コロナ 抗体 が ある 人。 【新型コロナ】医師、抗体を持つ人は「ニュータイプ」

新型コロナウイルスの正体と抗体

コロナ 抗体 が ある 人

新型コロナウイルスの流行が、世界の多くの国でピークを越えた。 日本の新規感染者数も4月11日の714人をピークに5月4日には174人まで減少した。 今や世界の関心は、第2波への対応だ。 その際に重要なことは、第1波の対応を総括することだ。 本稿ではそのポイントを紹介したい。 感染者数の推計 まず議論すべきは、PCR検査についてだ。 第1波ではPCR検査の陽性者数に基づき、流行状態が推定された。 ところが、感染者の多くは軽症あるいは無症状で、PCR検査を受けることなく自然に治癒した者も少なくない。 多くの感染者が見落とされ、PCR検査に基づく感染者数は過小評価された。 おおよその感染者数を推計するために用いられるのが抗体検査だ。 抗体とは、病原体が体内に入った際に形成されるタンパク質のこと。 ヒトは病原体に感染すると、その病原体を攻撃するために特異的な抗体を作り出す。 この仕組みを免疫という。 抗体を有することは感染歴があることを意味し、その有無は血液を採取すれば評価できる。 世界中の研究機関が、新型コロナウイルスに特異的な抗体を検出するための検査系を確立し、臨床応用した。 米国では、4月3~4日にカリフォルニア州サンタクララ郡の住民3330人を対象に抗体検査を実施したところ、50人が陽性と判明した。 この地域の人口は194万3411人だが、抗体保有率は1. この地域では、PCR検査で確認された感染者数は956人だった。 人口に占める割合は0. 大部分の感染者が見逃されたということだ。 注意すべきは、見逃された大部分が無症状あるいは軽症であることだ。 新型コロナウイルスの致死率や重症化率は、これまでに報告されていたよりずっと低いことになる。 つまり、新型コロナウイルスの致死率や重症化率は過大評価されていたということだ。 これはサンタクララ郡に限った話ではない。 は5月6日現在の世界各地の抗体保有率の一覧だ。 当研究所の山下えりかが公開情報を基に作成した。 世界中から1. 0~62. 日本からも四つのグループの調査結果が報告されている。 東京の二つのグループの陽性率が5. これは東京を中心に流行が拡大し、関西にも及んだという経緯とも一致する。 5月5日現在、東京都のPCR検査陽性者数は4712人(チャーター機帰国者、クルーズ船乗客を含まない)。 都民の人口当たりの感染率は0. 一方で、抗体保有率は5. 9~8. PCR検査で判明した感染者は、全体の174~235分の1にすぎないことになる。 これは米サンタクララ郡の6~8分の1よりはるかに低い。 日本がPCR検査を絞ったことと一致する。 表で興味深いのは、抗体保有率について国ごとに大きな差があることだ。 日本・中国などアジア諸国で低く、欧州は高い。 注目すべきは米国だ。 ニューヨークが12. 欧州・米国東海岸などの大西洋周辺地域が高く、アジア・米国西海岸などの太平洋周辺地域が低いという見方もできる。 なぜ、このような差が生じるのだろうか。 これについては十分に研究が進んでいない。 ウイルスの突然変異によるものか、民族差か、あるいは環境的要因か。 今後の検証が必要である。 ただ、これまでの研究で、欧州とアジアでは流行している新型コロナウイルスのタイプが異なることが分かっている。 もし、欧州で流行しているウイルスが強毒な場合、それがアジアの第2波となれば、第1波以上の被害が出る可能性がある。 既に日本には欧州由来の新型コロナウイルスが流入していることは判明している。 仮にそうなった場合に大切なことは、国内で流行しているウイルスの遺伝子配列をシークエンスし、変異を調べることだ。 しかし、PCR検査すら抑制してきた日本では、ウイルスのシークエンスは国立感染症研究所がクラスター対策の一環として細々と実施しているだけで、大量のサンプルは処理できない。 体制整備を急がねばならない。

次の

【新型コロナ】第2波対策のポイント 抗体保有と超過死亡:時事ドットコム

コロナ 抗体 が ある 人

日本国内の新型コロナウイルス感染症の感染者数が1万2000人を超えました。 これは確認できた分だけですので、「本当の感染者数」はもっとずっと多いです。 軽症者はPCR検査を受けられるとは限りませんし、クルーズ船をはじめとした先行事例からは感染しても無症状のままの人がけっこういることもわかっています。 新型コロナウイルスに感染したけど診断されていない人はたくさんいるはずです。 各国の感染者数が発表されていますが、検査体制が充実している国ほど確認された感染者数が多くなります。 実際の感染状況や感染対策の有効性を評価するためにも、本当の感染者数を推定でもいいから知りたいところです。 しかし、無症状の人も含めてかたっぱしからPCR検査をするのは難しいのが現状です。 そこで抗体検査が注目されています。 海外ではすでにいくつか抗体検査を用いた研究がなされていますし、日本でも調査目的での抗体検査を行うとの報道がありました。 PCR検査はウイルスそのものを見ていますが、抗体検査はウイルス感染後の免疫反応を見ます。 抗体検査と一口にいっても複数の方法があり、その一つがイムノクロマト法による簡易キットです。 すでに複数の製品があります。 原理的にはインフルエンザ迅速キットと同じですが、新型コロナ感染症の抗体検査では検体は鼻腔(びくう)拭い液ではなく血液を使います。 検体採取のときに検査者が感染するリスクが低いのは大きな利点です。 また、治ってしまうとPCR検査は陰性になりますが、血液中の抗体はしばらくは残ります。 現在感染しているかどうかではなく、感染したことがあるかどうかを調べるには抗体検査のほうが向いています。 ただし抗体検査には注意点もあります。 新型コロナウイルス感染症において抗体の意義ははっきりしていません。 抗体の意義は病気によって違います。 麻疹や風疹なら抗体の存在は感染症から守られていることを示していますが、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症や慢性C型肝炎ではそうではありません。 また、感染してから抗体ができるまでには時間がかかりますので、症状が出てすぐは診断の目的には使えません。 「抗体がついたから安全だ」とか「抗体が陰性なので感染していない」といった誤解をしないようにしましょう。 抗体検査を使った調査目的の研究も、解釈が難しいかもしれません。 海外の抗体検査を使った研究では、PCR検査で確認された感染者よりもずっと多く、数十倍も感染した人がいるかもしれないという結果も出ています。 ただ、検査は必ずしも正確ではありません。 本当はウイルスに感染したことがなくても検査が陽性になる「偽陽性」が、一定の割合であります。 偽陽性の割合が小さくても集団に適用すると大きな影響が出ます。 たとえば、ウイルスに感染していない人の99. 無作為に選んだ日本人1万人にこの検査をすると、本当の感染者数がきわめて少なくても10人ぐらいが偽陽性になります。 日本の人口は1億2000万人ですから、そのまま掛け算すると感染者数を誤って12万人多く評価することになります。 キットにより精度は異なります。 新型コロナウイルス感染症の流行以前の検体や、流行が比較的抑えられている地域での結果と比較するなど、慎重に判断する必要があるでしょう。 偽陽性だけではなく、本当は感染していたのに抗体検査で陽性にならない「偽陰性」もあります。 ただ、抗体検査に限らず、どの検査もなにかしらの欠点はあります。 それぞれの検査法の特徴を理解し目的によって使い分ければいいのです。 検査の選択肢が増えるのは喜ばしいことです。 <アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>.

次の

RIETI

コロナ 抗体 が ある 人

米ニューヨーク州ではクオモ知事が「すでに感染のピークは過ぎた」として、1日2000人のペースで抗体検査を進める方針を発表した。 中国・武漢では無作為に選んだ1万1千人の住民を対象に調査を開始、イタリアでも医療従事者を対象に大規模な調査を進めている。 抗体検査でわかるのは、どのくらいの人が抗体(免疫)を持っているかという割合。 米カリフォルニア州サンタクララ郡で3330人に抗体検査を実施したところ、4. 2%に抗体反応あることが判明した。 郡全体の人口は200万人なので、8万人がすでに免疫を持っている可能性がある。 小林寅喆(いんてつ)教授(東邦大学)「抗体は感染して一定の期間、2~3週間たってから出てくる。 ニューヨークでは、抗体を持っていると医療で患者と接するなど、最前線で仕事ができると考えている」 キャスターの立川志らく「抗体を持っていれば、経済を回すことができるんでしょうか」 小林教授「抗体の量が十分か、下がっていかないか注意が必要だが、可能性はある」 国山ハセン TBSアナウンサー 「イタリアでは抗体の有無で医療関係者の配置を決めていて、抗体があれば患者に直接接する最前線に、なければ検査など後方支援に回っている。 アメリカでもトランプ大統領が『抗体を持つ人は経済を回す』と言っている」 日本では先週金曜日 2020年4月17日 、加藤勝信厚生労働大臣が疫学調査を目的に今月中の検査開始を表明している。 特定の地域の数千人が対象となる予定となっている。 小林教授「注意すべきなのは現段階では個人は検査をうけることができないこと」 神田愛花(フリーアナウンサー)「小さな家庭でも、抗体のある人が外回りの用事をするなど、役割分担できる」 文・みっちゃん.

次の