ジグソーパズル 手作り。 ジグソーパズルの作る手順がわかりません。フレームとかのりとかってもう訳...

ジグソーパズル 手作り 通販ならユアガイド

ジグソーパズル 手作り

手作りジグソーパズルについて。 ですが、業者の方には頼まずに どうしても自分の手で作りたいです。 この商品と似たような、無地のジグソーパズル台紙、 転写紙などが販売されている通販サイトや お店はありませんか? 手作りでジグソーパズルを作る詳しい手順を ご存知の方もいらっしゃいましたら、 ぜひ教えていただけないでしょうか? ご回答よろしくお願いします。 プリンタの修理屋です。 どこまで苦労する覚悟があるでしょうか? それ次第ですけどね。 そもそも、ジグソーパズルと言うものがどんなものと思われているのでしょうか? ジグソーと言うのは糸鋸の意味で、元々は絵を描いた板を糸鋸でバラバラに切り分けて、それを組み合わせる遊びだったとか。 したがって、どうしてもある程度の厚みは必要で、プリンタでは通すことができないはずです。 あなたが見つけた用紙は、転写紙に画像を裏返しに印刷して、(おそらく)カット済のパズル本体にアイロンなどで転写するものではないでしょうか? パッケージからはそのように想像できます。 そこで、無地のジグソーパズルを購入して、Tシャツ転写紙を使うという方法が考えられます。 無地のジグソーパズルは以下のサイトで手配できるはず。 後はTシャツ転写紙を購入して印刷し、アイロンで転写するだけ。 ただし、Tシャツ転写紙できれいに転写するかどうかは分かりません。 どちらのメーカーも「対応外」という事で、いいアドバイスはしてもらえないかも。 もう一つは耐久性。 ちょっと触っただけでも剥がれてしまうかもしれませんし、額に入れて保護用のフィルムをかぶせたら、フィルム側に絵が転写したりするかもしれません。 この辺りは試してみるしかないでしょうね。

次の

ジグソーパズルのススメ<作り方・のり付け・飾り方まで>

ジグソーパズル 手作り

旅やイベントの想い出の写真を使って、自分でジグソーパズルを作ってみませんか? とはいえ、オンラインなどのゲームでもなく、専門業者に注文して作ってもらう商品でもありません。 手軽にご家庭で写真をプリントアウトしてアイロン転写して作る、オリジナルジグソーパズルです。 自分で楽しむのもいいですし、記念に誰かに贈るのでも喜ばれると思います。 お子さんの学習パズルとして利用してもいいですね。 (FLPJ-A4)。 今回は、「 」の「 」を使って、 Windows XPと Windows Vistaの標準装備で印刷する方法と、 Mac OS Xで iPhoto'08を使って印刷する方法をご紹介します。 「folex ジグソーパズルプリント」はプリンタ用品の特殊用紙売り場、オンラインでも販売しています。 セットの中には次のものが入っています。 ジグソーパズル台紙• 取扱い説明書• 転写紙• 試し刷り用紙 このほかにも、パズルの枠を貼り付ける厚紙も付属されています。

次の

ジグソーパズル 手作り 通販ならユアガイド

ジグソーパズル 手作り

まずパネルを用意しましょう。 パネルとは額縁のことです。 表彰状なんかを入れておくやつを想像してください。 あれにパズルを入れます。 パネルは、フレーム(枠)と透明の板(上から押さえるもの)、下に敷く台紙(厚紙)の三つでセットになっています。 この台紙の上でパズルを組めば、簡単に移動が出来るし、崩れにくく便利です。 パネルを購入していない場合はパズルを始める前にパネルを購入するといいと思います。 パネルはパズル売り場、またアマゾンの通販などで購入できます。 心配ならパズルの箱を持って行って店員さんに聞くといいでしょう。 では、パズルを始めます。 まずはピースを分けていきます。 幾つか空き箱などを用意してください。 絵柄にもよりますが、色別に数種類に分けていきます。 色は関係なく、「枠」になる部分だけ別に抜き出します。 ピースの一角、もしくは二画が直線になっているものです。 二画になるものは四隅になるので四つあります。 同じような色でも、柄が違うと分かる場合は違う箱に分けてください。 分からない場合は一緒でいいです。 要するに、組みやすいように分ければいいのです。 例えば黄色い花畑なら、黄、葉っぱの緑、空の青、雲の白、などのように分けます。 もし手前の花がオレンジがかっていれば、黄色とオレンジっぽいものを分けます。 そういった要領です。 分け終えたら組んでいきます。 まずは枠から組みます。 台紙の上で、箱の絵柄を頼りに組んでいきます。 ちょうど台紙ぴったりに枠が出来上がるはずです。 ここがちょっとむずかしいのですが、枠が組めたらパネルのフレームをセットします。 二人がかりでやると割合簡単です。 パズルを崩さないようにパネルのフレームをセットすれば、安定してそこから先、パズルを移動させたりしやすくなります。 いよいよ本番です。 中のパズルを組んでいきます。 一番簡単そうなところから、あとは好きなように組んでください。 難しいところはひたすら箱とにらめっこです。 もし決まったパズルがあって、このパズルが出来ない、というのであれば補足をお願いします。 のりづけをする場合。 パズルがすべて組み上がったら、一旦フレームだけを外します。 平らな床の上に新聞紙などいらない紙を敷いて、その上に出来上がったパズルを置きます。 のりにはハケがついているはずなので、端からのりを垂らしながら素早くハケでのりを広げていきます。 パズル用ののりは乾くのが早いので、何度も同じところを塗っていると気泡が出来て、汚くなってしまいます。 ササッと手早く、多少のムラは気にしない感じで、塗り終えます。 半日~一日でのりは乾きます。 透明板を乗せて、フレームを嵌め直せば、完成です。 300ピース以下の場合。 のりを塗らなくても、逆さまにしなければあまり崩れることはありません。 またもう一度遊びたい場合など、フレームがしっかり嵌っていればのりづけはしなくていいかも知れません。

次の