ハリアー サイド ブレーキ。 ハリアーでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

ブレーキ警告灯が点灯した意外な原因

ハリアー サイド ブレーキ

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします! ご家族はサイドブレーキを使わず、Pレンジだけでクルマを止めてらっしゃるんですね。 父上の「PかNに軽くブレーキをかけただけ」というコメントのPはパーキングブレーキのPでしょうか?そうでないと意味が通らないので、たぶんそうだと思います。 つまり父上は、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)は軽くブレーキをかけただけの状態で、大きな固定力はないから、ガッチリ固定する力のあるPレンジに入れるだけで十分だ、とおっしゃっているのだと思います。 が、これでは、止める場所によっては若干不安が生じます。 なぜなら、Pレンジの固定力もまた、それほど大したものではないからです。 Pレンジに入れると、オートマチック・トランスミッション内部の歯車に、爪状の形をした棒がひっかかります。 これをパーキングロックポールと言います。 パーキングロックポールは金属製なので、それなりに丈夫です。 ただ、ひっかける歯車の直径は、それほど大きなものではありません。 小さな歯車に金属の爪をひっかけて止めているだけ、と思ってください。 つまり、強い力がかかると、爪が折れたり、はずれたりする可能性があるのです。 駐車中に衝突などを食らえば、ほぼ確実に爪は折れてしまいます。 爪は、折れたら最後、固定力はゼロになり、クルマを止める力もまたゼロになって、押せば自由に動くような状態になってしまいます。 一方、サイドブレーキは、それほど大きな力でクルマを固定しているわけではありませんが、たとえブレーキが多少滑ってクルマが少し動いてしまっても、摩擦力は発揮し続けているので、ずっとブレーキを引きずった状態は続き、固定力がゼロになることはありません。 その分、安全なのです。 つまり、AT車を駐車するときは、教習所で教えている通り、両方をかけるのがセオリーです。

次の

新型ハリアーの内外装のポイントをチェック!

ハリアー サイド ブレーキ

トヨタのハイブリッド車のブレーキフルードの交換方法は通常のガソリン車とは異なり、『 ブレーキ制御禁止モード』というモードに入れて行う必要があります。 このブレーキ制御禁止モードに入れてからでないと、ブレーキフルード交換が正常に行われません。 理由としてはトヨタのハイブリッド車には回生ブレーキという機構が用いられているためです。 通常のガソリン車とは少しブレーキの構造が違います。 ブレーキ制御禁止モードへの移行は、コンピュータを使わなくても車両である操作を行うことで移行できます。 またフルードを抜く順番もガソリン車とは異なりますので紹介していきます。 また、通常のガソリン車のブレーキフルード交換方法については別の記事でまとめていますので、合わせて参考にしてください。 このページの目次• 回生ブレーキとは 回生ブレーキについて簡単にご説明します。 読み飛ばしてもかまいません。 今までのガソリン車のブレーキはブレーキペダルの踏力が直接ブレーキフルードを介してブレーキをかけており、運動エネルギーを摩擦エネルギー 熱エネルギー にして捨てているだけでした。 トヨタハイブリッド車の回生ブレーキは、今まで ブレーキ時に 捨てるだけだったエネルギーを電気エネルギーにして回収する仕組みになっています。 電気エネルギーを回収するのにモーターで発電を行っていますので回転抵抗が発生し車を止めようとする力になります。 不足した制動力を油圧ブレーキで補う仕組みになっており、お互いが協調して制御を行っています。 そのため 回生ブレーキはブレーキペダルの踏力がそのままフルードに作用するわけではありません。 トヨタハイブリッド車はブレーキ時にこの様な制御が働くため、フルード交換を行う際はこの制御を一時的に解除する 『 ブレーキ制御禁止モード』に入れてからフルード交換を行います。 ブレーキ制御禁止モードの入れ方 この方法は30系プリウスからそれ以降に販売されたすべてのハイブリッド車で使える方法です。 ~ブレーキ制御禁止モードに入れる手順~ 1.パーキングブレーキ サイドブレーキ をかけます。 2.IGONの状態にします。 プッシュスタートスイッチの場合ブレーキを踏まずにスイッチを2回押した状態です。 3.ブレーキを踏んでシフトを 「N」ポジションに入れます。 4.「N」ポジションに入ったら、 ブレーキペダルを10回ぺダリングします。 5.ブレーキを踏んでシフトを 「P」ポジションに入れます。 6.「P」ポジションに入ったら、 ブレーキペダルを10回ぺダリングします。 7.ブレーキを踏んでシフトを 「N」ポジションに入れます。 8.「N」ポジションに入ったら、 ブレーキペダルを10回ぺダリングします。 9.ブレーキを踏んでシフトを 「P」ポジションに入れます。 10.ブレーキ警告灯 オレンジ色 が点滅したらブレーキ制御禁止モードに入りました。 画像赤丸部の オレンジ色のビックリマークのようなランプが点滅すれば完了です。 手順10までの操作が終わって、 ブレーキのポンプが作動しているときは作動が終わるとモードに入ります。 ポンプの作動が止まるまで少し時間がかかる場合があります。 ポンプ作動中は「ジー」というポンプの作動音が聞こえます。 ブレーキ制御禁止モードは IGOFFすることで解除されます。 この状態でブレーキのフルードを交換します。 交換の手順もガソリン車とは異なるので紹介します。 ブレーキ制御禁止モードの入れ方 動画説明 この記事をたくさんの方に読んでいただいているようなので、さらに分かりやすいようにと思い動画を作成しました。 文字だけで説明されるより、より分かりやすいかなと思います。 車は30系プリウスになりますが、トヨタのハイブリッド車であればどの車種でも操作方法は同じです。 なかなかモードに移行しなくて困っている方は、 ぺダリングのスピードなどを参考にしてみてください。 トヨタハイブリッド車 ブレーキフルードの交換手順 通常のガソリン車ならば、左後ろ、右後ろ、左前、右前、の順でそれぞれぺダリングをしてフルード交換を行うと思いますが、トヨタハイブリッド車の場合手順が異なるので注意してください。 1.上で紹介した方法でブレーキ制御禁止モードにいれ、ブレーキフルードをリザーバタンクに立てます。 2.右前のブレーキからフルードをぺダリングして抜きます。 10回ぺダリングをして最後にペダルを踏み終えると同時にブリーダプラグを締めます。 3.次に 左前のブレーキからフルードをぺダリングして抜きます。 10回ぺダリングをして最後にペダルを踏み終えると同時にブリーダプラグを締めます。 4.次に 左後ろのブレーキからフルードを抜きます。 ブレーキペダルを踏みっぱなしにすることでポンプからフルードが圧送されるので、7秒間抜いてブレーキペダル踏んだままブリーダプラグを締めます。 5.次に 右後ろのブレーキからフルードを抜きます。 同じように ブレーキペダルを踏みっぱなしにすることでポンプからフルードが圧送されるので、7秒間抜いてブレーキペダル踏んだままブリーダプラグを締めます。 6.フルード交換は終了です。 一度IGOFFにしてIGONにします。 7.ブレーキペダル数回ぺダリングします。 ブレーキポンプが作動 ジー音が聞こえます するのを確認してIGOFFします。 画像赤丸部の線が補助ラインです。 通常MINラインとMAXラインの間にあります。 以 上 でブレーキフルードの交換作業は終了になります。 補助ラインに液面を合わせないとブレーキフルードがあふれる恐れがあります。 50系プリウスのフルード交換について 2015年に発売された4代目にあたる50系プリウスのブレーキフルードの交換方法が若干異なっているので、別の記事で紹介します。 ブレーキ制御禁止モードへの移行の仕方は変わらないのですが、 フルードの抜き方が若干異なります。 50系プリウスのブレーキフルードを交換する際にうまくできなくて困っているという場合は参考にしてください。 トヨタハイブリッド車のブレーキフルード交換方法 まとめ トヨタハイブリッド車のブレーキフルード交換は必ず ブレーキ制御禁止モードに入れてから行ってください。 これを怠ってフルード交換を行うと、正常にフルード交換が行われず車がブレーキの異常を感知しチェックランプが点灯してしまうことがあります。 また車のブレーキフルードの 交換時期は2年に1回ですので、車検毎の交換を行うようにしてください。 トヨタハイブリッド車のブレーキフルードにはトヨタ純正ブレーキフルードをおすすめします。 長年ブレーキフルードを交換していない場合、最悪ブレーキが効かなくなる恐れがあるので大変危険です。 ブレーキフルードの交換は正しい方法交換時期で行いましょう。 またハイブリット車の車検を受ける際は車を 「整備モード」に入れて検査ラインに入る必要があります。

次の

オートブレーキホールド機能を自動オンにする方法

ハリアー サイド ブレーキ

読んで字のごとくですが、従来のケーブル式サイドブレーキペダル、サイドブレーキレバーではなく、 オート(自動)又はスイッチ操作で簡単にサイドブレーキを電動作動、解除させる事ができるのが「電動パーキングブレーキ」です。 現在搭載されている車両はごく一部ですが徐々に増えつつあります。 ちなみに電動サイドブレーキに慣れるまではついついフッドサイドブレーキを踏んでしまいスカると言うあるある(笑) また付帯機能としてさらに便利な「ブレーキホールド」機能も付いてきます。 ブレーキホールドとは? HOLDボタンを押して「ブレーキホールド機能」をON後、信号停止時などで車両が完全停止後ブレーキペダルをから足を離しても自動でブレーキをかけ車両停止状態をホールドしてくれる(ブレーキをホールドしてくれる)便利な機能が「ブレーキホールド機能」です。 特に渋滞など進んで止まってを繰り返す運転状況の時はブレーキペダルから足を離せるので疲労の軽減になります。 もちろん今まで通りサイドブレーキ作動中はメーター内にサイドブレーキの警告があります。 使い方 シートベルトを装着しないとサイドブレーキは解除できません。 以下省略します。 1、手動で作動、解除させる場合 スイッチを数秒 押すとサイドブレーキ「解除」しLEDランプ消灯。 スイッチを数秒 引くと「作動」しLEDランプ点灯します。 たったこれだけですか、数秒間スイッチ操作を保持しておく必要があり、一瞬のスイッチ操作だと反応しません。 2、自動(オート)で作動、解除させる場合 オートサイドブレーキON時は Pレンジ以外で「自動解除」しランプが消灯。 Pレンジに戻すと「自動作動」しランプ点灯します。 ちなみに通常はオート作動で使用するので特に操作方法を覚える必要はなくサイドブレーキの引き忘れ、戻し忘れがなくなります。 しかしなんでもかんでも便利になり過ぎて脳が劣化しそうですね(笑) 3、ブレーキホールドの使い方 信号などで完全停止させてから、ブレーキから足を離すと画像のようにメーター内に黄色の「HOLD」が点灯すると作動し、ブレーキが効いたままになります。 この状態でアクセルペダルを踏むとブレーキホールドを解除できます。 メリット 1、サイドブレーキ作動、解除忘れが無くなる サイドブレーキが全自動なので作動、解除し忘れる事が無くなり、サイドブレーキ工程がいらなくなるので運転が多少ですが楽になります。 2、渋滞時が楽になる 渋滞時にシフトをP又はNレンジにしてサイドブレーキを引かなくても、ブレーキホールド機能をONにしておけば、ブレーキペダルから足を離すだけでブレーキ保持されるので楽になります。 また渋滞だけではなく信号や踏切でも十分役に立ちます。 注意 トヨタ車の場合「全車速追従機能付きクルーズコントロール」は現在セーフティセンスP搭載車であればほぼ付いてくる機能ですし「ヒルスタートアシストコントロール」に関しては「電動パーキングブレーキ」機能が付いていればより強固なものになりますが、従来通りでも十分なのでこれら2つの機能は「電動パーキングブレーキ」機能のメリットではないと思います。 言ってる事がわからない人は理解しなくても大丈夫な話しなので飛ばして下さい(笑) デメリット 1、パーキングブレーキを引き忘れる 電動パーキングブレーキに慣れると、サイドブレーキペダル、レンジ付き車に乗るとサイドブレーキを引き忘れます。 まぁMT車か勾配のきつい坂道以外ならサイドブレーキ引き忘れても問題は特にないですけどね。 2、バッテリ上がり時解除できない バッテリ上がり時には、車種専用の解除方法があり工具が無いと基本的はサイドブレーキを解除することができない。 バッテリを繋ぐが交換すれば済む話しですけど。 3、故障時も解除できない 車種専用の解除方法があると言いましたが、それすらも役に立たない故障の場合は4輪レッカーで整備工場に運ぶしか無くも、はやお手上げですね。 4、最後に搭載車車両が少ない これは電動パーキングブレーキのデメリットではないですが、そもそも搭載車車両が少ない過ぎるんであえてデメリットにします!! まとめ いかがだったでしょうか? 実際デメリットと言うデメリットは、故障時くらいですがこればっかりは何とも言えないので、メリットの方が大きいと思います。 ただ本当に搭載車が少なすぎるので、高級車から順番に装着して需要を増やし部品単価を下げてもらって大衆車に普及させてほしいですね(笑) それでは.

次の