豊胸手術 種類 時間。 【女性344人に聞いた】豊胸手術おすすめランキング【2020年最新】種類や特徴、費用についても解説!

豊胸手術の費用って?豊胸手術の方法と料金を調査

豊胸手術 種類 時間

値段の相場と比較 韓国ではモニターやキャンペーン価格を打ち出していることが多く、豊胸手術全般の値段の比較や相場は割り出しにくくなっています。 費用の大きい順に並べると、• モディバ• ベラジェル• 脂肪移植 というクリニックが多いです。 ラウンド型と水滴型 ラウンド型 上図の左がラウンド型にあたります。 ボリュームがある印象• 胸郭の大きさには満足している場合• 豊満な胸を演出したい人に 水滴型 上図の右が水滴型です。 胸の下部にボリューム• ナチュラルなボリュームを出したい 挿入位置の3パターン 左から、• 自分で決めることはできないので、カウンセリング前の大事なポイントを以下にまとめました。 サイズと皮膚の厚さ• 身長・体重・胸郭・骨格etc. 個人のもっている組織量により同じサイズでも結果が異なります。 また、皮膚科薄いほどサイズ選択が限られます。 切開部位の選択• 脇切開:傷痕がほとんど残らない• 胸下切開:傷痕が薄く残るが回復が早い バッグの種類• 胸郭・皮膚の厚さ・希望の形などにより選択できる種類が異なります。 手術前検査と術後のケア 豊胸手術に関して具体的な内容を開示しているNANA美容外科を例にお伝えします。 実際の胸のような触感を実現するため、 高周波・ヒーライト機器などのフローを通して安全性の高いケアを用意• 精密な機械でしっかりと安全な検査を受けられるクリニック選びに モディバ 手触りや特徴 肌ざわりに優れたプロテーゼを使用し本体の自分の胸のような自然なラインを作り上げています。 立っているときはしずく型・横になっているときは自然に広がるなど、全ての動きに対して自然に溶け込みます。 バックの表面がナノサイズの粒子で製作せれて細かく精密で、摩擦によるカプセル拘縮や異物による遺伝子アレルギーがほとんどなくマッサージの必要もありません。 バック内のゲルが外に流れる可能性を下げて安全性を最大化したブルーシールを取り入れています。 出典:NANA整形外科 手術の気になる項目• 手術時間: 1時間• 麻酔方法: 全身麻酔• 入院: なし• 血袋: なし• 抜糸: なし• 通院: 術後7日目• 日常生活は1~3日後から可能 ベラジェル 国際ガイドライン ISO 14607, ASTM F703, FDA Guidance に従った 生産工程管理及び品質テストを通して製造ベラジェルマイクロ BellaGel Micro を用いた豊胸術です。 5 Projection、100個以上の細分化されたサイズのうち個人別体型に合わせたオーダーメイド型サイズ選択が可能な為、 形や質感・サイズまで個人別のオーダーメイドが可能になっています。 既存のテクスチャータイプのプロテーゼに比べ、更に細密になったベラジェルマイクロの表面は先端テクスチャーリング技法を通して作られ、 人体に負担の少ない表面で組織との癒着が自然となり、術後の拘縮の発生を最小化しているようです。 手触りや特徴• 凝集力粘弾性が高く、手術の際にプロテーゼの 挿入がスムーズで術後の柔らかい触感をキープできる• アジア女性の身体的特徴を研究し生まれたため、体型に適合するデザインに• 5層のレイヤーに構成されシェル内部のバリアレイヤー層が形成され破裂などによるゲルの流出を効果的に防止• 厳しい国際ガイドラインを遵守して破裂テスト、疲労度テスト、張力テストなど20種類以上の機械的テストに合格された製品のみ生産• 人体に優しい表面構造で球形の発生を防止 手術の気になる項目• 手術時間: 1時間• 麻酔方法: 全身麻酔• 入院: なし• 血袋: なし• 抜糸: なし• 日常生活: 1~3日後から可能• 来院治療: 1週間後 ダウンタイムのアフターケア• 術後1ヶ月は腫れを引かせるヒーライトレーザー• 1ヶ月以降からは高周波・切開部位の傷痕レーザー モディバとベラジェルの違い モディバ ジェルの密度が高く、ベラジェルと比べると横幅が短く、トップが少し高いので 骨格が細い方に向いています。 ベラジェル 密度がモティバに比べると低い為柔らかい質感です。 ただし、それによりリップリング現象の恐れがあり 皮膚の薄い方はシリコンバックのふちが少しシワで映ってしまう可能性があります。 判断ポイント 皮膚が薄いタイプ、胸囲が狭いタイプなどは 先生とのカウンセリングで身体測定した上で判断してもらう必要があります。 自分で「これ」と決めても体質に適合しない場合があるので事前のカウンセリングは必須です。 最短の滞在期間の目安 最短3日~可能とNANA美容外科では公開しています。 初日に韓国に入国• 翌日手術• 最終日に経過観察をし夕方に帰国 ただし、術後の経過や検診などを考慮し身体への負担を考えると1週間前後の滞在が安心です。 世界的学術誌「PRS」に登録された医師 NANA整形外科のファンドンヨン代表院長の豊胸手術法が、学術誌「PRS」に登録されました。 世界的権威のある学術誌なので、カウンセリングにいくだけでも自分の体型・体格にあった有益な情報が聞けるはずです。 出典:NANA整形外科 カウンセリングは日韓両方で 豊胸経験をした私からのおすすめは、「韓国でする」と決めている場合でも日韓両方でカウンセリングを受けるいうことです。 私が豊胸手術を行ったのは韓国ですが、振り返るとカウンセリングは日本のクリニックに足を運んでよかったと思っています。 また、意外と見落としがちなのが、 デメリットや危険性の潜む手術をきちんと説明してくれる医師の方は少ないということです。 日本ではその点、 はかなり具体的に危険性に関して言及しているのでかなり信頼できる豊胸の専門医が揃っています。 豊胸のよくある失敗とは The ClinicのHPにを始めとした内容が掲載されているので、 日本にいてもかなり有益な情報収集に役立つのでは特に初回の方も失敗が怖い方も、修正や再手術をしたい方にもカウンセリングに行くにはかなりおすすめです!.

次の

豊胸の種類と値段相場|自然なインプラント2種の傷跡や口コミで人気のおすすめクリニック

豊胸手術 種類 時間

Before• After 約10年前に他院で挿入した生理食塩水バッグの片方が破裂。 10年前は最先端だった生理食塩バッグですが、中身は水なので触り心地がちゃぷちゃぷと不自然なうえに、ちょっとした衝撃で破損して中身が漏れてしまうのが問題でした。 新たな傷跡を作らないよう、以前と同じワキの部分から手術。 両胸とも生理食塩水バッグを取り出し、プロテーゼと入れ替えました。 気になっていた触り心地も自然になり、左右のバランスも美しく整いました。 当院で使用しているプロテーゼは、万一破損しても形状を記憶。 見た目や触り心地も、とても自然に仕上がります。 リスク・副作用・合併症 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去) 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 20代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望でした。 診察させていただいたところ、バストの膨らみ、ボリュームはほぼなく、ほとんど平らな胸をしてらっしゃいました。 患者様のご希望は、2カップ近くは大きくしたいということでしたので、ヒアルロン酸注入による豊胸だと金銭的に現実的ではありませんでした(200万円くらいかかります)。 患者様自身は最初からシリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を考えていらしたため、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術をすることになりました。 手術は全身麻酔下に行い、160ccのコヒーシブシリコンジェルバッグのモデラートプロファイルタイプを入れました。 非常に痩せている体型であったため、乳腺下ではなく大胸筋下に入れました。 手術後は2カップ弱程度バストは大きくなり、Cカップ弱のバストになりました。 体型に合った自然で形の良い美しいバストになったと思います。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (3ヶ月後) 20代女性の患者様で、豊胸希望で来院されました。 診察させていただいたところ、Bcup弱程度の比較的小さなバストをしてらっしゃいました。 また、大変痩せていて、皮下脂肪が少なく、薄い皮膚でした。 患者様は、「谷間がしっかりできるくらいのかなり大きめのバストにしたい」という御希望でした。 バストを大きくする場合、マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)、脂肪注入、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術の3つの方法があります。 マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)は巨乳にするには向いておらず、脂肪注入は、この患者様の場合、痩せており、大きなバストを作るための大量の脂肪をする吸引することができません。 そのため、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術をすることになりました。 全身麻酔下に、ワキのしわに沿って切開し、250ccのソフトコヒーシブシリコンジェルバッグのラウンド型モデラートプロファイルタイプを挿入しました。 この患者様は、元のバストが小さく、痩せていて、皮膚が薄いため、自然な形、感触になるように、大胸筋下法で行いました。 手術後は、Ecupのかなり大きめのバストになりました。 また、綺麗に胸の谷間ができ、動きや触り心地も自然になりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 担当医 高須幹弥 医師 女性• Before• After 他院で豊胸手術をされ、バストの上部が不自然に盛り上がっていたり、乳首が下のほうについているように見えていた方。 横から見ると施術前は不自然なスロープになっているのがわかります。 また本来は柔らかな胸が筋肉質のように見えていました。 大胸筋下に挿入されていたプロテーゼを乳腺下へ入れ替えることで、自然で美しい胸へと修正させていただきました。 リスク・副作用・合併症 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去) 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 30代女性の患者様で、豊胸手術を希望されていました。 診察させていただいたところ、妊娠、出産、授乳を繰り返したせいもあり、バストのボリュームがなくなって、萎んで垂れていました。 また、乳首も大きく肥大して黒ずんでいました。 患者様は、気持ち大きめな形の整ったバストにしたいというご要望でしたので、コヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼのモデラートプロファイルタイプのラウンド型160ccを乳腺下に入れることになりました。 手術は全身麻酔下に行い、ワキのシワに沿って皮膚切開し、乳腺下を剥離した後、プロテーゼを挿入しました。 また、同時に乳頭縮小手術も行いました。 手術後は、バストのサイズはCカップ程度になり、垂れている印象がない、張りのある形のいいバストになりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 20代女性の患者様で、豊胸手術を希望されていました。 診察させていただいたところ、バストの膨らみは適度にあるのですが、さほどボリュームはない状態でした。 それに対して皮膚は少し余り気味で、やや萎びて垂れていました。 患者様はある程度しっかりバストを大きくしたいというご要望でしたので、ヒアルロン酸注射や脂肪注入ではなく、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術をすることになりました。 ある程度皮膚の厚みもあるので、乳腺下に230ccのコヒーシブシリコンジェルバッグラウンド型ハイプロファイルタイプを入れました。 手術後は2. 5カップ程度バストが大きくなり、日本人の平均サイズをはるかに超えるボリュームになりました。 また、ボリュームが増したことにより萎びて垂れた印象もなくなり、張りのある形のいいバストになりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (4ヶ月後) 20代女性の患者様で、豊胸手術を希望されていました。 診察させていただいたところ、バストのボリュームはさほどなく、日本人女性の平均サイズよりやや小さめでした。 また、バストの上のほうのボリュームが特になく、貧弱な胸が強調されていました。 患者様は、バストを2カップ以上大きくしたく、最初からシリコンプロテーゼによる豊胸手術を希望されていました。 カウンセリングで話し合った結果、230ccのコヒーシブシリコンジェルバッグのハイプロファイルタイプを乳腺下に入れることになりました。 手術は全身麻酔で日帰りで行いました。 手術後は小さかった胸が2カップ半程度大きくなり、セクシーで張りとボリュームのある自然で美しいバストになりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 30代後半の女性で、豊胸手術を希望されていました。 診察させていただいたところ、妊娠、出産、授乳を繰り返したためか、バストが萎んで垂れていました。 バストの膨らみはほぼなく、脂肪や乳腺のボリュームはほとんどない状態で、平らな胸をしていました。 また、骨格的に鳩胸の状態であり、胸郭が開いて、左右のバストがかなり離れていました。 患者様は、ヒアルロン酸豊胸や脂肪注入の意思はなく、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を希望されていたため、患者様の希望通りシリコンバッグプロテーゼ豊胸をすることになりました。 手術は全身麻酔で行い、左右のバストに185ccのコヒーシブシリコンジェルバッグを大胸筋下に挿入しました。 手術後は2カップ程度バストが大きくなり、萎んで張りがなかった胸に適度な膨らみができました。 元々鳩胸でバストが離れていたため、手術後も多少バストは離れていますが、バストが大きくなったために鳩胸が目立たなくなり、バランスも良くなりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 50代の比較的大柄な体型の女性患者様で、豊胸手術希望で来院されました。 診察させていただいたところ、妊娠、出産、授乳を繰り返したことと、加齢によるものなどの影響で、バストが萎んで小さくなり、張りがない状態でした。 また、バストの大きさ、形、位置に左右差があり、右に比べて左のほうが、小さく、バストのついている位置が上のほうでした。 患者様は、ヒアルロン酸豊胸や脂肪注入豊胸ではなく、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を希望されており、ある程度しっかり胸を大きくしたいとのことでした。 手術は、左右のバストの乳腺下に、それぞれコヒーシブシリコンジェルバッグ220ccラウンド型モデラートプロファイルタイプを挿入しました。 手術後は、萎んで垂れていたバストがほどよく自然に大きくなり、張りも戻りました。 また、バストの左右差も目立たなくなりました。 バストの大きさに左右差がある場合、小さいほうのバストに大きいほうのバストよりも大きいプロテーゼを入れる場合もあります。 その場合、大きさは左右揃いますが、形や触り心地、軟らかさなどに左右差が出ることがあります。 小さいバストは大きいバストに比べてキャパシティが小さいため、小さいキャパシティのバストに大きいプロテーゼを入れると、大きいバストに小さいプロテーゼを入れたときに比べ、張りが出て、動きが少なくなったり、感触がやや硬めになることがあるからです。 そのため、今回の手術は、患者様にそのことをお話しした上で、敢えて左右で同じ大きさのプロテーゼを入れました。 それでも、左右のバストの大きさの絶対量が増えたことにより、左右差は目立たなくなりました。 バストの大きさの左右差がある場合、手術前のカウンセリングでしっかりと話し合い、同じ大きさのプロテーゼを入れるかプロテーゼのサイズに左右差をつけるかを決めさせていただきます。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 30代女性の患者様で、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術と乳頭縮小手術を希望されて来院されました。 診察させていただいたところ、元々バストは小さいほうだったと思われますが、妊娠、出産、授乳を繰り返したためか、かなり乳腺と乳房の脂肪が萎縮して、萎んで小さなバストをしており、ほぼ平坦な胸をしてらっしゃいました。 その反面、乳頭は長く伸びきっており、乳首とバストのバランスが非常に悪い状態でした。 非常に痩せている体型であったため、体の余分な皮下脂肪を脂肪吸引してバストに脂肪注入する方法は不可能であったのですが、患者様は最初からシリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を希望されていたため、シリコンバッグプロテーゼ豊胸をすることになりました。 そこそこは大きめのバストにしたいというご要望であったため、205ccのラウンド型ハイプロファイルタイププロテーゼを入れることになりました。 胸の皮膚、皮下脂肪が薄いため、大胸筋下にプロテーゼを入れることになりました。 手術は全身麻酔下に行い、同時に乳頭縮小手術も行いました。 手術後はそこそこ大きめのバストになり、乳頭の形も整い、非常にバランスの良い綺麗な胸になりました。 見た目や触り心地も非常に自然になりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ) 乳頭縮小• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 20代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、Bカップ強程度の胸の膨らみはあり、適度に皮膚、皮下脂肪の厚みがありました。 患者様は、3カップくらい大きくして、そこそこ大きめのバストになりたいというご要望でしたので、ヒアルロン酸注射や脂肪注入ではなく、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術をすることになりました。 シリコンバッグプロテーゼは245ccのモデラートプロファイルタイプのラウンド型を使用することになりました。 皮膚や皮下脂肪の厚みがそこそこあったので、大胸筋下ではなく、乳腺下に入れることになりました。 手術後は、3カップ程度大きくなって、EカップとFカップの中間くらいになりました。 バストを2カップ以上大きくする場合、ヒアルロン酸注射で不可能ではないのですが、200万円程度の料金がかかり、あまり現実的ではありません。 脂肪注入でも、脂肪吸引する脂肪が足りなかったり、バストにそれだけの脂肪を注入するキャパシティがないこともあります。 そのため、2カップ以上胸を大きくする場合は、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術をすることが多いです。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (1年後) 50代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、非常に痩せた体型であり、皮膚、皮下脂肪が薄く、肋骨(あばら骨)が浮き出て見えている状態でした。 バストのサイズはAカップないような状態で、皮膚がたるんでいるだけで、ほぼ平坦な胸をしていました。 患者様は、「せめて人並みの大きさのバストになりたい」というご希望でした。 バストを膨らませて大きくする方法は、ヒアルロン酸注射、余分なぜい肉を脂肪吸引してバストに脂肪注入する方法、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術の3つがあります。 この患者様のような平坦な胸を人並みの大きさのバストにするには1. 5カップ程度大きくする必要があり、ヒアルロン酸注射で行うには、一応可能ではありますが、あまりにもたくさんの量のヒアルロン酸が必要であるため、現実的ではありません。 また、脂肪注入をするには、大量の脂肪吸引をする必要があり、この患者様は非常に痩せていて余分なぜい肉がないため不可能です。 そのため必然的に、コヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼでの豊胸手術をすることになりました。 日本人のバストの平均サイズはBカップとCカップの中間くらいであり、この患者様のバストをそれくらいの大きさにするには125ccくらいずつ大きくする必要があるため、125ccのラウンド型マイクロテクスチャータイプのプロテーゼに入れることになりました。 この患者様は非常に痩せているため、大胸筋下法で行い、プロテーゼのエッジが浮き出ないようにしました。 術後は、患者様のご希望通りの人並みの大きさのバストになりました。 また、胸の皮膚がたるんでいたことによってできているシワが、バストの張りが出たことにより目立たなくなりました。 浮き出ていた肋骨も目立たなくなりました。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (3ヶ月後) 20代女性の患者様で、小さいバストを大きくしたいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、やや小さい膨らみがあるももの、ほぼ平坦な胸であり、Acupの小ぶりなバストでした。 患者様は、「せめて人並みのおっぱいになりたい」というご要望でした。 日本人のバストの大きさの平均は、BcupとCcupの中間くらいといわれています。 そのため、この患者様のバストを人並みの大きさにするには、1. 5cup程度大きくする必要があります。 5cup大きくすることはできないと予想されました。 その結果、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を行うことになりました。 この患者様は、元のバストのボリュームが少なく、皮膚、皮下脂肪が薄いため、大胸筋下にプロテーゼを入れることになりました。 5cupは大きくなるように、140ccのラウンド型モデラートプロファイルプロテーゼを入れました。 術後は、Ccup弱の大きさのバストになり、日本人の平均サイズよりやや大きめに仕上がりました。 大きすぎることはなく、見た目、動き、感触、軟らかさ全てが自然な状態となりました。 シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術は、その人の体型に合っていない形や大きすぎるサイズのプロテーゼを入れると、動き、感触、軟らかさが不自然になることがあります。 特に多いのは、この患者様のように、痩せていて、皮膚や皮下脂肪が薄く、元のバストが小さい人に大きすぎるサイズのプロテーゼを入れた場合に、動きが少なくなったり、触り心地が硬くて不自然になったり、プロテーゼのエッジ(縁)が触れてベコベコしたりすることです。 この患者様くらいの痩せた体型でも、140ccくらいまでの大きさのプロテーゼであれば、そのようなことはまず起こらないため、大丈夫です。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 施術方法 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• Before• After (6ヶ月後) 30代女性の患者様で、豊胸手術希望で来院されました。 診察させていただいたところ、加齢のためか、妊娠、出産、授乳のためか、バストが萎んで垂れていました。 患者様のご要望は、しっかりと大きくして谷間を作りたいとのことでした。 バストを大きくする方法は、ヒアルロン酸注射、脂肪吸引して脂肪注入、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術がありますが、ヒアルロン酸注射や脂肪注入でしっかりと大きくして巨乳を作るのは現実的に難しいため、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術をすることになりました。 元々大きいバストだったためか、ある程度皮膚のゆとり、皮下脂肪の厚みがあったため、大胸筋下法や筋膜下法ではなく、乳腺下法でおこないました。 また、しっかり谷間を作るためには、ある程度大きなプロテーゼを入れなければならないため、220ccのラウンド型モデラートタイプコヒーシブシリコンジェルバッグを入れました。 術後は萎んで垂れていたバストが、3カップ近く大きくなり、張りが出て、しっかり谷間ができました。 しかし、この患者様のように、しっかり谷間を作りたいというご要望の場合、それ以上の大きなプロテーゼを入れる必要があることがあります。 リスク・副作用・合併症 豊胸手術(シリコンプロテーゼ)• 担当医 高須幹弥 医師 このサイトは、特定非営利活動法人日本美容外科医師会の適正医院として認定されています。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。 特定非営利活動法人日本美容外科医師会会員です。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。

次の

豊胸手術の種類による差は?メリデメを徹底比較│東京の豊胸手術クリニックガイド

豊胸手術 種類 時間

シリコンバッグ シリコンインプラント をバストに挿入する豊胸術です。 古くからある豊胸術のため、メジャーな豊胸手段として知られています。 形状はアナトミカル型(しずく型)とラウンド型(おわん型)があり、痩せ型の方には先の方が薄くなっているアナトミカル型を挿入することで、デコルテ部分が不自然に浮き出ることなくバストアップが可能です。 表面の質感はテクスチャードタイプ(ザラザラした手触り)とスムーズタイプ(ツルツルした手触り)があり、日本ではテクスチャードタイプのものが主流になっています。 シリコンバッグ豊胸は、ご希望のバストサイズに応じてシリコンバッグの大きさを選ぶことができ、大幅なバストアップを叶えることができます。 しかし、挿入のためには切開が必要となるため、脇や乳房下縁にはどうしても傷が残ってしまいます。 また、触感が硬く、バッグに寿命があり 10年前後で取り替えが必要 、経年に伴ってカプセル拘縮やバッグの破損などのトラブルが起こる可能性も否定できません。 脂肪組織から抽出・培養した幹細胞をコンデンスリッチファット(コンデンスリッチ豊胸で用いる脂肪)に加え、バストに注入します。 幹細胞は脂肪の定着率を高めるはたらきがあるため、脂肪の高い定着率が期待できます。 従来の脂肪幹細胞豊胸(セリューション豊胸)では幹細胞の抽出だけで両胸だと200mlの脂肪が必要だったため、かなりの脂肪量が必要でした。 コンデンスセルチャー豊胸で培養に必要な脂肪量はわずか20ml。 抽出した幹細胞を培養して増殖させるため、多くの脂肪は必要ありません。 そのため、脂肪量の少ない痩せ型の方にも受けていただけます。 <期待できるサイズアップ> 1〜2カップ 乳腺再生豊胸は、一部のクリニックで行われている豊胸術です。 クリニックの説明によると、線維芽細胞成長因子、脂肪乳剤、自己血漿を用いて作る脂肪再生豊胸溶液をバストに注入する再生医療豊胸のようです。 複数回注入することによって、脂肪組織と乳腺組織が増加し、豊胸効果が期待できると言われています。 施術は脂肪再生豊胸溶液の注入のみで、15分程度とのことです。 <情報提供クリニック> THE CLINIC(ザクリニック) 東京・横浜・名古屋・大阪・福岡 〒106-0031 東京都港区西麻布 3-16-23 Azabu Body Design Center 1F TEL:0120-60-3929 統括指導医師:大橋 昌敬.

次の