コロナ ネット カフェ。 コロナ調査、強制力の壁 島根県がネットカフェ店名公表・休業要請

ネットカフェで暮らす4000人、居場所はどこに?新型コロナ、東京都の住宅支援は500戸のみ

コロナ ネット カフェ

小池百合子東京都知事が4月6日、223億円の補正予算で取り組むことを発表した6つの支援策。 そのうちの1つが、新型コロナウイルスの影響による失業等に伴い住居を失った方への一時住宅等の提供だ。 小池知事は会見で「今回ウイルスの影響で失業される方が多数出ておられる。 住む場所も失ってしまう。 そういった方々に一時住宅等を提供する」と説明した。 ネットカフェが休業した場合に行き場を失う4000人も今回の事業の対象となるのかという質問には、「まさしくご質問にありましたようなところで、実は寝泊まりもされておられるという方々がいる。 こういった方々が仮の住まい、滞在できる場所を確保することを念頭に置いたものでございます」と回答している。 12億円という限られた予算で都はどこまで対応することを想定しているのだろうか。 都の福祉健康局の担当者は、すでに確保している100戸にプラスして400戸確保し、合計で500戸の一時住宅を用意すると語る。 都はこうした一時住宅の確保を急ぎ対応しており、これまでの取り組みの中で連携してきた先や都営住宅の空室などを活用する方向で進めているという。 だが、「まだ契約には至っていない」と担当者は取材に明かした。 東京都では「合計500室確保できるまでは、一旦ビジネスホテルを借り上げる形で対応を予定」しており、「現在、新宿区のビジネスホテル借り上げのめどが立っている」という。 路上生活者の支援団体は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、仕事と住まいを失う人が今後増えると警鐘を鳴らす。 そんな中、確保を予定している500戸だけでは、行き場を失うことが予想される4000人に対しても支援の受け皿が足りない状況だ。 都の担当者も「昨日の会見で発表された補正予算でできる対応では足りない。 足りない部分は増やさざるを得ない」と認めている。 支援受けるため、収入減少の証明も? 一般社団法人つくろい東京ファンドの代表で、路上生活者の支援を続ける稲葉剛さんが指摘するのは、「東京都の住居喪失者への聞き取り調査でも、ネットカフェ以外に寝泊まりをしている場所として『路上』をあげている人は4割以上いる」という実態だ。 そのため、「両者を別々の枠組みで支援するのは非合理的」だと語る。 「支援策が従来の住居喪失者対策(東京チャレンジネット事業)の枠組みを踏襲しているため、都内に6ヶ月居住などの要件を満たすことができず、実質的に利用できない人が続出してしまう危険性があります」 「従来の枠組みに固執するのではなく、住まいに困っている人全般が活用できる対策にしてほしいと思います」 ネットカフェが休業した際、行き場を失う人を減らすために一般社団法人つくろい東京ファンドが他の支援団体とともに作る東京アンブレラ基金では、緊急宿泊支援費用を従来の「一泊3000円」から、ビジネスホテル利用を前提とした「一泊6000円」まで。 公的支援が追いつかない中で、路上生活者支援の現場では、新たな取り組みが始まっている。 4000戸確保しても「全然足りない」.

次の

新型コロナ対策で中国の新たな指針、カラオケやネットカフェは2時間まで―中国メディア(2020年6月24日)|BIGLOBEニュース

コロナ ネット カフェ

【コロナ影響】行き場なくしたネカフェ難民、所持金30円で「どう生きれば」 行政側は支援に乗り出すが、実態をつかみ切れていない。 は東京都だけで約4千人といわれるが、担当者は「あくまで推計値で実数は不明」と話す。 の感染拡大による緊急事態宣言でネットカフェが休業対象となり、そこで寝泊まりしていた、いわゆる「 」が行き場を失っている。 行政側は宿泊施設を無償提供するなどの支援に乗り 21日正午、福岡市博多区の美野島公園。 NPO法人「美野島めぐみの家」が週1回開く炊き出しに、約40人の路上生活者(ホームレス)が列を作った。 ネットカフェ難民だという50代男性も並んでいた。 この日のメニューはハムカツやフライドポテトが入った手作り弁当に、菓子パンとバナナ。 男性は「3日間何も食べていない」と、ありがたそうに受け取った。 ネットカフェが軒並み休業した今月中旬以降、男性は市内で路上生活を余儀なくされている。 日中はハローワークで仕事を探し、その後は市内の公園を回って時間をつぶす。 入浴は週に1度、ネットカフェで知り合った知人宅で済ませている。 寝床は雨風が防げる高架橋の下や地下鉄入り口の階段。 「体中が痛いし、寒くてよく眠れない」。 疲れた様子だった。 福岡県内出身で、高校卒業後はブライダル会社で正社員として働いていた。 30歳で離婚して妻、娘2人と別れ、市内のレジャー用品販売会社に転職。 1年しか続かず、その後は原発や建設現場の作業員として全国を転々とした。 2012年ごろから市内で派遣の仕事に就き、その頃からネットカフェで寝泊まりする生活を続けてきた。 月に17万円ほどは稼いでいたが、新型コロナの影響で2月以降は仕事が激減した。 この日、所持金はわずか30円。 「これからどうして生きていけば良いのか」と深いため息をついた。 担当者は「あくまで推計値で実数は不明」。 福岡市も休業要請前に市内の店舗に宿泊客の状況を聞いたが「店側からは『数人程度』との回答だった。 実態はよく分からない」という。 東京都や大阪府、神奈川県はビジネスホテルや民泊のマンションを借り上げて無償・有償で提供したり、公共施設を無料開放したりするなどの支援策に乗り出す。 福岡県も公共施設を1泊1700円で提供。 福岡市は自立支援施設への入居を案内している。 ただ男性は、こうした施設への入居に二の足を踏む。 行政側から生活保護を勧められると思うからだ。 「生活保護を申請すれば娘に連絡が行き、ホームレスなのが知られてしまう」。 もし新型コロナに感染すれば重篤化が懸念される糖尿病も抱える。 感染を恐れて人けのない場所でひっそりと過ごしながら、政府の現金給付に望みをつなぐ。 「10万円でアパートを借りて生活を立て直したい。 だんだん気力もなくなってきた。 一刻も早く欲しい」 バイトしたら?と言っても住居もないし身なりも整えられない…となると、まず何故そこまで堕ちたんだろうと思う。 所持金30円じゃコロナ関係なく行き場ないだろ。 日雇い日暮らしクン? 色々事情あるんだろうけど、日雇いの日当をパチンコ屋ですぐ溶かすヤツが知り合いにいた。 金稼ぐことを舐めてるただのアホ。 それに加えて借金。 それで困ったからすぐ生保受けようとか言うやつまじで気に食わない。 現代のニューディール政策取りなよ 家も借りれない賃金で働かされてるのかそれとも土地に家がないのか、まぁどの道狭い一か所に集まるのが悪いとしか と言うか住所ないのにどうやって就職したんだ前はあったのか? 自己責任とか言ってるやつ自分が困った時に助けてもらう口実を自分で潰すとかほんと頭悪い。 病気になったらそこが俺の寿命だ」って 住所持たなきゃ借金もバックレられるんだってさ 督促状来ないから 多分行政サービス勧めても無駄に終わるよねコレ 4000人?万単位いるだろ? mahirokisaragi 世の中住み込みバイト先も出てると思うけど。 ハローワークには出てないのかな? ネットなくて確認出来ないならせめて相談しなきゃ。 うーん。 私も、これからどう生きれば、ではなくて、今までどう生きてきたのか、が大事なのでは?と思った。 しかし、会社が、休業要請により、仕事をストップさせてしまい、従業員の収入が0になり、ネットカフェ難民になりたくなくてもならざるをえない人が生まれているんだよなあ。 そもそも所持金30円でネットカフェには行けない…時間延長しまくって踏み倒す気だったのか? ま、まけた… 赤ちゃんが最初にあげる産声のように、支援される人はここにいるよ!ってことを伝えないといけない。 行政も支援はしているが対応は自治体によってバラバラなので早さも違う。 まずは困っている人はわかりやすくてインパクトがある場所(国会議事堂前など)に集まって声をあげよう。 四千人、マスクもなく、コロナ感染を防ぐ手立てもなく感染して、感染させないようにする手立てもない。 感染拡大。 医療崩壊。 こう言う危機感がある。 とにかく死に物狂いで仕事探して日雇いだったり人があまりしたがらないような仕事でもいいから食いつないで頑張りましょ! 冗談でしょ?とか言ってる人たくさんいるけど、所持金は多少あっても残高マイナスな人死ぬほどいるのよ😊ツラい 自業自得で溢れてると思ったら案の定 ウーバー配達員やれよ。 皆んなこじきに毛がはえたような連中だぞ 働かないの? こんな人生は絶対歩みたくない 記事読むと、この50代男性は娘居て娘に連絡が行く事が嫌だと言ってる。 身寄りが居ないとか娘が拒否したなら同情したけど、娘が拒否する前に男が拒否している。 可哀想って感じに思えないのは、所持金30円でもワガママ言ってるように思えるからか…。 東京から出ればいくらでも仕事はあるんだけどなー …貯金とかしてなかったのかなぁ。 結構いい年だけど。 4000人もいるんですね😰 読んだ。 頑張って働いてきた人が派遣になってしまったいろいろな背景があるのに死ねばいいとか言うの辞めようね。 お風呂も入れず路上生活してる状態では日雇いで雇ってくれないと思うぞ。 プライド捨てるか命捨てるか 逆に考えれば、コロナ感染拡大がこういう状況の人が沢山いるというのを開示したとも言える… こういう深い根っこの部分まで丁寧かつ完全に補償しない限り、コロナが収束しても結局同じ事が繰り返されると思う 無知で申し訳ないのですがなんでネカフェ難民が存在するのでしょうか?? 働けばいいのでは? なんでリプ欄はこんなに貧困層に厳しいんだ? 「生活保護でじゅうぶん」って言ってる人は、捕捉率 貧困層のうち利用できている割合 が高くないことを考慮してない。 自己責任論を振りかざす人は、想像力が欠如してる。 全ての人が「努力したら報われる」わけじゃないのに。 こうゆう方たちのニュースで批判する人いるけど、もし自分がその状況の立場になったらどうか?を、考えて発言したほうがいいと思う。 金を配るんや。 早く、もっと早く! このニュースこそ、ドイツでは〜アメリカでは〜って比較してくれよ。 向こうにもホームレスいっぱい居るだろ。 日本の10倍以上いるんじゃないの? 4000………… この人は、安いプライドの為に自らの首を絞めてるだけでしょ? ただの甘えでは? 行政はこんな人に時間や税金を使ってないで、休業で収入が減っているお店の為に本腰入れて欲しい。 救ってくれるシステムはあるのに家族に知られたくないから受けないってどうしようも無いだろ。 意外といんのね 一刻も早く現金支給をした方がいいのでは??このような人が大勢生活保護の申請をした場合、毎月何万も税金から支給され結果的には多くのお金がかかると思う😱 バッシュ買いなさい え?生活保護受けられないの?? 地方の空き家解放してもいいから限界集落とかで生活してくれ 人工不足がやばいんじゃ 生きようとしてるなら悟れよ ネカフェ利用するだけで5~7万円の出費だし、 それに食費 携帯 交通費で大体10万としてもつき17万稼いでたらどうにかなると思うが…。 少なくとも記事のネットカフェ難民はお金の使い方が下手なだけなのでは…? 家無しでも求職支援してくれるサイトもすぐ見つかるし。 うまい棒 日本全体明日は我が身になりかねん… 自分で選んだ道やろ 下支えに力を入れてくれる政治家を国会に送り込まないからこうなるのだ。 選挙で投票しないから、生活が苦しくなるんだよ。 今の生活が苦しいのは誰が作り出した政策なのかを考えてみてほしい。 そして、誰が国会議員になれば生活を安定させてくれるのかも考えてみてほしい。 選挙は生活と直結する。 人間は衣食住に強い不安があれば、普通の人でもその絶望感で生きる気力もなくやる気もなく思考停止する。 その状況になれば誰でも、ただ野垂れ死にしてしまうリスクもある。 こういう人は自分から助けを求めたり、自分で支援先を探したりできない状況なので問題。 がんばりんこ 日雇いバイトしながら気楽に漫画喫茶で生活はすごく楽だから抜け出せないのは分かる 今回コロナって理由あるけどこの人たちは工場バイトとかだからこれから来る予定だったGW自体も所持金なくなって辛くなってたと思うけど 自分で調べて自立支援センターとか活用しないでよく被害者みたいにしてるよな 早く、10万円を給付して。 あれ、ネカフェ難民のために宿泊所用意してるんじゃなかったんですか…? 自販機の下から100円見つけたら一気に所持金が4倍越えますね 給料17万円も稼いで、しかも、東京より家賃が安い地方で、ネカフェ難民は流石に意味が分からないな。 もっと低い給料でも、アパート借りてる人はいくらでもいるでしょうに。 。oO ただのアホやん。 選択肢はいっぱいあるはずなのに既に希望や気力もないせいで片っ端から否定する。 立て直せないよ ネカフェ難民なのに所持金30円っておかしくない?ネカフェが使えなくて泊まるところがないって話じゃないの? 流石に政府に何の問題もないでしょ 所持金30円もあればうまい棒が3本も買えるよ! こちらの方策をお使い下さい。 ホームレスの原因はわからないけど… なんか 切ない。 昔ならインタビュアーがインタビューの末に、「せめてこれでも…」と上着を脱いで渡すようなショートドラマがあったかもだけど、今は「そうですか…頑張ってくださいね」と声をかけて立ち去るだけなのが容易にイメージできる。 (どうでもいいイメージ) 夏なら公園でも良いのにな。 あめ玉飲んだら逝けるかな。 ってつぶやく人いてネカフェ難民なのかなと。 実家帰って親に頭下げなさい。 こんな人生は送りたくないな なんでネットカフェ難民なんて身分を造り出す?彼らは路上生活者と同じ。 売春を援交と言い換えたり、何の思惑が働くのか 家庭ゴミの収集大変らしいから雇ってもらえるのでは? 住み込みで仕事探そうと思えばまだあるでしょ。 探す努力をまずしようよ。 どうせ光熱費気にせず好きなだけネットや漫画読み放題だからとかくだらない理由で選んだ人が殆どなんだろうな。 税金収めてないだろうし、、、都内でも家賃3万台で住めるとこあるぞ。 このまま経済止めたら、明日は我が身やで いつ誰がこの状態に転落してもおかしくない 創価学会、幸福の科学など大きな集会所をいくつも保有してる宗教法人は一時的でいいから施設開けてこういう人達を受け入れてあげられないのだろうか? どうしようもないな。 後悔するしかない いつまでも甘えてないで働けよ 今までなんも対策しようとしなかったくせに何言ってんだ。 頼むからこんな奴に税金使わないでくれ。 捨てていいよ ネカフェ難民と言われる人達はなぜ住み込みで働ける場所に行かないのでしょうか。 税金等を納めていないとなれば尚更。 よくわからんから知ったクチは叩けないけどさあ 住所がないから仕事がないのか? 月に17万円稼いでいたのになんでネットカフェで寝泊まりしていたんだろう 全国を転々としていたってなってるけど田舎ならなんとかなっていたと思うけど 働けよ!今ならもれなく地方コンビニなら仕事あるよ 笑 つかさ、ネカフェに居る事自体が無駄遣いしてんじゃん! 甘えだな! 生保受けたら余計仕事しなそう! 仕事探す、生活保護受けるしかないな 所持金30円なんかどうでもいい情報だ 知らんがな ネコカフェ難民に見えた 生活保護、緊急小口資金、総合支援基金、住宅確保給付金などの制度が利用可能かと思います。 役所、社会福祉協議会、ハローワークへの問い合わせをしましょう。 仕事探そうね でっかいうんこがでました このような人生送りたくない。 コロナの恐ろしさといい、いろいろな事を痛感させられる1年だ オランダのサッカーリーグが今季打ち切りを正式発表 昇降格はなし - ライブドアニュースオランダサッカー協会(KNVB)は24日、エールディヴィジ(1部)とエールステ・ディヴィジ(2部)の2019-20シーズン打ち切りを発表した。 オランダでは 感染拡大の影響で、政府が21日にプロスポ 号泣必至のラストも放送!今夜『ワイルド・スピード SKY MISSION』吹き替え声優は? - ライブドアニュース人気カーアクション映画シリーズの第7弾『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)が、今夜25日21時から(一部地域を除く)フジテレビ系・土曜プレミアムで放送される。 シリーズや作品などの情報を含めて、吹き 1人足りなくね これ、最後泣くなやつや この前やったときクソ編集されてなかったところ今回はあるみたいだからありがたい 偽Made in Taiwanマスク、日本で流通? 台湾は輸出否定「人助けはするが商売はしない」 - ライブドアニュース【警鐘】偽の「Made in Taiwan」マスクが日本で流通か 台湾当局は「現在台湾は困っている国々に寄付を行っているが、販売しているという事実は決して無い」とし、日本市場に出回っている「Made in Taiwanマスク」は全て偽物だとみなして欲しい、と述べた。 緑蛙の仕業かもしれん。 まぁ元々イメージ最悪だから恐れる必要がないのだろうが。 自粛後も混雑続くニトリ 休業求める声も「従業員はボロボロです」 - ライブドアニュース【訴え相次ぐ】ニトリ店員「休業」求めるSOS 混雑続き「年末並み」 ニトリ側は、様々な声が上がっていることは承知しているが、事実確認中であり、現時点で「回答できる状況ではない」と説明。 感染防止対策などは行っていると強調した。 何で今ニトリに行く? 家具がコロナに効くわけじゃないだろ 暇の潰し方がわからないのだろう・・・ 開いてるとこに、とりあえず行くスタイルやめろ FBが最大50人が参加できるビデオ通話サービスを発表 Zoomに対抗 - ライブドアニュース【Zoomに対抗】Facebook、最大50人のビデオ通話サービス「Messenger Rooms」発表 Zoomの無料サービスは最大100人が40分間利用できるのに対し、FBは利用時間に制限を設けていない。 コロナを契機にZoomが急速に普及しているが、このFacebookのMessengerやSkype、LINEなど通話サービスはもともと各種あるため、話題性に囚われず各種試すことをお勧めする。 利便性が悪いので遠慮しますね。 今どき、Facebookしてる奴なんてそもそもいませんよ! どうせまたセキュリティ問題が多発するんだろ 家飲み後の運転事故が急増 外出自粛の影響か 福島署1~3月 - ライブドアニュース福島県警福島署は23日、今年1~3月に同署管内で発生した飲酒運転による交通事故10件のうち、7件が自宅での飲酒後だったと発表した。 昨年同時期は7件のうち1件で大幅に増えた。 外出自粛してねーじゃん。 家から出てくんなよ。 運転すんな。

次の

テレワーク可能なネットカフェのオススメ店は?コロナ対策をしているお店はここ!

コロナ ネット カフェ

東京都は支援団体の要請に応じ、ビジネスホテルを借り上げて提供したが、当初は500室分しかなかった。 量が絶対的に不足していた上、広報や周知の努力が十分ではなかったことも指摘されている。 しかし自治体にとっては、良好な生活環境を提供する支援をすぐに開始できる可能性につながる。 「劣悪な施設しかないけれど、とりあえずそこでガマンしてください」と言う必要はなくなるのだ。 とはいえ、制度の活用実態は、各自治体によって大きく異なる。 ネットカフェにいられなくなった「ネットカフェ難民」が公的支援を得る場合、東京都の「チャレンジネット」、各自治体の生活困窮者自立支援制度の窓口、同じく生活保護制度の窓口のいずれかを訪れることとなる。 各自治体に委ねられている2つの制度に関しては、自治体の姿勢が運命を大きく左右することになる。 東京都内のZ市にいた人々は、おそらく幸運だった。 Z市のA福祉事務所では、4月16日から6月9日までの間に、住居喪失者からの約30件の生活保護申請を受け付けている。 昨年の同時期と比べると、相談や申請は「体感で約1. 5倍程度」ということだ。 約30件のうち約20件の人々は、都が借り上げたビジネスホテルに滞在しつつ、生活保護を利用し始めた。 そのうち半数は、現在もホテルに滞在している。 ホテルを去った人々のほとんどは、生活保護のもとでアパートに入居したり、本人に適した施設に入所したりしている。 係長のYさん(仮名)は、次のように語る。 「住居喪失というよりも、仕事をなくされたわけです。 新型コロナで仕事がなくなり、もともと居たネットカフェなどに居られなくなったわけです」 認識は、「事実として、災害による被災者」という感じだ。 非常事態にあたって現れた 日常の心がけ Z市としては、「特別な対応をした」という意識はないようだ。 新型コロナに関しては、「あまり気にしていなかった」ということだ。 とはいえ、対応はされている。 「ご本人さまの健康状態は、検温したり、口頭でお訊ねしたりするなどの方法で、確認しました。 福祉事務所の近くの内科病院で、一緒に診察を受けていただいた方も何人かおられます」(Y係長) 福祉事務所職員の誰かが付き添えば、その間、多忙な業務が中断される。 それでもそうした理由は? 「ご本人が、『病院に行ってきてください』と言われてできる方ならいいのですが、そういう方ばかりではありません。 1人での行動は、難しい方もいらっしゃいます」(Y係長) 緊急事態宣言以前は、それでもなんとかネットカフェなどで毎日を過ごしていた人々だ。 しかし、コロナ禍は「なんとか」や「ギリギリ」を困難にした。 「都の借り上げたビジネスホテルがあることをご存じで来られた方も、いらっしゃいました。 すると、ご本人の意思を尊重して、ビジネスホテルを前提として考えることになります」(Y係長) ちなみに、Z市に用意されたビジネスホテルは、全国展開しているホテルチェーンの1施設だ。 廉価で設備もサービスも簡素だが、安全や衛生には十分以上の配慮がなされており、筆者も地方出張の際には愛用している。 「ビジネスホテルに入られた方の感想は『非常によい』ということで、安心できました。 この点は、東京都に感謝しています。 私たちが『ここ、良いでしょう?』とお勧めできる、安定したレベルのホテルを提供してくださいました」(Y係長) 厳しい状況に置かれている人だからこそ、落ち着いて快適に過ごせる場所を必要としているはずだ。 さらに、ホテル従業員の対応も、極めて好ましいものであったようだ。 「住居喪失されて生活保護でホテル住まいされた方々と、一般のお客様とで、まったく差別がなかったと聞いています。 差別はなくなればいいと思いますが、当事者でなくては本当のところは分からないでしょう」(Y係長) 自分の記憶に照らして、激しく頷く。 筆者は車椅子を利用する障害者だが、そのホテルチェーンで障害者差別らしき扱いを受けた記憶はない。 「この人を救うにはどこがいい?」 その日のうちに迫られる判断 とはいえ、福祉事務所で自分の希望を臆せずに述べられる人々ばかりではない。 意思表示に何らかのハンデを負っている人々もいる。 「福祉事務所からホテルまで、ご自分自身で行くことが難しそうな方もいらっしゃいます。 すると、その選択肢を考える必要があります。 シングルルームでお1人になることに、不安を抱える方もいらっしゃいます。 ホテルが良いとは限らないのですよね」(Y係長) ともあれ、その人はすでに住居を喪失してしまっている。 今晩どこで寝泊まりするのか、その日のうちに判断し、そこで寝泊まりできる状況を整えなくてはならない。 「宿泊施設の判断は、苦労したところです。 お住まいを失われた事情も、コミュニケーション能力も、身体状態の自覚も、いろいろです。 それを探りながら見極めながら、今晩どこにいていただくかを考えながら、対応していました」(Y係長) 外野から見れば、生活環境の面では、ホテルが最良の選択肢であるはずだ。 しかし、その人にとって最良とは限らない。 「基本、制度については知識がなく、『住むところがないから助けてほしい』と言って来られるわけです。 ホテルを提示して入っていただければいいのですが、専門性の高い支援が必要な場合もありました。 DVで他県から逃げてきたお母さんとお子さんもいます。 すると『母子施設へ』ということになります」(Y係長) コロナ禍は、施設や無料定額宿泊所にも押し寄せている。 ソーシャルディスタンス維持のため、定員を減らしたり新規受け入れを停止したりする対応も行われている。 「業務的には、厳しいものがありました。 それぞれの方々の状態や希望をうかがいながら、提供できるメニューを並べるのは、いつもと同じです。 しかし、そのメニューが限られているわけです。 施設も宿泊所も空きがない中で、目の前の方にどうしていただけばよいのか……」(Y係長) このような状況で、都のホテル借り上げと提供が行われ、「助かった」ということだ。 自治体によって 明暗が分かれていいのか 東京都のビジネスホテル借り上げと、住居喪失者への提供に関する報道では、「利用できなかった」「追い出された」というものが目立つ。 心身の健康を損ねそうな施設を「ここしかありません」と紹介した事例も、不正確な情報を提供して実質的に退去させてしまった事例もある。 その中でも、約100人を路上に押し戻してしまった新宿区の事例は、広く報道されている。 5月下旬時点で、都は6月7日までビジネスホテルを提供する予定としていた。 ところが新宿区は、滞在していた人々に対して「5月31日まで(チェックアウトは6月1日)」という情報を伝えた。 6月1日は月曜日なので、チェックアウトしたその足で福祉事務所を訪れれば、適切な支援につながることができたはずである。 しかし実際には、約90人が所在不明になり、支援されない状況となった。 この問題を追求した支援団体などは、区の対応を「意図的」としている。 6月9日、新宿区長名で謝罪文が公表され、利用できたはずのビジネスホテル費用の補償や引き続きの支援を行う方針が示された。 ひとまずの決着は見られたものの、行政や公的支援に不信感や不安を抱いてしまった人々のその後の支援が困難になりがちであることを含めて、今後の課題は大きい。 新宿区が残した大きな課題 他の自治体から学び続ける大切さ 新宿区の事例を話題にすると、Y係長は「コロナは関係ありません」と答えた。 「相談にきた方のお話を聞いて、どうするか。 お困りのことに、ご本人がどうされたいか。 私たちは、役所としてできることを提示します。 ケースワーカーたちも、『ふつう』『ふだんと同じ』『件数多かったけど』と言っています」(Y係長) しかしながら、自治体による温度差が激しい事実はある。 特に生活保護においては、「生きられる」「生きられない」に関わるほどの差異がある。 「それは、申請に来た方の運不運では困ります。 自治体による良し悪しの差があっては困ります」(Y係長) もちろん、公的制度は全国どこでも公平でなくてはならないタテマエだ。 しかしそれは、生活保護を含め、公的福祉を「低きに合わせる」という方向で活用されてきた、強力なエンジンでもある。 「自分が当事者だったら、どうなのか。 考えていただきたいですね。 各自治体の噂は、見習ったり反面教師にしたりしています。 私たちも、緊張感を持って取り組み続けなくてはと思っています」(Y係長) この態度が、日本のあらゆる自治体の当たり前であることは、多くの人々の共通の希望だろう。 (フリーランス・ライター みわよしこ).

次の