限界超えの天賦。 限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー|「小説家になろう」レビューブログ

限界超えの天賦

自民党案は間違いなく確実に憲法改正限界を超えます。 これは誰が見てもそう。 だから貴方の自民党案は憲法改正限界を超えないという主張は、法理論から完全に遺脱したおバカな主張になります。 貴方がどの様な先生の元で学んでいるか知りませんが、まともな先生なら間違いなく自民党案が憲法改正限界を超えると断言するでしょう。 だから自民党案を支持する人で、憲法改正限界を超えないなんて主張する識者を私は知りません。 だって憲法改正限界説を採るなら、自然法論的限界説かまたは法実証主義的限界説を採るからで、私の立場は自然法論的限界説ですが、仮に貴方が法実証主義的限界説ならば改正権はあくまでも制定権が示した範囲で改正権を持つのだから、当然に現行憲法「前文」に明記された「人類普遍の原理」に「反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」を履行しなければ可笑しいですし、私が支持する自然法論的限界説の場合でも「人類普遍の原理」が自然法を意味すると解釈すれば、何れの場合であっても「人類普遍の原理」が示す「国民主権、民主主義、平和主義」に齟齬を懐ことは許されないし、同様に最高法規にある第97条の「自由に由来する人権」つまり「天賦人権」が実質的「最高法規」である以上、「天賦人権」を墨守することが当然となるからです。 その結果、如何なる理由があろうとも現行憲法の「前文」と10章「最高法規」(97条から99条、特に97条が重要)の変更は許されないと理解できるからです。 その「前文」と97条を完全に削除し、新しい「前文」と99条を破壊した第102条を書いた2012年の自民党案が、憲法改正限界説を支持する者の目から見れば憲法改正限界を超えることは自明以外の何ものでもない。 つまり貴方が本当に憲法を理解した上で憲法改正限界説を採るならば、2012年の自民党案は如何なる場合でも必ず憲法改正限界を超えていると断言しなければ可笑しい。 だから常識論が全く通じない貴方に、いくら正しい知識を教えても「豚に真珠」ですが、貴方の間違いの吹聴を放置するわけにはいかないのであり、そして事実として現行憲法の基本的人権が『天賦人権』なのを、自民党案では【国賦人権】に変えている以上、だれが見ても必ず憲法改正限界を超えます。 その段階で憲法前文が言う「人類普遍の原理」に反する為、如何なる理由があろうとも2012年の自民党案を憲法96条の改正手続きに乗せることは許されません。 それが現行憲法第12条「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」の意味であり、それを私達がちゃんと理解しているかが今、試されるわけです。 自由主義国家の基本的人権は『天賦人権』のみです。 逆に『天賦人権』に非ずの国家を真の意味での自由主義国家とは絶対に呼びません。 この基本を蔑ろにして憲法を語る資格は有りません。

次の

小説 家 に な ろう おすすめ 限界超えの天賦 ...

限界超えの天賦

「人には等しく、8枠の天賦《スキル》ホルダーがある。 【腕力強化】のような1枠ならよいが、レアなスキルは4枠や5枠、あるいは8枠すべてを使ってしまうでのう」 天賦珠玉《スキルオーブ》が発掘されるオーブ鉱山で、ヒンガ老人は僕にそう語った。 だけど僕ら「奴隷」は契約魔術でスキルを取得できず、奴隷に未来なんてものはなかった。 それは運命の日。 鉱山を所有する貴族——つまり僕らの「主」がオーブ鉱山に視察に来た。 地震によって崩落する天井。 貴族の脳天に直撃する岩塊。 貴族の死。 瞬間、僕らの契約魔術が消える。 目端の利いた奴隷は走った。 スキルオーブが格納されている倉庫に。 そしてレアなスキルを取り込むと、目を疑うような能力や魔法によって警備兵を薙ぎ倒し、鉱山から飛び出していく。 暴動だ。 出遅れた僕に拾えるオーブはなかった ——終わった。 僕はまた奴隷戻りだ。 絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。 ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。 使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。 だけれど僕は、【森羅万象】 タグ• 更新情報•

次の

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー

限界超えの天賦

「人には等しく、8枠の天賦《スキル》ホルダーがある。 【腕力強化】のような1枠ならよいが、レアなスキルは4枠や5枠、あるいは8枠すべてを使ってしまうでのう」 天賦珠玉《スキルオーブ》が発掘されるオーブ鉱山で、ヒンガ老人は僕にそう語った。 だけど僕ら「奴隷」は契約魔術でスキルを取得できず、奴隷に未来なんてものはなかった。 それは運命の日。 鉱山を所有する貴族——つまり僕らの「主」がオーブ鉱山に視察に来た。 地震によって崩落する天井。 貴族の脳天に直撃する岩塊。 貴族の死。 瞬間、僕らの契約魔術が消える。 目端の利いた奴隷は走った。 スキルオーブが格納されている倉庫に。 そしてレアなスキルを取り込むと、目を疑うような能力や魔法によって警備兵を薙ぎ倒し、鉱山から飛び出していく。 暴動だ。 出遅れた僕に拾えるオーブはなかった ——終わった。 僕はまた奴隷戻りだ。 絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。 ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。 使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。 だけれど僕は、【森羅万象】 タグ• 更新情報•

次の