子猫 食べ 過ぎ。 子猫の育て方!離乳食を食べさせる時の注意点とは?

子猫の食べ過ぎは危険!餌でお腹がパンパン…原因と対策方法

子猫 食べ 過ぎ

2ヶ月半になる頃に引き取りました。 引き取り先では一般食の缶詰の上にカリカリをかけたり、いなばの焼きかつおなどのおやつを与えていたそうです。 引き取った翌日に病院に連れていきましたが、痩せすぎだと言われてしまいました。 超多頭飼いで1匹1匹の管理が難しく、よく食べていたと伺っていましたが、食べていたのは缶詰とおやつの可能性があります。 そのせいなのかカリカリを食べてくれません。 カリカリだけ与えていたら砂かけされ、やっと手から食べた2粒も吐きました。 ふやかしてもミルクを振りかけても見向きもせず、ウェットに混ぜるとウェットまで食べません。 子猫が食べるべき量の半分も食べているか微妙な所です。 ウェットばかりだと顎も弱くなるだろうし歯石も心配です。 何とかカリカリを食べれるようになってほしいのですが、どうしたら良いでしょうか? 今、様々なメーカーのサンプルを注文中です。 それでも食べてくれなかったらどうしようと日々悩まされています。 再レスです。 そういう場合であれば子猫用たべさせたほうがいいですよ、 というか、子猫時と成猫では必要栄養素が違うのと 子猫用は成猫用の2倍以上のカロリーなので、 痩せているのも成猫用を与えていたためだと思われます。 成猫でも小食な子は子猫用を食べさせますしね。 成猫用でもいいなら、 うちの子がフードジプシーになったときに利用したサイトがこちらです。 お試しサンプルが買えます。 EVOもなくなったようですので、 あとは、下記くらいかと思います。 オリジン 6フレッシュフィッシュ アカナ パシフィカキャット ナチュラルチョイス アダルト サーモン ソリッドゴールド フィット アズア フィドル ピュリナワン インドアキャット サーモン ご参考までに、大変ですが頑張ってください。

次の

子猫の育て方!離乳食を食べさせる時の注意点とは?

子猫 食べ 過ぎ

いわゆる一匹狼っぽいのですけど、妙になれなれしくなく、そこが猫の魅力と思ってもいいでしょう。 そんな猫でも、子猫はついてきますね…そんな子猫がついてくる理由をご紹介します。 スポンサーリンク 子猫がついてくる心理 子猫がついてくる心理というのはどういったものでしょうか。 基本的に考えられるのは、甘えたいとかエサがもらえるかもしれないという理由でしょうね。 その他にも、またさびしくてしょうがなくて、撫でてもらいたいということでしょう。 それと周りに他の猫もいない独りぼっちのときなんかは、心細さもあって人間についてくるんだと思います。 人間てよほど子猫にとっては人畜無害に見えるってことでしょうか。 エサをくれるかもしれない 子猫がついてくる一番の理由は、エサをくれるかもしれない…ということに尽きると思います。 特に野良の子猫だったら、エサをくれるかもしれないと思うのはとても大きいですよ。 犬と違って猫ってあちこちにいますから、野良の子猫だったら生きていくために食べていかなければいけませんから、人間に対しても不用心についてくるのはそのためなのです。 ですから、隙あらばエサをもらおうとしているのは間違いないですよ。 誰でも経験があると思いますけど、公園で弁当を食べているといつのまにか子猫が寄ってきて…なんてことがありますよね。 それよりもハトのほうが多いかもしれませんけど。 無闇にエサをあげるのって大丈夫? 子猫のかわいい目で見つめられてしまうと、ついつい何か食べ物をあげたくしまいます。 実際にあげている人も多いですよね。 野生の動物にエサをあげてはいけないという不文律のようなものがあります。 それでも、普通にその辺にいる子猫は、野良であっても野生の猫ではないですから、そこまで神経質になる必要はないでしょう。 癖づいていつまでもついてくるというのは避けたいところです。 いちおう縄張りがあるらしいけど 子猫は賢い動物ですから、エサをくれた人の顔はきちんと覚えてるんですよ。 ですから、一度エサをあげると公園に行くたびに子猫が寄ってくるようになるかもしれません。 野良だと、自分の縄張りというのが決まっているので、そこから出るとそれ以上はついてこないんです。 一方で捨て猫となると、話が違っていて、元々縄張りなんかはありませんから、いつまでもついてくるから厄介ですけどね。 撫でられるのが好きだから やはり子猫は撫でられるのが大好きですからね。 猫にもいろいろあって、警戒心の強い猫は撫でられるのを嫌がるのですけど、警戒心のない子猫は撫でて欲しいのでついてくるんです。 飼い猫でも野良猫でも子猫となると一緒ですね。 しかし、野良の子猫の場合は、近くにお母さん猫がいるかもしれないので注意が必要です。 というのも、人間の臭いが付いたら子猫はお母さん猫に捨てられてしまう可能性があるからです。 このあたりは十分に注意してください。 子猫の場合はまだまだ、生まれてまもなくで人生経験なんかまるでありませんから、人間の恐ろしさや怖さというものがわかってないんですよ。 反対にいつまでも、人間に寄ってくる猫は、飼い猫が捨てられて人恋しさで寄ってくることが多いのではと思いますよ。 親離れしていない 子猫がついてくる理由として多いのは親離れをしていないことですね。 これって、思うんですけど、人間を母猫と勘違いしているんじゃないかなって思います。 こういった子猫って母猫に捨てられたか、独りぼっちなっている状態が多いですから、保護するなりなんとかしたほうがいいのですけどね。 かわいいですから、何とかしなくちゃいけないって気になるんですよ。 スポンサーリンク 母猫から威嚇されて寂しい場合も 子猫の場合はいつかは親離れ、母猫の場合は子離れをしなくてはいけません。 その日はある日突然にやってくることが多いんです。 母猫の気持ちはよくわからないのですけど、お乳が出なくなったときなのか、子猫が一人で食べ物を調達できるようになったのか、何か判断材料があるのでしょう。 そんなときは、近寄ってくる子猫を威嚇するようにして、子猫に親離れをさせるんです。 子猫の場合はまだまだ母猫が恋しいですから、寂しいですよね。 だからこそ人間にもついてくるんだと思うんです。 人間を母猫と思っている 子猫が人間についてくる理由として多いのは、人間をお母さんと思っているからですよ。 実際に、母猫と思うことは多いようですし、哺乳瓶でミルクをあげていたら間違いなく母猫と思うでしょう。 いずれにしてもそうなった場合は、子猫の生殺与奪の権利を握っていることになるので、責任を持って子猫を育てるしかないかもしれませんね。 飼い主さんが好きだから 子猫が単純に飼い主さんのことが好きだから、飼い主さんがどこにいくにもついてくるんですよ。 ほんとにかわいいのですけど、これって子猫のときだけで、大人になってもずっとついてくるということはありません。 エサがほしいとかかまってほしいときは別ですけど、どこでもかしこでもついてくるのは子猫のときだけですよ。 猫というのは移り気な性格ですから、ずっとこうだといった決まり切った性格ってないような気がするんですよね。 ずっとなついてくれない…と思ったほうがいいのかな。 それでも、ついてこなくなって、飼い主と飼い猫の関係は続いていきますから、それはそれで肩の力が抜けたようないい関係になりそうですよね。 子猫がついてくるのは何かを訴えている? 自分の生存のために子猫は人にすり寄ってくることが多いです。 エサ以外でついてくるということでしたら、なにかを訴えていることもあるんですよ。 体調が悪いときもついてくる場合があります。 ときには泣くだけでついてくる体力のない場合もあるのでそのあたりの見極めも必要ですね。 なぜ子猫はついてくるのか、その理由を猫の心理と付き合わせて考えてみたいですね。 子猫がついてくるには理由があるのは間違いないんです。 それはエサが欲しいとか甘えたいというものから、他にも様々なことがあるんです。 子猫がついてくるのだったら、何故なのかその理由を考えてみましょう。 子猫の心理を考えることで、子猫に対する接し方も上手になっていきますよ。 スポンサーリンク - , , , ,.

次の

子猫が餌を残すのはご飯を食べ過ぎなの?

子猫 食べ 過ぎ

猫のキャットフードの食べすぎは肥満がけがや病気につながることも! 今まではこんなに食べていなかったのに?これってもっと餌がほしいっていう要求?そんな猫の行動に飼い主としても不安になることでしょう。 なぜ、食べ過ぎてしまうのか、そんな疑問を解消していきましょう。 猫のキャットフードの適量とは 野生動物は自分に必要な餌の適量がわかっていると言われています。 猫も同様。 人に飼われる歴史が長いとはいえ、まだまだ野生の本能や習性は残していて、餌をたくさん用意してもその時に必要な量だけを食べると満足していなくなります。 ただ、中には食べ過ぎてしまう猫さんもいるようで、食べすぎによる肥満がけがや病気につながることも! 今まではこんなに食べていなかったのに?これってもっと餌がほしいっていう要求?そんな猫の行動に飼い主としても不安になることでしょう。 なぜ、食べ過ぎてしまうのか、そんな疑問を解消していきましょう。 この食べ過ぎは心配ない?一過性の食べ過ぎ。 妊娠中または子育て中の母猫や成長著しい子猫の場合、時として必要以上に食べ過ぎることがあります。 子猫なら成長に伴って、また、母猫なら子育てがひと段落すれば落ち着いてきます。 成猫でも、避妊や去勢手術をすると、生理的ストレスから解放されて食べ過ぎてしまうことがあります。 また、かつては野良猫だったけれど保護されて飼われた猫(保護猫)などは、空腹体験を持っていることが多いので餌があるときに食べられるだけ食べようとして食べ過ぎてしまうことがあります。 そんな猫でも、いつでも十分な餌が食べられるという安心感が得られれば、徐々に落ち着いてきます。 また、保護猫と同様、多頭飼いの場合も同じような傾向がみられることがあります。 他の猫に横取りされたり横取りしたりすると、不安感からか食べ過ぎてしまうことがあるようです。 普通の成猫なのに、なぜ食べ過ぎる? なぜ食べ過ぎてしまうのか、その原因を探しましょう。 子猫、母猫、また妊娠中の猫なら、食べ過ぎもそれほど心配はないですが、そうじゃないとすると、何が原因となるのでしょうか。 自由奔放で犬とは違って飼い主には甘えないよ・・・そんなフリを見せている猫ですが、ときに精神的飢餓状態に陥っている場合があります。 飼い主が子育てや介護でかまってあげられなくなった、または飼い主の仕事が忙しくなって留守をすることが増えたことが原因という場合もあります。 まるで飼い主をストーカーするように、絶えず追いかけてきては足元でニャアニャアと鳴き、空腹のふりをして甘えているという行動もとる猫もいます。 寂しかったり不安だったりしたために、精神的不安定におちいり食べ過ぎになることもあります。 この場合は、ある意味で問題行動の一つといえるかもしれません。 ただ、甘えたいだけなのに飼い主さんと関わりを持ちたいためにおやつを要求するという行動、多頭飼いでは珍しくありません。 食べ過ぎないためにすることは 猫は動物。 でも、私たち人間と同じと考えてみてください。 ねこ目線にたって、まずは生活環境を見直してみましょう。 何かでストレスを与えていませんか?猫が安心して暮らせているなら、一過性の食べ過ぎは徐々に解消されていくでしょう。 また、ガツガツ食べているけれども大丈夫?とその見事な食べっぷりで肥満の心配を感じたら、猫を真上から見てみましょう。 ウエストのくびれが見えていれば大丈夫。 肥満の心配はありません。 でも、残念ながらウエストがくびれず、既にナスのような体系になってしまっているなら、肥満対策が必要です。 本来なら、必要以上に食べ過ぎず、猫自身が食べる量をコントロールできるはず。 猫ってそういう動物なのです。 猫本来が持つ生きる力のようなものを引き出せる環境を作ってあげることが、猫を大切に思って飼うことへの第一歩なのかもしれません。 それでも、猫の様子を毎日見ている飼い主だからこそ気づく、「なんだかおかしい」。 そんなときは、迷わず動物病院に行きましょう。 癒し癒されの大切な家族。 少しの不安やストレスもなく、お互いに健康に暮らしたいですものね。

次の