弓 クラッチ クロー。 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』「操虫棍」や「弓」などの新連携アクションを紹介!

【MHWアイスボーン】クラッチクローの使い方【モンハンワールド】|ゲームエイト

弓 クラッチ クロー

新アクション「クラッチクロー」とは 「クラッチクロー」はアイスボーンで追加された新アクションです。 スリンガーに搭載されており、爪状のクローをモンスターに発射してクラッチ しがみつく します。 クラッチ中のアクションを駆使してハンティングを有利に進めることができます。 基本的な特徴をあげると以下になります。 全武器共通で使用できる• 武器の納刀・抜刀時に使用できる• モンスターにクラッチ しがみつく• モンスターに傷を付けてダメージUP• 大型モンスターにヒットするとクラッチ状態となります。 スリンガーのようにわざわざ弾を用意する必要がなく、何度でも使用できます。 射程距離は短いのでモンスターに接近して使用しましょう。 慣れないうちは何度もクローを発射して、クラッチが可能な距離感をつかんでおきましょう。 照準は Rスティックでカメラ操作と同じように動かすことができます。 モンスターとの距離が近い状態で照準を合わせると 三角形が オレンジ色になります。 モンスターにクラッチできる合図なので、こまめに照準はチェックしましょう。 クラッチ状態ではスタミナに気を付ける クラッチ状態ではスタミナを消費するので、長くモンスターにしがみつくことはできません。 スタミナが切れてしまうと強制的にモンスターから離れ、 一定時間行動ができなくなります。 すぐに次のアクションを起こせるように、あらかじめクラッチするモンスターの部位を決めておきましょう。 クラッチ状態でもダメージを受けてしまう クラッチ状態でもモンスターは普段と変わらず攻撃してきます。 クラッチ状態でのプレイヤーは「乗り状態」のように無敵ではありません。 攻撃をもらうとダメージを受けますし、クラッチ状態が強制的に解除されてしまいます。 モンスターの攻撃を見分ける ただ、クラッチの部位によってモンスターの攻撃を受けない場合があります。 モンスターの動きや攻撃を観察することがクラッチ成功へのカギとなります。 クラッチ状態で可能なアクション クラッチ状態では以下のアクションができます。 Lスティック:クラッチ部位移動• 〇ボタン:クロー攻撃• R2ボタン:全弾発射 以降、詳しく解説します。 Lスティック:クラッチ部位移動 Lスティックでクラッチする部位の変更ができます。 「頭を狙ったが背中にクラッチしてしまった」など、狙った位置にクラッチ出来なかった場合に使用します。 クラッチ部位移動を行うたびにスタミナを消費するので注意しましょう。 「このままだと反撃を受けてしまいそうだ」とクラッチしたものの、追撃できない場合に使用します。 無理だと感じたら一旦降りて、再度チャンスを待ちましょう。 武器攻撃を行うとスタミナを消費します。 威力は申し分ない程度ですが、 武器攻撃による束縛時間が長いです。 モンスターの反撃を受けることも考え、タイミングには十分注意しましょう。 武器攻撃には モンスターの部位に傷を付ける効果があります。 また、武器の中で「 傷を付けやすい武器」と「 スリンガー弾を落としやすい武器」があります。 傷を付ける効果• モンスターに与えるダメージが増加する• はじかれ防止• 部位破壊を行いやすい• 効果は90秒間持続する 上記のように、メリットしかありません。 モンスターにスキが生まれたら積極的に武器攻撃を行いましょう。 傷を付けやすい武器 1撃で傷を付けることができます。 モンスターの部位を常にチェックしておきましょう。 ハンマー• 狩猟笛• ランス• スラッシュアックス• チャージアックス• ヘビィボウガン スリンガー弾を落としやすい武器 武器攻撃を行うとスリンガー弾を落とします。 傷を付けるには最低2回は武器攻撃を行わなければなりません。 傷を付けるのに時間は掛かりますが、スリンガー弾を入手できるので戦略の幅が広がります。 片手剣• ガンランス• 操虫棍• ライトボウガン 傷による見た目の変化 当然ですが、見た目が変化するので傷が付いたか判断できます。 モンスターによっては傷が付いているのか判別が難しい場合もありますので注意深く観察しましょう。 傷が付いたらダメージ表記が変わる 傷が付いた部位を攻撃すると、ダメージの数値に4つの小さな三角形が表示されます。 普段よりもダメージが大きい証拠なので積極的に攻撃してダメージを稼ぎましょう。 〇ボタン:クロー攻撃 〇ボタンでクロー攻撃を行います。 こちらも、 スタミナを消費します。 ダメージは小さいですが、スキが少なく、 傷を付ける効果があります。 武器攻撃でなかなか傷が付かない場合は試してみましょう。 クロー攻撃による向き変更 モンスターの頭部でクロー攻撃を行うとモンスターの向きを変更することができます。 クロー攻撃によりモンスターは「時計回り」or「反時計回り」に回転します。 回転する方向は プレイヤーが頭部の左右どちらでクラッチしているかで決まります。 怒り状態では向き変更ができない 頭部へクロー攻撃を連発するとモンスターが怒り状態になります。 怒り状態だとクロー攻撃による向き変更が通用しないのでご注意ください。 R2ボタン:全弾発射 手持ちに1発以上のスリンガー弾があれば、R2ボタンで全弾発射を行います。 地味にスタミナを消費します。 全弾発射のダメージは大きくありませんが、 頭部に当てた場合はモンスターの前方へぶっ飛ばすことができます。 ぶっ飛ばした先の壁に当てれば大ダメージを与え転倒するため、積極的に追撃を行いましょう。 ぶっ飛ばしがいつでも狙えるように「石ころ」や「ツブテの実」などのスリンガー弾を装填しておきましょう。 ただし、 「スリンガー閃光弾」や「スリンガー音爆弾」などのアイテムでは使用できません。 オブジェクト 例 樹木、岩の柱、大蟻塚の巣など• 崖 翼があるモンスターでも崖に落ちます• 他の大型モンスター ぶっ飛ばしを行う際には上記の要素が周辺にあるか確認しましょう。 まとめ クラッチクローの基本編についてまとめてみましたが、いかがでしたか? クラッチクローはクセがあって初心者にはハードルが高いアクションかもしれません。 ですが、やればやるほど戦略の幅が広がり、ぶっ飛ばしを決めた時は爽快感があって楽しい新アクションです。 この記事を読んで少しでも活かせて頂いたら幸いです。 私が意識している立ち回り方についてはこちら!.

次の

アイスボーン クラッチクローの使い方とぶっ飛ばし【モンハンワールド】

弓 クラッチ クロー

あと、エンディングまでがチュートリアルという、モンハンの根本は変わりません。 MHWアイスボーン新アクションクラッチクロー 私は弓を使っておりまして、このクラッチクローに慣れるまではストレスがマッハでした。 弓は少し離れていますから、モンスターが怯んで顔を引っ込めると、クラッチアローが届かないことが多々あります。 モンスターから見れば、「何やってんだこいつ」な感じでしょう。 そして、追加されたモンスターは、弓だと顔が硬いモンスターが増えているようで、傷をつけないと前作のようなダメージがでません。 猛威を奮った 弱点特攻も傷をつけることが前提のスキルになってしまいました。 一手間かけないと、普通に頭めがけて戦えないというのは、弓弱体な感じがしますね。 さて、しかし、一手間かけるだけ、と言えなくもないですし、吹っ飛ばしは大ダメージを狙えます。。 ただ、吹っ飛ばすとすぐ怒るので、怒って手をつけられないモンスターは吹っ飛ばさず千々矢が良いかもです。 クラッチクローの意外な問題点 クラッチクローはめっちゃ強いです。 というか、クラッチクロー前提の設計になってる感じです。 ただただ、問題があります。 ハンターを通り過ぎて後ろに回って攻撃してくる。 ハンターが倒れて起き攻めを繰り返し、ダウンしたら死ぬ。 オトモの根性で生き返っても、動けるようになるまでひたすら攻撃してくるので、すぐ死ぬ。 ハンターを通り過ぎて後ろから攻撃してくるモンスターが多いので、カメラをギュンギュン動かさなければなりません。 これまた3D酔いを加速させる、ハンターではなくプレイヤーへの直接攻撃になっています。 ナルガクルガ、ベリオロス、オドガロン亜種などなど、パッと後ろに回られて攻撃されます。 見えません。 ティガレックスに至っては、ひたすら暴れまわって走り回って、どこどこ?ってやってたら、後ろから体当たりしてきます。 ティガは近づいているとやや楽ですし、フレーム回避もできるモンスターなんですが、3D酔いでプレイヤー攻撃してくるので対応できるか難しいです。 ただし、ブラキディオス・ジンオウガは戦ってて楽しいモンスターでした。 MHWで歴戦王とかと戦ってなかったら、もっと早く諦めたかも知れない。 アイスボーンエンドコンテンツ「導きの地」はソロだと孤独で寂しい辛い作業 ジンオウガと戦うまでは楽しかった…。 もちろん、新モンスターとは一通り戦いたいです。 ただ、カスタム強化の素材集めや、場所のレベルの上げ下げはどう考えてもめんどくさいので、誰かとワイワイやると楽しいのではないでしょうか…。 ソロ専の私は、かなりまったりと導かれることになりそう。 MHWアイスボーン総評 結局は「慣れ」ですから、クラッチクローも使いこなせて、敵の挙動も全部頭に入れば、どんどん狩れるようになるでしょう。 そして、慣れてくれば、スキルを火力に回せますので、バンバン狩れるようになるでしょう。 まずは、クラッチークローを自分のものにしましょう! 弓にこだわらず、他の近接武器に浮気した方が、このゲームは簡単かも知れないです。

次の

【悲報】アイスボーンで弓の属性ダメージが最大で3割ほど弱体化していると判明・・・酷すぎる(´;ω;`)ブワッ【モンハンワールド】

弓 クラッチ クロー

攻撃した部位に傷をつけられ、傷がついた箇所は 一定時間肉質が柔らかくなり、攻撃も弾かれにくくなる。 硬い部位への攻撃や、部位破壊を狙う際に有効。 傷がつく攻撃回数は武器毎に異なる 傷をつけるためには、武器種によって決められた 規定回数の武器攻撃をする必要がある。 モンスターをぶっ飛ばす方向を変えたい時に有効だ。 ただし、クロー攻撃は 怒り状態のモンスターには無効なので注意。 しがみついたまま移動 使い方 Lスティック しがみついているときにLスティックを入力することによって、モンスターの体の上を移動できる。 目的の部位にしがみつけなかった時に使おう。 モンスターの攻撃に巻き込まれると思ったら降りよう。 クラッチクローの便利な使い方 転身の装衣で安全クラッチ! 特殊装具「転身の装衣」を着ていると クラッチ時にモンスターの攻撃を受けても無効化される。 頭など被弾率の高い部位に安全に傷つけたい場合は、転身の装衣を着ていこう! 不動の装衣でも可 ダメージのリアクションや聴覚保護の付与される不動の装衣でも擬似的に転身と似た動きができる。 転身と大きく違うところは、 ダメージを受けてしまうので、そのまま力尽きてしまう危険性がある。 確実にスタンを狙える ハンマーや狩猟笛などスタンを取ることに特化した装備は、 頭にクラッチすることで確実に気絶値を貯めることができる。 頭の高いモンスターに対しても、安定した活躍ができるので積極的に狙っていこう。 モンスターのエリア移動時に追撃! クラッチはモンスターに張り付いて攻撃できるので、モンスターがエリア移動する際にも安定してダメージが与えられる。 足止めや傷つけなど恩恵は大きいので、モンスターが移動を始めたらクラッチで追いかけよう。 アイスボーン攻略情報 アイスボーン攻略の注目記事.

次の