北 朝鮮 の クリスマス プレゼント。 lg.ripley.cl : 北朝鮮、米国への「クリスマスプレゼント」を予告

ミサイル?衛星発射体?…北の“クリスマスプレゼント”とは?│北朝鮮│wowKora(ワウコリア)

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

2019年12月、朝鮮半島情勢 10月14日にヂョグク氏が法務長官を辞任するという事態にまで発展した。 ヂョグク問題は妻の拘束をうけて一段落した。 娘の大学入学の不正やファンドの不正などの疑惑をめぐって検察と弁護団の攻防戦となっている。 ニュースにはほとんど出ないようになっている。 メインの話題は、軍事情報包括保護協定( GSOMIA=ジーソミア)」 の破棄の延長を決定したことがまずある。 突然の延長決定だった。 筆者も11月のあのときには驚いたものだ。 ほぼ100%、破棄するといっていた文政権だった。 それがその日(だったか前日だったか)に破棄しないと発表したのだ。 米の圧力があったともいわれているけど、どこまでの圧だったかはわからない。 そして最近の 北朝鮮の挑発事態だ。 北朝鮮国防科学院は「13日22時41分から48分まで 西海( ソヘ) 衛星発射場で重大な試験が再び行われた」と14日に明らかにした。 この東倉里衛星発射場は昨年6月、シンガポール、米朝首脳会談当時、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)、 国務委員長がドナルド・トランプ米大統領に廃棄を約束した場所でもある。 北朝鮮は今月8日にも、西海衛星発射場で「重大な試験」を実施したと明らかにしている。 こうした北の挑発行為に対して米もこんなことをやっていると北に大きなダメージが発生するだろうと警告性のメッセージを出してはいるものの、 今のところ北の腹を探っているような様子だ。 北は以前、 経済制裁の緩和をしてほしい、今年12月末がその限度だとのメッセージを出している。 12月末までになんらかの緩和策が出てこない場合は、米にとってのクリスマスプレゼントがどんなものになるかわからないぞと脅しをかけていた。 ネットをみると、 朝鮮半島での戦争の雰囲気がだんだん高まってきているという内容も見られるようになってきた。 今後、北と米、北と韓国の関係がどうなっていくか。 この年末がまずはひとつの大きな山場となることはまちがいない。

次の

北朝鮮が選ぶ「クリスマスプレゼント」はICBM発射か~日本も覚悟が必要

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

[パームビーチ(米フロリダ州) 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、北朝鮮の「クリスマスプレゼント」を用意しているとの警告について、米国は「極めてうまく対応する」と述べた。 トランプ大統領は自身が所有するフロリダ州のリゾート「マールアラーゴ」で記者団に対し「われわれは何がサプライズなのか把握した上で、極めてうまく対応する」とし、北朝鮮が長距離ミサイルを発射した場合「どうなるか見てみよう」と述べた。 その上で「逆にいいプレゼントの可能性もある。 美しい花瓶などを送ってくれるかもしれない」と語った。 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は米国に対し、年末までに非核化協議で新たな譲歩を提示するよう要請。 北朝鮮外務省は今月3日、米国が「敵視政策」を撤回する期限である年末が近づているとし、年末にどんな「クリスマスプレゼント」をもらえるか決めるのは米政府だと警告した。 米軍関係者の間では、北朝鮮が長距離ミサイルの発射実験を実施する可能性があるとの見方が出ている。 *カテゴリーと写真を追加します。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

北朝鮮“クリスマスプレゼント”は衛星発射体?長距離ミサイル? : 日本•国際 : hankyoreh japan

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

(CNN) 北朝鮮で対米政策を担当するリ・テソン外務次官は3日、米国にクリスマスのプレゼントを贈ると予告し、その中身は米朝協議の結果によって決まると述べた。 非核化をめぐる米朝間の交渉が停滞するなか、北朝鮮は米国側に対し、年内に打開策を提示するよう求めている。 一部の専門家はリ氏のメッセージについて、長距離ミサイル実験を再開する可能性があるとの解釈を示す。 リ氏は国営メディアを通した声明で、米国が掲げる「対話」の本質は、北朝鮮を縛り付け、それを米国内の政治や選挙で有利に使おうとする「ばかげた策略」にすぎないと批判。 全ては米国自体がクリスマスプレゼントとして何を選ぶかにかかっていると主張した。 北朝鮮は2017年7月、米独立記念日の「プレゼント」と称して大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った経緯がある。 また朝鮮中央通信(KCNA)は4日、朝鮮労働党が国内外の重大問題を討議、決定するため、今月下旬に中央委員会総会を開くと伝えた。 専門家によれば、米国との協議の進展状況に基づいて今後の方針を定め、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が年明けの演説で発表するとみられる。 KCNAはさらに、正恩氏が軍馬に乗り、中国国境の白頭山を訪れた姿の写真を公開した。 白頭山は正恩氏の祖父、故・金日成(キムイルソン)主席が抗日闘争の拠点を置いた地として知られている。

次の