千羽鶴 の 意味。 千羽鶴を被災地に送るのは迷惑なのか?

千羽鶴ってどんな意味があるの?意外と知らない由来とは!?

千羽鶴 の 意味

折り紙で折り鶴を千羽作り、それを糸でつなげて束ねた「千羽鶴」。 病気や怪我の回復・平和への祈り・災害時の慰安・勝利祈願など、贈る相手の幸福を祈願する願掛けの一種です。 千羽鶴の起源は定かではありませんが、1797年(寛政9年)の魯縞庵義道『秘傳千羽鶴折形』では連鶴(一枚の紙に切り込みを入れて、折り鶴をつなげた状態で作るもの)を「千羽鶴」と呼んでいました。 古来より鶴は長寿・富を意味する縁起の良い動物とされています。 心をこめて多くの鶴を折ることでエネルギーが宿り、願いを成就させると考えられたのでしょう。 なお千羽鶴は、必ず千羽折らなくてはいけないわけではありません。 その由来は「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんが、自らの白血病治癒祈願として千羽の鶴を折ったことと言われています。 1955年に佐々木さんが亡くなって以降、「千羽で折ること」と「平和への祈り」が一般的に広まりました。 色・折り方には諸説あり、厳密なルールはないようです。 ただし「千羽鶴の鶴の首を折る=死・挫折をイメージして縁起が悪い」とする俗説・意見もあります。 病気・怪我などのお見舞いに贈る際は、そういったことを気にする相手かどうか見極めて折り方を考えましょう。 <材料、用意するもの> ・折り紙 ・糸(たこ糸・テグス・釣り糸など丈夫な糸。 ミシン糸なら2本取り) ・ストロー(あるいはボタン・大きめビーズなど留め具として使えるもの) ・針(太目の糸を使うなら毛糸とじ用もおすすめ) ・ハサミ ・リング(金属製が望ましい) 一般的に千羽ちょうどで千羽鶴を作る場合は、1連40羽を25連作る形になります。 市販されている15cm角の折り紙で作るなら、糸の長さは両手を広げた大きさ+10cm程度が目安です。 長くてもあとから切れば良いので、160cm以上はあったほうが良いでしょう。 また折り紙のサイズには注意が必要です。 折り紙が大きくなるほど、予定していた以上に長さ・重さが増えて場所もとります。

次の

千羽鶴の色にタブーはある?お見舞いには首を折ってはいけない?などマナー

千羽鶴 の 意味

千羽鶴を棺桶に入れる際に、どのような決まり?があるかをお聞きしたくて質問しました。 昨日の夜、私を育ててくれた最愛の祖母が亡くなりました。 8日に火葬の予定らしいのですが、私は、 現在妊娠中、実家まで1時間半ほどの場所に住んでおり、臨月 19日が予定日 のため、お葬式に参列できません。 病気が治るようにと、折りためていた千羽鶴を、母に頼んで、棺桶の中に入れてもらいたいと考えています。 その場合、千羽鶴を、そのまま棺桶の中に入れても良いのでしょうか? それとも、何か布製の袋に入れてから、棺桶の中に入れないといけないでしょうか。 明日着くように、千羽鶴を送る準備をしております。 詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。 補足皆様ご親切に、ありがとうございました。 具体的に教えていただき、参考になりました。 葬儀場の方に確認すると、そちらでは、何かに包んでもOKそのままでもOK、とのことでした。 なので手紙と一緒に、袋に入れて送りました。 ベストアンサーは、葬儀社の内情を教えてくださり、それとともに祖母の冥福を祈っていただいた方に決めさせていただきました。 皆様、ありがとうございました。 折り紙(紙製)ですよね。 うちの市では燃やせるものは大丈夫です(言い方が悪くてすみません) 理由は省きますが、紙製であっても大量に入れるのは禁止という火葬場もあります。 お母さまにあずけて、葬儀社に尋ねてみてください。 そこの葬儀社の何か提案があればそれに従って入れて差し上げて下さい。 うちの場合です。 折鶴の形状は、糸を通して千羽鶴の形にしてまとめてあるものや、たくさん無いので羽を開いたものを入れる場合があります。 糸を通してまとめてあれば、棺の上に置いたりします。 納棺の時でも構いませんが、最後のお別れ(花入れ)の時に納めてもらいます。 個別の鶴も置くことはできますが、お別れの時に色々な人に入れてもらうことができ、棺の中の好きな場所に入れてもらったりします。 布製の袋ということですが、特に希望が無い場合、そのまま納めています。

次の

千羽鶴の意味!入院中の人に贈るのはOK?様々な考えがあるので注意 • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

千羽鶴 の 意味

振袖に描かれた鶴の意味は? 鶴は、振袖はもちろん、赤ちゃんのお宮参り用の着物から七五三、成人式、結婚式などおめでたい席に着る着物の柄には欠かせない定番として愛される吉祥文様です。 そんな鶴には、おめでたい意味が3つあります。 1つめは、長寿という意味。 「鶴は千年亀は万年」ということわざがあることからもわかるように、鶴は長寿の象徴のひとつ。 そのため、長寿を祈ったり祝ったりする場にふさわしい文様であるとされてきました。 2つめは、「天と地をつなぐ存在」。 鶴の鳴き声は高く、非常によく通ります。 このことから、鶴の声は神様がいる天界にまで届くと言われてきました。 人間と神様をつなぐ、ありがたい鳥であるとされてきたわけですね。 鶴はつがいになると生涯相手を変えないといわれています。 このことから、夫婦がいつまでも仲睦まじくいられるようにという意味が込められるようになり、結婚式などの場で使われるようになったのです。 このようなおめでたい意味をもつ鶴は、単独で使われることはもちろん、ほかのおめでたい柄と組み合わせて使われることもよくあります。 代表的なものは、長寿を願い祝う亀との組み合わせや、無限に続く幸せや恵みを願う波模様、松竹梅など。 また、吉祥文様のひとつに花をくわえて羽ばたく鳥の文様「花喰鳥(はなくいどり)」という文様があります。 これはもともとササン朝ペルシャから伝わった柄なのですが、日本に入ってきたあとは、松をくわえた鶴の文様としてアレンジされることもあるんですよ。 振袖に鶴の柄が使われていたら、ほかにどんな吉祥文様が描かれているかじっくり見てみると面白いですよ。 「長寿」「天地をつなぐ存在」「夫婦円満」などの意味をもつ鶴ですが、吉祥文様として愛されてきたのはそれだけが理由ではありません。 鶴のほっそりとした姿や悠々と空を舞う姿は非常に美しく上品。 鶴がもつ意味のだけでなく、この姿の美しさも日本人の心をとらえ、おめでたいもの、縁起がいいものとして愛されてきた理由のひとつではないでしょうか。 鶴が描かれた振袖のコーデ集 シックでモダンなモノトーンの振袖。 白い波模様は、海の恵みや限りなく広がる幸せを意味する吉祥文様のひとつです。 その上を悠々と飛んでいく鶴の群が素敵ですね。 鶴は振袖の雰囲気に合うよう、シンプルな形に図案化されています。 モノトーンの振袖はクールになりがちですが、温かいオレンジ色の帯と帯揚げをコーデすることで優しい印象をプラス。 モードだけど優しい雰囲気の着こなしです。 初竹梅や桜などのおめでたい花模様に夫婦円満を意味する二羽の鶴が飛んでいる、華やかな振袖。 写実的な鶴の柄に格調の高さが漂います。 紅白の帯揚げで、おめでたい印象もさらにアップ。 素晴らしいパートナーに恵まれた結婚式の席で花嫁が着るのにぴったりのコーディネートです。 また、これからいいパートナーが見つかりますようにという願いを込めて成人式などで着るのもいいですね。 まとめ 鶴に込められた意味と、鶴が描かれた振袖のコーデを紹介しました。 着物の柄に込められた意味がわかると、またひとつ振袖を選ぶ楽しみが増えるような気がしますね。 おめでたい意味を持ち姿が上品で美しい鶴は、振袖選びのときにもぜひチェックしておきたい柄のひとつ。 振袖を着るシーンやそこに込めたい意味も考えながら、素敵な鶴柄を探してみてください。

次の