ドコモ光 移転。 ドコモ光の評判がヤバイ!契約してわかった全情報【2020年7月】

ドコモ光の引っ越し手続き(移転住所変更)と工事費について

ドコモ光 移転

ドコモ光+プロバイダ公式から申し込みで 最大20,000円キャッシュバックでおすすめ!• > 読了時間:約 2 分 ここでは現在ドコモ光を利用しており引越し先でも引き続きドコモ光でインターネットに接続したい方向けに、 移転手続きあるいは再契約の方法をお伝えします。 結論だけ言ってしまえば、最もおすすめとなるのはWebを利用しての移転手続きです。 対して再契約は引っ越し先では契約プロバイダを変更したい場合、あるいは違約金も発生せずキャッシュバックキャンペーンでお得になる場合に限りおすすめです。 ドコモ光を引越し先で利用するには当然ながら引越し先(移転先)がドコモ光を利用できるエリアである事が前提となります。 移転手続きと再契約の手順はもちろん、費用やお得なキャンペーン情報も合わせてご紹介しています。 ドコモ光:移転と再契約の主な違い• 【移転】 手続きが簡単だがある程度費用がかかる• 【再契約】 解約が必要だが新規キャンペーンで費用を抑えられる 現在契約しているドコモ光を引越しっ先でも引き続き利用したい場合、「移転」もしくは「再契約」のどちらかの手続きを行う必要があります。 面倒な手間をかけたくない場合、移転手続きと再契約では 移転手続きの方が簡単でおすすめです。 再契約の場合まず解約をしなくてはなりませんし、申し込み窓口が一つでない場合があり、あちこち連絡を入れるのに手間がかかるからです。 一方で、再契約はプロバイダを変えて現在のドコモ光の月々支払い料金や速度を見直したい場合におすすめです。 また、再契約では条件さえ合えば現金のキャッシュバックによりちょっとしたお小遣いを稼ぐことが可能な場合もあります。 移転と再契約の違いについては下記からより詳しくご紹介していきます。 Web申し込みの場合はフォーム入力後に「ドコモ光 引越しWeb手続きセンター」から連絡が来ますので、その際お引越し(移転)先住所や工事日の確認を行います。 店頭または電話の場合基本的には申し込みと同時に工事希望日を決めますが、工事2日前までであれば後から変更する事も可能です。 工事日を変更する際は工事2日前の午後8時までにドコモ光サービスセンターまでに連絡が必要となりますので注意しましょう。 なお、店頭または電話での申し込みの場合は、さらに ネットワーク暗証番や口頭などで本人確認を求められます。 おすすめはWeb申し込み 画像引用元: 特段の理由が無ければ、店頭・電話を利用するよりも Webから申し込むのがおすすめです。 Web申し込みは下記のようなメリットがあります。 24時間受付なので自分の好きな時間に申し込み可能• Web申し込み限定で5,000dポイント(期間・用途限定)が還元される 一律5,000dポイントですので事務手数料や工事料をすべて補てんというわけには行きませんが、 Web限定となっている点は見逃せません。 ちなみに店頭申し込みは全国のドコモショップ、電話申し込みは「ドコモインフォメーションセンター」を通じての手続きとなります。 ドコモ光の撤去工事手順• 無派遣工事:NTTより自宅に箱が届くのでレンタル機器を返却• 派遣工事:担当者が家を訪れ撤去工事を行う 申し込みを完了して数日以内に、工事の担当者から電話連絡が入りいよいよ正式な工事日が決定されます。 ドコモ光の撤去工事は 「無派遣工事」と「派遣工事」に分かれています。 光回線の撤去が特に必要とならない「無派遣工事」は基本的にレンタル機器の返却だけで終了となります。 申し込み後にレンタル機器返却用の箱が自宅に届きますので、添付されている書類をよく確認しスムーズに返却を行いましょう。 一方「派遣工事」の場合は担当者が自宅に訪れるためレンタル機器の返却などもその際に行います。 どちらにしても特に難しい事はありませんが、 「派遣工事」の場合基本的に立会いが必要となるため注意しておきましょう。 STEP3:引っ越し先でドコモ光の開通工事 ドコモ光の開通工事にも2種類の方法があります。 ドコモ光の開通工事手順• 無派遣工事:NTTから届いたレンタル機器などを自身で接続・設定• 派遣工事:担当者が家を訪れ開通工事を行う 事前に決めていた日程で引越し先での開通工事が行われます。 引越し先の工事も 「無派遣工事」と「派遣工事」に分かれています。 「無派遣工事」の場合は自宅に届いた機器などを自身で設置・設定する必要があります。 不明な点がある場合は先にご紹介した「ドコモ光サービスセンター」などに問い合わせると良いでしょう。 「派遣工事」は接続なども行ってもらえる場合がありますが、撤去工事と同じく 立会いが必要となります。 STEP4:ルーター設置とパソコン・スマホの設定 画像引用元: ルーター・パソコン・プロバイダなどの接続・設定は基本的に自分で行います。 この時、必要書類の通知で送付されてきた 「開通のご案内」の中にある接続設定ガイドが必要となります。 パソコン・スマホで設定方法は異なりますが、基本的には「開通のご案内」に記載されている通り以下のように設定すれば問題ないはずです。 装置の確認• 機器の接続確認• Wi-Fiの接続• プロバイダ情報の入力 利用開始がされたら、引越し先に申込書の控えが送付されてきますのでそちらも確認しておきましょう。 このうち移転事務手数料はドコモ光移転の際に一律で請求されるものです。 初期工事料残高・追加工事料は年末年始や土日祝日に工事をする際にかかる費用ですので、平日に工事を行えば払う必要はありません。 ただし移転工事料だけは 工事内容によって金額が異なるため注意が必要です。 移転工事料 移転工事料の金額は移転先の工事内容によって異なります。 代表的な場合は、下記の通りです。 ドコモ光移転工事料 戸建てタイプ エリア内 9,000円 税別 エリア外 18,000円 税別 マンションタイプ エリア内 7,500円 税別 エリア外 15,000円 税別 ちなみに引越し先に光コンセントがあり、ドコモ光側が「派遣工事なし」で可能と判断した場合 一律2,000円 税別 の移転工事料となります。 戸建タイプ・マンションタイプ・エリア内外に関わらず、2,000円となりますが自分自身で光コンセントにモデムを繋げる必要があります。 「派遣工事なし」の場合はもちろん立ち合いも必要ありません。 請求は工事完了の翌月 ドコモ光の移転事務手数料・移転工事料等は原則、 工事完了日の翌月にご利用料金とあわせて請求されます。 移転後は移転事務手数料・移転工事料の分、支払いが多くなる点には注意が必要です。 移転向けのキャンペーンは再契約・乗り換えと比較してあまり多くありませんが、先にご紹介したweb申し込みならポイント還元で負担を減らす事ができます。 ドコモ光のおすすめのプロバイダ2選| 最大2万円キャッシュバック・V6プラス対応!• ドコモ光の引越し|再契約手順・費用 ドコモ光を再契約するためにはまず解約を行わなくてはなりませんし、手順なども当然移転手続きとは異なります。 ここではドコモ光の再契約手順と費用について確認しておきましょう。 ドコモ光の再契約手順 ドコモ光の再契約は以下のような流れで行います。 ドコモ光の解約• 転居先でのドコモ光新規契約申し込み• 開通工事日の連絡• 必要書類の通知• 開通工事実施• 接続・設定• 移転先での利用開始 このうち特に「移転」と大きく異なるのは一度「ドコモ光の解約」を行う必要がある事でしょう。 「プロバイダがセットなったプラン」でドコモ光を契約していた場合は、基本的にドコモ光の解約と同時に プロバイダ契約も自動解約となります。 一方で「単独プラン」を契約の場合、プロバイダの解約は各プロバイダに直接解約の申し込みが必要です。 ただし、「単独プラン」でドコモ光と提携外のプロバイダを契約するとなると基本的に月の支払い料金は割高となります。 そのため、余程のことがない限り「単独プラン」でドコモ光を申し込んでいる方は少ないと思われます。 どちらにしても提携のプロバイダの契約の扱いについては事前に契約書類等で確認すること、またはドコモ光の解約申し込み時に担当者に確認を取ることをおすすめします。 レンタル機器返却あるいは撤去工事は基本的に移転手続きと同様の手順で行われます。 ドコモ光の再契約費用 再契約の必要経費は、主に下記の4点です。 その代わり契約更新月(2ヶ月間)以外で解約すると下記の通りの違約金を支払わなくてはなりません。 違約金がかからない 契約満了月の当月・翌月・翌々月に引越しのタイミングを合わせるようにすると良いでしょう。 一方、プロバイダの解約金はドコモ光の提携プロバイダであれば基本的に違約金はかかりません。 しかし、「単独タイプ」で独自にプロバイダ契約をされていた方はプロバイダの規約によっては違約金が発生する場合があります。 気になる場合はドコモ光の契約書類を見直すか、解約の申し込み時に担当者に確認を取ることをおすすめします。 そのほか解約時に初期工事料の分割払いが残っている場合、解約金ととも残高が一括請求されますし、新規契約の契約事務手数料も必要となります。 また、移転費用と同様に条件によっては追加工事料や以下のような新規工事料も必要となるため全体的な費用は移転よりも高額となる可能性があるでしょう。 この 2つのキャンペーンは併用可能ですので、うまく活用すれば新規契約時の負担を大幅に減らす事ができるはずです。 また申し込み窓口やプロバイダ選択いかんによっては、上記ドコモ光独自のキャンペーンと並行して現金やポイントによるキャッシュバックを行なっている場合があります。 もし、ドコモ光の違約金やプロバイダの解約金が発生しない場合、契約時の手数料を上回る現金・ポイントなどを入手できる可能性があるのです。 ドコモ光の引越し|再契約でおすすめのプロバイダ ドコモ光の再契約の際のタイプ別月額料金をまず確認しましょう。 ドコモ光 1G・10Gどちらでも「タイプA」の方が料金が安くおすすめですが、なるべくお得にしたいなら条件や申し込みの窓口まで含めて考える必要があります。 ここではドコモ光のプロバイダの中でも特におすすめとなる「 nifty」と「とくとくBB」、更に代理店サイトからの申し込みについてチェックしてみましょう。 キャッシュバックは申し込み・開通以外特に条件もなく、新規・事業者変更・転用で使えるのが魅力的。 通信速度はドコモ光の「最大1Gpbs」が利用できるとしていますが、これはあくまで最大値ですので実際は利用環境・混雑状況により異なるでしょう。 ただし niftyが「IPv6接続(IPoE方式)」に対応しているため、通信速度が極端に遅くなる可能性は低いはずです。 無料Wi-Fiは自身で選択する事はできませんが、どちらもv6プラスに対応しています。 また、リモートサポート・訪問サポートが1回ずつ無料となっているので、初めてインターネットを契約する方はもちろん、再契約手続きでも十分満足できるプロバイダとなっています。 更に、下記の公式サイトでは「 nifty with ドコモ光」としてプロバイダとセットで申し込めるようになっています。 手続きも楽になるのでぜひ利用してみてください。 GMOとくとくBB 画像引用元: GMOとくとくBBの概要 通信速度 下り:320. 95Mbps 上り:288. 実際にGMOとくとくBBのHP上では光回線の実測値が公表されており、2020年4月1日までの計測で 下り:320. 95Mbps・上り:288. 03Mbpsとなっています。 niftyの「最大1Gpbs」はあくまで最大値ですし、口コミサイトなどの評価を見てもとくとくBBの方が通信速度の面では高評価です。 また、v6プラスに対応しているのはもちろん、数種類から選べる質の高いWi-Fiルーター貸出が無料となっているのも見逃せません。 加入するサービスによってキャッシュバック額に差がありますし、特典の付与時期まで加入していないといけないのもデメリットとなります。 代理店サイトはどのプロバイダでも申し込む事が可能ですが、高額なキャッシュバックを実施しているなどメリットも多いものです。 例えばドコモ光の新規申し込み専用サイトである「ネットナビ」では最大20,000円のキャッシュバックはもちろん、ドコモ公式特典である5,000dポイント還元ももらえます。 ただし指定プロバイダなら無料Wi-Fiが貸し出されますし、 ドコモ光開通前のモバイルWi-Fi無料など独自サービスも展開しています。 特に申し込むプロバイダが決まっていない場合などは、キャッシュバック・サービスの充実した代理店サイトを利用してみてはいかがでしょうか。 ドコモ光の引越しとあわせてお得にする方法 ドコモ光はNTTドコモが提供するインターネットサービスです。 このため、特にドコモのスマホやdカード GOLDといったサービスを組み合わせる事でよりお得にする事ができます。 料金プラン/データ容量 ドコモ光セット割 税抜 5Gギガライト ギガライト 〜1GB - 〜3GB -500円 〜5GB -1,000円 〜7GB -1,000円 5Gギガホ 100GB -1,000円 ギガホ 30GB -1,000円 ドコモ光とドコモのスマホをセットで契約すると、家族全員のスマホの月額料金から永年1,000円 税抜 が割り引かれます。 例えば「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」なら ファミリー割引グループ内の回線数ごとに最大1,000円 税抜 が割り引かれるのです。 パケットが分け合えない「ギガホ」「ギガライト」が中心となった現在、「ドコモセット割」はドコモの月額料金を安くするための主要な割引となっています。 既にドコモを契約している方はもちろん、ドコモ光の申し込みを検討しているなら是非スマホとネットをまとめてみてはいかがでしょう。 毎月のドコモケータイおよび「ドコモ光」利用料金の10%ポイント還元• dカード GOLD登録の携帯電話番号 もしくはdアカウント が対象• 利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント還元 ドコモのクレジットカードである「dカード GOLD」には、dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)という唯一の特典が付帯しています。 dカード GOLD登録の携帯電話番号 もしくはdアカウント が対象となり、ドコモのスマホとドコモ光の料金で効率的にdポイントをためていく事ができます。 dカード GOLDはdカード特約店の利用でポイントアップやスマホ購入後3年間最大10万円までの保障がつくなど優れたクレジットカードとなっています。 ドコモのスマホとドコモ光を契約するならdカード GOLDを積極的に活用しましょう。 手間を少なくしたいなら移転を利用• 費用を抑えたいなら再契約がおすすめ• 移転でもWeb申し込みならdポイント還元• ドコモ光セット割でスマホ料金を安くできる• 移転は簡単ですがWeb申し込みでも少なからず費用が発生しますし、再契約は費用こそ抑えられるもののある程度の手間がかかります。 どちらにしてもメリット・デメリットがありますので、 自身の状況に合わせて最適な方法を選ぶようにしましょう。 本文中でご紹介した「ドコモ光セット割」や「dポイントクラブご優待」を使って契約後もお得にドコモ光を使っていけるようにしましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 今回は、ドコモ光セット割で携帯料金を最大4,257円安くする方法を解説します。 ドコモならドコモ光セット割で、携帯料金を最大4,257円安くできます。 本記事では、過去のシェアパックの情報も含めつつ、ドコモ光セット割で携帯料金を安くする方法を解説。 ドコモ光と […]• 引越しや契約満了を機にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えようと考えている方も多いのではないでしょうか。 提供しているキャリア 事業者 が異なる事もあり、ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際はいくつか注意しておかなくてはならないポイントがあります。 ここではソフ […]• ドコモが提供するドコモ光は他のインターネットサービスには無いメリットが多くあるのが魅力的。 ここでは「ドコモ光のすべて」と題して、ドコモ光の詳細を分かりやすくご紹介しています。 プロバイダや料金・通信速度など特に気になるポイントはもちろん、キャンペーンや問い合わせ先 […]• インターネットとスマートフォンをセットで利用するとお得になることが多いため、キャリアであわせて契約する人は少なくありません。 ドコモでは、「ドコモ光パック」というものがあり、長きに渡り人気の料金プランとして提供されています。 そこで今回は、ドコモ光パックとはどういう […]• ドコモをお得に利用するには、スマホとネットをセットで契約することや、カード […].

次の

ドコモ光の引っ越しは、移転と解約新規のどちらがいいのか

ドコモ光 移転

この場合は同一敷地内での移転工事を申請する必要がある為、最短でも工事まで一週間程度の期間が必要になります。 また、敷地が広く、新しい建物と古い建物の位置が数十メートルなど離れている場合には、光回線の業者側で現場の調査や設備設計等が必要になる場合が出てきます。 その場合は移転が完了するまで数週間以上はかかると考えておいたほうが無難です。 同じ敷地内での移転であっても、工事まで時間がかかる場合が非常に多いので、まずは光回線の移転の工事を完了させてから、取り壊しを依頼するという流れで手続きを進めることをお勧めします。 というのも、この光回線の移転の工事が完了する前に、取り壊しを始めてしまうと、取り壊し業者のほうで電柱から自宅まで伸びている光ファイバーを切らざるを得ない状況になってしまうからです。 そうした時に何の影響もなければいいのですが、光回線の移転の工事時期・工事費用などになんらかの影響を与えることは否定できません。 まずは先に光回線の移転を申込んで、それが完了してから取り壊しを始めるというのが基本だということを覚えておきましょう。 同一敷地内での移転の工事料金はどれぐらいかかるの 同一敷地内での移転の場合、工事料金は通常の移転の工事とまったく同じ料金がかかるか、もしくはそれ以上にかかる場合がほとんどです。 普通の番地が変わる移転であれば、工事料金を減額したり無料にしている光回線のサービスもありますが、番地が変わらない同一敷地内の移転の場合は、そういった割引もなく工事料金がかかる場合がほとんどです。 サービスによって工事料金は異なりますが、18,000円~30,000円前後は工事料金が発生するということは覚悟しておきましょう。 同一敷地内での移転で電話番号は変わる? 番地が変わらない移転であれば、電話番号が変わることはありません。 ただ、後ほど説明しますが、建て替えに伴って一時的に引越しをし光回線もその場所に移転させた場合は電話番号が変わってしまう場合もあります。 同一敷地内での移転後、設定はあらためて必要? 同一敷地内での移転後は、基本的に設定は必要ないことがほとんどです。 ただし、光回線の業者によっては移転時に端末を取り換える場合があります。 その場合は再設定が必要になりますので、業者側に機器を変更するのかしないのか確認を事前にしておきましょう。 同一敷地内での移転をお得にする方法はある? 先ほど説明したように、同一敷地内での移転は、通常の移転と同じように工事料金が発生してきます。 同一名義のまま解約して新規申込みをしても、新規扱いにはならない為、新規申込み独自のキャンペーンを受けることは出来ません。 また、事前に光回線の業者に連絡して「名義を変えれば新規申込みのキャンペーンは受けられるかどうか」の確認も忘れずに行うようにしましょう。 違約金が発生する場合がある• 電話番号が変わる• 建て替えの為に一時的に引越しをする場合の対応方法と注意点 建て替えの為に一時的に引越しをする場合の対応方法と注意点について、下記の項目ごとに説明をしていきます。 光回線の設備の取り扱い• 工事料金について• 電話番号の変更の有無• 設定等の有無• 建て替えに伴う引越しでお得に光回線を利用する方法 建て替えに伴い引越しをする場合の光回線の設備の取り扱いに関して 建て替えに伴って、新しい建物が完成するまで一時的に引越しをすることもあると思います。 そんな時に悩むのが光回線の取り扱い。 「光回線を今の住所で中断しておけばいいだけでしょ?」 そう思う方もいらっしゃると思いますが、光回線に関しては少し特殊な事情があります。 他のサービスだと利用を中断すれば料金も止まることが多いですが、光回線の場合は利用中断という手続きをとった場合、利用をしていないにも関わらず毎月の料金が発生し続けます。 その為、建て替えに伴って長期的に現在の住所を離れる場合には、光回線の移転手続きをされる方がほとんどです。 建て替えに伴い一時的に引越しをする場合の工事料金 建て替えに伴い一時的に光回線を移転させた場合、工事料金は二回発生します。 現住所から引越し先に光回線を移転する為の工事料金• 移転先から現住所に光回線を移転(戻す)為の工事料金 移転の工事料金を減額・もしくは無料にしている光回線のサービスならいいですが、そうではない場合は3万円~4万円程度の工事料金が発生することは覚悟しておきましょう。 建て替えに伴い一時的に引越しをする場合の電話番号の変更の有無 建て替えに伴い一時的に引越し(光回線も移転)する場合、電話番号はどこに引越しをするかで変わってしまうのかどうかが決まってきます。 基本的に同じ町内で引越しをする場合は変わらないことがほとんどですが、町や市をまたいで光回線を移転させると電話番号は変わってしまうことが多いです。 建て替えに伴う引越しで電話番号が変わってしまうケースで、どうしても電話番号を変えたくない場合は下記の2つの対応を取ることで変更しないということも可能です。 電話番号を抑えておく2つの方法• 光回線の一時中断の手続きを取り、移転させずに現地に残しておく• アナログの電話を現地で復活させ、そこに光電話から番号ポータビリティ、さらにアナログの電話を一時中断にしておく 1つ目の光回線を一時中断という状態にしておく場合、業者に連絡すれば利用中断という状態にしてくれます。 この方法はあくまでも一時的に利用を中断するという手続きになる為、電話番号をそのまま現地に残しておくことが出来ます。 ただし、この方法は毎月光回線の月額料金が発生し続けますので料金的なデメリットもあります。 2つ目のアナログの電話を復活させる方法ですが、これは要するに光回線そのものは引越し先に移転させるけれども、電話番号だけは現地にアナログの電話として残しておく方法です。 この方法は、もともとアナログの電話を利用していて途中で光電話に変えたという方しか取ることが出来ません。 また、この方法を取る場合はアナログの電話の料金(月1,700円程度)が毎月発生し続けます。 建て替えに伴い一時的に引越しをする場合は、この電話番号の扱いというところが大きなネックになることが多いです。 変更したくない場合は光回線の業者に事前に連絡をして相談しておきましょう。 固定電話の番号に関しては、利用をやめた段階でその番号は廃止され同じ番号は二度と取得が出来なくなります! 他のサイトで「電話加入権を持っていれば電話番号は保留できる」というようなことを書いているサイトがありますが、それは誤りです! 電話加入権を持っていようがいまいが、サービスの利用をやめてしまった場合に電話番号を保留しておくことは出来ません! 建て替えに伴う一時的な引越しで設定等を改めておこなう必要はあるのか 光回線を移転させた時に設定が必要かどうかは、機器が変わるかどうかによって違ってきます。 もともとインターネットの設定は光回線の事業者から提供されるルーターやホームゲートウェイに入れることが多い為、この機器が変わらなければ基本的に再設定は必要ありません。 ただ、光回線のサービスや移転先の設備によっては、移転時に機器の変更が必要になる場合も多くありますので、再設定は基本的に必要になると考えておいたほうがいいでしょう。 建て替えに伴う引越しでお得に光回線を利用する方法 建て替えに伴う引越しでお得に光回線を利用する方法としては、いったん光回線を解約して移転先で新規に申込みをすることです。 光回線にもよりますが、大手の光回線であれば、新規申込み限定で工事費無料やキャッシュバックキャンペーン等を行っているはずです。 それらを利用すると。 ただ、この方法を取る場合は、電話番号が変わってしまう・違約金が発生するなどのデメリットもあります。 光回線の乗換えを検討している方は建て替えと同時に光回線の見直しをしたほうがお得に この記事でここまで説明してきた通り、建て替えの場合には光回線の移設工事に高い工事料金が発生します。 その為、もしこれまでに光回線の乗換えを少しでも考えたことがある方は、建て替えを機会に光回線を乗り換えることをお勧めします。 今のサービスのまま移設工事を行っても、光回線を乗り換えてもどちらにしても高い工事料金がかかるのであれば、乗換えてしまって新規キャンペーンを色々と適用したほうがお得になるからです。 ドコモの携帯電話を利用している場合は携帯電話料金割引が発生するのはドコモ光だけですが、auの携帯電話を利用している場合には、auひかり・ビッグローブ光・So-net光・ nifty光の4つの光回線でauスマートバリューを適用できます。 その為、auユーザーの方でauスマートバリューを適用できる光回線同士で乗換えをする方はかなり多くいらっしゃいます。

次の

ドコモ光の引っ越しは、移転と解約新規のどちらがいいのか

ドコモ光 移転

ドコモ光が無派遣工事となる場合とは ドコモ光を契約する際に「工事業者が来るし立ち合いも面倒だから無派遣工事がいい!」と皆さん思いますよね。 しかし、ドコモ光を新規契約する場合には 無派遣工事にならない場合がほとんどです。 では、ドコモ光を契約した後に 「無派遣工事になる」場合は 以下の2パターンが考えられます。 フレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用した場合• 以前住んでいた人が 回線を残置している場合 上記の場合にはドコモ光の工事は無派遣工事になる可能性があります。 と言ってもよく解らない人が多いと思いますので、以下で詳しく解説してみたいと思います。 フレッツ光から転用した場合は無派遣工事 現在、 NTTフレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用する(乗り換える)場合には、開通工事をする必要がない為 「無派遣工事」となります。 言葉だけで説明しても解らない人が多いと思いますので、以下イラストを使って説明します。 フレッツ光を契約中なら既に回線はある 上記イラストのように、フレッツ光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 もし、 フレッツ光を契約中なら「光回線」は既に開通している状態です。 ドコモ光はフレッツ光の「光回線」を使う ドコモ光もフレッツ光と同様に「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 この ドコモ光で利用する「光回線」は フレッツ光で利用する「光回線」とまったく同じもので、NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」なのです。 その為、フレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用(乗り換え)するなら、既に「光回線」は開通している状態なので 工事をする必要がない無派遣工事となります。 フレッツ光とドコモ光の「光回線」は同じなんですね。 だから、フレッツ光を契約中なら「光回線」が来てる状態なので無派遣工事となる訳ですね。 回線が残置状態なら無派遣工事 例えば、 現在お住まいの自宅が賃貸で 以前住んでいた人が回線をそのままにしている「残置」状態であればドコモ光は 無派遣工事になる場合があります。 これも以下イラストを使って説明します。 解約すると回線撤去をする場合がある 今まで契約していたインターネット回線を 引っ越しなどで解約した場合、今まで利用してきた 「光回線」は不要になるので取り外す 「回線撤去」を行う場合があります。 しかし、引っ越ししてきたドコモ光を契約予定の自宅に 以前に住んでいたい人が回線をそのままに 「残置」している場合があります。 回線が残置状態なら無派遣工事になる場合がある このように、ドコモ光で 利用可能な「光回線」が残置されている場合にはそのまま利用可能なので 無派遣工事となる可能性があります。 しかし 「無派遣工事の可能性がある」だけでドコモ光で利用出来ない回線だった場合は、当然ですがドコモ光で利用可能な回線を設置する開通工事が工事業者の派遣により実施されます。 ドコモ光で利用可能な回線が残置されている場合には、無派遣工事になる可能性があるんですね。 ドコモ光が無派遣工事だった場合の工事料金(工事費) ここから以下は、現在フレッツ光が未契約で無派遣工事となった場合についてご紹介します。 まずは、ドコモ光を新規契約後に無派遣工事になった場合の工事料金ご紹介します。 通常はドコモ光を新規契約するとインターネットに接続する為の「光回線」を引き込む開通工事が実施されます。 この開通工事の工事費料金は契約者が負担します。 戸建住宅 工事費 集合住宅 工事費 開通工事あり (工事業者派遣あり) 19,440円 16,200円 無派遣工事 (工事業者派遣なし) 2,160円 出典: 工事業者が派遣されて立ち会いが必要な開通工事の場合、戸建住宅の場合は19,440円・集合住宅の場合は16,200円の工事料金の支払いが必要です。 しかし、工事業者が派遣されず工事の立ち会いも不要な 無派遣工事の場合は2,160円の工事費となります。 「なぜ、無派遣工事なのに2,160円も払わないといけないの?」と思った人もいるかもしれませんが、別の場所で開通工事をしてるので工事費が必要なのです。 これは後で説明します。 ドコモ光が無派遣工事だったとしても、2,160円の工事料金は必要なんですね。 ドコモ光の無派遣工事の手順!前日までにONUを設置する! ドコモ光を新規で契約の申し込みをした後「無派遣工事」となった場合は工事業者は派遣なしとなります。 しかし、ドコモ光が無派遣工事となったら、どんな手順で進んでいくのでしょうか? 無派遣工事は工事業者が来ないので 初心者の人には設定や設置などが不安ですよね。 そこでここからは、ドコモ光を新規契約して無派遣工事だった場合の設置方法や設定方法などの手順を段階を踏んでご紹介したいと思います。 Step1、ONUが開通日前日までに郵送されてくる ドコモ光が無事契約出来た後、無派遣工事だった場合には ドコモ光で インターネットが利用可能になる日「開通日」が決定します。 そして、 「開通日」の前日までに「ONU(光回線終端装置)」や「モデム」と呼ばれる 機器が1台だけ郵送されてきます。 「ONUとかモデムとか言われても解らない!」そんな人は以下のイラストのような機器が送られてくると思っていてください。 簡単に説明すれば 「NTTのロゴ」が付いている機器が郵送されてくると思っていてください。 ドコモ光が無派遣工事だった場合には、開通日の前日までに1台のNTTログ付きの機器が郵送されてくるんですね。 Step2、開通日前日までにONUを設置しておく ドコモ光の開通日の 前日までに郵送されてきた機器(ONUやモデムなど)を 設置する必要があります。 例えば、ドコモ光の開通日が「1月15日」に決定した場合「1月14日」までに設置しておきます。 設置と言っても簡単です。 コンセントやケーブルを挿す NTTから郵送されてきたONUやモデムなどと呼ばれる機器に同梱されている電源ケーブルやLANケーブルを機器に差し込みます。 そして、電源コンセントや光コンセントなどの差込口に差しで電源を入れて起動すればまずは設定が終わりです。 開通日前日までに終えて開通日を待ちましょう。 ドコモ光の新規契約で無派遣工事の場合は郵送されてきた機器を開通日までに自分で設置するんですね。 Step3、開通日に接続設定を行う ドコモ光の無派遣工事の開通日は午後には終了している場合が多いです。 開通日には前日までに設置したONUやモデムと呼ばれる 機器とパソコンを接続します。 そして、プロバイダから郵送されてきた書類を確認しながら パソコンで初期設定を行います。 パソコンで初期設定を行う この初期設定はプロバイダに「インターネットに接続してね」とプロバイダから発行された、あなただけのIPとパスワードを入力します。 これでドコモ光はインターネットに接続出来るようになります。 ただ、今のご時世パソコンを持っていない人もいますよね。 基本的にドコモ光の初期設定はパソコンで行いますが、パソコンを持っていない人はある方法でスマホでも設定可能です。 スマホによるドコモ光の初期設定方法は以下の関連記事に詳しく記載しています。 まとめ この記事ではドコモ光の開通工事が無派遣工事となる場合などについてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 フレッツ光からドコモ光へ転用する人はフレッツ光で利用している光回線をそのまま利用するので無派遣工事になります。 また、以前住んでいた人がドコモ光でも利用可能な回線を残置している場合にも無派遣工事となります。 ただ、無派遣工事になる可能性は低いので、工事業者が派遣され開通工事が必ず行われると思っていたい方がいいでしょう。 ドコモ光が無派遣工事になったとしても工事料金は2,000円程必要となります。 無派遣工事では工事業者が来ないので、ONUなどの機器設置や設定を開通日前日までに自分で行う必要があります。 初心者の人には自分で設置も設定もしなくてはならないので不安かもしれませんが、ドコモ光やプロバイダへ問い合わせすればオペレーターが対応してくれるので安心です。

次の