米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー。 米津玄師セルフカバーの「パプリカ」を聴いて。名曲に出会えたことへの感謝と、歌詞の解釈について思うこと。

米津玄師、“パプリカ”本人セルフ・カバーが決定。Foorinの最新アーティスト写真も公開

米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー

米津玄師「パプリカ」ミュージックビデオが、6月14日23時49分、YouTubeでの再生回数が1億回を突破した。 MV公開より、311日、約10ヶ月での達成となった。 また、自身の楽曲でYouTube上での再生回数が1億回を突破したMVは「11作品目」となる。 「パプリカ」は2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、2018年7月に発表。 米津玄師が作詞・作曲・プロデュース、Foorinが歌唱、ダンスの振付を辻本知彦、菅原小春が担当し、関連動画のYouTube総視聴回数は3億再生突破。 昨年末には、Foorinが音楽番組に総出演したほか、「第61回 輝く!日本レコード大賞」にて大賞を獲得、「第70回NHK紅白歌合戦」へ初登場するなど日本中幅広い世代に浸透したことを証明した。 英語バージョンとなるFoorin team E「Paprika」が誕生するなど、日本だけでなく海外にも「パプリカ」の輪が広がり始めている。 米津玄師のMVは「Lemon」が日本人アーティスト最多となる5. 7億再生を、次いで「打上花火」3. 5億再生、「アイネクライネ」2. 5億再生をはじめ、1億再生超えタイトルは本作で全11作品となった。 また、先日発表になったばかりの待望の5thアルバムには「パプリカ」の収録も決定。 MVが1億再生越えをしている4作品(『Lemon』『Flamingo』『馬と鹿』『パプリカ』)や初回放送日が発表となったTBS金曜ドラマ『MIU404』の主題歌に決定している「感電」が収録されるなど話題沸騰の要注目アルバムになることは間違いない。 iTunes Chart• MENU• SNS•

次の

米津玄師「パプリカ」MV1億再生突破!

米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー

「パプリカ」は2020年とその先に向けて、 頑張っているすべての人たちを応援する「<NHK>2020応援ソングプロジェクト」の曲として、2018年7月に発表されました。 Eテレの人気番組とのコラボや、番組の合間合間に「パプリカ」が流れるため、 小さな子供たちを中心に大人気な曲です。 本来は小学生5人組ユニット「Foorin(フーリン)」が歌唱を担当しているため、これまで米津さんが歌っているバージョンは発表されていませんでした。 筆者は元々の「パプリカ」ももちろん好きなのですが、 「いつか米津さんバージョンが聴きたいなぁ」と思っていたため、今回のセルフカバーは飛び上がるほど嬉しかったです。 米津玄師「パプリカ」セルフカバーにファンの反応は? 米津玄師さんの「パプリカ」セルフカバーバージョンを聴いた、ファンの反応をまとめました。 なんですかあれ 美しく軽やかでスタイリッシュな 感じで後半くらいの和な感じが🌺 — だれ。 すごく良かったな~!!! 米津さんが「パプリカ」を歌うのを心待ちにしていたのか、みなさんの嬉しそうな様子がこちらにも伝わってきます。 Twitterでは、 「 パプリカ米津玄師バージョン」と言うタグも生まれているようですよ。 みなさんの感想が見たい方はぜひ検索してみてくださいね。 まとめ:米津玄師「パプリカ」セルフカバーアレンジがおしゃれで最高! いかがでしょうか。 今回は、 米津玄師「パプリカ」セルフカバーバージョンについての情報、動画や放送日、「パプリカ」を実際に聴いたファンの反応をまとめました。 「Foorin」の歌う無邪気な「パプリカ」ももちろん良いのですが、米津さんの「パプリカ」も非常に良い曲ですね。 大人が昔の楽しかった思い出を振り返るような…米津さんの歌う「パプリカ」には、大人のほろ苦さを感じた気がします。 あくまで筆者の感想ですが。 風がふわっと通り過ぎていくような、あたたかい音楽を浴びた感覚です。 米津さんの曲のパワーには毎度驚かされますね。 放送開始の8月1日から9月末まで何度も聴けますので、聴きそびれた方はぜひ米津さんの音楽を身体中に浴びてくださいね。 これからも、米津玄師さんの情報を紹介していきます。 このブログには、 米津玄師さんの最新情報, ライブ情報, コラムなどを掲載しています。 その他にもライブ, セトリ, グッズ, CD・DVD, MV PV について、さらに新曲情報やプロフィール、彼女の噂なども随時更新中! 米津玄師さんがボカロP(ハチ)だった頃から米津さんが大好き。 そんな管理人が、米津さんファンの方や初めて米津さんを知った方にもわかりやすく、皆さんに愛されるブログを目指して頑張っていきます。

次の

米津玄師セルフカバー「パプリカ」 NHK「みんなのうた」で初披露

米津 玄 師 パプリカ セルフ カバー

徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんがセルフカバーした「パプリカ」のミュージックビデオ(MV)のユーチューブでの再生回数が6月14日午後11時49分、1億回を突破した。 公開から311日、約10カ月での達成で、米津さんの楽曲では11作目の大台超えとなった。 「パプリカ」は2020年とその先に向けて頑張る全ての人を応援するプロジェクトの曲として2018年7月に発表された。 米津さんが作詞・作曲・プロデュース、子ども5人組ユニットFoorinが歌唱、ダンサーで振付家の辻本知彦さんと菅原小春さんがダンスの振り付けを担当。 関連動画のユーチューブでの総視聴回数は3億回を突破し、昨年末には「第61回 輝く!日本レコード大賞」で大賞を獲得、「第70回NHK紅白歌合戦」に初登場するなど幅広い世代に浸透した。 米津さん本人によるセルフカバーバージョンは、昨年8月9日にFoorin版のジャケットイラストも手掛けた加藤隆さんがアニメーションを担当したMVが公開されるやいなや、4日と9時間で1000万再生を突破して自身最速記録を達成。 2月3日から始まったデジタル配信ではウイークリーチャート合算17冠を獲得するなど大きな話題を呼んだ。 英語バージョンのFoorin team E「Paprika」も誕生し、日本だけでなく海外にも「パプリカ」の輪が広がり始めている。 米津さん関連のMV再生回数は「Lemon」が日本人アーティスト最多の5. 7億回、「打上花火」が3. 5億回、「アイネクライネ」が2. 5億回、「LOSER」が2. 4億回を超え、「ピースサイン」とFoorin版「パプリカ」1. 7億回、「orion」と「Flamingo」1. 3億回、「馬と鹿」1. 1億回となっている。 ユーチューブチャンネル登録者数は日本人アーティストトップの495万人に上り、チャンネル総再生回数は27億回越えと日々記録を更新している。

次の