もっ ち まる ず レシピ。 暑い日にさっぱりおいしい「サバ缶レシピ」!ストックしたくなるバリエーションです

明太子とチーズの人気レシピ!ご飯のおかず・おつまみにもってこい!

もっ ち まる ず レシピ

Contents• アウトドアスパイス「motteco(もってこ)」ってなに? mottecoとは? キャンプの夜ご飯はいつもと違う特別なひととき。 そんな時間に使ってもらいたい……という気持ちを込めたスパイスがこの「アウトドア万能スパイス motteco(もってこ)」です。 これさえあれば、アウトドア料理、ホットドリンクを更に美味しくできるスパイス。 そしてもっとキャンプが楽しくなる! 「アウトドア万能スパイス motteco(もってこ)」はスパイスBOXに入れたくなるカラーパッケージと「もってこちゃん」をあしらった可愛いデザインでお届けします! mottecoは小瓶に入ったアウトドアスパイスです。 ほりにしや黒瀬のスパイスなどアウトドアスパイスはシックなデザインが多い印象でしたが、色味やマスコットキャラクターなどキュートでポップなデザインでまとまっています。 2種類のmottecoスパイス 鉄板スパイス 日本が誇る伝統調味料『Miso』。 こだわりの味に仕上げる為『天然醸造の味噌』を使い、麹のチカラで食材の旨さも引き立てるようにブレンドされた鉄板スパイス。 味噌を使うことで『塩分を抑えながらも味はしっかり』そして食感も楽しめます。 新しいジャンルでありながらどこか懐かしい味を楽しむことが出来るオススメのスパイスです。 甘いスパイス 世界最古のスパイス、そして栄養価が高いと言われる「シナモン」。 リラックス効果が期待出来る「カルダモン」や「クローブ」、体をぽかぽか温める「ジンジャー」を絶妙にブレンドした甘いスパイス。 『たったひとさじで』いつものホットワインや焼きりんごがグッとおいしくなり、ちょっぴり贅沢なキャンプの夜を過ごす事が出来るオススメのスパイスです。 mottecoは上記の通り2種類のスパイスが展開されます。 鉄板スパイスは通常の調理に使えるスパイスで、ポイントはベースに味噌を使用していること。 鰹節やコンソメなども使用し、スパイスとしては新しい位置づけながらもどこか馴染みのあるテイストに仕上がっております。 アウトドアでシンプルに肉などと合わせるのも勿論良いですが、ご家庭での普段使いとしても無限の可能性を秘めていそうな使いやすいテイストです。 と、いう事で、ここからはこのスパイスを使っていただいたものをズラッとご紹介します! 今回ご紹介するのはアウトドア好きの引きこもり属でお馴染み私コムさんが、どちらかというと 普段使いで家庭で使える身近なスパイスの使い方をご紹介していきます。 みそベースなのでごはんに合うのは間違いないですが、あくまでスパイスという事を忘れずに。 ガーリック感が比較的強いのでごはんにそのまま…ではなく、もう少しキャラクターがあるものに使ったほうが生きるかもしれません。 たまごかけご飯にはバッチグー。 たまご焼きにかける鉄板スパイス もうこの辺から美味いしか言わなくなることをお許しください… 美味いです。 ちょっと甘みのあるネギの入った卵焼きにスパイスの効いた味噌テイスト…もうわかるでしょ? 鉄板スパイスの地味に良いところは食感に少しの変化を与えてくれるところにもあると感じました。 ごりごりかけたい一品。 ピーマンとソーセージの炒め物に鉄板スパイス もはや説明不要。 美味いです。 この辺りに使うと、スパイスなんだなぁと実感できる一品。 味噌ラーメンに鉄板スパイス はい、美味いです。 逆に邪魔する要素があまりありません。 香りと食感をブーストしてくれます。 全体的にある程度完成されたものにかけると新しい方向性に味変+ブースト出来る気がしました。 牛丼に鉄板スパイス 個人的にコレ最強です。 特にチーズトッピングの牛丼がおすすめ。 ごはんとの相性が良いのは言わずもがなですが、牛丼…さらにはチーズなどとの相性はコムさんのお墨付き。 シンプルなスクランブルエッグでアウトドアの朝食にもGOOD! バタートースト+甘いスパイス これは是非とも試していただきたい一品。 じゅわっとバターとシナモンの薫りは合わないわけありません。 朝食にもこれ一本で味が決まるのは嬉しい限り。 信州蕎麦と下仁田ネギの蕎麦チャンプルー+鉄板スパイス 白だしで炒めた信州蕎麦と下仁田ネギを炒めたものに卵がon。 この時点で絶対美味しいのですが、ごちゃごちゃに混ぜた後に鉄板スパイスを投入してみましょう。 この料理に関しては「味をブーストする」と言うよりは「味の方向性を変える」と言った使い方でスパイスが良い仕事してくれます。 アウトドアでも焼きそば的な使い方であれば万能選手間違いなしです。 豆腐デザート+甘いスパイス デザートにただの木綿豆腐が出てきたらびっくりしませんか? 今回はただの木綿豆腐にカルピス、レモン汁を混ぜたものをかけ、そこにさらにmottecoの甘いスパイスを振りかけていきましょう。 スプーンで食べるデザート感覚の豆腐に若干の違和感を覚えますが、口に入れたとたんに広がる爽やかな酸味。 さながらチーズケーキのような味わいですが、豆腐なのでまったり感が無くスッと引いていく感覚。 今回は豆腐そのままでいただきましたが、荒くつぶしておぼろ食べてみても面白いかもとの事。 今回は色付けに巨峰シロップを使用しておりましたが、色味の意味合いが強いので無くてもOKとのことでした。 家でも外でも気軽にこれ1本モッテコ!新しい形のアウトドアスパイス爆誕。 可愛い見た目とは裏腹に本格的な味がこれ一本で決まるアウトドアスパイス 「motteco」! 鉄板は味噌ベースですが味噌が強調しすぎることなく、ちゃんとスパイスしているのは流石の一言。 甘いスパイスは言わずもがな薫りの宝石箱と言わんばかりの贅沢な香りで、シナモンパウダーだけの薫りとは一味違う新しい形のスパイスです。 ご家庭での普段使いにも、はたまたアウトドアのお供にも。 あなたのお供にこれ一本モッテコ! 気になる方は是非、お試しあれ!.

次の

暑い日にさっぱりおいしい「サバ缶レシピ」!ストックしたくなるバリエーションです

もっ ち まる ず レシピ

<もってのほか(もって菊)ページの目次>• 代表的な食べ物は「おひたし」で、茹でる際にお酢を使うため、花の色がよりいっそう紫に発色して彩り美しい一品となります。 その味は、菊の花びらが環状になっているために「シャキシャキ」とした食感を持ち、わずかなほろ苦さがあり、噛み締めると中から甘味がにじみ出ます。 そして、日本人に心にすっと入ってくる高貴な香り、ほのかな香りが、体中を浄化していくように通り抜けていきます。 調べてみると、食用菊には、リラックス効果があると言われ、古くから漢方薬などにも利用されていたのです。 日本古来のエディブルフラワーともいえます。 この体にもよく、食卓を彩る紫の食用菊が「もってのほか」です。 東京のデパートなどでも販売されていますが、やはり、新鮮で目利きしたものが一番。 だから通販が喜ばれています。 なんといってもこの食用菊の彩りの美しさに感動しました。 はじめて食べた時の感動は今でも忘れません。 今では秋の定番です。 色の違いだけじゃないんですね、食感も香りも違う。 これはすごい食材ですね。 山形 産地直送の感動食材 食用菊「もって菊」の通販 ・ 食用菊「もってのほか」(山形産)1P 100g 当会ではその年によって無農薬のもって菊を栽培しておりますが、病害虫被害が大きいのです(全滅含む)。 そのため、インターネットでは販売を見送っています。 栽培方法に関わらず「品質のよいもってのほか」であることを優先してお届けします。 細かい系統の違いはありますが、以下のように区分しています。 形質の異なった多くの系統がある。 「もってのほか」(山形県)、「かきのもと」(新潟県)、「延命楽」(山形県庄内地方)、「おもいのほか」(新潟県長岡地方)、「かしろ」(山形県置賜地方)などの名称がある。 食用菊の代表的な系統群で、シャキシャキとした食感が特長。 これら系統群は『袋菊』(ふくろぎく)と称し、大きく分けて4つのタイプがある。 「もってのほか」を選抜してきた「元祖もってのほか」の清徳園さんの徳さんに聞いてみると、おじいちゃんの代は、中国の方と交流があり、紫の食用菊の苗を譲り受け、これを財政難だった米澤藩で広めたそうです。 当時は、喜四朗の名と山形弁の食べさせろから「かしぇろう菊」と呼ばれていたそうです。 ここまではわかるのですが、なぜ「もってのほか」なのか?徳さんに聞いてみると、自分が栽培をはじめたときはすでに「もってのほか」と呼んでいて由来はわからないそう、、、。 (だとすると明治から遅くても戦前の昭和10年代には「もってのほか」という名がついていたと推測できます。 おそらく徳さんの父の代では)。 最後に完成させたのは昭和30年前後。 これまでの薄紫の菊より見た目が美しく味もよかったそうです。 その菊を周辺の仲間5人とと山形促成栽培組合を作って栽培をはじめたそうです。 出荷量をあげたことで市場でも評価が高まっていったそうです。 そのうちにその評判を聞きつけた周囲の農家たちが、園地にこっそりやってきては苗を持ち帰り広まった(笑)と裏話が聞けました。 その後に交配や枝がわりなどで微妙な変化を続けています。 とても簡単。 緑の愕の部分をつまんで、花びらを引き抜きます。 ザルに入れて水でゆすぎ洗いします。 鍋の水が沸騰したら、酢を5%ほど加えて、花びらをさっと入れます。 花びらを菜箸でゆっくり2〜3回ほど沈ませるようにしたら、すぐにザルにあげます。 冷水を入れたボールにつけて1〜2分ほど冷まします。 ザルをあげて水気をとります。 水気が多いときはキッチンペーパーなどで水気を取ります。 これに酢を加えるとさらに紫色に発色します。 下処理を終えたら、以下、お料理に使えます。 その食感とほのかな甘味、苦味、香りをお楽しみください。 なめことおろしの和え物も彩り豊かな一品。 苦みが消えるのでお子様もOK. その結果・・・ サラダは抜群(酢やワインビネガー漬けにしたものをアクセントにしても)。 イタリアンなら、マリネする料理全般、生ハム、料理の彩りとしても活躍します。 ほかに春菊を使う料理、酢やワインビネガーを使う料理に相性。 いろいろとお試しください。 状態によっては2週間程度も日持ちしたこともあります。 香り、色、シャキシャキ感とお正月までは十分保存できます。 写真は冷凍。 一年間楽しめました。 さらに、紫菊花には抗糖化作用があるとされ、 アンチエイジングの観点からも注目されています。 食用菊の育て方 食用菊は種で育てません。 苗から育てます。 菊は生命力が強く、春に新芽が出てきたらそれをカットして挿し木にして増やします。 栄養切れを起こさないようにして、さらに蒸れないように風通し良く育てます。 開花前からお酢などを1000倍希釈にして撒布すると病気予防と風味アップに役立ちます。 4月頃にホームセンターなどにお問い合わせください。

次の

「#mottecoレシピ」を投稿しよう!プレゼントキャンペーン|motteco

もっ ち まる ず レシピ

「サバの水煮缶とレタス、キュウリ、青じそドレッシングで作るパスタ。 大葉やミョウガなど薬味をたくさんのせるとより美味しい!」(17歳/学生・フリーター) 「サバ水煮缶とトマト、オリーブオイルとお塩で冷製パスタ。 簡単」(34歳/総務・人事・事務) 「サバ水煮缶に唐辛子と麺つゆとタマネギをまぜて、パスタにかけて食べると美味しい」(48歳/デザイン関係) 「サバの水煮缶とチューブにんにくを入れ、ニラを軽く茹でて和えた冷製パスタ」(46歳/主婦) 「サバ缶で豆乳パスタ」(36歳/主婦) 「サバの水煮缶のレモン風味冷製パスタ」(25歳/主婦) 「サバ缶の水煮とトマトソースで冷製パスタ」(45歳/学生・フリーター) 茹でたパスタを冷やして、水気をしっかり切り、具材やソースと混ぜるのが基本の冷製パスタ。 サバ缶と相性のよいトマトを使った洋風アレンジは間違いなさそうです! また大葉やミョウガなど季節の薬味をたっぷりのせた和風アレンジも美味しそうです。 サバのコクと野菜のサッパリ感がマッチして美味しい」(45歳/主婦) 「ゴマだれにサバ水煮缶と薬味(ミョウガや大葉)をたっぷり入れ、そうめんのつけダレにすると美味しいです」(28歳/総務・人事・事務) 「サバ缶と梅でそうめん」(33歳/営業・販売) 「とろろとサバの味噌煮を汁ごと混ぜ、そうめんにぶっかける」(45歳/主婦) 「サバ味噌煮にキュウリの薄切り、生姜、お酢をまぜてそうめんを入れて食べる」(25歳/その他) 「そうめんの上にサバ缶とトマト。 オリーブオイルで和えるといい」(48歳/総務・人事・事務) 「冷たいうどんにたっぷりのシソとサバ水煮とマヨネーズと麺つゆ。 納豆を加えればネバネバ効果でパワーが湧いてきそうです。 うまみたっぷりの汁ごと使うのがオススメです。 「サバ水煮缶と豆腐、キュウリ、大葉を缶汁と水、味噌、白ごまを混ぜた汁に混ぜてつくる冷や汁。 冷蔵庫で冷やして食べると美味しい」(21歳/主婦) 「サバの水煮缶に味噌で溶いて作った出汁をかけた冷や汁。 豆腐、塩揉みしたキュウリとナスと一緒にご飯にかけて、仕上げに叩いた梅干しをのせるとおいしい」(30歳/その他) 「サバ缶とキュウリやカイワレ大根を出汁で割り、ご飯にかけてさっぱり食べる」(54歳/その他) 「ご飯の上に、キュウリの薄切り、サバの醤油煮をのせて、おろし生姜をトッピング。 冷たい麦茶をかけてお茶漬けにしてもいい」(51歳/主婦) 「サバ水煮でお茶漬け。 氷を入れて食べると美味しい」(29歳/学生・フリーター) 冷や汁レシピを紹介してくれた方は水煮缶派が多かったですが、「水煮缶より、味噌煮缶の方が味にコクが出て美味しくできます」(51歳/その他)と味噌煮缶推しの方もいました。 また本場の冷や汁に近づけるコツは、「味噌に焼き目をつける」「具材に塩揉みキュウリを入れる」こと。 味噌の焼き目はアルミホイルに乗せた味噌をオーブントースターで数分焼けば、簡単に焼き目がつくそうです。 「サバ缶の水煮とひじきをポテトサラダに混ぜると、美味しくて健康にも良い」(63歳/その他) 「水煮サバ缶でさっぱりヨーグルトサラダ。 酢と生姜を加えることでサバの臭みが消えて食べやすくなる」(38歳/主婦) 「味噌にサバ缶ときゅうりのたたきを和えたものにマヨネーズと一味を加えておつまみに」(48歳/主婦) 「サバの水煮にトマトと水菜とモッツァレラチーズを混ぜてサラダにする。 ドレッシングはサバの油があるので使わなくてよく、健康的」(44歳/総務・人事・事務) 「水煮を使って大根サラダ」(64歳/主婦) 「サバ缶の味噌煮とマヨネーズ、スナックえんどうを混ぜると、簡単サラダができます」(40歳/その他) サバ缶の油がドレッシング代わりになるので、ボリューム感もあってお得感もあるのがサバ缶サラダ。 パクチーやクミンシードなど加えてスパイシーなアレンジもよさそうです。 「味噌煮缶を使い、キュウリやタマネギの千切りを混ぜて、マヨネーズで和え、冷蔵庫で冷やして食べます」(60歳/その他) 「味付けサバ缶にタマネギのスライスを和えて、レモンの輪切りをのせる」(30歳/総務・人事・事務) 「サバ水煮缶。 冷やしたオニオンスライスと和風ドレッシング。 あっさり」(33歳/その他) 「サバ水煮缶とタマネギとトマトのサラダです」(53歳/その他) 「サバ缶にたっぷりのタマネギとゴマ油を混ぜて食べる」(40歳/主婦) 「サバ缶とタマネギ、マヨネーズを和えて、そうめんのトッピングにし、青じその千切りをのせる」(49歳/主婦) 「サバ水煮缶とキュウリ、水にさらしたタマネギをそうめんにのせ、麺つゆとオリーブオイルをかけて食べるとおいしい。 タマネギのスライスとレモンの組み合わせは見た目も爽やかで、レモンの酸味が暑さも吹き飛ばしてくれそうです。 「サバ缶と梅としそを混ぜる」(40歳/主婦) 「サバの水煮に、マヨネーズと柚子胡椒を混ぜるだけ。 千切り大根とコーンの缶詰とサバをマヨネーズとワサビで和える。 ちょっとピリッとしておいしい」 48歳/コンピュータ関連以外の技術職) 「サバ缶をさっと洗い、ニンニクと生姜を混ぜてごま油で和える。 おかずになる」(65歳/学生・フリーター) 「焼きナスを冷やしてサバの味噌煮をかける」(38歳/学生・フリーター) どれも酒のつまみになりそうな一品ばかり。 混ぜるだけ、というのも簡単でいいですよね。 「つまみがない!」なんていうときにぜひ作ってほしいです。 「サバの水煮と生姜、ネギを味噌味で甘辛く煮る。 冷やして食べても美味しい」(42歳/主婦) 「切り干し大根や人参と煮込んで冷蔵庫に入れると、味が染み染み」(42歳/その他) 「サバ缶の水煮とホールトマトをコンソメで煮る。 冷やしても美味しい」(41歳/主婦) 「サバの水煮と冬瓜を煮て、冷やして食べる」(36歳/主婦) 「煮る」の一手間加えることで味が染み込んで、さらに美味しくいただけそうです。 冷めたくしても美味しいので、お弁当のおかずにもよさそうですね。 冷たいサバ缶アレンジ料理、いかがでしたか。 水煮と味噌煮それぞれの味を生かした料理がたくさんあるので、気分によって使い分けるとさらにバリエーションが広がりそうです。 うどんや冷や汁、サラダとどんな料理にも合うので家にぜひ数缶ストックしておきたいですね。 文/清土奈々子.

次の