:最速 役割 エース、崩し、ダイマックス 解説 他の持ち物と違って火力を上昇させることができないので「わるだくみ」を積む機会を作りやすい構築に採用されることが多いです。 他のポケモンの 壁や「あくび」などでサポートし「わるだくみ」を積み、止めに来た相手の「あくび」持ちを「ラムのみ」で返り討ちにします。 また、ドヒドイデの「どくどく」にも耐性を持つことができるので 受けループ系の構築を崩すことも可能です。 参考パーティ 使用者:よしまさ() スカーフ型 特性 てんのめぐみ 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-49-115-172-135-145 技 エアスラッシュ マジカルシャイン かえんほうしゃ トリック 入れ替え候補技 だいもんじ わるだくみ あさのひざし ・「エアスラッシュ」の怯みを押し付けダイマックスを誘発 ・「トリック」で有利展開を生み出す 努力値調整 HP:端数 C:振り切り S:最速 役割 初手、スイーパー、起点作り 解説 ダイマックスが無い場合、最もテンプレートな型です。 前世代までと同じように 「こだわりスカーフ」の素早さ上昇による「エアスラッシュ」の怯み押し付けも強力ですが、 今作は「トリック」が特に強いです。 現環境で「トリック」を無効化できるのはカセット持ちのシルヴァディと特性「ねんちゃく」だけなので、 ほぼ確実に「トリック」で「こだわりスカーフ」を押し付けることができます。 参考パーティ 使用者:くろもち() 残飯型 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ 持ち物 たべのこし 努力値 HP:180 攻撃:0 防御:4 特攻:156 特防:4 素早さ:164 実数値 183-49-116-176-136-121 技 エアスラッシュ わるだくみ でんじは みがわり 入れ替え候補技 かえんほうしゃ あくび ・「でんじは」と「エアスラッシュ」でまひるみを狙う ・低速ポケモンを起点にした後「ダイジェット」で全抜き 努力値調整 HP:余り C:2段階上昇時、「エアスラッシュ」で267-131 252-4 カビゴンを乱数3発 93. 基本的には「エアスラッシュ」の追加効果を狙うためにダイマックスせずに戦いますが、 「わるだくみ」を積んだり相手を十分に削った後「ダイジェット」を撃つことで試合を終わらせに行く動きも強力です。 参考パーティ 使用者:haban() ピントレンズ型 特性 きょううん 性格 ひかえめ 持ち物 ピントレンズ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-49-115-189-135-132 技 エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ くさむすび 入れ替え候補技 げんしのちから わるだくみ トゲキッスと相性が良いポケモン 「わるだくみ」の起点作りができるポケモン• カビゴンは 「あくび」を使うことで相手の選出を複数体確認しながらトゲキッスの起点を作ることができます。 また、ロトムは 「トリック」をドラパルトに使うことで技を「ドラゴンアロー」に固定し、トゲキッスが「わるだくみ」を使用する隙を作ることができます。 トゲキッスの対策 相性有利ポケモンを採用 これらのポケモンは 環境でも特にトゲキッスに強く、型次第では後出しから打ち勝つことすら可能です。 また、素の性能もかなり高いポケモンであるのでトゲキッスが苦手な場合はこの3体のいずれかをメインにして構築を組み始めると良いかもしれません。 性能の高いポケモンで殴り合う• この2体は高い性能を持っていることからパーティに採用しやすく、その中でも トゲキッスに対して微有利程度の相性関係であるため純粋な殴り合いとなった場合打ち勝つことができます。 ただし、上で紹介したポケモンのように 後出しから対処できるほどではないため、上手く対面を作ったりこちらのポケモン誰か1体を捨てる必要があります。

次の