俺に才能なんてもんがあるように見えるか。 第1話

Su

俺に才能なんてもんがあるように見えるか

「また負けたああぁぁぁぁーーーー!!! なんだよ!11月11日でゾロ目だからいけると思ったのによー・・」 この世の終わりが来た・・・まるでそんなことを思わせるかのようなことを叫びながら、黒髪で前髪が無造作にボサボサになっている一人の男が肩を落としとぼとぼと歩いていた。 「はぁ・・・またやっちまった・・・もうパチンコには行かないと決めていたのに給料が出たらすぐ 行ってしまうこの習性みたいのはどうにかならないもんかねぇ・・・」 一筋の光も垣間見えない腐った魚のような目の持ち主は一人空しく呟く。 「もう28にもなってまともな仕事にもつかず、アルバイトを転々として貯金もほとんどないし、特にイケメンでもないから彼女もずっーーーと出来ないしよ・・・」 こんなくだらない愚痴をまるで呪文のように、ブツブツと独り言を言ってるこの男名前を 多能タノウ 巧タクミ という。 この名前だけを聞くといかにも才能豊かでなんでも器用にこなしそうな名前だが、実は特にこれといった一芸があるわけでもない。 その上さらに嫌なことがあるとすぐ逃げ出すような性格のため、周りからは無能の匠なんてあだ名がつけられてしまうようなまさに絵に描いたようなダメ男である。 「ただいまー・・・って家には待ってる人なんていないっつーの。 まったくこんな生活いつまで続くんだよ・・はぁ・・まさか自分がこんな大人になるとは想像もつかなかったな。 」 タクミは築30年はゆうに超えているであろうアパートに帰り着くなり部屋の明かりもつけずに床にあぐらをかき、帰りになけなしの金で買ってきた缶ビールを手に取った。 プシュッ・・ゴクッ・ゴクッ・ゴクッ・・・・ タクミはビールを開けるとそれを一気に飲み干した。 「かぁーーーーっ!! 負けた後に飲むビールもまた格別だっ!」 そんなどーしようもないことを言いながら、ビールを飲み干すともう長年替えられてないであろう色褪せた畳にゴロンと横になった。 「あーあ・・・俺はこのままこの部屋で一人寂しく孤独死でもしてしまうんだろうか・・・。 子供の時はもっと希望に満ち溢れた世界が待ってるもんと思ってたんだがねー・・・どこでどう間違えたんだろうか」 もはや腐った魚を通り越して死人のような目をしているタクミ。 寝転んだままふとすこし開いている押し入れに気付いた。 その隙間からは古びた段ボールが垣間見えた。 「あれっ、あの段ボールなんだっけか?・・・そうだ!なんかリサイクルショップとかに売れるようなものねーかな!」 なぜか急に段ボールに対して希望をみなぎらせたタクミは慌てて起き上がり、押し入れを勢いよく開け、古びた段ボールを引っ張り出した。 「さぁーて、お宝はあるかねー!?」 そう言いながら、タクミは勢いよく段ボールを開け漁った。 しかし次の瞬間あっさりとタクミの希望は絶たれた。 そこには、実家から持って来ていた小さい時のアルバムや卒業文集やらがほこりをかぶった状態で無造作に入れられていた。 「なんだこれ・・・俺こんなもん持って来てたっけか?・・・ってか!こんなもんどこにも売れるかっての!!」 わずかなながらもしょーもない期待をあっさり裏切られたタクミは、段ボールの中の一冊の本を手に取り壁に投げつけた。 パサッ!! 投げつけられた本が空しく音を立て畳に落ちる。 叩きつけられた本、それはタクミの小学生時代の卒業文集だった。 「まったくなんでこんなもんが俺の家にあるんだよ・・こんなもん実家から持ってきた記憶もないぞ」 叩きつけられた卒業文集は半分ほど開いた状態で床に落ちていた。 「あーー、小学校の卒業文集か・・そういえばこの時は将来の夢とか書かされたっけか。 俺小学校のときはどんなこと書いてたんだ?」 タクミはふと興味がわいて、さっき投げつけた本を手にとって自分の書いたページを探し始めた。 「えっーーと・・・俺の書いたページ・・・ページ・・・おっ!あった!あった!。 どれどれ・・・」 ~~~将来の夢~~~ 6年2組 多能 巧 ぼくの、しょうらいの夢はプロ野球せんしゅになることです!プロ野球せんしゅになっていっぱーーいホームランを打って活やくしていつかはメジャーリーグにいってそこでもホームランを打ちまくってMVPにえらばれるようなせんしゅになりたいです!そしてきれいな奥さんとケッコンして子どもは3人くらいほしいとおもいます!それから・・・・・ そこには幼い時の、まさに夢と希望に満ち溢れている文章が書き綴られていた。 正直今の腐ったタクミの瞳には眩しすぎる文章だ。 「なんだよこれ・・いくら小学生でも夢大きすぎだろうよっ!プロ野球選手!?今の俺にそんな要素何一つないぞ!きれいな奥さん!?彼女だって出来たことないっつーの!! くそっ!!」 タクミは理想と現実のギャップに落胆して、再び手に持っていた文集を壁に投げつけた。 「小学生の時からこんな叶うわけもない夢なんて見てるから、こんなろくでもない大人になっちまうんだよ。 あーあ、こんなもん見てしまってなんか無性にむなしくなっちまったな。 ・・・今日はやけ酒でもして寝ちまおう」 そう言いながら立ち上がり、タクミは冷蔵庫を開けた。 だが冷蔵庫には酒は入ってなく、つまみになるようなものもなかった。 「あーー!くそっ!こういう時に限ってなんでなんもねぇーんだよ!ったく、しょうがねぇからコンビニでも買いに行くか・・ちょうどまだ着替えてないしな」 タクミはジーパンに長袖のポロシャツの格好で酒を買うために外に出た。 「っくし!!さすがにこの時間になると寒くなってきたな。 もうちょっと厚着してくればよかったかな」 少し肌寒い風が吹く。 時刻は11時を過ぎたところだった。 夜空には綺麗な満月の姿があった。 無数の星空も輝いている。 だが残念なことにタクミに星を見てキレイと思う情緒はなかった。 「さてと俺の家からコンビニまで地味に遠いんだよなー。 寒いからさっさと買い物済ませて帰ろっ!」 タクミは歩く速さを速めようとした時だった。 クーン・・・ ふと動物の鳴き声が聞こえた。 聞こえるというよりも心に直接響いてくる感覚だった。 タクミが鳴き声がした方に視線を送ると、そこには真っ白い猫が現れていた。 周りは街灯も少なく暗いというのにやけにはっきりと猫の姿だけははっきりと見えた。 まるで浮かび上がっているようだ。 「なんだ?この猫?なんかみたことない種類の猫だな。 ん?てか気のせいか、なんか光ってねぇ??」 タクミが違和感に気づき目を凝らすとそれは最初は猫の姿に見えたが、尻尾は猫より長く瞳はなんだか緑色のように見える。 なぜかそのうえ暗闇なのだが瞳は色を確認できるほどはっきりと見える。 背中にはおそらく羽を折りたたんでいるかのようだ。 そして鳴き声がタクミの知っている猫のものとはあきらかに違っていた。 うわっ・・なにこいつ・・・なんかこいつ変な感じがするぞ・・・ タクミがなんだか嫌な感じに襲われたときであった。 その猫のような謎の生き物と目が合ってしまった。 その緑色の瞳を見た瞬間に、その生き物を中心に全身が吸い込まれるような感覚に襲われ次の瞬間にはタクミは一瞬で視界を奪われてしまった。 目の前がすべて真っ白になっていく。 「なっ!?・・まぶしいっ!!!」 タクミの目の前をまばゆい光が包み込んだ。 「・・・・・っつ、なんだよ。 今のは何だったんだよ・・。 」 タクミの視界が徐々に回復してきた。 回復してきた視界には自分の足元が映っている。 そこに映っていたのは自分の両足だったが、明らかに地面が違っていた。 さっきまでは、たしかにアスファルトの上を歩いていたはずなのに、今は赤茶色の乾いた土の上に立っていた。 さらに目線を上げていくとそこにはさっきまであった満月はなく青空が広がっていた。 まさに青天・・・なんと一瞬で昼間になっていたのである。 そしてそこにさっきの生き物はいなかった。 そして、自分の置かれている状況を把握してきてタクミは焦りを隠しきれなかった。 「なんだよ・・・ここ。 どこだよ・・・え?さっきまで夜の道をあるいていたよな?・・・はい?」 完全にタクミは動揺していた。 まわりを見渡してもあきらかに自分の知っている景色はない。 辺り一面が見たことないものになっていた。 この景色で変わってないのはタクミのジーパンと長袖のポロシャツだけであった。 「ど、どこなんだよ!?ここはーーー!!!」 タクミは空を見上げて叫んだ。 そこにはオレンジ色の太陽と見慣れぬ緑の月のようなものがあった。

次の

俺は誰も殺してねぇ!!

俺に才能なんてもんがあるように見えるか

無能「はぁ…有能はいいよな、稼げてよ…」 有能「おいおい(笑)こっちだってかなり忙しいんだぞ、それに加えてお前は暇そうでいいよな」 無能「あのなぁ…俺はやりたいことしたくても、面接であるいは書類選考で落とされるんだ、お前と違って上手くいかねぇんだよ」 有能「お前、努力はしたのか?」 無能「??努力??したよ?就活したよ?」 無能「けど、大学中退やから行きたいところほぼ落ちるんだよね〜」 有能「お前努力してないよ」 無能「あ?努力って言うけどさ、お前は努力したのかよ!」 有能「したぜ?大学もちゃんと卒業したのもあるが、就活対策を念入りにして、本番には緊張しつつもちゃんと動けて今の会社に入ったんだ」 有能「お前はどうだ?大学も変な言い訳でやめて、それからずっとニートじゃん、何も努力してないじゃん」 無能「お金なかったし、お前と違ってステータス高い訳でもないからよ、お前みたいに才能がないから何もできねぇんだよ!!」 無能「お前はいいよな、大学もちゃんと卒業してるから、なんかあっても転職なんて簡単にできそうだし、そのまま行けば安定な暮らしを維持出来るもんな!いいよな!」 有能「才能??そんなの努力でなんとかなるぞ?」 有能「お前は才能のせいにしてるだけで、本当は努力したくないだけなんじゃないか?」 無能「んなことねぇよ」 有能「大学中退者はもう人生詰みなのか?そんなことないだろ?大学中退者でも必死に生きてる人はいる」 有能「2〇年間生きてただけで人生終わりとかどんだけ短いんだよ(笑)」 無能「でも実際に定職につけねぇよ、就きたくてもつけねぇんだよ!」 有能「だから努力してないからだよ」 無能「!?」 有能「ニートから正社員はなれないことはないがなかなか難しい。 しかもお前は既卒なんだから中途採用だ。 企業側になってみろよ、ニートなんかよりもっといい人取りたいだろ?」 無能「じゃあ、無理じゃん、詰みじゃん…」 有能「だが今からでもキャリアなんていくらでも積める。 会社はたくさんあるし、未経験でも雇ってくれる企業なんてたくさんある。 」 有能「大学中退してからニートした分、すぐに俺らに追いつくのは無理だけど、今から必死に働いて、その仕事極めて、転職していけば安定した生活なんて余裕だ。 もしかしたら俺らを超えることができるかもしれない。 」 有能「しかしこれは努力しないと無理だ。 才能がない、無能だ、発達障害かもなんていう心配をしているなら今すぐ就活の対策をしろ!働いたから考えろよ!」 無能「けど俺は無能だ、大学中退だぞ?」 有能「いつまで学歴にしがみついてるんだ?今のお前は無能だけど、じゃあ有能になればいいじゃん!」 無能「無能なんだ…俺無能なんだ…大学中退してるしな…」 有能「学歴はあくまでそいつの頭の良さを表してるだけだ、確かに頭良いから就活も有利かもしれんな。 」 有能「けど人柄は学歴で表せない、面接で表すしかないんだ。 企業も学歴重視の所もあれば、人柄重視もある。 お前は学歴が無い分、人柄で勝負すればいいんだよ。 」 有能「あと確かにお前は無能だ、今の段階でなんも経験、スキル、才能もないと見えるからな。 」 無能「…今の段階??」 有能「そうだ、頑張って働いていけばスキルも経験も自然と身につく、才能なんか神様以外わからないよ。 " ちょっとした小話を作ってみました(笑) 実際に就活エージェントで経験したことです。 ちょっと理想すぎるかもしれませんが、yutaは確かにそうだなと思いました。

次の

第1話

俺に才能なんてもんがあるように見えるか

これを信じて毎日、懸命に努力している人には悲しいお知らせだ。 米オハイオ州にあるケース・ウェスタン・リザーブ大学の心理学者がこのほど行った調査で、 「一流になるにはただ長時間練習すればいいわけではない」との結論が導き出された。 結果は、英国王立協会のオンライン科学誌ロイヤル・ソサエティ・オープン・サイエンスに掲載されている。 この調査を行ったのは、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のブルック・マクナマラ准教授とメガ・マイトラ氏だ。 1993年に米フロリダ州立大学の心理学者エリクソン氏らが発表した、バイオリニストの実力と練習時間の長さの関係を紐解いた研究を元にした。 1993年のエリクソン氏らの調査では、一流のバイオリニストは20歳までに平均で1万時間の練習を積み重ねていたことが分かった。 エリクソン氏らはここから、何かに秀でるのに必要なのは、生まれ持った才能ではなく「1万時間の意図的な練習」だと結論付けた。 この研究はその後、マルコム・グラッドウェルが著書『天才!成功する人々の法則』(講談社)で、「1万時間練習を続ければ本物になる」として取り上げて 「1万時間の法則」を提唱するなど、さまざまな分野で注目を集めてきた。 同准教授らは、バイオリン奏者を集めて実力別に「非常に良い」「良い」「まあまあ」の3グループにそれぞれ13人ずつ分けた。 その後、各奏者に対し、これまでの音楽歴や実績、練習時間について聞き取り調査をした。 さらに、1週間の練習日記を付けてもらった。 「まあまあ」のバイオリン奏者は20歳までに平均6000時間の練習を積み重ねていたが、「非常に良い」と「良い」のグループは共に、 平均で1万1000時間の練習を重ねていたことが分かった。 練習に費やした時間が実力の違いに占めた割合は、4分の1程度だったという。 マクナマラ准教授は英ガーディアン紙に対し、一流のレベルにまで達してしまえば、みんなかなりの練習を積み重ねて来ているため、 実力の違いに練習が占める割合はそこまで大きくはならないと説明する。 そのため、そこから抜きん出てスーパーエリートになるには、練習以外の要因がポイントになるとしている。 何がその要因になるかは、例えばチェスなら知能やワーキングメモリ、スポーツならいかに効率よく酸素を使えるか、などと分野によって異なるという。 その原因については、エリクソン氏らの調査方法にバイアスを含む誤りがあった可能性があると述べている。 同准教授はまたガーディアンに対し、練習を積み重ねれば、昨日の自分よりは上手くなれるが、だからといって他の人より上手くなれるわけではないかもしれないと指摘。 人によって実力の違いがある理由には、環境的要因や遺伝子的要因があり、さらにはこの2つが複雑に絡み合っているからで、 練習には限界があると気づくことが大切だと話した。 なおガーディアンによると、1993年当時の調査を行ったエリクソン氏と、同論文の共著者だったベルギーにあるルーベン・カトリック大学の心理学者、 ラルフ・クランぺ氏は共に、マクナマラ准教授らの調査で導き出されたものは、自分たちのものとほぼ変わらないと反発している。 クランペ氏はガーディアンに対し、練習がすべてだとか、長時間の練習だけでうまくなれるなどとは自分も考えていないと話し、練習の質、 教師と親のサポート、すべてが大切だと説明。 「それでも、意図的な練習が最も重要な要素だと私は考えている」と加えた。 人間のスペックってそこまで変わらんと思うよ、ボルトみたいに体の構造が他の人と違っててとか、特殊な知的障害とかは例外として除くけど もちろん効率の悪い方法での努力をしないっていうのは前提として、才能って向き・不向きだと思う Aをすることが好きで好きでたまらないからAを苦にならずいくらでもしちゃう、Aをもっと楽しいように良くしていく方法も色々考えちゃうって人がAをすることの天才って呼ばれるんだと思う Aの凡人は、そもそもAをするにも長めにやったら疲れやストレスを感じるしそこまでAに過度に積極的って訳じゃないからぽんぽん豊かな発想を出していくのにも苦労する、つまり向いてないんだよ とにかくそれが好きなこと、それが才能なんじゃないかな? だからAの凡人は、自分が好きになれるBかCかDか、それを探してその道へ進めばいいんじゃないかな まあ、実際、何らかの専門分野を使った仕事をしているとわかるけど、並外れたテクニックだけでできる業務ってほとんどないよ。 小説や絵画だって、ガチでプロとしてやっていくなら、スポンサーや依頼主の要望を再現したり、曖昧な要求の中から、本当に求めているであろうものをカウンセリングで導き出したりっていう能力が必要になる。 得意分野以外の業務を依頼された場合も、その資料を一から読み込んで、マーケティング要素を守りつつも、芸術性をどれだけ高めるかという試行錯誤をしてから、実務に取り掛かるしね。 ゲームのようにいろんな専門家との合作になる場合は、チームプレイとしてのコミュニケーション能力や、作風における全体的なバランスを調整して、時にはわざと手加減したり、他人の作風に合わせたりすることだって必要だし。 実際のアートや専門的な仕事って「オリンピックのような技術自慢」ではできないっていうのを知らない人が多いような気はするなあ。 もちろん、高い技法を求めて腕を磨くことは必要だけど、それ以外の社会人としての常識や、人に好かれる献身的な態度、納期を守るための体力維持を始めとしたスケジュール管理能力…… そういう総合的な力の方が結局仕事では求められるんだよね。 そもそも、その人がいくら本気を出したら強いとしても、その本気のレベルを常に求められる依頼なんて、そうそうあるものじゃないからなあ。 特に小説とかだと、「執筆テクニックだけ」を専門的にガチのシナリオ学校(NHKとかにシナリオライターを排出してるような所)とかで学ぶと、だいたい3年ぐらいで横並びになるんだよね。 むしろそれ以上に、多くの小説を読んで、シーン構成や台詞のパターンを大量に学んだり、人間や社会を理解するための教養とか、美しさを感じるための感性とか、学んだ技術を短い実働期間で終わらせないために体力を毎日磨いたりする方が大事だったりする。 そんなのをプロなんて10年以上ほぼ毎日続けるんだから、そりゃその業界に思い入れとか、めちゃくちゃ好きな気持ちがないとできるもんじゃないんだよなあ。 才能が凄くあっても、酒がやめられなくて頭がおかしくなって執筆できなくなったとか、そんなやつってプロでもゴロゴロ転がってるからなあ……(もちろん家庭はボロボロになってる) 「強い奴が勝つ、幸せになる」っていう法則が通じないのが人生なんだなって本当に思うわ。

次の