韓国 わらかん。 おーるじゃんる

キムチ速報

韓国 わらかん

三浦春馬さん、東出不倫バッシングに異論「国力を」 俳優三浦春馬さんが18日、都内の自宅で亡くなった。 30歳だった。 自殺と見られる。 詳しい死因などは分かっていないが、今年1月には、スキャンダルを報じられるなどした有名人に対するネット上のバッシングが激烈を極める現状に「立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」との思いをツイッターでつづるなど、まじめな一面を見せていた。 当時、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(23日公開)で共演した俳優東出昌大の不倫報道が世間を騒がせていた。 三浦は「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。 皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」と異論を唱え、「国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」との思いをつづり、賛否両論を生んでいた。 野党政局なんか見たくもない。 それでもなお、今のタイミングで(合流を)やるなら、相当の大義を示さないと理解は得られない」と述べた。 玉木氏は「細かいところまで一致させなくとも、大きな政策の柱はいくつか合意しないといけない。 (国民は)『何する政党なんですか』と思うわけだから、時間をかけても一致させようと提案している」と語り、理念や政策も立民と協議する意向を示した。 一方、同じ番組に出演した自民党の甘利明税調会長は野党合流の動きについて「一周周って民主党。 新民主党というには顔ぶれが一緒だし『再民主党』というのがいいんですかね。 まあ頑張ってください」と冷たいエールを送った。

次の

韓国の地図では日本が異常に小さく書かれていると聞いたことが...

韓国 わらかん

TPPは昨年12月末、日本やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど11カ国が参加して発効した。 世界総生産(GDP)の約13%、総人口で約5億人を抱える巨大な自由貿易圏が誕生した。 今年に入り、参加国は閣僚級会合を開き、今後、新規参入を希望する国に必要な手続きを話し合った。 会合では「すべての参加国が賛成しなければ新規加入は認めない」という方針を確認した。 韓国政府は今年に入り、TPP加入をめぐって担当各省が本格的検討に着手していると報じられている。 だが、日本政府では、1965年の日韓請求権・経済連携協定に違反する元徴用工訴訟や、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」した2015年の日韓合意を平然と破る、文政権のひどい対応などを踏まえて、「韓国はTPPの約束事も守らないだろう」(日本政府関係者)との見方が強まっている。 韓国への対抗措置としては、「関税引き上げ」や「送金停止」「ビザの発給停止」など100前後の選択肢がリストアップされている。 「TPPの加入拒否」も当初から含まれていた。 これに対し、以下韓国人の反応 ・日本はまるでギャングのような国だな。 ・日本はこれが制裁になると本気で思っているのか?(笑) ・元々韓国はTPPに関心がないんだよ。 韓国はTPP加盟国の大半の国とFTAを発行しているからな。 アメリカも中国もいないTPPなどゴミ同然だろ。 ・なぜ我々が日本に頭を下げてまでTPPに加入しなければならないのか? ・どうやら日本人は我が国が困り果てているという妄想をしているようだ。 ・これは日本の国内向けのパフォーマンスだろ。 自民党の支持率を上げる為のな。 ・日本にここまでやられているのに、まだ日本に旅行に行くつもりか? ・我々はまず日本への半導体の輸出をやめよう! ・我々は日本車に報復関税を掛けるなどの対応をするべきだ。 報復は貿易収支が赤字である韓国の方が有利なはずだからな。 2020年2月2日• 2020年1月12日• 2020年1月10日• 2020年1月5日• 2020年1月1日 本日の人気記事• 5 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments• 4 views 0 comments スポンサーリンク.

次の

韓国の地図では日本が異常に小さく書かれていると聞いたことが...

韓国 わらかん

三浦春馬さん、東出不倫バッシングに異論「国力を」 俳優三浦春馬さんが18日、都内の自宅で亡くなった。 30歳だった。 自殺と見られる。 詳しい死因などは分かっていないが、今年1月には、スキャンダルを報じられるなどした有名人に対するネット上のバッシングが激烈を極める現状に「立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」との思いをツイッターでつづるなど、まじめな一面を見せていた。 当時、映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(23日公開)で共演した俳優東出昌大の不倫報道が世間を騒がせていた。 三浦は「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。 皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う」と異論を唱え、「国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」との思いをつづり、賛否両論を生んでいた。 野党政局なんか見たくもない。 それでもなお、今のタイミングで(合流を)やるなら、相当の大義を示さないと理解は得られない」と述べた。 玉木氏は「細かいところまで一致させなくとも、大きな政策の柱はいくつか合意しないといけない。 (国民は)『何する政党なんですか』と思うわけだから、時間をかけても一致させようと提案している」と語り、理念や政策も立民と協議する意向を示した。 一方、同じ番組に出演した自民党の甘利明税調会長は野党合流の動きについて「一周周って民主党。 新民主党というには顔ぶれが一緒だし『再民主党』というのがいいんですかね。 まあ頑張ってください」と冷たいエールを送った。

次の