和封筒 洋封筒 違い。 和封筒・長形の通販【SOREAL(ソレアル)】

手差しトレイで、封筒にプリントしたい ApeosPort

和封筒 洋封筒 違い

形態 [ ] 「封筒」という字に現れているがごとく、一枚のの両端を貼り合わせ状にしたものを平たくして折り目をつけ、筒の底にあたる一辺を閉じて貼りつけた状態で販売されている。 通常はで製造された袋であるが、軟質製のもの(いわゆる袋の封筒)も広く用いられている。 形状としては、長さ寸法が幅寸法の倍数よりも長い 長形 と短い 角形 、さらに寸法の長いほうに封入口がありダイヤモンド貼り又はカマス貼りの 洋形 がある。 長形と角形の封筒をあわせて和封筒といい、また、洋形の封筒は洋封筒ともいう。 封筒のうち閉じている側の部位を底(オシリ) 、閉じていない側を頭(ベロ) という。 また、後の貼り合せが上になっている側を上前(うわまえ、うわんまえ) 、下になっている側を下前(したまえ、したんまえ) という。 口部の折り目から胴の貼り目に向かって緩やかに下がっている部分を肩(オガミ) といい、折って封をする線を口筋 あるいはベロスジ という。 封筒の裏側の貼り合せ位置としては、もっとも一般的な中貼り(センター貼り )、隅貼り (サイド貼り 、横貼り、Lタイプ )、欧米で一般的な洋形 (ダイヤモンド貼り 、インボイス )、マチ付きで角底の箱貼り (函貼り )、マチ付きだが角底でないガゼット貼り 、左右双方にのりしろがあるカマス貼り などの種類がある。 なお、封筒の仕上がりで頭(ベロ)を開けた状態を天立て 、頭(ベロ)を閉じた状態を口折りという。 封筒は中身を入れたのちにまたは粘着テープ等で封をするのが一般的であるが、それらが手元になくても簡単に封をできるように加工された「口糊付封筒」もある。 用や業務用には、中身の印刷物に印字された宛先を封筒の宛先として利用するために「窓付き封筒」もある。 窓の種類にはセロハンを用いたセロ窓 、グラシン紙を用いたグラシン窓 、切り抜いたままになっているオープン窓 がある。 このうちオープン窓は郵便では利用できず手渡しされる場合などに利用される。 書類の保存用には、開閉を繰り返すことができるよう、フラップ部分を留めるための玉紐(ひも)が付いた封筒もある。 厚みのある書類等を入れるための封筒として側面にマチの付いた封筒もある。 やビデオテープなどを輸送するために、内側にを貼ったものも存在する。 これら2種類は、日本の書類でよく使用されるA4とB5の用紙に合うことと、料金の比較的安いで送ることができることにより普及している。 紙の重量によっても分けられて販売されている。 大きさ [ ] 大きく角形(K:かくがた)・長形(N:なががた)・洋形(Y:ようがた)・その他に分かれる。 角形:縦サイズが横サイズの2倍より短い封筒• 給料袋、月謝袋に使われる• 長形:縦サイズが横サイズの2倍程度ある封筒• A4判ヨコ3つ折りが入る• B5判ヨコ4つ折りが入る• A4判ヨコ3つ折りが入る。 フタを折ると封筒本体を折らずに長形3号封筒に入る。 もともとはISO規格においてサイズ「DL」として定められていたもの。 2009年のISO規格の廃止等を受けて2010年に行われたJIS規格の改正の際に日本国内での使用実績のあったこのサイズを「長形6号」として新たに追加したものである。 A4ヨコ4つ折りが入る• A4ヨコ4つ折りが入る• A4判ヨコ4つ折りが入る• 洋形:長辺に封入口がある封筒• A4判ヨコ3つ折が入る• 主に招待状などのカードを入れる• 郵政はがきが入る• B5判ヨコ・タテ4つ折が入る• A4判ヨコ3つ折が入る• A5判タテ2つ折が入る• B5判ヨコ3つ折が入る• A5判ヨコ3つ折が入る• A4横・縦4つ折が入る• A4横3つ折が入る• A5縦2つ折が入る• B5横3つ折が入る• B5横4つ折が入る• 国際規格• ISO A4判がそのまま入る• ISO A5判がそのまま入る• ISO 定形郵便。 郵政はがきが入る• ISO 定形郵便。 フタを折ると長形3号封筒に入る• その他• その他のものは業界の標準であったりメーカーが独自に定めたものであり、これらは名称が同じでもサイズが多少異なることもある。 定形郵便はとして送ることが出来る大きさのものである。 色 [ ] 日本では白、薄茶、水色、黄色、グレー、ピンク、グリーンその他さまざまな色の封筒が文具店やなどの小売店で一般に売られている。 そのほか、企業や団体組織の住所やロゴマークを印刷し自社専用に作成して用いることも多い。 特によく売られているものにと薄茶のものがある。 白封筒は中身が透けて見えやすいため、紫色の紙を内側に重ねて中が透けないようわざわざ二重の構造にして作ってあることもあり、比較的あらたまったのために用いられることが多い。 薄茶のものは「茶封筒(ちゃぶうとう)」と呼ばれており、を材料としており、事務的な用途などに極めて広く用いられる。 ちなみに、この「茶封筒」の薄茶色は、ではbrown(茶)ではなくyellow(黄)を用いて言い表す。 イギリスの小説などでもの色はyellowとして捉えられている し、フランス語では日本の茶封筒と同じ色味の封筒を「enveloppe jaune」(黄色の封筒)という。 これは、yellowやjauneの指す範囲が日本語のいう黄色の範囲にとどまらず、や犬の色、乾いた土の色をも含むためである。 それらの例とは別に、ではが黄色であるように、郵便に関するものはすべて日本語でいうところの鮮やかなで統一されており、郵便用の梱包材は実際に鮮やかな黄色をしている。 イギリスでは茶封筒は で出来ておりと呼ばれ重要書類に用いられる。 歴史 [ ] ヨーロッパではからにかけて封筒が使われはじめたと考えられているが、一般的に普及しはじめたのはのの郵便制度改革によって重量0. 5オンス(約13グラム)までの郵便料金が1と定められたころからと考えられている。 それ以前は、枚数や距離によって料金が決められる方式であり、封筒も1枚と換算されたため、はむき出しのままこれを折りたたみをした形で郵送されていた。 しかし、枚数ではなく重量で料金が決められるようになると、封筒が急速に普及した。 日本では中世以前から書簡を送る際、今でいうにあたる文字を書いた紙を何も書いていない白い紙(懸紙)で包む習慣があり、には絵入りの便箋である絵半切を絵封筒と呼ばれる縦長の袋に入れる事例が既にあった。 利用と書式 [ ] 郵便物としての利用 [ ] 日本では短い要件の場合は(を 封筒に入れたもの。 の形式のひとつ)ではなく(封筒を用いず、用件を書いた厚紙一枚をそのまま送る。 手紙の形式のひとつ)で済ませることが多いが、やなどでは通常、といえば観光地の・写真はがきを指し、それ以外は短い用件であってもが使用される。 たとえば、日本でいうに相当する欧米のなどのは封筒に入れて送られる。 このため、欧米の多くの国々では予め料額印面を刷り込んだ封筒が郵便局で販売されている。 日本でもかつて明治時代および1947年以降、料額印面を刷り込んだが販売されていたが、需要が少ないため、1949年に発行されて以降、郵便料金が変更となった1954年以降は新しい発行はなく、「ものが入れられる便せん」であるのみの扱いとなっている。 は封筒の内側がそのままになっているを販売している。 同様の形式で、海外宛航空郵便用のもある。 国際的にに使用する封筒は、4辺の端に赤と白と青の縞模様の入った封筒を使うことになっている。 しかし強制ではなくあくまで任意であるため、国際航空郵便にも一般の封筒を使用することは可能である。 また投函前に「 PAR AVION」と書いたステッカーを貼り、航空郵便である事をはっきりさせる事が一般である。 封筒には中身の情報を保護をできるという利点があるが、近年ではを貼って通信面を覆う(いわゆる圧着はがき)で代替されることも増えている。 書式 [ ] 和封筒の場合にも洋封筒(横置き)の場合にも裏側をみて開封部がある側が上になる。 洋封筒を縦置きに用いる場合には通常は右封じとする(左封じは弔事に用いられる)。 和封筒や洋封筒(縦置き)の場合には表面右側から宛先のとを記し、裏側の中央から左部に発信人の住所と氏名を記す。 洋封筒(横置き)の場合には表面に宛先の住所と氏名、裏側下部に発信人の住所と氏名を記す。 封筒に用いられる脇付はと呼ばれ「」や「至急」などがある。 封緘部には「封」「緘」「〆」などを記す。 を貼る位置は内国郵便約款によって定められている。 脚注 [ ] []• 日本国語大辞典「ふうとう(封筒) 手紙・文書・書付などを封入する紙袋のこと。 状袋(じょうぶくろ)ともいう。 , Mrs. Dalloway, The Hogarth Press, London, 1990「a large square piece of yellow cardboard」• 鈴木孝夫『日本語と外国語』岩波新書、1990年。 逓信総合博物館. 2004年10月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年8月12日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ミニレター)• (エアログラム)• (御祝儀袋・不祝儀袋など)• 絵封筒:切手のデザインを生かしてアレンジした封筒のこと。 外部リンク [ ]•

次の

DM・ビジネス封筒の正しい選び方は?種類、サイズ、用途を紹介!

和封筒 洋封筒 違い

ポイント 住所• 東京都、北海道など、都道府県名からきちんと書く。 「丁目」や「番地」は省略しない。 宛先の住所や企業名は表面に、自身の住所や氏名は裏面に記載する。 株式会社は(株)ではなく「株式会社」と書く。 送付先となる部署や担当者名は、封筒の中央に記載する。 その他• 「応募書類在中」の文言は封筒の左側に赤字で書く。 テープでの封は不可。 ノリで封をして「〆印」もしくは「割印」をする。 〆印:封をした箇所に〆と書く。 割印:封をした箇所に印鑑を押す。 郵送する日付は左上に記入する。 和封筒・洋封筒の書き方の違いを解説 和封筒・洋封筒について 就職・転職活動に使用する封筒は和封筒が一般的。 洋封筒を使うケースはほとんどありません。 市販されている履歴書の大半がこの和封筒です。 【和封筒】 【洋封筒】 封筒選びの ポイント 封筒選びのポイントは「白色」かつ「履歴書を折らずに封入できるもの」を選ぶこと。 履歴書を三つ折りにしなければならない封筒は、人事担当者がファイリングしたり、コピーを取ったりするときに手間がかかってしまいます。 A4サイズの郵便封筒のように履歴書を折らずに入れられるものがおすすめです。 封筒の色は白色でも茶色でも構いませんが、心配な方は白色を選択するといいでしょう。 和封筒・洋封筒の書き方の違い 和封筒 宛先となる住所は表面の右側に、企業名や部署名、担当者名は中央にくるように書きます。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」の記載は左側に赤字で記入しましょう。 また、裏面の左半分には送付する日付や自身の住所、氏名、郵便番号を記載します。 左半分の右側に住所、中央に氏名を書き、住所の上に郵便番号を記します。 日付は左上に記載してください。 洋封筒 洋封筒を使用する場面は基本的にありませんが、企業によっては洋封筒を指定されるケースもあるようです。 和封筒と違って横書きとなることが多いため、ここでは横書きの書き方を取り上げます。 表面の上側に宛先となる住所を書き、中央に企業名や部署名、担当者名を記入します。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」は右下に赤字で記載。 切手は右上に貼ります。 ただし、郵便番号を書くときは注意が必要です。 封筒を縦長の方向に直し、そのままの方向で「123-4567」といった風に見えるよう記載します。 裏面では、中央の下側に郵便番号、住所、氏名を、住所の左上に日付を書きます。 宛先に合った書き方を知っておこう 履歴書を郵送するときは、送付先によって最適な敬称を使うのがポイントです。 ポイント• 切手はまっすぐに貼る。 適切な敬称を使う。 履歴書に折り目がつかないようにする。 汚れた応募書類は使わない。 応募期限がある場合は期日までに届くようにする。 特に、応募期限がある場合は「料金不足で応募書類が戻ってきた」なんてことにならないよう、郵便局の窓口から郵送するのがおすすめです。 また、履歴書に折り目がつかないようにするにはクリアファイルを使うのがいいでしょう。 書類をはさんでから封筒に入れるだけでも全然違います。 せっかく記入したものですから、きれいな状態で企業に届くようにしたいものです。 人事担当者の声 「字が汚い」「書き方が雑」といった書類からは、どうしても熱意が感じられません。 それだけで印象はかなり悪くなってしまいますね。 【金融系】 「頭語と結語の使い方が間違っている」「御中を書き忘れている」といった応募書類は決して珍しくありません。 【流通系】 送付状はなくても減点しませんが、あるとやはりプラス評価になりますね。 【通信系】 「明らかに汚れた封筒が使われている」「書類が不足している」といった場合は、「配慮に欠けている」「注意力散漫」といった印象を与えてしまうので、特に気をつけたほうがいいと思います。 【メーカー系】 3. 封筒の中に入れる書類 封筒に入れるのは、次の3枚の書類です。 送付状(添え状・カバーレター)• 履歴書• 職務経歴書 書類が汚れたり、濡れたりするといけませんので、必ず新品のクリアファイルに入れましょう。 また、書類の裏表と上下の位置にも気をつけてください。 送付状は必ずしも必須の書類ではありませんが、だからこそ添付することで「気配りができる」「礼儀正しい」といった印象を与えることができます。 「カバーレター」「送り状」「添え状」と呼ばれることもありますが、意味は一緒です。 送付状を作成する際には、次の7点をおさえておきましょう。 送付した年月日 書類を送付した日時を記載します。 右上に書くのがビジネスでは基本です。 宛先 書類の宛先を記載します。 個人宛は「〇〇様」、企業や部署宛は「〇〇御中」ときちんと使い分けましょう。 書類作成者の氏名・連絡先 あなたのお名前と連絡先を記載します。 電話番号は携帯電話で問題ありません。 頭語と時候の挨拶 いきなり要件を伝えるのではなく、冒頭に必ず頭語と時候の挨拶を記しましょう。 結語 頭語で始まった文章は必ず、結語で終わります。 様々なルールはありますが、基本的には「拝啓・敬具」のセットを用いていれば、問題ありません。 同封した書類と枚数の記載 どのような書類を何枚同封したのか、明記します。 「以上」の記載 文章の最後には必ず、「以上」と記載しましょう。 関連記事 履歴書を郵送で送付する際に迷いがちな送付状(添え状)について解説します。 また、紹介状などの書類がある場合は職務経歴書の下に入れて必ず同封しましょう。 関連記事 書き上げた履歴書をどのように封筒に入れたらいいのか、解説します。 郵送時にかかる料金の目安 切手の料金は大きさ・重量で決まる 郵便物に貼る切手の額は、郵送料金に対して過不足がないようにしましょう。 尚、郵送料金は「郵便物の大きさ」と「郵便物の重さ」で決まります。 ここでは、履歴書を郵送するシーンで参考になる例をいくつかご紹介しましょう。 A4サイズの履歴書を折らずに郵送 A4サイズの履歴書をそのまま入れるのに丁度良い封筒は「角形2号」です。 この封筒のサイズは「定形外郵便物」の扱いとなり、重さが50g増えるごとに郵送料金がアップします。 たとえば、50g以内なら120円切手、50g以上100g以内なら140円切手を貼りましょう。 B5サイズの履歴書を折らずに郵送 B5サイズであれば「角形3号」の封筒がピッタリです。 こちらも、角型2号と同じく「定形外郵便物」の扱いになりますので、重さにあわせて120円切手または140円切手をご用意ください。 基本的に、履歴書は折らずに封筒に入れることが良いとされています。 ただ、履歴書を3つ折り・4つ折りにして入れる封筒を企業側から指定されることもあるでしょう。 その際は下記を参考にしてください。 最後にチェック!郵送前に確認すること きちんと見直して不備のない応募書類を送付しよう 封筒を書き終えたら、郵便で送る前に最終チェック。 以下のポイントを参考に、応募書類を見直してみましょう。 ポイント• 記載した文言に誤字や脱字はないか。 適切な箇所に住所や宛先が書かれているか。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」は赤字で記載されているか。 履歴書の必須項目が空欄になっていないか。 指定のサイズの写真が貼られているか。 丁寧に記入した履歴書や封筒も、不備があっては台無しです。 就活、転職活動を成功させるためにも、ミスのない応募書類・封筒を作成するようにしましょう。 関連記事 締切日の関係で速達を利用する時の注意点について解説します。 企業に履歴書を郵送する際、気をつけておきたい切手や封筒のルールについて解説します。 履歴書を郵送する際、封筒にどう書けばよいのかイチから解説していきます。 手渡し、持参する場合の参考記事 面接で企業を訪れる際、どのように履歴書を持参すればよいのか解説します。 企業から「メールで履歴書を送ってほしい」と言われた時のメールのマナーについて解説します。

次の

洋食器と和食器、どのような点が違う?

和封筒 洋封筒 違い

こんばんは、封筒屋どっとこむの松田です。 突然ですが、皆さんは洋封筒と和封筒いう言葉をご存知でしょうか。 洋封筒とはフタを上にしたときに、左右の幅が天地(高さ)の倍以上のものを言い、 和封筒とはその逆でフタを上にしたときに、左右の幅に対して天地が倍以上のものを指し、長形封筒とも呼ばれています。 実は皆さんが普段何気なく使っている封筒にもそれぞれきちんと名前がついているのです。 また、洋封筒と和封筒の差出人面を見たとき、それぞれの中でもいくつか貼り合わせの違いがあるということに気が付くと思います。 縦長の和封筒の場合は、封筒の裏面(差出人面)を見たときに封筒の貼り合わせが 右側にあるもの、真ん中にあるもの、左側にあるものの3種類に分かれます。 それぞれどういう違いがあるかと言われれば、貼り合わせがそれぞれの位置にある、ということだけで基本的に値段も変わらないのですが 例えば縦書きで宛名を書く必要がある封筒なら、真ん中に貼り合わせがあると、 ちょうど相手の名前や会社名にその段差があたり字がヨレてしまうかもしれません。 実際に使う場面を想像しながら、どの貼り合わせが良いか考えていただくのが良いでしょう。 横長の洋封筒の場合はカマス貼とダイヤモンド貼(インボイス貼)の2種類に分かれます。 和封筒と違い、大きく異なるのはフタの形です。 ダイヤモンド貼の場合はこのようにフタが三角形、 カマス貼の場合はフタが和封筒と同じような台形になります。 ダイヤモンド貼の場合は専用の木型の作成が必要となり、カマス貼よりも値段が上がる場合がほとんどです。 メールのアイコンに使われているのは基本的にダイヤモンド貼ですので、封筒といえばこの形状を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。 実は値段に大きな差があるので、とりあえず、でダイヤモンド貼を選ぶ場合は要注意です。 逆に、値段が高いなと感じたら、カマス貼での提案をしてもらうと良いでしょう。 色々書いてみたのですが、簡単に言うと、 洋封筒と和封筒の主な違いは、フタ ベロやフラップともいう を上にした時に、横長なのか、縦長なのか。 という違いなのです。 (もご参照下さい。 ) ただし、それだけでも用途は変わってきます。 どうしてか、お分かりになりますでしょうか。 日本語は基本的に縦に書くことが多いため、昔から日本では手紙を送る際、縦長の和封筒を使用してきました。 現在でも文章が主体のものを送るときには一般的に和封筒を使用します。 それに対して洋封筒は横に長いため内容物の出し入れがしやすくカードや写真、招待状や案内状を送るときによく使われます。 ビジネスシーンにおいてもこの洋封筒と和封筒はうまく使い分けがされています。 お客さまに文章主体の書類や手紙を送る際には和封筒。 招待状や案内状を送る際には洋封筒といった具合ですね。 封筒屋どっとこむでも洋封筒、和封筒ともに幅広く取り扱っています。 洋封筒も和封筒も、ご希望の場合は、ぜひ封筒屋どっとこむにご依頼ください。 運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741• Newer:• Older:.

次の