福岡 お 土産 ランキング。 【絶対喜ばれる!福岡の人気お土産30選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

福岡空港のお土産2018!空港で買いたいおすすめ17選 [飛行機の旅] All About

福岡 お 土産 ランキング

福井県の特徴 福井県は北陸、近畿、中部に挟まれた独特の場所に位置しています。 冬は日本屈指の豪雪地帯に指定。 その雪解け水のおいしさに定評があります。 また、日本海に面していることから、古くより交易で発展した場所。 江戸時代には交通の要衝として、文化やグルメで江戸や大阪に負けない個性を誇りました。 福井県のおすすめ温泉情報はこちら 福井県のお土産の特徴 福井県は昔から、多くのお土産が生み出されてきた場所。 というのも京都府に近い福井県では日本海で収穫された海の幸を加工し、長期間の保存ができる状態で京都に届けていたという経緯があるのです。 京都府には国内はもちろん海外の最新文化が常に入って来るため、それに伴い福井県の土産物にも新たな工夫が加わる機会が多く、福井のお土産は時代とともに洗練を重ねてきた歴史があります。 福井県のお土産は海の幸を活かしたものが有名ですが、越前漆器や若狭和紙など、伝統を駆使した個性あふれる逸品も要チェックです。 福井県のお土産ランキングTOP10! それでは早速、福井県のお土産を見ていきましょう。 福井県では絶対に外さない定番土産から、最近話題の注目なお土産もたくさん揃っていますよ! 第1位:強いコシと香ばしさがそば好きに大人気「越前そば」 福井県を代表する味といえば「越前そば」です。 越前そばは、そばの実をすべて使用したいわゆる田舎蕎麦で、黒っぽい色と風味の強さが特徴。 強いコシと香ばしさがそば好きに大人気で、ワサビではなく大根おろしにダシを加えるなど、格式あるそばが楽しめます。 越前そばの購入は、北陸自動車道・武生I. より東へ2分の「越前そばの里」。 創業九十余年の歴史を誇る「越前そばの里」では、そばの栽培から製麺、そして麺つゆ作りまでを手がけるこだわり。 そば打ち体験や工場見学もできるので、時間に余裕があればぜひ参加してみて。 「越前そばの里」の施設情報 施設名 越前そばの里 住所 福井県越前市真柄町7-37 電話番号 0778-21-0272 URL 第2位:目にする機会もない羽二重を身近に感じられるようにと考案「羽二重餅」(はぶたえもち) 絹織物の生産が日本一だった福井県では、明治初期ごろから最上級の絹として名高い「羽二重」織りの生産が本格化。 しかし、羽二重は庶民には手の出ない高価なもの。 地元の名産でありながら、なかなか実際に目にする機会もない羽二重を身近に感じられるようにと考案されたのが、福井県を代表する銘菓「羽二重餅」です。 餅粉に砂糖と水飴を加えて練り上げられ、みずみずしい食感を残しながらほんのりと甘い「羽二重餅」。 購入先の「村中甘泉堂本店」によれば、食べ頃は粘りとコシのバランスが絶妙なタイミングとなる製造日翌日からの数日間だそう。 夏場は冷やしていただくのもおすすめしています。 「村中甘泉堂本店」の施設情報 施設名 村中甘泉堂本店 住所 福井県福井市中央1-21-24 電話番号 0776-22-4152 URL 第3位:メガネのフレームに使われる素材で作られた耳かき「Sabae mimikaki」 福井県の鯖江といえば、メガネフレームの国内シェアが90%以上という眼鏡生産が有名な「めがねのまち」。 眼鏡はお土産として購入するのは難しいものですが、鯖江らしいお土産を探しているなら「キッソオ」を訪ねてみて。 こちらで購入できるのは、メガネのフレームに使われる素材で作られた耳かき「Sabae mimikaki」。 メガネの分野で100年以上の歴史を持つと言うメガネ材料の商社が開発した耳かきで、滑らかな使い心地と高いデザイン性が話題となっています。 耳かきのお尻の部分にはメガネがデザインされるという遊び心もあり、鯖江ならではお土産を探している方におすすめです。 「キッソオ」の施設情報 施設名 キッソオ 住所 福井県鯖江市丸山町4-305-2 電話番号 0778-54-0355 URL 第4位:沖縄の黒砂糖を隠し味に使用した上品な甘さ「水羊かん」 日本海に面した福井県は、なんといっても海の幸が豊富な土地柄。 そのなかで特に名産として高い人気を誇るのが、「若狭小浜丸海」の「小鯛ささ漬」です。 「小鯛ささ漬」は小鯛を丁寧に下処理、塩や昆布とともに杉の樽に付け込んだもの。 樽が水分を吸収し、うま味が凝縮され、ほかでは味わえない濃厚な魚の味が堪能できます。 お酢を使用しているため日持ちもするので、お土産としてはもってこいです。 「若狭小浜 丸海」の施設情報 施設名 若狭小浜 丸海(小浜本店) 住所 福井県小浜市大手町9-21 電話番号 0120-52-3744 URL 第6位:ゴマの味わいも濃厚で、若い方からご年配の方まで人気「永平寺御用達ごまどうふ」 日本の食卓になじみ深い油あげですが、福井県の油あげは一味違います。 それもそのはず、福井県は油あげの消費量が全国一! 福井県のソウルフードともいえる存在なのです。 福井県の油あげは非常に分厚いのが特徴で、そこに大根おろしやネギ、醤油を垂らしていただくのが一般的。 ふだんの食事はもちろん、ビールや日本酒などお酒のつまみにも最適です。 さて、福井県で油揚げを買うなら、ぜひ「谷口屋」へ。 大正14年創業という油あげの老舗で、行列のできる人気店です。 「谷口屋」の油揚げは表面の皮がカリッと香ばしく、クロワッサンのようなサクサクとした食感。 菜種油と大豆のうま味がじんわり染み出す、風味豊かな味わいです。 一枚につき一時間、揚がり時間を見ながら約100回は返し続けるという手間を惜しまず作られた油あげを、ぜひ一度味わってくださいね。 「谷口屋」の施設情報 施設名 谷口屋 住所 福井県坂井市丸岡町上竹田37-26-1 電話番号 0120-58-2202 URL 第8位:日本の三大珍味に挙げられる逸品「塩うに」 福井県の「塩うに」は、カラスミやこのわたと並んで日本の三大珍味に挙げられる逸品です。 創業200年を超える老舗の「天たつ」は、旧越前福井藩藩主の愛用品としてバフンウニの卵巣と塩を使用した本物の塩うにを作り続けてきました。 長い歴史のなかで伝統製法のもと作られる塩うには高級品なので、お世話になった方への贈り物にも重宝します。 また、幻の珍味と言われる「干しうに」も、ワインやシャンパンに合うおつまみとしてとても人気ですよ。 「天たつ」の施設情報 施設名 天たつ 住所 福井県福井市順化2-7-17 電話番号 0776-22-1679 URL 第9位:米粉と発酵バターを使用した、こっくりした甘みが独特「バウムッシュ」 最近福井県で人気を集めているのは、洋菓子店の「西洋菓子倶楽部」。 看板商品「バウムッシュ」は、福井県の名産であるコシヒカリの米粉と、北海道の濃厚な発酵バターを使用した、こっくりした甘みが独特。 ヨーロッパの伝統器具「バターチャーン」で愛情込めて作られたもので、バターの香りが心まで幸せにしてくれます。 しっかりとした余韻がやみつきになると評判ですので、お土産にすればきっと喜ばれることでしょう。 「西洋菓子倶楽部 丸岡店」の施設情報 施設名 西洋菓子倶楽部 丸岡店 住所 福井県坂井市丸岡町西里丸岡3-45 電話番号 0776-67-2227 URL 第10位:ピーナッツのたっぷり入ったおせんべい「五月ヶ瀬煎餅」 「五月ヶ瀬煎餅」は福井県で知らない人はいないという人気のお菓子です。 ピーナッツのたっぷり入ったおせんべいは、石窯で一枚ずつ焼き上げるという手間のかかったもの。 クッキーに近い食感で、洋菓子と和菓子の中間といった個性的な味わいです。 気軽に買えるお手頃なお土産で、日持ちもいいためお土産としては非常に高い人気を誇っています。 「五月ヶ瀬 舟寄庵」の施設情報 施設名 五月ヶ瀬 舟寄庵 住所 福井県坂井市丸岡町舟寄9-1 電話番号 0776-67-5600 URL 自然の恵みと伝統の技術を生かした福井のお土産 福井県のお土産は古くから愛された息の長いものから、真新しい銘品など、どれも多彩でどれにしようか迷ってしまうものばかり。 あらかじめ品定めしてから購入することをおすすめします。 福井県の温泉旅行の帰りには、ぜひ素敵なお土産を選んでくださいね。 「福井県」の関連情報はこちら!.

次の

【2020】福岡で買うべきお土産21選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

福岡 お 土産 ランキング

茶の葉堂「大人の金平糖」• お茶の専門店「茶の葉堂」ならではの技術で、お茶の香りと風味を生かした、まさに大人に喜ばれるお菓子です。 金平糖の甘さを感じる前に、お茶のほろ苦さと豊かな香りが口の中に広がります。 砂糖とお茶以外余計なものは一切使われておらず、素材の美味しさがダイレクトに伝わってきます。 和のテイストがふんだんに盛り込まれた高級茶のようなパッケージもオシャレ。 モダンな雰囲気でありながらプチプラなのも嬉しい一品です。 抹茶・ほうじ茶各1個:540円 このお土産をおすすめしているトラベルライター:• このお土産をおすすめしているトラベルライター: 5. 松屋利右衛門「鶏卵素麺 ひねり」• 鶏卵素麺とはポルトガルから伝来したお菓子の一つで、日本人で最初に鶏卵素麺を作ったのがこちらの松屋利右衛門と言われています。 使っている材料はなんと卵、砂糖のみ。 口に含むとじわっと甘さが滲み出てくるような、砂糖をふんだんに使っていることが分かる味わいで、最近のいわゆる甘さ控えめのお菓子とは一線を画す甘さ。 特に甘いもの好きな方に差し上げたいお菓子です。 1箱(6個入り):1,620円(税込) このお土産をおすすめしているトラベルライター:• 久原本家「茅乃舎だし」• 福岡に本社を置く久原本家が製造・販売する「茅乃舎だし」。 日本料理には欠かせない「出汁」ですが、そんな出汁を化学調味料と保存料を無添加に、そして国産原材料を使用して味わい深い出汁パックとして販売されています。 水と一緒に火にかけ3分程度煮出すだけの手軽さで美味しい出汁がとれ、旬の野菜を煮るだけで美味しい料理に仕上がります。 疲れがたまった時には、この出汁を飲むだけでも元気が出ます。 もっと出汁の味を感じたいならパックの封を切って直接料理に振り入れるのもオススメ。 色んなお料理で大活躍してくれることでしょう。 特に「焼きあご入・茅乃舎だし」は、一度味わっていただきたいです。 やまや「博多の味もつ鍋」• 福岡に行ったら絶対食べたいご当地グルメの1つがもつ鍋。 やまやの「博多の味 もつ鍋」なら、自宅で簡単にお店の味を再現することができます。 お土産用のもつ鍋スープはかなりの商品が売られていますが、こちらの商品ならもつ鍋に欠かせない唐辛子やスライスされたにんにくチップスもセットになっているので、冷蔵庫にキャベツとニラさえあればいつでも楽しむことができちゃいます。 鍋の〆に持って来いのちゃんぽん麺まで入っているのも嬉しいポイント。 スープの他に味付牛もつも別添されていますが、お好みでもつをプラスするとさらに美味しくいただけます。 自宅用はもちろん、箱入りなので贈り物にしても喜ばれるでしょう。 醤油ベースの「昔ながらのしょうゆ味」と味噌ベースの「こく味噌白味噌仕立て」の2種類があります。 1箱(2〜3人前)1,080円 このお土産をおすすめしているトラベルライター: 9. グランダジュール「ネジチョコ」• 2015年に北九州市の八幡製鉄所がユネスコ世界文化遺産に登録されたのがきっかけで生まれた、とってもユニークなおみやげです。 まるで錆びた鉄のように見えますが、チョコレートです。 本当に締めることができるボルトとナットの形をしていて、実際に、何度もネジを閉めたり緩めたりできます。 3Dプリンタで作成したチョコレート型で作られているため、溝などの細かいところまで見事に再現されています。 これを渡された人は、びっくり!話題になること間違いなしです。 単品:64円、5個入り:378円、15個入り:1,080円(いずれも税込) このお土産をおすすめしているトラベルライター:•

次の

久留米ならではの名物はコレ!おすすめお土産ランキングTOP20

福岡 お 土産 ランキング

福井県の特徴 福井県は北陸、近畿、中部に挟まれた独特の場所に位置しています。 冬は日本屈指の豪雪地帯に指定。 その雪解け水のおいしさに定評があります。 また、日本海に面していることから、古くより交易で発展した場所。 江戸時代には交通の要衝として、文化やグルメで江戸や大阪に負けない個性を誇りました。 福井県のおすすめ温泉情報はこちら 福井県のお土産の特徴 福井県は昔から、多くのお土産が生み出されてきた場所。 というのも京都府に近い福井県では日本海で収穫された海の幸を加工し、長期間の保存ができる状態で京都に届けていたという経緯があるのです。 京都府には国内はもちろん海外の最新文化が常に入って来るため、それに伴い福井県の土産物にも新たな工夫が加わる機会が多く、福井のお土産は時代とともに洗練を重ねてきた歴史があります。 福井県のお土産は海の幸を活かしたものが有名ですが、越前漆器や若狭和紙など、伝統を駆使した個性あふれる逸品も要チェックです。 福井県のお土産ランキングTOP10! それでは早速、福井県のお土産を見ていきましょう。 福井県では絶対に外さない定番土産から、最近話題の注目なお土産もたくさん揃っていますよ! 第1位:強いコシと香ばしさがそば好きに大人気「越前そば」 福井県を代表する味といえば「越前そば」です。 越前そばは、そばの実をすべて使用したいわゆる田舎蕎麦で、黒っぽい色と風味の強さが特徴。 強いコシと香ばしさがそば好きに大人気で、ワサビではなく大根おろしにダシを加えるなど、格式あるそばが楽しめます。 越前そばの購入は、北陸自動車道・武生I. より東へ2分の「越前そばの里」。 創業九十余年の歴史を誇る「越前そばの里」では、そばの栽培から製麺、そして麺つゆ作りまでを手がけるこだわり。 そば打ち体験や工場見学もできるので、時間に余裕があればぜひ参加してみて。 「越前そばの里」の施設情報 施設名 越前そばの里 住所 福井県越前市真柄町7-37 電話番号 0778-21-0272 URL 第2位:目にする機会もない羽二重を身近に感じられるようにと考案「羽二重餅」(はぶたえもち) 絹織物の生産が日本一だった福井県では、明治初期ごろから最上級の絹として名高い「羽二重」織りの生産が本格化。 しかし、羽二重は庶民には手の出ない高価なもの。 地元の名産でありながら、なかなか実際に目にする機会もない羽二重を身近に感じられるようにと考案されたのが、福井県を代表する銘菓「羽二重餅」です。 餅粉に砂糖と水飴を加えて練り上げられ、みずみずしい食感を残しながらほんのりと甘い「羽二重餅」。 購入先の「村中甘泉堂本店」によれば、食べ頃は粘りとコシのバランスが絶妙なタイミングとなる製造日翌日からの数日間だそう。 夏場は冷やしていただくのもおすすめしています。 「村中甘泉堂本店」の施設情報 施設名 村中甘泉堂本店 住所 福井県福井市中央1-21-24 電話番号 0776-22-4152 URL 第3位:メガネのフレームに使われる素材で作られた耳かき「Sabae mimikaki」 福井県の鯖江といえば、メガネフレームの国内シェアが90%以上という眼鏡生産が有名な「めがねのまち」。 眼鏡はお土産として購入するのは難しいものですが、鯖江らしいお土産を探しているなら「キッソオ」を訪ねてみて。 こちらで購入できるのは、メガネのフレームに使われる素材で作られた耳かき「Sabae mimikaki」。 メガネの分野で100年以上の歴史を持つと言うメガネ材料の商社が開発した耳かきで、滑らかな使い心地と高いデザイン性が話題となっています。 耳かきのお尻の部分にはメガネがデザインされるという遊び心もあり、鯖江ならではお土産を探している方におすすめです。 「キッソオ」の施設情報 施設名 キッソオ 住所 福井県鯖江市丸山町4-305-2 電話番号 0778-54-0355 URL 第4位:沖縄の黒砂糖を隠し味に使用した上品な甘さ「水羊かん」 日本海に面した福井県は、なんといっても海の幸が豊富な土地柄。 そのなかで特に名産として高い人気を誇るのが、「若狭小浜丸海」の「小鯛ささ漬」です。 「小鯛ささ漬」は小鯛を丁寧に下処理、塩や昆布とともに杉の樽に付け込んだもの。 樽が水分を吸収し、うま味が凝縮され、ほかでは味わえない濃厚な魚の味が堪能できます。 お酢を使用しているため日持ちもするので、お土産としてはもってこいです。 「若狭小浜 丸海」の施設情報 施設名 若狭小浜 丸海(小浜本店) 住所 福井県小浜市大手町9-21 電話番号 0120-52-3744 URL 第6位:ゴマの味わいも濃厚で、若い方からご年配の方まで人気「永平寺御用達ごまどうふ」 日本の食卓になじみ深い油あげですが、福井県の油あげは一味違います。 それもそのはず、福井県は油あげの消費量が全国一! 福井県のソウルフードともいえる存在なのです。 福井県の油あげは非常に分厚いのが特徴で、そこに大根おろしやネギ、醤油を垂らしていただくのが一般的。 ふだんの食事はもちろん、ビールや日本酒などお酒のつまみにも最適です。 さて、福井県で油揚げを買うなら、ぜひ「谷口屋」へ。 大正14年創業という油あげの老舗で、行列のできる人気店です。 「谷口屋」の油揚げは表面の皮がカリッと香ばしく、クロワッサンのようなサクサクとした食感。 菜種油と大豆のうま味がじんわり染み出す、風味豊かな味わいです。 一枚につき一時間、揚がり時間を見ながら約100回は返し続けるという手間を惜しまず作られた油あげを、ぜひ一度味わってくださいね。 「谷口屋」の施設情報 施設名 谷口屋 住所 福井県坂井市丸岡町上竹田37-26-1 電話番号 0120-58-2202 URL 第8位:日本の三大珍味に挙げられる逸品「塩うに」 福井県の「塩うに」は、カラスミやこのわたと並んで日本の三大珍味に挙げられる逸品です。 創業200年を超える老舗の「天たつ」は、旧越前福井藩藩主の愛用品としてバフンウニの卵巣と塩を使用した本物の塩うにを作り続けてきました。 長い歴史のなかで伝統製法のもと作られる塩うには高級品なので、お世話になった方への贈り物にも重宝します。 また、幻の珍味と言われる「干しうに」も、ワインやシャンパンに合うおつまみとしてとても人気ですよ。 「天たつ」の施設情報 施設名 天たつ 住所 福井県福井市順化2-7-17 電話番号 0776-22-1679 URL 第9位:米粉と発酵バターを使用した、こっくりした甘みが独特「バウムッシュ」 最近福井県で人気を集めているのは、洋菓子店の「西洋菓子倶楽部」。 看板商品「バウムッシュ」は、福井県の名産であるコシヒカリの米粉と、北海道の濃厚な発酵バターを使用した、こっくりした甘みが独特。 ヨーロッパの伝統器具「バターチャーン」で愛情込めて作られたもので、バターの香りが心まで幸せにしてくれます。 しっかりとした余韻がやみつきになると評判ですので、お土産にすればきっと喜ばれることでしょう。 「西洋菓子倶楽部 丸岡店」の施設情報 施設名 西洋菓子倶楽部 丸岡店 住所 福井県坂井市丸岡町西里丸岡3-45 電話番号 0776-67-2227 URL 第10位:ピーナッツのたっぷり入ったおせんべい「五月ヶ瀬煎餅」 「五月ヶ瀬煎餅」は福井県で知らない人はいないという人気のお菓子です。 ピーナッツのたっぷり入ったおせんべいは、石窯で一枚ずつ焼き上げるという手間のかかったもの。 クッキーに近い食感で、洋菓子と和菓子の中間といった個性的な味わいです。 気軽に買えるお手頃なお土産で、日持ちもいいためお土産としては非常に高い人気を誇っています。 「五月ヶ瀬 舟寄庵」の施設情報 施設名 五月ヶ瀬 舟寄庵 住所 福井県坂井市丸岡町舟寄9-1 電話番号 0776-67-5600 URL 自然の恵みと伝統の技術を生かした福井のお土産 福井県のお土産は古くから愛された息の長いものから、真新しい銘品など、どれも多彩でどれにしようか迷ってしまうものばかり。 あらかじめ品定めしてから購入することをおすすめします。 福井県の温泉旅行の帰りには、ぜひ素敵なお土産を選んでくださいね。 「福井県」の関連情報はこちら!.

次の