ブラッド ピット 最新 映画。 ブラッドピットの傑作・代表作!おすすめ映画を紹介します

ブラッドピットの傑作・代表作!おすすめ映画を紹介します

ブラッド ピット 最新 映画

5月13日 18:30 『ワンス・アポン・ア・タイム・ハリウッド』 19 で第92回アカデミー賞助演男優賞を受賞し、30年以上のキャリアでついにオスカー俳優の仲間入りを果たしたブラッド・ピット。 その授賞式の場では、俳優としての円熟期を迎えたハ… 2月12日 21:50 ジャネール・モネイが歌う映画『A Beautiful Day in the Neighborhood』 19 の楽曲で始まった第92回アカデミー賞は、既報の通り、歴史が大きく動いた夜となった。 授賞式から一夜明けた2月1… 2月10日 10:15 現地時間2月9日 日本時間10日 、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催中の第92回アカデミー賞授賞式。 見事、助演男優賞に輝いたのは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 19 のブラッド・ピットだった。 … 2月8日 21:00 日本時間2月10日 月 の朝に授賞式が行われる第92回アカデミー賞。 毎年、映画ファンの間で様々な受賞予想が行われるなど、その結果に全世界が注目している。 その授賞式に先がけて今回は、賞レースにも精通した映画ライターたちに、… 2月5日 13:30 現地時間2月2日、英国ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて、第73回英国アカデミー賞 BAFTA Awards が開催された。 米国アカデミー賞授賞式の開催日前倒しに伴い、今年は英国アカデミー賞も約1週間早く行われ… 2月2日 12:00 第92回アカデミー賞ノミネート昼食会が、1月27日 現地時間 、ロサンゼルスのハリウッド&ハイランドにあるボールルームで開催された。 通常だとビバリーヒルトンホテルが会場となるのだが、今年はアカデミー賞自体の開催が例年よ… 1月9日 12:00 米ロサンゼルス現地時間1月5日に行われた第77回ゴールデン・グローブ賞で、ブラッド・ピットの助演男優賞など最多3冠に輝いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブルーレイ&DVDが1月10日 金 にリリース… 9月25日 17:30 9月に入って2度目の3連休となった、週末21・22日の映画動員ランキング。 前… 9月21日 09:30 ハリウッドのトップスターで、いまやオスカー作品賞受賞作を3作も手掛けた名プロデューサーでもあるブラッド・ピットが、製作も務めた最新主演映画『アド・アストラ』 公開中 で来日。 本作で初めて宇宙飛行士役にトライし、ヘルメッ… 9月16日 12:00 日本でも絶大な人気を誇る世界的ハリウッドスターのブラッド・ピットと「メン・イン・ブラック」シリーズや日本のCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズをはじめとする豪華キャスト陣が共演する『アド・アストラ』が9月20日 金….

次の

ブラッド・ピットが語る俳優、プロデューサーとしての未来。憧れはデヴィッド・ボウイ

ブラッド ピット 最新 映画

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像(リック・ダルトンとクリフ・ブース) このたび公開されたのは、人気のピークを過ぎたTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)が、実在したプロデューサーであるマーヴィン・シュワーズ(アル・パチーノ)から自身のキャリアが下降していることを指摘され、イタリアに行ってマカロニ・ウエスタンに出るように勧められて落胆した後のシーン。 ヒッピーの女性たちが街中でゴミをあさる様子が映し出された後、リックが「5年は上り調子。 10年もぬるま湯状態。 そして一気にどん底へ」と動揺した様子で、スタントマンであり自身の運転手でもあるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)に今までのキャリアについて語る。 だがクリフは、「俺にはろくなキャリアがない。 「何を言う。 俺のスタントマンだろ」とクリフに反論するリックだが、「俺は運転手、雑用係だよ。 お前を乗せて走ったり家の用事や留守番するのが好きだが、最近フルタイムでスタントをしてない。 俺から見ればローマで映画に主演って死ぬよりマシだぜ」と、リックを安心させるようにクリフが説く。 現在のハリウッドではあまり見られなくなったが、本作で描かれるリックとクリフのように、1人の俳優に決まったスタントマンが付いてキャリアのほとんどを一緒に過ごすことはよくあることであったとピットは語る。 続けて、「例えば『大脱走』で素晴らしいチームワークを見せたスティーヴ・マックイーンとバド・エキンズ、それにバート・レノルズとハル・ニーダムについて話し合ったよ。 実はバートとは会って話を聞くことができたんだ。 素晴らしい経験だったよ。 今のように一時的な付き合いと違って、役者とスタントマンの間には、昔はもっと強い絆があったんだ。 クリフとリックも、本当にお互いに頼り合っている。 実際に仕事をしている時よりも、仕事がない時の方が辛かったりするものだから、そういう時に友達、パートナーがいることはとても大事なことだった。 これは、今だってそうだよね」と、2人の関係性について、そして今の役者の状況についても分析。 また、ピークを過ぎた俳優リックを演じたディカプリオが、「ブラッドが演じているクリフは、単なるスタントダブルではなくて、どちらかというと、スイス・アーミーナイフのような万能の存在だと僕は考えているんだ。 愚痴を聞いてくれる相手であり、精神科医であり、ボディガードであり、アシスタントであり、ありとあらゆるものなんだ。 リックはクリフに報酬を支払い、12もの仕事をしてもらっている。 リックはクリフに仕事を与えているけれど、常にそばにいて支えてもらっているんだ。 僕にもそういう人たちがいたよ。 アフリカに8カ月もいる間、一人でいたくないときに、ただ黙って一緒にテレビを見てくれるような人がね」と語るように、俳優にとってスタントマンは、仕事だけでなく精神的な支えでもあるのだ。 実は、ディカプリオが演じる俳優リックは、何かと自信を失いがちで、困難にぶつかると人目をはばからず泣き出してしまうという小心者な一面を持ち、本映像のようにクリフに精神的に支えられるシーンが本編でも多く散りばめられている。

次の

映画『マリアンヌ』ブラッド・ピット主演最新作、愛する妻を信じぬく姿が胸を打つ至高のラブストーリー

ブラッド ピット 最新 映画

youtube. 『ジャンゴ 繋がれざる者』 (2012)でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの 2大スターの豪華顔合わせが注目を集めている話題作だ。 舞台は1969年のロサンジェルス。 詳しいストーリーはまだ明かされていないが、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したという。 解禁されたポスターに映し出されているのは、ともにタランティーノ作品でその演技力を大いに飛躍させたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの豪華2ショット。 タランティーノ作品2作目となる本作での二人がどんな新しい顔を魅せてくれるか期待がよせられている。 もう一枚のポスターが捉えているのは、当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テート役のマーゴット・ロビー。 『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたマーゴットが、今回はタランティーノ映画のミューズに選ばれ、輝くようなブロンドと、60年代ファッションに身を包んだしなやかな肢体を披露している。 今回解禁された特報には、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が登場。 クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは最高の役者よ」とささやかれリックが涙ぐむ姿などが描かれている。 また今回映像には登場していないが、先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーも本作に出演しており、映画作品としては遺作となっている。 そのほかの共演陣も実に豪華な顔ぶれが揃っている。 50年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノ、『ヘイトフル・エイト』のブルース・ダーンらハリウッドの重鎮を筆頭に、『アイ・アム・サム』 2001 で天才子役の名をほしいままにした ダコタ・ファニング、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、『レザボア・ドックス』(1991)、『ヘイトフル・エイト』のティム・ロス、マイケル・マドセン、『デス・プルーフin グラインドハウス』 2007 、『ヘイトフル・エイト』のカート・ラッセルなどタランティーノ作品ではおなじみの面々も顔を揃えている。 ほかには『イン・トゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『ダイ・ハード 4. 0』 2007 のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』 2018 のダミアン・ルイスなどの新旧実力派が脇を固めている。 全米公開は 2019年7月26日、日本公開は 2019年秋予定。

次の