Zoom マニュアル。 Zoomの使い方をゼロから解説!この順序でZoomを始めよう

Zoom簡易マニュアルを提供します。参加する時の操作方法が分からない方へ

Zoom マニュアル

政府が推進する「働き方改革」のひとつとして、情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」を導入する企業が増えています。 また、新型コロナウイルス感染症対策として、時差出勤やテレワーク・リモートワーク・在宅勤務などを実施する企業が増えるなか、 ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」が注目を集めています。 初めてZoomを使う方の中には「こういう場合どうしたらいいの?」という不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 Zoomを使って、会議やセミナーに参加するための方法を、 ステップごとに画像を使ったわかりやすいマニュアルを用いてご紹介します。 企業がテレワークや在宅ワークを導入するにあたって「必要なツールの使い方がわからない・・・」という声は少なくありません。 Teachme Bizで作成したわかりやすい手順書を皆様にご利用いただくことで、皆様の課題解決のお手伝いができれば幸いです。 Zoomとは? Zoomは、 パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスを使用して、オンラインでセミナーや会議を開催するために開発されたアプリケーションです。 映像や音声を使ってビデオ会議や電話会議が可能です。 Zoomは遠隔会議、遠隔セミナー、遠隔授業向けクラウドビデオ会議サービスとして世界中で利用されています。 2020年3月には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による学校休校対策として、Zoomを学校へ無償提供することを発表し話題になりました。 Zoomには、無料版と有料版があり、通常、無料版であれば、 通常は3名以上100名以下のグループミーティングは40分までと制限がありますが、今回の無償提供では、1会議最大300名まで時間制限なし回数制限なしで利用できるそうです。 このように、Zoomの無料版と有料版では、通話時間の制限の有無や、追加機能の有無があります。 しかし、 無料版のアカウントでも、ほとんどの機能を使えることがZoomの魅力と言えます。 例えば、会議に参加しているメンバーのPC画面を共有しながら打ち合わせができたり、100人まで会議に招集できたり、ミーティングを録画保存できるなど、便利な機能が搭載されています。 Zoom無料版と有料版の違い• ・無料版は3人以上の会議は40分までと時間制限がある。 ・無料版はクラウドレコーディングができず、自分のPCに動画ファイルが保存される。 ・無料版はオンライン会議に参加している別のユーザーとホスト 開催者 権限を共有できない。 ・無料版でオンライン会議を主催する場合は投票機能が使えない。 このような制限はあるものの、 Zoomにはビデオ会議ツールとして基本的な機能が備わっていますので、まずは無料版を活用してみて、有料版を検討するのがおすすめです。 それでは、テレワークで活躍するZoomの使い方についてご紹介します。 Zoomでオンライン会議に参加する方法 初めてZoomで会議をするという方は「会議に招待されて参加する」ケースがほとんどではないでしょうか。 Zoomミーティングは、参加者として会議に参加する場合、アカウント作成の必要がありません。 会議に参加する場合、主催者から事前に 会議参加用のURLや ミーティングID 数字列 が送られてきます。 会議に参加する方法として、以下の3つの方法があります。 パソコンにZoomアプリをインストールして会議に参加する• パソコンのブラウザからZoomで会議に参加する• スマートフォン・タブレットにZoomアプリをインストールして会議に参加する Zoomはパソコン、スマートフォン、タブレットからも利用できます。 アプリをインストールする方法だけでなく、 ウェブブラウザから利用することも可能ですので、ご自身の環境に合わせて参加方法を選択しましょう。 パソコンにZoomアプリをインストールして会議に参加する方法 前述の通り、Zoomはアプリ版の他にブラウザ版がありますので、Zoomアプリを事前にインストールしていなくても、Google Chrome グーグルクローム などのウェブブラウザでZoomの画面を開いて会議を始めることができます。 初めてZoomを利用する場合、会議の主催者から会議参加用のURLが送られてきて、それをクリックすると、その場でアプリをインストール画面が表示され、Zoomアプリをインストールをするというケースがほとんどです。 Zoomを利用する機会が増えそうなら、アプリをインストールしておくと便利です。 ただ、会議の直前にインストールをして、設定を行っていると、会議に遅れてしまう可能性があるため、 事前にZoomアプリインストールをして、設定を完了しておくと良いでしょう。 事前にZoomアプリのインストールが完了していれば、主催者から送られてきたURLをクリックして、表示されるブラウザの通知をクリックするとアプリが開き、会議に参加できます。 ここでは、パソコンにZoomをインストールする方法をご紹介します。 Zoomのサイトからアプリをダウンロードしてインストールする方法と会議参加用URLからZoomアプリをインストールする方法の2つを画像で紹介します。 パソコンにZoomのサイトからアプリをダウンロードする• の最下部から「ダウンロード」をクリックします。 ミーティング用Zoomクライアントのダウンロードをクリックし、ダウンロードが完了したらファイルをクリックしてインストールします。 インストールが完了すると、Zoomのサインイン画面が表示されます。 会議参加用URLからアプリをダウンロードする• 主催者から会議参加用URLを受け取り、会議参加用URLをクリックします。 Zoomの起動中という画面の右下にある「Zoomをダウンロードして実行」をクリックして、ダウンロードが完了したらファイルをクリックしてインストールします。 インストールが完了すると、ミーティングに参加するために名前を入力する画面が表示されますので、名前を入力して「ミーティングに参加」をクリックします。 会議に参加したら音声と映像を設定する Zoomの画面の左下に、「ビデオを開始します」と「音声に参加します」というボタンがあります。 これをクリックすると、映像を配信したり、マイクで発言することができます。 Zoomを使ってセミナーや会議に参加するためのわかりやすいマニュアルを公開 初めてのテレワークや、Zoomミーティングに参加する場合、Zoomの設定や操作に不安に感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、 画像・動画ベースの分かりやすい手順書を簡単に作成・共有・管理できるクラウド型サービスの「Teachme Biz」で作成した手順書なら、Zoomの設定も簡単に行うことができます。 手順書と操作画面を同時に開いて、確認しながら作業を進めていきましょう。 【マニュアル公開】 パソコンのブラウザからZoomで会議に参加する方法 パソコンにZoomアプリをインストールすることができない場合は、ブラウザでZoomミーティングに参加することが可能です。 Zoomのサイトから会議に参加する方法と、会議参加用URLからブラウザで会議に参加する方法があります。 Zoomのサイトからブラウザで会議に参加する方法• の最上部から、「ミーティングに参加」をクリックします。 ミーティングIDを入力する画面が表示されますので、主催者から共有されたミーティングIDを入力し、「参加」をクリックします。 会議参加用URLからブラウザで会議に参加する方法 会議の主催者から送られてくる会議参加用のURLからブラウザ版でZoom参加することもできます。 その方法をご紹介します。 主催者から会議参加用URLを受け取り、会議参加用URLをクリックします。 Zoomの起動中という画面の下部中央にある「ここをクリック」をクリックすると「ブラウザから参加する」が表示されるのでクリックします。 ミーティングに参加するために名前を入力する画面が表示されますので、名前を入力して「参加」をクリックします。 Zoomの専用アプリをダウンロードせず会議に参加するマニュアルを公開 パソコンにアプリをダウンロードするのに制限や抵抗のある方は、ウェブブラウザ版で会議に参加することができます。 その方法について、 画像・動画ベースの分かりやすい手順書を簡単に作成・共有・管理できるクラウド型サービスの「Teachme Biz」 で作成した手順書をご紹介します。 【マニュアル公開】 スマートフォン・タブレットにアプリをインストールしてZoomミーティングに参加する方法 Zoomはパソコンだけでなくスマートフォンからも利用することができます。 スマートフォンで会議に参加できれば、場所を問わずどこにいても参加できますので非常に便利です。 AppStoreまたはGooglePlayからアプリをダウンロードします。 主催者から会議参加用URLを受け取り、会議参加用URLをクリックするか、 の最下部の「ダウンロード」をクリックすると、AppStoreまたはGooglePlayのダウンロード画面が表示されます。 スマートフォンでZoomを利用するためのマニュアルを公開 パソコンだけでなく、スマートフォンからもZoomを利用して会議に参加することができます。 その方法について、画像・動画ベースの分かりやすい手順書を簡単に作成・共有・管理できるクラウド型サービスの「Teachme Biz」で作成した手順書をご紹介します。 【マニュアル公開】 主催者としてZoomでミーティングを開催する方法 ここまでは、Zoomを使って会議に参加する方法を紹介してきました。 次に、Zoomを使って会議を開催する方法について紹介していきます。 Zoomは、参加者がアカウントを持っていなくても会議参加用のURLをクリックするだけで簡単にミーティングに参加できます。 ミーティングを録画することができることから、オンライン会議を開催するツールとして適しています。 ミーティングを開催するためにはアカウント登録が必要 主催者として会議を開催する場合、アカウント登録をする必要があります。 「サインアップは無料です」をクリックして、無料サインアップをしましょう。 メールアドレスでのサインアップだけでなくGoogleやFacebookアカウントでもサインアップができます。 Zoomでミーティングを即時開催する方法• の上部の「ミーティングを開催する」をクリックします。 この時にサインインを求められますので、作成したアカウントでサインインします。 アプリをインストール済みであれば、Zoomを開く許可を求めるシステムダイアログが表示されますので、「Zoomを開く」をクリックします。 自分のみが参加している会議が作成されます。 招待メールを送付したり、招待URLを会議に参加してほしい相手に送付することで、会議に招集することができます。 Zoomでミーティングを予定開催する方法• の上部の「マイアカウント」をクリックします。 「マイアカウント」の画面上部の「ミーティングをスケジュールする」をクリックします。 ミーティングの詳細画面が表示されますので、開催日時などを設定します。 主催者としてZoomで会議を開催するためのマニュアルを公開 Zoomのアカウントを無料作成すれば、Zoomを利用して会議やオンラインセミナーを開催することができます。 その方法について、画像・動画ベースの分かりやすい手順書を簡単に作成・共有・管理できるクラウド型サービスの「Teachme Biz」で作成した手順書をご紹介します。 【マニュアル公開】 まとめ いかがでしたか。 リモートワークや在宅勤務が導入されたことによって、会議が開催できなくなり、仕事に支障をきたしている・・・、出張が制限されて商談ができない・・・、予定していたセミナーが開催できない・・・などの悩みをお抱えであれば、Zoomを活用してみてはいかがでしょうか。 Zoomを活用すれば、 簡単に画面を共有できたり、 ホワイトボード機能が搭載されていたりと、実際の会議やセミナーさながらの会議を開催することが可能です。 Teachme Bizでは、他にもさまざまなZoomに関する手順書を用意しています。 初めてZoomを使用する方も、もっとZoomを活用したいという方も、Teachme Bizの手順書を活用いただき、ビジネスや学習が加速する一助となれば幸いです。 目的に合わせてステップごとに画像でわかりやすくご紹介!Zoomマニュアル大公開 記事内でご紹介したマニュアルを含め、スタディストが提供するビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」で作成したZoomマニュアルを一挙にご紹介します。 【リモートワーク時必須】Web会議「Zoom」の超基本的な使い方 【マニュアル公開】 Zoomの専用アプリをインストールすることなく、Web会議に参加する方法 【マニュアル公開】 スマートフォンでZoomセミナーを視聴する方法 【マニュアル公開】 Zoomの接続URLをクイックに人に知らせる方法(パーソナルミーティング) 【マニュアル公開】 Zoomのホワイトボード機能の使い方(動画あり) 【マニュアル公開】 ZoomでiPhoneやiPadの画面を共有する方法 【マニュアル公開】 Zoomでセミナーを視聴する際に確認すべき5つの項目 【マニュアル公開】 Zoomの専用アプリをインストールすることなく、Web会議に参加する方法 【マニュアル公開】 スマートフォンでZoomセミナーを視聴する方法 【マニュアル公開】 Zoomでオンライン会議を開催する方法~陥りやすい3つのミス~ 【マニュアル公開】 ビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」は、画像と動画を使った伝わりやすい業務手順書を簡単に作成・管理・共有できます。 再現性高く手順を伝えられるSOP(標準作業手順書)により、業務効率化、生産性向上、コスト削減を実現します。

次の

Zoomの使い方をゼロから解説!この順序でZoomを始めよう

Zoom マニュアル

無料アカウントを作る 無料アカウントを持っていない人は、まずは、無料アカウントを作るところから始めましょう。 をクリックしてください。 「Sign UP」をクリックすると、無料アカウントの申し込みページに飛びます。 あなたのメールアドレスを入力して、Sign Upをクリックしてください。 すると、次のページへ飛びます。 入力したメールアドレスへ、件名が「Zoom account activation」と書いた確認メールが届きますので、メールフォルダを確認してください。 メールの中のActivate Account というボタンをクリックするか、その下にあるリンクをクリックすると、名前とパスワード設定のページへ飛びます。 名前とパスワードを設定して登録ボタンをクリックすると確認画面が出ます。 ここで、確認ボタンを押すと、新規登録したアカウントの登録完了になります。 有料アカウントを購入する では、次に、いよいよアカウントを購入してみましょう。 Zoomにログインした状態で、をクリックしてください。 次のようなプラン紹介のページへ飛びます。 個人が、通常使うプランは「Pro」ですので、Proを選択して、オレンジ色の「Buy Now」をクリックすると、年払いと月払いを選択する画面になります。 年払いのほうが、割引になっていますので、長期的に使うことを決めている方は、年払いがお得です。 支払方法を決めたら、Subscribeをクリックし、個人情報の入力に移ります。 Subscribeをクリックすると、申し込み完了です。 Scheduled Meetingの作り方• 招待状テンプレート 私が、Zoomでのミーティングを行うときは、次のような招待状を送ります。 必要に応じて書き換えて使用してください。 オンラインミーティングについてお知らせします。 当日は、Zoomというビデオ会議室を使用します。 1 パソコンからアクセスする場合 PCからだと、ルームURLをクリックするとインストーラーが自動的にダウンロードされ、それをクリックすると自動的に繋がります。 2 iPad or iPhone、その他、スマホの方 iPhoneやiPadからの場合は、事前に「Zoom Cloud Meeting」というアプリをダウンロードして下さい。 を入力してください。 Zoomの使い方については、こちらを参照して下さい。 このようにお知らせすると、Zoomでのオンラインミーティングを簡単にすることができます。 参加者のマイクをMuteにする• 参加者のカメラをOffにする• 参加者の名前を変更する• 参加者の挙手を解除する• ホスト host とコホスト(co-host の受け渡し• 録画の許可を参加者に与える• メニューが現れない場合は、Zoomのアカウントにログインして、クラウドレコーディングができるように設定する必要があります。 設定方法と録画方法は、こちらの動画をご覧ください。 Local Recordingの場合は、自分のパソコンに動画が保存されます。 Windowsの場合は、 ドキュメント>Zoom>2016-01-23 09. Local Recordingの欠点は、ミーティング途中に接続の調子が悪くて切れてしまったりすると、そこで録画が切れてしまうことです。 また、録画したファイルを共有するときにも、ファイル便で送ったり、Youtubeに限定公開したりする必要があります。 ミーティングが終わってから、レンダリングと呼ばれるファイル形式の変換が始まりますが、それが終わるまでパソコンをつけておかなければならないという不便さもあります。 そんな問題を解決してくれるのが、クラウドレコーディングです。 クラウドレコーディングは、文字通り、サーバー上に録画動画を保存してくれます。 そして、レンダリングもサーバー上で行い、終わったらお知らせがメールで送られてきます。 だから、レンダリングが終わるまでパソコンをつけっぱなしにして待っている必要がないんですね。 さらに、動画をサーバー上で再生することができるので、そのURLを仲間に送るだけでミーティング内容を共有することができます。 唯一の欠点は、保存できる容量が1GBとあまり大きくないので、1時間半くらいのミーティングを2回やると、容量を超えてしまうこと。 そのときは、サーバーからパソコンにダウンロードして、サーバー上から動画を削除すればOKです。 端末の接続が切れても、クラウドレコーディングなら録画し続けてくれるし、レンダリングも勝手にやってくれるので、僕は、基本的にはクラウドレコーディングを使い、必要なら、あとで、ダウンロードするという方法を取っています。 ブレークルームを設定する Breakout session ホスト編:オートモードを使った場合 Breakout session ホスト編:マニュアルモードを使った場合 Breakout session 参加者編• Zoomについて、もっと学びたい方へ Zoomの使い方について、もっと詳しく知りたい人は、Zoom革命がこれまでに行ってきたセミナー動画で詳しく学ぶことができます。 リアルの会場とオンライン参加者をZoomで繋ぐハイブリッドセッションや、オンライン講座の開き方を動画で学びたい方はこちら。 Zoom活用についての個別のご相談は、こちらから承ります。 Zoom活用を実践するオンラインサロンに参加できます。 (1ヶ月の無料入会制度がありますので、気軽にお試し下さい。

次の

世界一わかりやすいzoomの使い方 完全マニュアル

Zoom マニュアル

Zoomミーティングを主催する二つの方法 主催する際には、アカウント登録をするだけで無料で使えるようになります。 こちらからサインアップします。 iPhoneと、Androidスマホ用のアプリもありますので便利ですよ。 主催する基本の方法は• 自分の固定の個人ミーティングID(PMI)を使う方法• ミーティング別のIDをスケジューリングして使う方法 上記の二つの方法があります。 どちらにも良さがあるので、両方とも解説しますね。 (解説に使用しているパソコンはMacですので、Windowsの場合は表示が若干違うかもしれません) 個人ミーティングIDを使う方法 Zoomのアプリを立ち上げると、ビデオあり、なしを選んでミーティングをすぐに始める事ができるのが、個人ミーティングIDを使う方法です。 アプリを立ち上げると• ビデオありで開始• ビデオなしで開始• スケジュール• 画面の共有• メニューバー が表示されます。 オレンジ色のアイコンの「ビデオあり」または、「ビデオなし」をクリックすると、すぐにミーティング画面が立ち上がります。 ミーティングを開始してから、参加者にURLをお知らせする事もできますし、事前にお知らせする事もできます。 事前に参加者様にURLをお知らせする場合は お知らせするには、まず、メニューバーの「ミーティング」をクリックします。 「個人ミーティングID(PMI)」が表示されますので、IDの下にあるコピーボタンをクリックし(招待用の文章がコピーされる)メールなどに貼り付けて参加者様にお知らせしましょう。 この際に注意したい点が一つだけあります。 この個人ミーティングIDは、アカウントの10桁の固定IDになっています。 IDを知っている全ての人が参加する事ができるIDなのです。 なので、取り扱いには注意しましょう。 私はなるべくこのIDを使わないようにしています。 やはり大事な話をしますので、万が一途中で関係のない方が入ってきたら困りますからね… メンバーにしか公開しないとか、仕事でまめにミーティングとして使用する場合などは、その都度ID(参加URL)をお知らせするのも手間だと思うので、特定のメンバーにのみ知らせておくと便利でしょう。 理由は先に書いた通りで、IDが固定ではない事と、予めスケジュールを立てておける事が理由です。 使い方は、まずホーム画面の水色のアイコン「スケジュール」をクリックします。 すると、スケジュール作成画面が別ウインドウで開きます。 トピックの部分は予めご自身のアカウント名が入っていますので、状況に応じてスケジュール名に変更すると良いでしょう。 開始する時間や、ミーティングの開催予定時間を選びます。 ビデオを予めONにするか、ホストがミーティング開始ボタンを押す前でも参加者様が参加できるようにする事もできます。 パスワードをかける事もできるので、参加者さまへの安心感も増すことでしょう。 (参加者さまにパスワードをお伝えするのをお忘れなく) これらの設定が終わったら、最後にカレンダーを選択します。 Googleカレンダーを使っている場合は、Googleカレンダーにチェックを入れ、スケジュールボタンをクリックすると、Googleへのログイン画面が立ち上がりますので、ご自身で使用されるアカウントを選択しましょう。 ZoomがGoogleアカウントを使用する事の許可をします。 下のようにカレンダーが表示され、内容が記入されますので、保存しましょう。 招待メッセージが表示されますので、内容をコピーした後は画面を閉じてOKです。 コピーし忘れても問題ないです。 Zoomのスケジュールにはしっかりと登録されていますので、ご安心ください。 予定したミーティングを開始する方法 アプリのメニューバーにある「スケジュール」をクリックして予定を確認しましょう。 開始したいミーティングの欄の「開始」をクリックすると、ミーティングが始まります。 あとは参加者さまを待つのみです。 参加者さまをご招待する前に、試しにスケジュールを組んでみて、実際に使って見ると良いですよ。 使ってみたいけど、初めては自信がない、不安だ。 という場合はご相談ください。 複数予定を作成しておいても大丈夫です。 トピックの部分には、ミーティング作成じにご自身で設定したスケジュール名が入りますので、誰とどんなミーティングをするのかも把握しやすいです。 (デフォルトのままだと「ご自身のアカウント名+zoomミーティング」の文字が入っています) 参加者さまへのお知らせ方法 参加者様へは事前にミーティングID(URL)を伝えておきましょう。 zoom. メールなどで日時とURLをお知らせしましょう。 ちなみに、ミーティングの時間ですが、無料アカウントの場合は複数名で使用すると40分で制限時間になり、会議が終了します。 が、また同じID(URL)でホスト(主催者)がミーティングを開始すれば、その他の参加者さまも同じID(URL)の会議に参加しなおす事もできます。 終了時間前に残り時間が表示されますので、もし延長する場合は参加者さまにそのタイミングでお知らせすると良いですね。 なお、有料アカウント(プロ版以上)であれば、参加人数による時間制限はありません。 使える機能も増えますので、複数名で、長時間利用する予定の方は有料版の使用を検討されることをオススメします。 以上、Zoomミーティングを主催する方法でした。

次の