シャーロック ドラマ 海外。 スーパー!ドラマTV 海外ドラマ:エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY

海外ドラマの人気おすすめランキング15選【日本中でもヒット】

シャーロック ドラマ 海外

概要 [ ] 舞台を21世紀のイギリスに置き換え、自称「探偵」であるシャーロック・ホームズがやといった最新機器を駆使して事件を解決する様を描く。 各エピソードはの原作を下敷きとしている。 シリーズ Ep. 英国放送日 1 3 2010年7月25日 - 8月8日 2 3 2012年1月1日 - 1月15日 3 3 2014年1月1日 - 1月12日 特別編 1 2016年1月1日 4 3 2017年1月1日 - 1月15日 シリーズ1(全3回)は2010年7月25日から8月8日までイギリス・で放送された。 日本では2011年8月22日から24日までで放送後、2012年にはで放送された。 また2013年1月にはでも放送され、日本国内では地上波初放送となった。 シリーズ4の本編全3話は2017年1月1日から15日にかけてBBC Oneで放送され、第3話はイギリスやアメリカの映画館でも限定公開された。 日本では2017年7月8日から22日にかけてNHK BSプレミアムで放送された。 あらすじ [ ] 各話のあらすじについては「」の記事を参照 21世紀、陸軍の軍医としてに従軍したジョン・ワトソンは、戦傷によりイギリス本国に送還され、トラウマを抱えたままロンドンで苦しい生活を送っていた。 そんな中、研修生時代の古い知り合いと出会い、自分と同じくを探しているらしいシャーロック・ホームズという変わった男を紹介される。 頭脳明晰なシャーロックはスマートフォンやGPSといった現代の技術を駆使し、周囲の人々を戸惑わせながらもその天才的なひらめきと推理力でジョンと共に数々の事件を解決していく。 主役 [ ] 演 - (声・) 背が高く、暗い色の巻き毛で痩せ型の男。 僅かな事柄から物事を類推することを非常に得意とし、自らを「世界で唯一のコンサルタント探偵」「高機能」(: High-functioning Sociopath、吹き替えでは『高機能社会不適合者』・字幕では『社会病質者』とも訳される)と呼ぶ。 が解決困難と判断した殺人事件を謝礼金・支給交通費無しで請け負う。 自分を満足させる事件がない、特に依頼が来ない暇な時は拳銃を乱射したり、を振り回したりなど常軌を逸した行動をとる。 頭脳明晰だが周囲を小馬鹿にして何事も自身を基準に考える。 友人は数少ないことが示唆されている。 「自身は仕事と結婚している」と言い、恋愛を軽蔑している。 のモリー・フーパーには恋愛感情を抱かれているが、それを知りつつ敢えてその気があるように振る舞い情報を得ている。 「」という記憶法を用いており、各地の地理や地質そして天気、細菌や暦などに関して非常に深い知識を持っている。 またロンドンの道路について一方通行などの情報も含めて詳しい。 その一方で、テレビ番組や出演タレントのゴシップ、など興味を持たない分野への知識が全くない。 またを描く少年やホームレスのネットワークを「眼と耳」として利用している。 シーズン2の最終回でマスコミを誘導したモリアーティの謀略により警察から追われ、モリーが勤務するの屋上からジョンの見ている前で飛び降り自殺した。 直後に駆け寄り脈を確認したジョンにより死亡は明らかだったが、これは兄のマイクロフトとモリーの協力で行われた偽装であり、モリアーティの犯罪組織を解体するため各国を巡り2年で完遂。 ロンドンに帰還した。 シーズン3では帰還後に一時仲違いしたジョンの結婚式で「ベストマン」を努め、ジョンがシャーロックを親友とみなしていることに感銘を受け「何があっても僕が君達を守る」という誓いを立てる。 しかしこの誓いが原因でシャーロックはある決断を迫られる。 服装や持ち物は非常に高価なブランド品が多い。 シーズン1ではのスマートフォン・とのパソコンを使用していたが、シーズン2ではとに機種変更している。 喫煙者であるが、禁煙の為に依存症であることがシーズン1では描かれている。 兄のマイクロフトとの関係は酷い状態だが、必要に応じ情報交換を行っている。 シーズン3の最終回で自身のフルネームがウィリアム・シャーロック・スコット・ホームズ であるとジョンに明かした。 演 - (声・) シャーロックの同居人かつ相棒。 シャーロックと比べると背が低く、髪は金髪。 日常的な買い物や様々な請求書の支払いをシャーロックが一切しないので仕方なく担当している。 また事件の捜査に同行し、周囲に気を遣うことのない彼のフォローに回っている。 当初シャーロックをと思い、周囲からの「シャーロックとジョンは付き合っている」という誤解を嫌がっている。 で医学を学び、バーツ(英: Barts、の通称)に勤務した後、アフガン戦争に軍医 として3年派遣された。 、で従軍したと語っている。 派遣時の所属はで、階級はだった。 戦地で左肩に銃創を負ったため送還されるが、に悩まされ左手の断続的な痙攣と右脚を上手く動かすことが出来なくなり杖をついて生活していた。 定職につくことも出来ず物価の高いロンドンでの生活を止めようとしていた時に研修医時代の友人スタンフォードと再会、彼の紹介でシャーロックと出会うことになる。 シャーロックと一緒に行動することで症状は改善され、シーズン1の1話後半で杖無く歩けるようになり、第2話以降では杖を使っていない。 誠実かつ勇敢で惚れっぽい。 シャーロックと違い警察との関係も良く、シャーロックから高い信頼を寄せられるようになる。 を所持し、射撃はシャーロックに名手と呼ばれる程の腕前である。 道徳心も持ち合わせ、シャーロックと一度会っただけの時に彼のもとでスパイをするようマイクロフトに頼まれるが断っている。 シーズン1ではルームシェアを始めて以降も金銭的に困っていることは変わらず、近所の病院で働いている。 そこで上司の医師サラ・ソーヤーと出会い交際していた(但しシーズン2の時点でサラとは破局している)。 シーズン1、2共に関わる女性の多くに興味を示している。 そのため、シャーロックと同性愛の関係に見られることを嫌がっている。 シーズン2ではシャーロックの個人秘書のような立場となり、医師として働いている様子は見られなくなる。 サラ以降も何人もの女性とデートを重ねていることが明らかになっている。 シーズン3ではシャーロックの死にショックを受け、なんとか立ち直るまで彼に寄り添っていたメアリーと交際する。 そんな中シャーロックが帰還し、ジョンは彼が偽装計画を一切話さなかったことに激怒して一度は仲違いするが、再び彼と共に事件を解いていくことになる。 最終話ではメアリーに関するある事件に巻き込まれ、新たな転機を迎える。 のジーンズを愛用し、姉のお下がりの (パイロット版では)を使用。 姉のハリエット(愛称ハリー)とは彼女のと離婚が原因で関係が悪化している。 スコットランド・ヤード [ ] 演 - (声・) シャーロックに捜査を依頼する刑事。 性格に難があるシャーロックに対しては、その有能さから仕方なく依頼しているものの他の同僚たちと違い露骨な敵意は抱いてない。 だが証拠を持ち去られたり、警察手帳をスラれたりすることには不満を抱いている。 ニコチンパッチの使用者。 モリアーティにはシャーロックの数少ない友人の1人と看做され、本人が気づかない内に人質に取られている。 シーズン3では死んだと思っていたシャーロックの帰還を涙ぐみつつ歓迎し、彼が緊急メールを発すると取り掛かっている事件を放り出して駆けつけるなど厚い友情が描き出されるが、シャーロックは彼のファーストネームをいつも間違える。 フィリップ・アンダーソン 演 - (声・) で、シャーロックとはお互いに軽蔑しあっている関係。 妻がロンドン市内から外出している際、サリーと不倫している。 シーズン2ではシャーロックを犯人扱いするサリーに加担する。 シャーロックの「自殺」以降はその罪悪感から海外の難事件解決をシャーロックの生存と結びつける暴走ぶりから失職。 更には、私設ファンクラブ「空(から)の霊柩車」で会員達とシャーロック自殺の真相を議論し、偽装の経緯について見当外れな仮説を立ててはレストレードにシャーロック生存を訴えている。 これらの経緯を経ていくらか関係性が良好化したのか、シーズン3ではモリーと共にシャーロックの『マインド・パレス』に現れた。 サリー・ドノヴァン 演 - (声・)。 アンダーソンと同じくシャーロックを軽蔑し、面と向かって「変人」と呼びかける。 ジョンに、シャーロックはであり、いつか退屈さを理由に殺人犯を捕まえる方から殺人を犯す方になるのではないかと度々警告している。 シャーロックの"自殺"と捜査の誤りからマスコミのバッシングに遭うが、アンダーソンと異なりシーズン3でも解職には至っていない。 その他 [ ] 演 - (声・) の家主。 1階に住んでおり2階をシャーロックとジョンに貸している。 彼女の夫がの未解決事件の犯人であるとシャーロックが突き止め、死刑を確定させたことから知り合いになる。 「家主でありではない」と何度も言うが、2人に対し面倒を見て夕食を作ったりもしている。 また、女性に対する扱いが冷淡なシャーロックから唯一温かく接せられている女性でもあり、彼女もモリアーティからシャーロックの友人の1人として目をつけられている。 ストーリーに直接関係したことはないが、「221B横のサンドイッチ店の店員と交際しているが浮気が発覚し破局」(シーズン2第2話)、「インターネットにの映像が載っている」(シーズン3第3話)など隠された謎の私生活があるようで、これらをしばしばシャーロックに気づかれている。 演 - (声・) シャーロックの兄。 初登場時は正体を明かさずジョンを誘拐し、弟のスパイをして欲しいと要求している。 シャーロックとの関係は悪く、体重の増減が激しいことを馬鹿にされている。 だがその頭脳は弟以上に明晰で、推理力も上回っている。 シャーロック曰く「危険な男」。 スマートフォンはを使用。 「英国政府の小さな地位」にあると言うが、街中のを勝手に動かせたり他国の大統領選を操作できたりと本人が言う以上に大きな権力を握っていることを仄めかしている。 個人秘書のアンシアと行動を共にしている。 特定の部屋以外では口を開いてはいけないという規則を持つ秘密クラブ「 ()」の会員である。 モリアーティを危険視し、尋問を行うものの犯罪の尻尾を掴めずに釈放している。 シャーロックの半生を彼に語ったことが弟の窮地を招く原因となってしまった。 しかしシーズン3ではこれもモリアーティの地下組織壊滅の為にシャーロックと共に敢えて仕掛けたトラップだったことが語られている。 シーズン3第3話ではシャーロックの処遇を巡り国家レベルの事案に関与している。 モリー・フーパー 演 - (声・) のに勤める。 シャーロックに片想いをしており、彼が死体を調べられるように自らの立場を利用して度々便宜を図っている。 シャーロック曰く「化粧をしないと地味な顔」。 ボーイフレンドのジムの正体が実はモリアーティだと知らずに交際していたこともある。 シャーロックには化粧や服装で中傷に近い言動を受けることも多いが、シーズン2において彼女もジョン達と同じく仲間の一人として認識されていたことが判明し重要な役割を担う。 シーズン3では、第1話でシャーロックと喧嘩したワトソンの代役で事件現場に赴くなど以前よりも親交を深めた様子が描かれるものの、シャーロック似の婚約者をシャーロックたちに紹介する。 また第3話ではシャーロックのマインド・パレスにも登場する。 演 - (声・) 王族や上流階級の男女を相手にしたサービス提供を仕事としている女性。 国家や政府に関わる秘密を抱えており、言動は支配的。 「バッキンガム宮殿の主」から依頼を受けてアイリーンの所有するのスマートフォンのデータを入手しようとしたシャーロックを、一度は推理の面でも肉体的にも完全に打ち負かした初めての女性。 その後、シャーロックに対して何度も誘いのメールを送り続けるが、シャーロックは返信しなかった。 シャーロックへのメールにはBlackBerry Pearl 3G 9105を使用。 自身が持つ切り札をシャーロックに見破られたことで命の危機に晒され、逃亡生活を送る羽目になる。 シーズン3では、シャーロックのマインド・パレスに登場する。 演 - (声・) 「世界で唯一のコンサルタント犯罪者」を自称する男。 全話の事件の犯人に資金・情報を提供した首謀者であるが自らの手を汚すことを嫌う。 シャーロックに強い興味を持ち、また興味が無くなればすぐにでも殺すつもりだと言っている。 本作の主要人物は年齢設定が比較的原作に近いが、彼のみ設定が青年となっており、原作の長身痩躯の老人とはかけ離れている。 シャーロック曰く「蜘蛛のような存在」で、犯罪という糸を巡らし、自分は動くことなく悪事をやってのける天才。 頭脳だけでなく演技力にも非常に長けている。 シーズン1では同性愛者のふりをして正体を悟られること無くシャーロックとジョンの前に現れ、シーズン2では役者のリチャード・ブルックと名乗って思慮の浅い女性記者に接近し、被害者を装って彼女に捏造記事を書かせている。 スマートフォンはを使用。 シーズン3の冒頭で、ブルックの逮捕が伝えられ全てが解決したと思われたが、シーズン3の最後に一般家庭のテレビや街頭テレビ・カーナビなどに "MISS ME? "(会いたかった)とメッセージを喋る演出(口元の部分だけがモゴモゴ動く)を施した写真が流れだし、ラストシーンで振り向きざまに「会いたかった」とメッセージを残した。 サラ・ソーヤー 演 - ()(声・) ジョンが勤める病院の医師。 ジョンの恋人。 自己防衛のために多少戦うことは出来る。 シーズン2でジョンとニュージーランドへ旅行した後、破局したことが判明。 チャールズ・アウグストゥス・マグヌセン 演 - (声・) ビジネスマンでありメディア王。 シーズン3を通しての黒幕。 西側諸国の著名人について、ありとあらゆる情報に精通し、個人情報を握ることで政治的影響力を持ち恐喝を行う。 『』のチャールズ・オーガスタス・ミルヴァートンの現代版。 個人情報の宝庫ともいえる大邸宅「アップルドア」を保有し、シャーロックと交渉することになる。 演 - (声・) シーズン3よりジョン・ワトソンの交際相手として登場し、妻となり懐妊した。 しかし、彼女はある秘密についてマグヌッセンに脅迫されていた。 その秘密についてすれ違いから破局を迎えそうになるが、ジョンが彼女を受け入れて許したことから本当の意味で夫婦となる。 この時に表面にと書かれた、彼女の秘密を記したUSBメモリを渡しているが、ジョンは暖炉に放り込み処分している。 シャーロックの両親 演 - 父:、母: (声・、) シャーロックとマイクロフトの両親。 シーズン1(2010年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 1 1 2010年7月25日 2011年8月22日• "A Study in Scarlet" 2 2 2010年8月1日 2011年8月23日• "The Valley of Fear"• "The Adventure of the Dancing Men" 3 3 2010年8月8日 2011年8月24日• "The Adventure of the Bruce-Partington Plans" シーズン2(2012年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 4 1 2012年1月1日 2012年7月22日• "A Scandal in Bohemia" 5 2 2012年1月8日 2012年7月29日• "The Hound of the Baskervilles"• "Devil's Foot" 6 3 2012年1月15日 2012年8月5日• "The Final Problem" 一部、 "The Priory School"• "Charles Augustus Milverton" クリスマス・ミニエピソード(2013年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国配信日 日本配信日 - 0 2013年12月24日 2014年5月8日• シーズン3のを描いた約7分間のミニエピソード。 2013年12月24日より、、およびのBBC公式チャンネルで公開された。 2014年5月8日からは、「どーがステーション」およびYouTubeとのNHK公式チャンネルで日本語字幕版が配信されている。 シーズン3(2014年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 7 1 2014年1月1日 2014年5月24日• "The Adventure of the Empty House"• "The Sign of the Four" 9 3 2014年1月12日 2014年6月7日• "His Last Bow"• "The Adventure of Charles Augustus Milverton"• "The Man with the Twisted Lip" 特別編(2016年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本劇場公開日 日本放送日 10 0 2016年1月1日 2016年2月19日 2016年5月9日• 舞台を時代の19世紀のロンドンに移した特別編。 日本では2016年2月19日に劇場公開された。 タイトルの「忌まわしき花嫁」(The Abominable Bride)は、『』の冒頭に登場する"Ricoletti of the club foot and his abominable wife. "(内半足のリコレッティと忌まわしい妻)に由来する。 2016年5月9日、で、プレミアムシネマとして放送された。 同局では、シーズン4の放送に合わせた2017年7月3日に再放送が行われる。 2016年7月17日には、で字幕版がノーカット初放送されている。 シーズン4(2017年) [ ] 通算 エピソード 邦題 原題 英国放送日 日本放送日 11 1 2017年1月1日 2017年7月8日• "The Adventure of the Six Napoleons" 12 2 2017年1月8日 2017年7月15日• "The Adventure of the Dying Detective" 13 3 2017年1月15日 2017年7月22日 受賞 [ ] 詳細は「」を参照 英国アカデミーテレビ賞• 2011年• 最優秀ドラマシリーズ賞 (シーズン1)• 最優秀助演男優賞 (役の)• 2012年• 最優秀助演男優賞 (役の)• 2016年• 作品賞 (特別編「忌まわしき花嫁」) 製作 [ ] 本作の特徴としてシャーロックの視線に映る証拠品や人物の状態がモーショングラフィックを使った字幕で表示される演出が挙げられる。 これによりシャーロックが捉えた手がかりや情報が視聴者にも視覚的に伝わるよう描かれる他、シーズン3ではシャーロックが得た字幕情報の中に今後の展開の伏線が敷かれていた。 この他登場人物がスマートフォンで送受信するメールのメッセージやパスワード入力の場面についても同様である。 また原作に目配せした設定もあちこちに登場する。 例えばの階段は、原作と同じ17段に揃えられている。 フラットの外観はノース・ガウアー・ストリート185番地で撮影されている。 一方で、シャーロックとジョンがファースト・ネームで呼び合うなど、現代版ならではの変更も加えられている。 DVDおよびBlu-Ray Discにはシリーズ1第1話『』のパイロット版が収録されており、放送版までには画質、デジタルな視覚効果を絡めた編集の面で試行錯誤があったことを確認出来る。 モーショングラフィックを使った字幕演出はまだ考えられていなかったほか、脚本陣は原作に登場しないキャラクターを登場させないつもりだったが、が好演したため、モリーの出番が増えたという。 各シリーズのラストは次シリーズへの引きで終わるとなっているが、制作ペースは脚本の完成度を上げる目的もあって新作を毎年放送出来ないという(連続ドラマと比べれば)非常に遅いペースになっている。 主演2名のハリウッド映画出演も撮影スケジュールの点で遅さに拍車をかけている。 ゲイティスは2名の多忙さにより「シリーズ継続が困難である」と話し、シリーズ4での完結を示唆した。 シリーズ4の製作は2016年後半に予定されていたが 、前倒しして同年4月から撮影が始まっている。 また2016年7月には、で開かれたのパネルにて、シリーズ4のキーワードが「サッチャー」「スミス」「シェリンフォード」(: Thatcher, Smith, Sherrinford)と発表され 、また新登場人物の などが登場する予告動画も公開された。 日本での漫画化 [ ] 日本の月刊青年漫画誌『』()で、以下のように漫画版が連載されている。 脚本はマーク・ゲイティスとスティーヴン・モファット、作画はが担当している。 連載終了後は、より単行本が発売されている。 また、単行本は台詞などを英語にしたバイリンガル版も別途販売されている。 タイトル 連載 開始号・終了号 単行本(通常版) 発売日・ISBN 単行本(バイリンガル版) 発売日・ISBN SHERLOCK ピンク色の研究 2012年11月号 2013年8月号 2013年8月2日 2015年6月10日 SHERLOCK 死を呼ぶ暗号 2014年1月号 2014年7月号 2014年6月7日 2016年2月10日 SHERLOCK 大いなるゲーム 2014年12月号 2016年2月号 2016年2月10日 2017年2月10日 SHERLOCK ベルグレービアの醜聞 2017年3月号 上 2019年7月4日 脚注 [ ] [] 注釈• 劇中でモリアーティが人質にとった友人は、ジョン、レストレード、ハドソン夫人の3人である。 但し、モリアーティに追い詰められた際には、彼女に対し助けを求める等、信頼する仲間であることを認めている。 原作のに相当する。 原作のに相当する。 このフルネームは元『』編集者での ()の説による。 ミドルネームが「ヘイミッシュ」であるというのは、作家の説に基づいている。 このアイデアは製作者のとの間で原作を読んだ際に共通して浮かんだものであり、また以前から同様の疑惑をたちも研究対象にするなどしている。 としてか、それとも単に医師免許を持った兵士であっただけなのかは不明。 シリーズ2第3話の『ライヘンバッハ・ヒーロー』では、シャーロックを連行した上に侮辱した警察幹部を殴りつけている。 その様に作中では明言されるが、使用されているのはである。 冗談ではあるが、マーク・ゲイティスは自身のTwitterで、アンダーソンのファーストネームがシルヴィアであると明かしている (代表的なは女優・声優で『』の製作者)。 一方シリーズ3第1話の『』では、シャーロックが彼を「フィリップ」と呼ぶシーンが存在し(シャーロックがアンダーソンへ種明かしをしにくるシーン)、BBCの公式サイトでも「フィリップ・アンダーソン」と明示されている。 本ドラマのエグゼクティブ・プロデューサーかつ共同制作者かつ脚本家である。 同名のクラブは、ドイルの原作のうち『』などに登場する。 アマンダ・アビントンはワトソン役のマーティン・フリーマンの実生活のパートナーでもあった。 シャーロックを演ずるカンバーバッチの実の両親で、俳優夫婦である。 被疑者として鉄柵を二人で乗り越えるシーン。 ホームズの登場は明言されないが、作中の記載からホームズシリーズの外典とされる作品。 ゲイティスによって、プロットの一部がこの作品に由来していることが明かされている。 3つの人名については、元首相の名前が『』でパスワードに使われていたこと、スミスに関しては「カルヴァートン・スミス」との人物が『』に登場すること、そして「シェリンフォード」とはドイルがホームズの名前を「シャーロック」に決める前に使っていたファーストネームであることが指摘されている。 TimeOut London 2016年12月15日. 2017年1月17日閲覧。 Masterpiece. 2017年1月17日閲覧。 NHK海外ドラマ. 2017年4月12日. 2017年4月12日時点のよりアーカイブ。 2017年4月12日閲覧。 Sherlock. 2017年1月17日閲覧。 Foster, Patrick 2016年12月22日. の2016年12月23日時点におけるアーカイブ。 2017年1月17日閲覧。 Mellor, Louisa 2014年11月26日. Den of Geek!. 2019年12月7日閲覧。 2015年12月3日. 2015年12月3日閲覧。 シネマトゥデイ. 2015年12月3日. 2015年12月3日閲覧。 2016年3月27日時点のよりアーカイブ。 2016年3月27日閲覧。 Paul Jones 2015年10月24日. RadioTimes. 2016年1月4日閲覧。 NHK. 2017年6月10日時点のよりアーカイブ。 2017年6月10日閲覧。 NHK海外ドラマ スタッフブログ. NHK 2017年6月2日. 2017年6月10日閲覧。 映画ナタリー. 2017年4月12日. 2017年6月10日閲覧。 2016年12月10日閲覧。 Paul Jones 2016年12月9日. 2016年12月10日閲覧。 - 2017年4月12日閲覧。 1 2017年1月19日. 2017年2月18日閲覧。 2 2017年1月19日. 2017年2月18日閲覧。 6 2017年1月19日. 2017年2月18日閲覧。 海外ドラマnavi. 2015年12月17日. 2016年4月8日閲覧。 Katey Rich 2016年4月6日. 2016年4月8日閲覧。 2016年7月26日閲覧。 Ben Dowell 2016年7月12日. 2016年7月26日閲覧。 2015年6月11日. 2016年2月29日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (2014年5月12日アーカイブ分)• - (2016年4月6日アーカイブ分)• - (2017年4月12日アーカイブ分)• - (2015年12月26日アーカイブ分)• - (英語)• - (英語) 登場人物のウェブサイト 登場人物が制作したという設定のウェブサイト。 (英語)• (シャーロック・ホームズのサイト「推理の科学」)• (ジョン・ワトソンのブログ、更新停止)• (法医学者モリーのブログ)• (第3話の被害者の一人コニー・プリンスの公式サイト).

次の

海外ドラマ『シャーロック シーズン1』3話ネタバレと動画無料視聴

シャーロック ドラマ 海外

「SHERLOCK/シャーロック」シーズン3とは? 推理小説「シャーロック・ホームズ」を、現代版にアレンジした推理サスペンスドラマの第3弾。 現代のロンドンを舞台に、ホームズとワトソンの活躍を描いた大人気ドラマです。 作品の概要や、前シーズンまでの個人的な感想はこちら。 今回もホームズ役ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン(ワトソン)役マーティン・フリーマンをはじめ、主要なキャラクターは健在! また、新キャラクターとしてメアリー役アマンダ・アビントンが出演しています。 ・・・私、知らなかったのですが。 アマンダ・アビントンは、私生活でもマーティン・フリーマンのパートナーとして長く交際してるのだそうで。 息の合った演技にも注目です。 【追記:2017. 10】 ・・・しかし残念ながら、2016年に二人は破局してしまったそうです。 あらら・・。 ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」は、現在シーズン4まで制作されています。 2016年には、本国で放送された特別編「」が日本で劇場公開されました。 このシーズン3を見たら、ぜひとも「忌まわしき花嫁」を鑑賞することをおすすめします。 いわば、シーズン3最終話から次シーズンへ繋がる内容ですので、お見逃しなく! シーズン3は2014年制作。 各話約90分で全3話です。 基本的には、前作をすべて観ているのが前提の内容だと思います。 (紹介している作品は、2019年8月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は 公式ホームページにてご確認ください。 ) Netflix公式サイトは、こちら。 「SHERLOCK/シャーロック」シーズン3 あらすじ 空の霊柩車 あの衝撃の結末から2年。 誰もが深い悲しみと損失感を抱きながら、日々の生活を送っていました。 そんなある日、存在するはずのない「あの男」の姿が・・・。 三の兆候 ついに、ジョンがメアリーと結婚することに! 披露宴でスピーチが始まりますが、そこで過去の未解決事件が披露され、話は意外な方向へ進んでいくことに。 そして、タイトルが示す「三の兆候」とは? 最後の誓い 収集した膨大なデータから相手を恐喝し、人を意のままに動かす男マグヌセン。 データの回収を依頼された一同はマグヌセンと対決することになるのですが、それがきっかで想像もしなかった驚くべき秘密が明らかに。 果たして一同の運命は? ・・・というようなストーリーです。 予告動画は、こちら。 ハラハラドキドキのサスペンス要素や、意外すぎる展開のおもしろさは、いつも通りですが。 正直、事件の捜査や、推理で解き明かす要素は、前作よりはややおとなしめ。 なので、ミステリー要素が好きな方は、シーズン3はちょっと物足りないかもしれませんね。 その分、今回はドラマ性が強くなっているように思います。 特にシャーロックとジョンの関係性が中心でしたね。 どのエピソードも、お互いを思う気持ちが色濃く描かれていたと思います。 私個人としては、すごくよかったです。 第3話の事件の解決の仕方も、別な意味でびっくり! まったくもってシャーロックらしからぬ方法でしたが。 それもひとえに、ジョン(とメアリー)を想ってこその決断だったのではないかと思います。 ・・・ただなあ・・・確かにドラマチックなクライマックスでしたが、あまりにもシャーロックのキャラらしからぬ感じで、理解が難しい方も多いかもしれませんね。 また、今回は1・2話が壮大な「ネタふり(伏線)」になっているのも特徴的だったと思います。 なので、いつもより驚きが大きかったですね。 特にメアリーの件は、想像もできませんでした!(笑) メアリーに関するエピソードは、もうかなりドラマチックでハラハラドキドキ! 今までにはない展開に、かなりおもしろかったです! 演出的にも、冒険してましたね。 特に第2話の女性たちとのシーン。 ・・・何事かと思いましたけど。 (笑) かなり大胆な手法で、思い切ったなと思います。 さすがにシーズン3ともなると、マンネリ化もあるのかなと思っていましたが。 今回は、色々な面でかなり挑戦的な内容だったと思います。 いい意味でも悪い意味でも、期待を裏切る部分が多かったかもしれませんね。 私は、すごくおもしろかったです! より深く丁寧に描かれたキャラクターたちの一面 今回はドラマ性の比重が大きかったぶん、登場人物たちがこれまで以上に深く丁寧に描かれていたと思います。 シャーロックとジョンの関係はもちろんですが。 個々のキャラクターも、すごくよかったですね。 シャーロックは、相変わらず「人として、ちょっとどうだろう?」感は全開ですが、少し人間っぽくなりましたかね。 (笑) 第1話の「いやあ~、会ったら泣いて喜ぶだろうな!ククク!サプラ~イズ!」からの「何で怒って殴るわけ?」という(笑)、空気読めない感。 シャーロックらしくて、もう爆笑! ただ、ジョンとの信頼が深まっていく中で、シャーロックも少し変わったんじゃないかなと。 第1話でのモリーとのシーン。 以前のシャーロックでは、絶対にあり得なかったですね。 シャーロックにとって「大切な人」という認識が芽生えて、すごく人間くさくなったように思います。 モリーも、すごくよかったですね。 第3話のシャーロックに対する態度は、本当にびっくり! 感情爆発して、そうせずにはいられなかったんでしょうね。 シャーロックに対する気持ちと信頼感が伝わってくる、いいシーンでした。 個人的には、第1話で再会した時のレストレード警部が印象的でした。 あのリアクションは、気持ちがストレートにあらわれていて、すごくよかったです! もちろん、ハドソン夫人の意外すぎる過去もよかった!(笑) マイクロフトも、よかったですね。 ・・・たかが帽子ひとつで、あそこまで推察する兄弟って・・・。 (笑) もう、書き出したらキリがないのですが。 それだけ今回は、キャラクターが深く描かれていたと思います。 どのエピソードも本当に短いのですが。 どれも気持ちがすごく伝わってきて、すごくよかったです。 シーズン3も、おもしろかったです! 私個人としては、シーズン3も猛烈におもしろかったです! 人によっては、もしかするとやや物足りなさがあるかもしれませんが。 私はドラマ性重視でも大満足! とにかく、早くシーズン4が観たいですね! 特別編「忌まわしき花嫁」を観ましたが、さらに次回作が楽しみに! あの続きがどうなるのか? 本当に待ち遠しいです! 次の特別編「忌まわしき花嫁」を観た個人的な感想はこちら。

次の

Sherlock

シャーロック ドラマ 海外

ジョン・ワトソン。 家に着いて早々、シャーロックが呼び出されたのは殺人事件の現場です。 スコットランドヤードの刑事レストレードは捜査が行き詰まると、コンサルタント探偵を名乗るシャーロックに協力を仰いでいます。 「エピソード」1話では、連続自殺事件の謎を追います。 (ピンク色の研究) ピンクのスーツに、ピンクのスーツケースを持った女性の死体。 彼女もまたこの連続自殺事件の被害者だと推理したシャーロック。 なぜ人々が犯人について行き、自殺に追い込まれるのでしょうか。 そこには驚きの真相が隠されていました。 そして、シャーロックも犯人の手によって自殺へと追い込まれて行くのです。 「エピソード」2話では残された暗号から、事件の謎を解明します。 (死を呼ぶ暗号) 「エピソード」3話では1話2話の犯人とつながっていた男からシャーロックへの挑戦状が届くのでした。 (大いなるゲーム) シャーロック・ホームズとジョン・ワトソン。 この二人だけでなく、レストレードやマイクロフトとの関係は。 21世紀にもしシャーロックたちがいたら、、、 シーズン4まで製作されているうちの1シリーズ目です。 彼は二つの薬を用意し、一つには毒を入れ、一つには毒を入れず、二つの薬を自分と相手が同時に飲むという賭けをしていたのです。 銃で脅すことで、銃で撃たれて確実に死ぬより50%の確率で生きられる方に被害者たちは賭けていたのでした。 犯人はシャーロックにも挑戦を挑みます。 シャーロックは銃が偽物であることをすぐに見抜きますが、犯人の挑発に対し、どうして犯人は何度も二分の一の賭けに勝利してきたのか知りたくなり挑戦を受けようとします。 そこに、何者かの発砲、犯人は撃たれて死ぬのでした。 撃ったのはなんとワトソン。 警察はワトソンが撃ったとは気付きませんが。 そして二人は家へと帰るのでした。 <「エピソード2」死を呼ぶ暗号> 残された暗号が中国の闇組織によるもので、イギリスとの運び屋をしていた3人のうちの一人が物品を盗んだことで3人に脅迫していたのです。 その組織が、裏切り者から取り返すため雑技団に扮し渡英してくることに気付き、ジョンとその彼女、そしてシャーロックは芝居小屋へと向かいます。 そこで奮闘するものの、逆に捕らえられてしまいピンチを迎えますが、間一髪でなんとか助かるのでした。 <「エピソード3」大いなるゲーム> モリアーティからの挑戦状。 シャーロックが時間内に事件を解決できなければ、人質を殺すというのです。 少ない情報を頼りにシャーロックは全て解決して見せます。 その中で、国家機密の入ったUSBメモリが盗まれたというマイクロフトに頼まれていた事件の謎も解決。 そのUSBメモリを餌にモリアーティを呼び出しますが… 続きはラスト、結末に。 スポンサーリンク ここを見逃すな!見どころ、絶対見るべきシーン <シャーロックとジョン> やはり見所はベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック・ホームズとマーティン・フリーマン演じるジョン・ワトソンのコンビでしょうか。 1話90分の本作は脚本が綿密で、どれも見応えがあり映画のようなクオリティなので、とりあえず1話を見逃して欲しくないです。 騙されたと思って1話観てみて下さい。 その脚本を支えているのが、二人の芝居です。 ベネディクト・カンバーバッチは、頭はいいが変人なシャーロックを完璧に演じており、彼以上にシャーロック・ホームズが似合う男はいないと思ってしまうほどぴったりです。 物事を観察する時の素早く動く目。 思考の速さを思わせる早口なセリフ。 分かるだろ、とでも言いたげな表情。 ロングコートにマフラーの出で立ちのみならず、細かい演技の中に彼なりのシャーロックが完成しているのです。 そんな変人シャーロックのベネディクト・カンバーバッチとコンビを組んでいるのがマーティン・フリーマン。 二人の相性が素晴らしく、会話劇の一つ一つが魅力的です。 ジョン・ワトソンはシャーロックの引き立て役、記録役ではなく、シャーロックと同じくらい大事な役割を果たしています。 軍人らしく背筋を伸ばし歩く男らしさ。 シャーロックに振り回される可愛らしさ。 PTSDに悩まされる苦しさ。 ジョンを構成する多様な要素を表現しきっているマーティン・フリーマンもベネディクト・カンバーバッチに劣らず素晴らしい演技を見せます。 シーズン1では、英国アカデミー賞において、最優秀ドラマシリーズ賞を受賞するのと同時に、マーティン・フリーマンが最優秀助演男優賞を受賞しています。 惜しくも受賞には至りませんでしたが、ベネディクト・カンバーバッチも主演男優賞にノミネートされていました。 ちなみに次の年はシーズン2で最優秀助演男優賞を、モリアーティを演じるアンドリュースコットが受賞しました。 1話、2話の犯人に協力したMとはモリアーティのことで、彼は大いなるゲームでシャーロックと対峙することとなります。 シャーロックが呼び出したプールサイド、そこには爆弾のついたベストを着せられたジョンとスナイパーの向けるレーザー。 そして現れたのが、モリーが彼氏だと紹介したゲイの男ジムでした。 悪魔のようなモリアーティを前にジョンを救い、モリアーティを倒すことができるのでしょうか。 そんなヒヤヒヤした展開のまま、シーズン1は幕を閉じます。 実はもともとシーズン1ではゲイのジムだけの登場予定だったモリアーティ。 オーディション用に書いた狂ったモリアーティの場面をあまりに素晴らしくアンドリュー・スコットが演じたためにそのシーンがそのままシーズン1の終わりとして採用されたそうです。 アンドリュー・スコット演じるモリアーティの狂った芝居。 見応えがありますよ。 ですが、ロバート・ダウニー・Jrがシャーロックホームズを演じ、ジュード・ロウがワトソンを演じたガイ・リッチー監督の『シャーロック・ホームズ』シリーズのように舞台は当時であることが多いです。 原作はなるべくそのまま、でも現代に置き換えられている。 だからこそ、この作品は珍しく、何度も実写化されている作品でありながら注目を集めたのでしょう。 例えば、シャーロック・ホームズとワトソンはお互いをファーストネームで呼び合います。 「ホームズ」ではなく、「シャーロック」 「ワトソン君」ではなく「ジョン」 その呼び方が、現代らしさを感じさせる上、二人の親密さを表しているとも言えるでしょう。 すぐに忘れてしまいますが、シャーロックはレストレード刑事のことも「グレッグ」と呼ぼうとしていることから、彼との間にも深い仲があることが伺えますね。 そして、シャーロックとジョンの関係は何度も恋人同士と勘違いされる描写があります。 その度にいつもジョンが否定し、「僕はゲイじゃない」と突っ込んでいるところが可愛らしいのですが、 LGBTQへの見方が変わってきたからこそ、このような新しい解釈にも踏み込めるのでしょう。 その理由は、 クオリティの高い映像、 斬新なアイデアの詰まった脚本、 テンポの良く、全く飽きさせないストーリー、 相性抜群の主演二人、 主演を支える個性豊かなキャラクター、 などなど魅力をあげたらきりがありません。 90分という長さながらサスペンスとして1話あたりの出来が完璧で、どの話だけ観ても楽しめます。 その一方で、シリーズを追って見ている視聴者はシャーロックとジョン、そしてその周りの人たちとの関係性の変化や成長を共に見届けることが出来る。 どちらの楽しみ方も出来るのも良いです。 1話だけ見る人も、このシリーズが大好きな人も、 原作のファンの人も、原作を読んだことのない人も、 ベネディクト・カンバーバッチのファンも、マーティン・フリーマンのファンも、 ドラマ好きも、映画好きも、 みんな楽しめるお手本のようなドラマなんです。 これらの点から独断と偏見で星を5つ付けさせていただきました! 海外ドラマ【シャーロック】シーズン1を観たくなりましたか? いかがでしたか? 今回はドラマ【シャーロック】シーズン1のあらすじ、ネタバレについてご紹介いたしました! このドラマに興味を持った方はぜひ実際にご覧になってくださいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の