ダイハツ エッセ 中古 車。 エッセ(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

北海道 エッセ(ダイハツ)の中古車

ダイハツ エッセ 中古 車

基本装備• エアバック• ABS• エアコン• Wエアコン• パワステ• パワーウィンドウ• サンルーフ• スライドドア• 盗難防止システム• アイドリングストップ• センターデフロック• USB入力端子• 100V電源• ドライブレコーダー• ダウンヒルアシストコントロール• リフトアップ• Bluetooth接続• 安全装備エリア• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト• オートマチックハイビーム• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• スマートアシスト(次世代)• クリアランスソナー• オートライト• 自動運転• アダプティブクルーズコントロール• オートクルーズコントロール• レーンアシスト• パークアシスト• 自動駐車システム• 外装・内装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• ヘッドライトウォッシャー• 電動格納サードシート• DVD再生• ブルーレイ再生• ミュージックサーバー• ミュージックプレイヤー接続可• カーナビ• カセット• アルミホイール• 革シート• 3列シート• キーレス• ベンチシート• フルフラットシート• ETC• スマートキー• フロントカメラ• サイドカメラ• バックカメラ• 全周囲カメラ• エアサスペンション• ルーフレール• ランフラットタイヤ• チップアップシート• 後席モニター• ハーフレザーシート• パワーシート• オットマン• ウォークスルー• シートエアコン• シートヒーター• エアロ• ローダウン• 電動リアゲート.

次の

エッセ(ダイハツ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ダイハツ エッセ 中古 車

発売日 2010年04月01日 2010年04月01日 2010年04月01日 2010年04月01日 2010年04月01日 2010年04月01日 2010年04月01日 2010年04月01日 排気量 658 cc 658 cc 658 cc 658 cc 658 cc 658 cc 658 cc 658 cc エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン 燃費 - - - - - - - - 燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー 駆動方式 FF FF FF FF FF 4WD 4WD 4WD ミッション AT MT AT AT MT AT AT AT ハンドル 右 右 右 右 右 右 右 右 定員 4名 4名 4名 4名 4名 4名 4名 4名 最小回転半径 4. 4 m 4. 4 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 4 m 4. 2 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 4 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 4 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4. 2 m 4.

次の

ダイハツ エッセの挑戦 欧州車的な隠れた傑作!! 【偉大な生産終了車】

ダイハツ エッセ 中古 車

それが、2005年から2011年まで製造販売されたダイハツ エッセです。 フロント。 柔らかな自然な色をモチーフにした新開発のアコースティックカラー(ソリッド)5色を含む、全8色の豊富なボディカラーが設定された 5ドアハッチバックであるエッセのベースとなったのは6代目のダイハツ ミラですが、ミラとエッセでは搭載エンジンも内外装デザインもまったく違うため、「直接のベースモデル」というのとはちょっと話が異なります。 同時期のダイハツ タントなどは、ご存じのとおり軽自動車規格のサイズをフルに使い切って「より広く、より便利な車になる」ということを主眼にしていました。 しかしエッセは、全高も全幅も規格以下でした。 そのインテリアの各部は鉄板むき出しだったりもするのですが、そこをボディ同色に塗装することで「逆におしゃれ」という感じになっているのが、エッセという車が目指した世界観の典型的な例でしょう。 プレーンで安定感のある台形スタイルと、水平基調のラインを組み合わせた、シンプルなエクステリアデザイン 搭載されたエンジンは、当時のミラとは異なる新開発の3気筒12バルブ「KF-VE型」。 連続可変バルブタイミング機構「DVVT」により、低速域から高速域までなかなかの力強さを発揮しました。 このエンジンは多くの部品にアルミニウムや樹脂を積極的に採用することで、47kgという超軽量な単体重量を実現しています。 このKF-VE型エンジンはノンターボではありますが、その最高出力は軽自動車用エンジンの自主規制値である64psに迫る58ps。 さらには(グレードにより微妙に異なりますが)車重がおおむね700kgぐらいと「超軽量」であることと相まって、ダイハツ エッセの走りは非常に軽快なものでした。 またエッセはチューニング用パーツもそれなりに販売されていて、なおかつそういったパーツが効果的にハマる車でもありました。 それゆえエッセはいわゆる女子ウケをしただけでなく、「男子ウケ」も一部ではしていたのです。 そのためエッセは決して不人気車種ではなく、発売当初は年間5万台以上が売れていました。 さらにはモデルライフの終盤でも、3万台以上はコンスタントに売れていたのです。 しかしながらエッセは2011年8月、実質的な後継モデルであるダイハツ ミライースの生産が始まるため生産終了となり、同年9月には販売も終了となってしまいました。 しかしミライースは、「初代ミライース」ではなく「2代目ダイハツ エッセ」として登場しても良かったじゃありませんか? なぜ、「エッセ」というなかなかしゃれた車名はこの世から消えてしまったのでしょうか。 大きくて見やすいセンターメーターや、レイアウトや大きさを工夫したスイッチ類など、簡単・便利が一目で分かるすっきりと心地良いインテリアデザイン ……こればっかりは、ダイハツの中の人に聞かないと正確なところはわかりません。 それゆえこれは筆者の想像というか推測でしかないのですが、結局のところエッセは「ミラの派生モデルに過ぎなかった」ということなのでしょう。 非常によく出来た軽自動車であり、熱心なファンもそれなりに多いエッセでした。 そう考えると、次世代の省燃費技術「e:Sテクノロジー」を大々的に投入した次期主幹モデルに、傍流のエッセではなく、ダイハツにとって歴史ある大看板のひとつである「ミラ」の名前を使ったのは、まあ順当であり妥当なチョイスだったと言えるでしょう。 正直言えば、ミライースはミライースとして発売しつつ、シンプルな実用車を好む層向けに「2代目エッセ」も出してほしかったと、個人的に思います。 しかしダイハツも限りある資本のなかでやりくりをしながらビジネスをしていますので、いわゆる「車好き」の声をなんでもかんでも拾って製品化するわけにはいきません。 そういった意味で、エッセの消滅は「まあ仕方ない話ではあった」ととらえるべきなのでしょう。

次の