サイレーン ドラマ 動画。 サイレーンの動画配信サービス|ドラマ見逃しフルを無料で視聴!

サイレーンの動画(ドラマ)を1話〜最終回まで無料視聴|PandoraやDailymotionも

サイレーン ドラマ 動画

サイレーンのあらすじ 警視庁機動捜査隊員の里見(松坂桃李)は、 隊の先輩であり相棒の夕貴(木村文乃)と結婚を前提にお付き合いしています。 ですがお付き合いがバレると即異動! 2人の交際は周囲には秘密なのです。 ある日のパトロール中、女性の変死体が発見されたと聞き現場へ急行する2人。 すでに到着していた刑事課の速水(北山宏光)に嫌味を言われ夕貴は面白くありません。 里見は関係者の聴取を始めますが、カラオケ店で見た覚えのある美女・カラ(菜々緒)が 「家にいた」とウソをつくのが気になります。 そしてカラが夕貴に向ける視線に異様なものを感じ取り、嫌な予感が……。 その翌日、里見と夕貴の前に再び姿を現すカラ。 夕貴はカラに名刺が欲しいとせがまれますが、応じませんでした。 するとカラは、夕貴と里見が半同棲をしているアパートを調べ、 その向かいのマンションに住む渡(光石研)に取り入って、渡の部屋に転がり込みます。 カラのターゲットにされてしまう夕貴ですが、当の夕貴はそんなことには全く気付きません。 それよりも、里見との関係が警察官の父・文一(大杉漣)にバレたと知って落ち着きません。 そんな折、新たな女性の変死体が発見されます。 全裸に白いソックスを履き、口の中にもソックスが詰められた異様な遺体……。 里見は、上司の安藤(船越英一郎)に「連続殺人ではないか」と提案しますが 全く相手にされませんでした。 その夜、里見が自宅で「シリアルキラー(連続殺人犯)」の本を読んでいると、 「シリアルキラーはしばしば被害者をストーキングする」とあり、 カラの顔を思い出します。 数日後に犯人像を考えていた里見の前に、タクシーの乗り込むカラの姿が……。 事件はさらに遺体が発見され、いよいよ連続殺人の様相が濃くなっていく。 現場検証に来た里見と夕貴は被害者の携帯電話に被害者女性たちの写真を確認します。 遺留品の中には、里見の家にもある「シリアルキラー」の本が……。 サイレーンのメインキャスト 松坂桃李 里見 偲:松坂桃李 警視庁 機動捜査隊所属。 相棒の夕貴とは恋人同志だが、バレると異動になるため、関係は秘密。 体力自慢で、捜査方針に納得がいかないと勝手に捜査をすることも…… 苦笑 身体能力抜群の機動捜査隊員・里見を演じる松坂さんは、 トレーナーの指導を受け、多くのアクションシーンに吹き替えなしで挑戦しています。 中でもマンションの2階からトラックの上にジャンプし、地上に飛び降りてダッシュという 連続アクションには、「本当にやらされるんだ……」と思ったと、 本音もポロリと漏れました 笑 夕貴もキソウの隊員ですから、松坂さん同様にアクションシーンが多数あります。 こちらもやはり吹き替えなしなので、木村さんはクランクイン早々 バンソコが絶えないとの噂も……。 「マザーゲーム(2015年・TBS)」ではシングルマザー役に挑んだ木村さんの キリッとした刑事姿にドラマへの期待も高まります。 里見の相棒で恋人だが、捜査一課を目指すライバルでもある。 里見と半同棲中。 勤務先での殺人事件をきっかけに里見と夕貴に出会う。 何故か夕貴に興味を示し、里見宅の向かいに住む渡の家に転がり込む。 悪女役がすっかり定着してきた菜々緒さん。 ミステリアスな美女・カラもピッタリですね。 実はドラマポスターの聖母は特殊メイクをされた菜々緒さんなんですね~。 カラが聖母の姿をしている意味も気になります。 「ファースト・クラス(2014年4月期/10月期)」は攻撃的な女王様系美女を演じましたが、 カラでは菜々緒さんの目力の演技に期待したいです。

次の

「サイレーン」のドラマを動画フルで1話から最終回まで無料視聴する方法!Dailymotionやフリドラ、パンドラからDVDレンタルや動画配信比較も|映画と動画を楽しむ会

サイレーン ドラマ 動画

日本のテレビドラマは各クールごとに様々な内容・ジャンルのものが作成・放送されています。 人それぞれ好き嫌いはありますが、 そのなかでも高い需要を保ち続けているジャンルとしてミステリー・サスペンスやドロトロとした人間関係などがそうですね。 私もサスペンスものが好きな一人でして、これまでに様々なドラマを見てきました。 ドラマを見る事に費やした時間は誰にも負けないと自負しています。 たくさんのドラマを見るなかで正直当たり外れはありました…。 見なければよかったと思うものもあります。 そのなかでも非常に衝撃を受け続けたドラマに最近出会いました。 今回は私がおすすめする、あるドラマを紹介したいと思います。 面白くない・つまらないと感じるドラマも沢山見てきました 私は日本ドラマの中でも人間関係のもつれやシリアスな内容のものは各クールごとで可能な限りほとんど見ています。 見ることができなかったものは再放送やレンタルでもれなくチェックするほどです。 そのなかで共通したパターンや内容のものも存在しており、既視感を覚えるドラマもありました。 そのようなドラマは見ていて飽きるような感覚を覚えてしまうことも多いですが、見出したら最後まで見ないと気がすみません。 でも時間を損した気分にもなり、その間に別のドラマを探せばよかったと思う事も…。 また公式サイトや口コミをしっかり見たり、あらかじめ評判を確認したり聞いておけば良かったなとつくづく反省する事もあります…。 ドラマ「サイレーン」のあらすじ・キャスト・ネタバレ 日々いくつものドラマを見ている私ですが、 ここ数年で私が最も衝撃を受けたドラマは「サイレーン」というタイトルのドラマです。 このドラマは2015年10月20日より開始しており、出演者は松坂桃李や木村文乃・菜々緒など非常に人気と実力を兼ね備えた面々が主要キャストを担っています。 あらすじとしては主人公の里見偲 松坂桃李 と猪熊夕貴 木村文乃 は同じ警察署で勤務している同僚ですが、実は職場には秘密で交際しています。 仕事とプライベートをしっかりと切り替えて過ごす二人ですが、ある日連続猟奇殺人事件を捜査することになりました。 その途中で橘カラ 菜々緒 という女性と出会います。 初めから里見偲は橘カラに違和感のようなものを感じていましたが、その程度で留めていました。 しかしその後も続く様々な事件で橘カラは何かしらの形でかかわっています。 それは間接的であったり直接的であったり様々です。 そして徐々に里見偲に近づいてくる橘カラに対して里見偲はこれまでの事件との関連性も考慮して疑いの目で見ています。 そして彼女に対して調査を始めることにしました。 しかし調査対象となるほどのきっかけはなく里見偲しか事件との関りを深く知りませんでした。 そして恋人である猪熊夕貴にもある事情で隠して個人的に調査することとしました。 そのある事情とは、里見偲に近づくことと並行して猪熊夕貴と友人関係を深く築くことに橘カラが成功していた事です。 その方法は巧みであり、スポーツや恋愛など共通の話題から入りつつ、事件に対して小さなアドバイスを猪熊夕貴に与えていきました。 それにより橘カラは必要性のある友人であると思い込ませ、信用を勝ち取っていきました。 しかし里見忍がどこまで調査してもなかなか事件との関係性や違和感の正体は見つかりません。 そして強硬手段に出ました。 同じエレベーターに乗り合わせた時に壁に追い込んで問い詰めました。 しかし扉があくと同時に外には猪熊夕貴が立っており、橘カラの唇を触る仕草から浮気を疑うようになりました。 里見忍も橘カラも信用している猪熊夕貴にはなにが本当かは定かではありませんでしたが、状況から判断して浮気と思ったようです。 しかしそれも橘カラの計画でした。 あらかじめ二人の行動を予測・調整しておき、然るべきタイミングで二人の関係性を乱すようにしていました。 そして徐々に二人の恋人関係は悪化していきます。 それに合わせて橘カラの計画が本格的に指導します。 徐々に事態は悪化していき、里見偲は騙されて警察に追われ、猪熊夕貴は裏切られて拉致・監禁されてしまいます。 何とか猪熊夕貴を救い出した際、橘カラは不運にも亡くなってしまいました。 二人はこれですべてが終わり、元通りになると思っていました。 しかし救出後の猪熊夕貴に対して里見偲は微妙な違和感を感じます。 そして違和感を感じつつ過ごす中でついにその違和感の正体に気付きました。 そしてすべての真相が明らかになったとき、橘カラのこれまでの行動と目的・二人を巻き込んだ理由が明らかになります。 サイレーンが面白いと感じるポイント ストーリーの後半についてはあえて細かくは書きません。 それはあなたにそのすべてを見てほしいからです。 これまでのシリアスなドラマでは証拠や状況をすり合わせていく中で犯人につながっていくことが多かったです。 しかしサイレーンでは初めのころから橘カラの危険性を積極的に出し、殺人・事件を犯していく様が非常に強く描かれています。 またその姿にはサイコパス要素を含んでいます。 そのためこれまでのサスペンスとは違い、犯人の精神的側面の問題性にも着目した演出となっています。 また多くの人の命や事件を巻き込みながら計画的かつ確実に事を進めていく様には背筋が凍るような刺激を受けます。 そして展開は各放送話ごとで大きく変わっていきますが、最後の最後まで橘カラの動機は謎のままです。 そのため途中で推理することが好きな人にとっては非常に魅力的であり、最後にすべての答え合わせが出来ます。 そして人間関係のもつれや事件性が好きな人にとっても飽きることなく最後まで見ることが出来る作品と言えます。 そして内容に加えてキャストの魅力も非常に溢れており、 見ないと損しかないと言って過言ではありません。 国内ドラマ「サイレーン」のあらすじ・評価 まとめ サイレーンでは橘カラという一人の女性が二人の生きる世界を大きく変えていきます。 そしてそれには人の命をも巻き込みながらも着実に自分の目的にたどり着いていきます。 その過程で人が変わっていく様・謎は深まり続ける展開は見ている人を刺激するには十分すぎるほどと言えます。 私にとってここ数年間の間で最も勧めることが出来るドラマです。 一度見出したら止まらないので、是非とも一度見てください。 ,この記事がお役に立ちましたらシェアお願い致します。

次の

サイレーン ドラマ あらすじ・キャスト人物相関図

サイレーン ドラマ 動画

里見偲と猪熊夕貴は、上司と一緒に行っていたカラオケ店で犯罪に遭遇するのですが、そこには、偶然ある人物もいました。 そして、ある日、殺人事件がきっかけで里見偲とキャバクラに行くのですが、そこにカラオケ店にいた橘カラが働いていました。 猪熊夕貴は、同じジムに通っているということもあり、段々橘カラと親しくなっていきます。 橘カラは、本当に、とても美しい女性でした。 そして、橘カラに2人が出会い始めたころから、残酷な殺人事件が起きていきます。 とても印象に残っています。 松坂桃李さんのアクションの場面がすごかったです。 それに、ストーリーも本当にこったものでした。 最終回まで、本当に見逃せないという感じの作品で、一度見始めたら、やめられないと思います。 すごいストーリーに引き込まれました。 最後の方は、特に気持ち悪くて、怖くてぞっとしました。 殺人事件の犯人が橘カラだということは、わりとすぐわかるのですが、橘カラの目的は何なのか、一体何をしたいのかはなかなかわかりませんでした。 本当に、とてもおもしろかったです。

次の