生理中 筋トレ。 「生理中の筋トレは筋肉がつきやすい」は本当か?事実と注意点

生理中でも無理なくできるダイエットにおすすめの運動・筋トレ法とは?

生理中 筋トレ

生理中に運動しても良いの? 生理中は、カラダがだるく、激しくカラダを動かしてもいいのか心配になることがあります。 しかし、基本的には、生理中だからといって、絶対に運動を控えなければならないというわけではありません。 子宮のあたりや胃腸、腰、頭などの痛みが続いたり、急に痛くなったりと、人によって症状はさまざまです。 このように生理痛が起きているのに運動をすると、かえって悪化するのでは?と不安になりますよね。 でも、生理痛がそれほど重くない場合、軽めの運動はかえって生理痛を和らげてくれます。 もちろん、生理痛が重いときや、体調がすぐれないときは避けましょう。 生理中は骨盤内に血が滞りやすいため、軽めの運動は血行が促進され、少しの生理痛なら軽減することも。 また、生理中は、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなるため、連動している自律神経の乱れも起きやすくなります。 すると情緒不安定になりやすく、イライラしたり、ふさぎこみがちになったりします。 そんなときに軽めの運動をすれば、精神的にもリフレッシュでき、爽快な気分になります。 生理中の運動は、ココロへの良い影響もあるというわけですね。 ただし、ここで大きな注意点があります。 それは、激しい運動を行うと、かえって生理痛を悪化させたり、無理をして運動をする心理的なストレスもマイナスになったりすることもあるということです。 さらに将来、あることが起きることも…。 生理中の激しい運動はNG!その理由とは? 生理中に無理をして運動をしたり、極端に激しい運動をしたりするのはよくありません。 それは、カラダに無理がかかって生理痛や体調不良をより悪化させてしまうからです。 そして、生理が止まってしまったり、次の生理が遅れてしまったりすることも。 筋肉が激しく疲労するようなものはすべて避けたほうがいいでしょう。 生理がなければ、妊娠すらできないように、生理は赤ちゃんを作るための準備の一つ。 生理中はもちろん、生理でない日でも激しい運動やスポーツを続けている女性は、生理が止まってしまう傾向があります。 赤ちゃんを作るよりも、自分のカラダの危機を感じて、生理をストップさせてしまうといわれているのです。 やはり激しい運動はやめ、気持ち良い程度の軽い運動だけにとどめるのが先決です。 一般的に、「無月経」とは生理予定日から 3ヶ月以上経っても生理がこない状態をいいます。 このような状態になったら、早めに婦人科を受診しましょう。 実践しよう!生理中でもできる運動 生理中は軽めの運動なら、むしろいやな生理痛やブルーな気持ちを解決できる可能性があります。 ぜひ次のような運動をしてみましょう。 生理痛を和らげる効果も期待できます。 特に骨盤周りを柔軟にするのがおすすめ。 骨盤をゆるめて、歪みを解消するストレッチを行ってみましょう。 気分もリフレッシュできて、爽快になりますよ。 通勤時間を利用して、一駅分歩いてみましょう。 生理中は軽めの運動を取り入れよう 生理中の運動は、軽めの運動であれば生理痛や不快な症状の緩和に役立ち、カラダもココロもリフレッシュできます。 運動は完全に制限せず、ストレッチや軽い散歩程度のウォーキングを実践してみましょう。 もちろん、体調が悪いときや生理痛が重いときには控えて。 ただし、激しい運動は NGです。 生理痛や不調を悪化させる可能性がありますし、生理が止まったり、遅れたりすることもあるからです。 自分の体調と相談しながら、ぜひお気に入りの生理中の運動を見つけて、生理中も快適に過ごしましょう。

次の

生理中に筋トレしてもいいの?知っておきたい女性ホルモンのこと。|筋トレ女子みっくす

生理中 筋トレ

痛い、つらい。 でも、体重が増える生理中。 トレーニングやエクササイズは控えるべき? 生理中は身体も心もすべてがだるい、エクササイズなんてとんでもない! と思いますよね。 しかし一方で、エクササイズは生理痛を和らげるという話も聞きます。 さらに、せっかくエクササイズが習慣になりつつあるのに、途中でお休みするのはちょっと後ろめたい気も……、等々生理中の悩みや葛藤は人それぞれあると思います。 ガイドも本当のところ、生理中はずっと家でゴロゴロしたい派。 しかしながら、皆さんと同じように葛藤を抱えていました。 そこで、生理中のエクササイズは本当のところどうするべきか? 長年の疑問を解消するため、女性のカラダに詳しい、婦人科医の松村圭子先生にお話を聞いてきました。 生理中のストレッチやエクササイズとの上手な付き合い方 女性の悩みにきちんと答えてくださる、婦人科、美容皮膚科、皮膚科の「らら女性総合クリニック」院長 松村圭子先生。 松村圭子先生は、一般の診療だけでなく、検診や健康相談で「心と体の健康」、また美容分野の診療で「真の美」をサポートしてくれる我々女子にとってはとても心強い味方です。 では、早速先生のお話をご紹介しましょう。 ーー 生理中にエクササイズはした方がいいのでしょうか? 松村先生:結論から言えば、生理中だからといって特別に運動を制限する必要はないですよ。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 この冷えが痛みの原因にもなるのです。 ですから、 エクササイズで血行を良くするのはもちろんいいこと。 運動すると気分がいいな、ストレス解消になると思える人はいつも通りにエクササイズをしてOKです。 ストレスで痛みや体調不良が増長することもあります。 また、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 ーー人によっては生理前にイライラしたり、甘い物が食べたくなる人もいますが、これもいいのでしょうか? 松村先生:プロゲステロン、別名ブスホルモンは妊娠した時に赤ちゃんを守るために、お肉をつきやすくし、身体に有害な紫外線なども赤ちゃんに浴びさせないために自分が吸収しようとします。 でも、当の本人にとってはイライラするし、むくむし、嫌なことだらけ!。 摂り過ぎはよくありませんが、ひとかけらのチョコでハッピーになれるなら、問題はありません。 ーー 先生はどのようなエクササイズをオススメしますか? 松村先生:骨盤の歪みは冷えや生理痛の原因にもなります。 骨盤が歪んでいる女性が多いので、歪みを調整するようなやはオススメです。 また、リラクゼーションを兼ねて半身浴で体を温めてあげるのもオススメです。 生理前でイライラしたり、やる気が起きなくなっても、ちゃんとホルモンが働いている、身体が健康な証拠なんだ。 と認めてあげる事。 これが、生理と上手く付き合っていくコツですよ。 そもそも生理とは? 体をいたわる気持ちで、イライラせずにできる範囲の運動はまったく問題なし 先生のお話、女性としては心に響きますよね。 ここで、私たちの体の中で毎月起きている現象を、もう一度復習してみましょう。 女性の身体は、月に一度の排卵にあわせ、妊娠しやすいように子宮内膜の状態が整えられます。 妊娠しない場合は、子宮内膜が剥がれ落ち、出血を伴って排出されます。 これが生理です。 その生理を引き起こしているのが、 女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)。 このふたつのホルモンの分泌量の変化が、心と体に大きな影響を及ぼします。 生理終了から排卵までの間は、エストロゲンの分泌量が多く、心身ともに快適時期。 しかし、排卵を境に次の生理が始まる1週間前くらいからプロゲステロンの分泌が多くなり、むくみや冷え、イライラが絶好調になります。 このふたつのホルモンと上手に付き合っていくことがとても大切なんですね。 「生理中は自分に優しく」が基本です! 生理中のエクササイズもその日の気分やコンディションで決めるのが、一番自然なのかもしれません。 悩める女子の皆さん、生理中にゴロゴロしていても、やがてハツラツとした時期(卵胞期)がやってくるので、その時に気持ちを入れ替え、エクササイズに励みましょう。

次の

生理中に筋トレをすると危険な理由と怪我をしないための対策を紹介

生理中 筋トレ

肉や乳製品は筋肉をつけるためには非常に重要な食材ですが、摂りすぎることでコレステロールや中性脂肪が増加して、生理痛を引き起こすプロスタグランジンという物質の生成を促します。 そのため中性脂肪を下げる食物繊維を含む野菜などを中心に栄養バランスのとれた食事を摂ることが体質の改善につながります。 生理痛緩和のために良い成分が含まれている食材としては、ビタミン類、鉄分、イソフラボン、オメガ3脂肪酸、ハーブ類、プラセンタエキスがあります。 これらの食材を生理前や生理中だけではなく、日常的に取り入れることが体質の改善につながります。 ビタミン類は体の調子を整える作用があり、特にビタミンB6とビタミンEが生理痛の緩和に効果があります。 ビタミンB6には、生理前や生理中のイライラを抑えるセロトニンの合成を促す働きがあります。 ビタミンB6を多く含む食材としては、にんにくや唐辛子があります。 ビタミンEには、血液の流れを良くしたり、「女性ホルモン」のバランスを整えたりする働きがあります。 ビタミンEを多く含む食材としては、アーモンドや抹茶があります。 鉄分には、ヘモグロビンの合成を促す働きがあり、貧血予防に効果的な食材です。 鉄分を多く含む食材としては、レバーやプルーンがあります。 イソフラボンには、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。 イソフラボンは、豆腐や豆乳といった大豆製品に含まれています。 オメガ3脂肪酸を多く含む食材としては、青魚、チアシード、えごま油があります。 ハーブ類は、古くからヨーロッパ医学で植物療法として取り入れられてきました。 ハーブの摂取方法としては、アロマ、サプリメント、マッサージ、ハーブティーがあり、それぞれのハーブによって効能が違います。 生理痛の緩和に効果的なハーブとしては、チェストツリーにはホルモンバランスを整える働き、ジャスミンアブソリュートには生理を促す働きや子宮強壮作用、ローズオットーには子宮強壮作用があり、セージには月経痛の緩和の作用があります。 プラセンタエキスには、プロスタグランジンの生成を抑制する働きや、ホルモンバランスを整える働き、血液の流れを良くする働きがあります。 適度な運動を取り入れよう.

次の