さか むけ 痛い。 さかむけが痛い…原因はストレス?治し方とさかむけに良い食べ物!|ママクエ

小さいのに痛い「さかむけ」の4つの原因と治し方、予防する方法

さか むけ 痛い

Contents• さかむけ・ささくれの原因4つ!ストレスのバロメーターにも! さかむけ・ささくれの原因はいくつかありますが代表的なものは次の4つです。 さかむけ・ささくれの原因1:手肌の乾燥 水仕事や手洗い、シャンプー、部屋の乾燥などのために手肌が乾燥して皮膚が傷ついてさかむけ・ささくれになります。 過度の手洗いで手の油分が流され、水分が出て行ってしまうのですね。 水仕事にはゴム手袋を使い、まめにハンドクリームを塗って乾燥から手肌を守ることが必要です。 さかむけ・ささくれの原因2: 栄養不足 皮膚の原料となるタンパク質や肌を健康に保つためのビタミン、ミネラルが不足するとさがむけができやすくなります。 食事は偏りなく栄養のバランスを保って食べたいものです。 さかむけ・ささくれの原因3: マニキュアやジェルネイル マニキュアやジェルネイルなどのリムーバー、爪の甘皮除去、アルコール消毒などが原因でさかむけができることもあります。 甘皮の処理をした後には保湿剤をぬり、アルコールやリムーバーは皮膚の脂分を取ってしまうので、塗るときには爪だけに塗り、爪のまわりの弱い皮膚につかないように気を付けましょう。 さかむけ・ささくれの原因4: 血行不良や体調不良 運動不足などによる血行不良や体調不良が原因のこともあります。 風邪を引いているときや免疫力が落ちているとき、睡眠不足のときも要注意です。 またストレスがたまると無意識に爪を噛んだりいじったりすることによりさかむけができやすくなり、しかも悪化することもあります。 適度の運動や体調管理が必要ですね。 さかむけ・ささくれを優しくきれいにケアする方法! スポンサーリンク 手肌の乾燥によるささくれ・さかむけの対策 繰り返しになりますが、水仕事にはゴム手袋を使い、まめにハンドクリームを塗って乾燥から手肌を守ることが一番です。 ハンドクリームを選ぶときは、保湿重視でうるおい成分の入ったものがおすすめです。 栄養不足 によるささくれ・さかむけの対策 ささくれ・さかむけができるのは、ビタミンやミネラルが足りていない証拠です。 ビタミンやミネラルを効率よく摂取するのがささくれ・さかむけ対策に効果的です。 一口にミネラルといっても様々な種類がありますよね。 ナトリウム、マグネシウム、カリウム、マンガンなどなど、野菜や豆類、芋や小魚、穀類などにふくまれていますので、 理想の食べ物は和食のお膳ですね。 デザートにビタミンの多く含まれる、フルーツをいただく食生活をするのが理想的です。 とはいえ、一人暮らしの方など、なかなかバランスよく食事をするのは至難の業… 最近はお手軽にサプリメントなども売られていますから、そちらを検討して栄養を補ってみるのもいいかもしれません。 マニキュアやジェルネイル によるささくれ・さかむけの対策 マニキュアやジェルネイルなどのリムーバーに含まれるアセトンが爪まわりのささくれを増やしてしまうことがあります。 一番いいのは、ネイルを我慢することですが、かわいいネイルが自分の視界に入ると気分もリフレッシュしますよね。 そんな方は リムーバーにはノンアセトンのものを利用するのがおすすめです。 また、マニキュアがなるべく爪まわりの皮膚につかないように注意するのも大切ですね。 血行不良や体調不良 ささくれ・さかむけの対策 血行不良や体調不良の場合もさかむけができやすくなります。 栄養不足が進行した状態ゆえ、こちらはクリーム等のケアだけでは切れに治すのは難しいといえます。 栄養素を取ることに加え、ゆっくりとお風呂につかりマッサージをしてしっかり寝ること…つまり 規則正しい生活と体を温めることがささくれ・さかむけの改善になります。 きちんと手肌や爪の手入れをして、しっかり栄養や休息をとり、運動なども取り入れて体調管理を万全にしていつもきれいな指先を保ちたいものですね。

次の

第12回 東西対決「ささくれ」「さかむけ」 勝者は?

さか むけ 痛い

ささくれが化膿する原因 ささくれができてしまうと、どうしても気になって触ってしまいます。 ささくれは一部の皮が剥離している状態ですので、皮がつながっている部分では 雑菌が入り込みやすくなっています。 気になって何度も触っていると、そこから雑菌が侵入して炎症を起こしてしまうのです。 また、ささくれを触るだけではなく、つい引っ張って取り除きたくなります。 この時、自然に剥がれていない部分まで剥がしてしまうと、出血して炎症を起こしてしまいます。 できたささくれを触ったり引っ張ったりすると良くないとは言え、放置しておくのも危険です。 ちょっとした接触で引っかかって大きく剥がれてしまうこともあります。 水やお湯などが刺激になってしまうこともあります。 小さなささくれでも、爪切りなどで丁寧にカットしておくか、絆創膏などで保護しておくと化膿せずにすみます。 絆創膏などで保護する場合は長時間貼りっぱなしにすると雑菌が繁殖しやすくなりますので、こまめに交換するなどして清潔に保つようにしましょう。 ささくれが化膿してしまったときの治し方 ささくれが化膿してしまうと、患部は膿がたまってどんどんと腫れていきます。 化膿していることに気づいたら早めに膿を出しましょう。 ライターなどで消毒した針を使うと良いですね。 膿を取り出した部分は雑菌が入りやすくなっています。 膿を取り出した後は、消毒をして患部を保護しましょう。 しっかり膿を出してもまたすぐに膿はたまります。 膿はこまめに取り出すようにしましょう。 市販薬では テラマイシンが殺菌効果があり有効です。 抗生物質の ゲンタシン軟膏は市販薬ではありませんが、ささくれの化膿部分に効果的です。 皮膚科等でもらった残りなどがあれば使用できます。 自宅で処置できない場合は迷わず皮膚科を受診しましょう。 皮膚科では膿を取り出した後、ステロイド軟膏などが処方されますが、壊死してしまっている場合は外科的手術も必要となります。 まとめ ささくれができる原因には、乾燥・栄養不足・肌荒れ・ストレスなどがありますが、頻繁にささくれができるという方はまず予防をするようにしましょう。 食生活を見直し、乾燥を防ぐように指のケアを行いましょう。 特に水仕事など指先をよく使う仕事をされている方は注意が必要です。 できてしまったささくれは触ったり引っ張ったりすることで化膿してしまいます。 化膿すると、最悪の場合壊死して外科手術が必要となる場合もありますので、そうならないようにきちんと処置をして保護しましょう。 また指先はさまざまな物と接触するため、ささくれに限らず皮膚に異常が起きやすい部位となります。 併せてこちらの記事もご覧ください。

次の

地味に痛いさかむけの原因は?ビタミン不足以外の原因も

さか むけ 痛い

ネイルからくるダメージ ネイルがほどこされた指先は、女性としての身だしなみを感じますが、ここにも爪横にささくれを作る原因があるのです。 ネイルをとる際に使うリムーバー ネイルをとるときに、リムーバーが爪の周りの皮膚につくことがありますが、そうすると皮膚の油分をとっていることになります。 私は、そんな小まめにネイルの手入れをできないほうなので、コットンに含ませて、チャチャっと拭き取ってしまってしまうので、指先に負担をかけていたのですね。 ネイルをとるときは、リムーバーが肌につかないように丁寧に拭き取る。 大人として心がけます 笑 爪のお手入れで甘皮除去 爪のお手入れの一つ、甘皮の除去も、やり方を間違えると爪を傷めてしまい、ささくれの原因になります。 甘皮は、爪を乾燥から守る役割があるので、自分で行うときは深くまでとりすぎないようにしましょう。 まとめ 爪横のささくれは、指先の乾燥や血行不良、栄養不足から起こります。 出来たささくれを無理やり引っ張るのは、深い傷や「ひょうそ」の原因にもなるので絶対してはいけません。 消息したキューティクルニッパーで丁寧に除去し、その後は傷パッドで保護しましょう。 一度できると厄介な爪横のささくれを作らないためには、ハンドクリームを小まめに使うなどの保湿や血行を良くすることが有効です。 たかが「ささくれ」、されど「ささくれ」。 何かはっきりとした不調や病名がつくようなことはないけれども、栄養バランスが悪いですよ、血行が悪くて体の隅々まで必要なものが届いていませんよ、ささくれはそういう体からのサインなんですね。 あとは、ささくれを無理に引っ張って、さらに指を傷つけるようなことをしないこと。 これが一番反省です。 自分の体とは丁寧に付き合っていかないといけませんね。

次の