桑田 佳祐 コロナ。 桑田佳祐 “コロナ禍でも音楽で笑顔を” 、サザン&桑田ソロ作品MVフルVer.公開(ドワンゴジェイピーnews)

サザン&桑田ソロ作のMVフルver.30作品以上YouTubeで公開

桑田 佳祐 コロナ

桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」。 5月2日(土)の放送では、桑田がリモート生出演。 桑田佳祐 番組冒頭で、桑田は「みなさん自粛・忍耐の日々をいかがお過ごしでしょうか? これまで普通に自由気ままにできていたことができなくなってね……そんな時期に、私もこれまでのことを振り返ったり、見つめ直したりしているわけで、なんとか努めて明るく過ごそうとしております」と近況を報告。 リスナーからは、布マスクを自作したこと、本番組で何度もパーソナリティを代演していただいた住吉美紀さんの回復を願うエール、おうち時間の過ごし方などさまざまなメッセージが寄せられました。 また、桑田やサザンオールスターズの楽曲のミュージックビデオを「YouTubeでフルで公開してほしい」というリクエストが多く寄せられ、桑田が「やろうか。 やってあげてよ」とスタッフに持ちかけたことから、翌日には急遽10作品も実際に公開されるなど、リスナーとのコミュニケーションから実現したアクションも。 また、4月29日(水・祝)に12時間の生放送でお届けしたTOKYO FM 開局50周年特別番組「LIFE TIME MUSIC 80~こんな時こそ音楽のチカラ~」にまつわる「番組のラストで、山下達郎さんからのコメントとともに、リクエストとして桑田さんの『月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)』が流れました。 達郎さんのやさしさがラジオから伝わってきました」とのメッセージに、桑田は喜びを隠せない様子。 「何が嬉しいって、山下達郎さんはいつもね、一緒にお食事をしてワインを2杯くらい引っかけると、『俺、「C調言葉に御用心」が、一番好きなんだよ』って。 この話を12回くらいは聞いたかな(笑)。 達郎さんはやさしいから、私が病気したあとの最初のライブに(竹内)まりやちゃんと一緒に来てくれて『無事でよかった』って言ってくれて。 目が腫れて泣かれたような感じで。 音楽に対して厳しく頑固そうなイメージがあるけど、人情に熱い人で……私の曲をリクエストしてくれたなんてありがとうございます」と、プライベートでのエピソードとともに感謝の言葉を口にしました。 さらには、「今日はね、インスタントで先ほど曲を作って録音をしてきまして。 今のコロナ禍でいろいろな人が言っている言葉をまとめたブルースのような曲を作ってみたから、みんなちょっと聴いてくれる?」と呼びかけ、楽曲披露前に自ら歌詞を朗読する一幕も。 その楽曲タイトルは、「Stay Home Blues」。 そのほかリスナーからは、「今の世の中に向けた人々への応援歌のように感じ、桑田さんの言葉一つひとつが心に染み渡り、気持ちが軽くなる瞬間があります。 「今の自粛期間をいい機会と捉えて、ある種、考え方というか、古い価値観みたいなものを考え直すタイミングになればいいなと思う」と希望を述べつつも、「偉そうなことを言っていますけど、1日の半分くらいは私もどんよりとしております」と本音を吐露。 そしてエンディングでは、照れ隠しのように「リクエスト返し」と言い、山下達郎さんの「希望という名の光」をオンエア。 「60歳を過ぎるとさ、いろいろ耐えられたり、諦めたりできるんだけど、今の学生さんたち、若い人たちの人生は、コロナが収束したら、素晴らしいことや希望で満ち溢れているといいなと本当に思うばかり」とメッセージを贈っていました。 この放送を受けて、翌日の夕方にという特設サイトが立ち上がり、MV公開や次週のラジオで「お家でRADIO2~竿だけ一本勝負!! 次回放送もお楽しみに。 リスナーに感謝の気持ちを込めた特別な2週間「FOR YOUR CREATIVE LIFE CAMPAIGN」を実施中のZIP-FM。 最終日の6月14日 日 の『FIND OUT』では、ここでしか聴くことができない贅沢な弾き語り音源のオンエアを含め、内容盛りだくさんの2時間となった。 番組冒頭からosageのコメントとともに、番組の為だけに特別に収録した「あの頃の君によろしく ホームセッションver 」をオンエア。 番組ナビゲーターの白井奈津も「泣きそう!」と大絶賛。 同時生配信のAbemaRADIOも賞賛コメント欄の嵐となった。 番組コーナー「今週のエコひいき!」ではフレデリックをピックアップ。 本人コメントとともに番組内で「オドループ ライブver 」「VISION ライブver 」「飄々とエモーション ライブver 」の3曲をオンエア。 ライブハウスに行くことができないロックキッズにはたまらない1曲となった。 ライブハウス再開まで、ラジオで音楽をつなげる企画「STAY HOME, DON'T STOP MUSIC」キャンペーンでは、緑黄色社会から「想い人」、マカロニえんぴつから「hope」、秋山黄色から「モノローグ」、そしてクラムボンから「はなれ ばなれ」と、それぞれのアーティストから「家での過ごし方」コメントとともに、想いのこもった弾き語り音源が届いた。 秋山黄色の「モノローグ」の弾き語り音源がオンエアされると、ツイッターでは「白井奈津って方、黄色さんファンの思ってること全部いってくれてるんじゃん何者? ファインドアウター」と、新規リスナーからの嬉しい声もあがった。 また、クラムボンは原田郁子からゆったりと心にしみる言葉が届き、コメントと弾き語りあわせて9分間の特別な音源のオンエアとなった。 番組コーナー「大体、夜9時の時報」ではリモートで夜の本気ダンスが生出演。 コーナー恒例のバンドの「伝説」を紹介。 ツイッター「 ファインドアウター」では、ファンの喜びのツイートがタイムラインに溢れた。 番組終盤にはコーナー「MONTHLY CLOSER」にThe Moment I Decideがリモート生出演。 最新楽曲「Forever Young」は今月、番組のエンディング曲となっている。 また番組最後にはペンギンラッシュが生出演して、リスナーに募集したバンドラインナップ川柳から優秀な作品を選定した。 番組の歴史に残る「神回」となったこの日の放送は2020年6月21日 日 の『FIND OUT』オンエア前までradikoタイムフリーで聴くことができる。

次の

桑田佳祐、コロナ禍への思いを歌に! ラジオで急遽制作した「Stay Home Blues」を披露!

桑田 佳祐 コロナ

桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」。 5月2日(土)の放送では、桑田がリモート生出演。 桑田佳祐 番組冒頭で、桑田は「みなさん自粛・忍耐の日々をいかがお過ごしでしょうか? これまで普通に自由気ままにできていたことができなくなってね……そんな時期に、私もこれまでのことを振り返ったり、見つめ直したりしているわけで、なんとか努めて明るく過ごそうとしております」と近況を報告。 リスナーからは、布マスクを自作したこと、本番組で何度もパーソナリティを代演していただいた住吉美紀さんの回復を願うエール、おうち時間の過ごし方などさまざまなメッセージが寄せられました。 また、桑田やサザンオールスターズの楽曲のミュージックビデオを「YouTubeでフルで公開してほしい」というリクエストが多く寄せられ、桑田が「やろうか。 やってあげてよ」とスタッフに持ちかけたことから、翌日には急遽10作品も実際に公開されるなど、リスナーとのコミュニケーションから実現したアクションも。 YouTubeチャンネル また、4月29日(水・祝)に12時間の生放送でお届けしたTOKYO FM 開局50周年特別番組「LIFE TIME MUSIC 80〜こんな時こそ音楽のチカラ〜」にまつわる「番組のラストで、山下達郎さんからのコメントとともに、リクエストとして桑田さんの『月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)』が流れました。 達郎さんのやさしさがラジオから伝わってきました」とのメッセージに、桑田は喜びを隠せない様子。 「何が嬉しいって、山下達郎さんはいつもね、一緒にお食事をしてワインを2杯くらい引っかけると、『俺、「C調言葉に御用心」が、一番好きなんだよ』って。 この話を12回くらいは聞いたかな(笑)。 達郎さんはやさしいから、私が病気したあとの最初のライブに(竹内)まりやちゃんと一緒に来てくれて『無事でよかった』って言ってくれて。 目が腫れて泣かれたような感じで。 音楽に対して厳しく頑固そうなイメージがあるけど、人情に熱い人で……私の曲をリクエストしてくれたなんてありがとうございます」と、プライベートでのエピソードとともに感謝の言葉を口にしました。 さらには、「今日はね、インスタントで先ほど曲を作って録音をしてきまして。 今のコロナ禍でいろいろな人が言っている言葉をまとめたブルースのような曲を作ってみたから、みんなちょっと聴いてくれる?」と呼びかけ、楽曲披露前に自ら歌詞を朗読する一幕も。 その楽曲タイトルは、「Stay Home Blues」。 そのほかリスナーからは、「今の世の中に向けた人々への応援歌のように感じ、桑田さんの言葉一つひとつが心に染み渡り、気持ちが軽くなる瞬間があります。 「今の自粛期間をいい機会と捉えて、ある種、考え方というか、古い価値観みたいなものを考え直すタイミングになればいいなと思う」と希望を述べつつも、「偉そうなことを言っていますけど、1日の半分くらいは私もどんよりとしております」と本音を吐露。 そしてエンディングでは、照れ隠しのように「リクエスト返し」と言い、山下達郎さんの「希望という名の光」をオンエア。 「60歳を過ぎるとさ、いろいろ耐えられたり、諦めたりできるんだけど、今の学生さんたち、若い人たちの人生は、コロナが収束したら、素晴らしいことや希望で満ち溢れているといいなと本当に思うばかり」とメッセージを贈っていました。 次回放送もお楽しみに。 ---------------------------------------------------- 【?? この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く?? 】 聴取期限 2020年5月10日(日) AM 4:59 まで スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。 tfm.

次の

桑田佳祐、コロナ禍への思いを歌に! ラジオで急遽制作した「Stay Home Blues」を披露!

桑田 佳祐 コロナ

中には桑田やサザンに対しての要望やリクエストなども届き、それに対して桑田がスタッフに「これ出来ないかな?」と早速実施に向けて働きかける場面や、「Stay Home Blues」と題し桑田ならではの言葉でコロナ禍に対しての思いを綴った曲を、放送当日に急遽作り披露する一幕もあった。 そんな中、医療関係の方をはじめとして、この非常事態の中日々働いてくださっている、多くの方々に心から感謝申し上げます。 本日公開された動画は、桑田佳祐「悲しい気持ち JUST A MAN IN LOVE 」「真夜中のダンディー」「月」「祭りのあと」「波乗りジョニー」「白い恋人達」、サザンオールスターズ「アロエ」「東京VICTORY」「ピースとハイライト」「栄光の男」の計10作品で、10作品ともWEB上では今までフルバージョンが公開されていなかった。 さらに、来週5月9日 土 23時から放送される桑田のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』 TOKYO FM系列 では、「お家 うち でRADIO2〜竿だけ一本勝負!! 〜」が放送されることも決定。 ラジオ番組の掲示板やTwitterの投稿でも、「お家でRADIOをもう一度!」というメッセージが多かったことを受けて、第二回目の実施に至るようだ。 今回は「竿だけ一本勝負!! 」というサブタイトルのもと、ギター1本で弾き語りをすることをベースに番組が構成される予定である。 また、サザンオールスターズのオフィシャルファンクラブ「サザンオールスターズ応援団」にて年4回発行されている会報誌「代官山通信」の一部を期間限定で特設サイトに一般公開する。 本日公開したものは2019年7月末に発行された147号。 なお、後日会員限定で、最新150号の一部をWEB先行公開する予定だ。

次の