風邪 エナジー ドリンク。 風邪にレッドブルは効く・飲んでもいい?薬と飲むのは危険、おすすめの通販

売れ筋!ノンカフェイン栄養ドリンク人気ランキング

風邪 エナジー ドリンク

「クラティンデーン」という商品はご存知ですか? 実は「 レッドブル」は、このタイ国の栄養ドリンク「クラティンデーン」にヒントを得て、 欧米向けに成分やテイストを修正したものなのです。 また、元祖の「クラティンデーン」もしっかりと進化しており、 タウリン・カフェインの配合量2倍の「クラティンデーン・テオプレックスL」を発売しています。 では、海外版レッドブル と日本版レッドブル 、いったいどこに違いがあるのでしょうか。 それは、 「タウリン」や「炭酸」の有無が大きな違いとなります。 まず一つ目の「タウリン」ですが、日本でもこの成分は医薬部外品である栄養ドリンクによく使われています。 ところが、日本版レッドブルにはこの「タウリン」が配合されておりません。 さらに、「炭酸」が入ってない海外レットブルは、ごくごくと飲みやすい仕様となっており、 味が少し甘いのが特徴となっています。 日本版と海外版、それぞれ特徴がありますので、シーンに応じての飲み分けをおすすめします。 いつもの炭酸ドリンクとして楽しむなら日本版レッドブル、タウリンをしっかり取りたいなら「海外版レッドブル」、 ちょっと珍しい150ml瓶オリジナルが飲みたいなら「クラティンデーン」、 カフェインもタウリンもしっかりと摂りたい時は、100ml瓶の「クラティンデーン・テオプレックスL」。 レッドブルにも種類があるのでその時の用途で 使い分けも出来ます!! レッドブルの風邪対応方法!! 風邪を引いてしまったけど、大事な会議もあるし、代わりに出てくれる人もいない…。 誰でも一度はそんなキツイ経験をされたことありますよね。 そんな時、良いとされているのが、レッドブルのお湯割りで飲む風邪薬。 レッドブルと葛根湯でさらに風邪対策する!! 悪寒もあるし、なんだか風邪を引いてしまいそう…。 葛根湯は、体を温める働きによって様々な症状をケアする7種類の生薬からなる漢方薬。 そこにレッドブルのお湯割りを加えることで、葛根湯の配合成分である生姜と共に体をしっかり温めるだけでなく、 レッドブル配合の ビタミン類 が、弱った肉体に速やかに栄養を届けるといわれています。 しかも、漢方独特の苦みや、胃への不快感も、 レッドブル特有の液体状の糖分の作用によってス〜っとサポートしてくれるはず。

次の

売れ筋!ノンカフェイン栄養ドリンク人気ランキング

風邪 エナジー ドリンク

スポンサーリンク 風邪薬と栄養ドリンクを一緒に飲んではいけない理由 栄養ドリンクには、カフェインなど、脳を刺激して興奮させる覚醒作用のある成分が含まれています。 これらの成分の働きで神経が活発になったり、血管が拡張して血行が良くなるため、栄養ドリンクを飲むと元気になるんですね。 こうした 神経や血管に作用する成分は、風邪薬を始めとした医薬品にも広く配合されています。 そのため、 栄養ドリンクと風邪薬を一緒に飲むと、覚醒成分がダブルで作用することになり、動悸や息切れなどの症状が起こるリスクがあるのです。 お酒で薬を飲んだら良くないだろうことは、なんとなくイメージできますよね。 実際、アルコールと薬を一緒に服用するのは危険なこと。 その理由は、体内に入ったアルコールと薬の成分は、どちらも肝臓で処理されるから。 アルコールを飲むと肝臓が活性化するため、そこに薬の成分が入ると、薬が効きすぎて副作用を引き起こす可能性があります。 そして、 風邪薬とアルコールというのは、特に副作用を誘発しやすい組み合わせ。 栄養ドリンクで風邪薬を飲んだり、薬を服用している時に栄養ドリンクを飲むのは危険です。 一緒に飲むと危険なのは、風邪薬だけではありません。 なんだか体調が悪いな…という時に飲む他の薬でも、栄養ドリンクと併用するリスクは潜んでいます。 スポンサーリンク 胃腸薬と栄養ドリンクの組み合わせもNG 風邪薬以外で気をつけたい一例が、胃腸薬と栄養ドリンクの組み合わせ。 飲み過ぎて疲れた翌日や、ストレスで胃の調子が悪いなんて時に、やってしまっていませんか? 胃腸薬は、胃液の分泌を抑えて胃へのダメージを軽減するのですが、一方の栄養ドリンクは胃液の分泌を促進します。 栄養ドリンクと胃腸薬、正反対の作用を持っているものを一緒に摂っても、体が回復するわけはありませんよね。 回復を早めたくて栄養ドリンクを飲んでいるのに、かえって薬の働きを邪魔してしまいます。 このように、薬と栄養ドリンクを併用することには、さまざまなリスクや弊害が付いて回ります。 栄養ドリンクの目的と効果とは 栄養ドリンクは疲労を「一時的に」回復するもの 栄養ドリンクの目的は、疲労によって落ちた体力を一時的に回復することです。 栄養ドリンクの主成分はビタミンで、その他にカフェインなどの覚醒作用のある成分や、エネルギー源となるブドウ糖などが含まれています。 カフェインが含まれている理由は、 栄養ドリンクを飲んだ人に、疲れが取れたと感じさせるため。 先ほどもお伝えしたように、 カフェインには強い覚醒作用・興奮作用があるので、栄養ドリンクを飲むと一時的に神経や血流が活発になり、元気になったように感じられるのです。 でも、 栄養ドリンクの疲労回復効果は、あくまでも一時的なもの。 栄養ドリンクは薬ではありませんから、 疲労の原因や風邪の症状を根本的に治してくれるわけではありません。 言ってしまえば、脳をごまかして「元気になったつもり」にさせているだけだけなので、覚醒効果が切れれば、ドッと本来の疲れが襲ってきます。 痛み止めで痛みを消しても、怪我が治ったわけではないのと同じですね。 また、頻繁に栄養ドリンクを飲んでいると、 大量のブドウ糖の影響で血糖値が急激に上がり下がりしてしまい、かえって疲労してしまうことも。 飲み過ぎはカフェインや糖分の摂り過ぎになり、下手をすれば元気になるどころか、健康を損ねてしまいます。 栄養ドリンクの効果というのは一時的なドーピングのようなものですから、 大事なプレゼンや会議の前など、ここぞという時の緊急ヘルプとして使いましょう。 繰り返しますが、風邪を治す目的や、薬と一緒に飲むという飲み方は控えてくださいね。 風邪を引いた時に栄養ドリンクを飲むと、風邪が治ったような気がするかもしれませんが、それはあくまでも一時的なもの。 疲労は食事と睡眠でしか取れませんし、風邪の症状は薬か休養で治さなければいけません。 じゃあ、風邪を早く治すにはどうしたらいいの?という人のために、栄養ドリンクを使わずに、風邪を早く治す方法を紹介します。 体を温める• 消化の良い食べ物を食べる• 睡眠をしっかり取って体を休める• ビタミンCを摂る 大切なのは、 体を温めることと、体力を消耗しないことです。 私たちの 体の免疫力は、体温が1度下がると30%も低下すると言われています。 風邪を引いた時に熱が出るのは、体温を上げることで体が免疫力を上げて、風邪の菌に抵抗しているから。 だから、 38度くらいまでの発熱であれば、解熱剤で無理に下げないほうが体の免疫力が上がり、風邪の治りは早くなります。 (39度を超える高熱の場合は体への負担のほうが大きいので、解熱剤を使いましょう!) 体は発熱による熱と、お風呂や布団による外的な要因による熱の区別が付きませんから、 風邪を引いたら、とにかく体を温めることが有効です。 そして、 免疫力が十分に働けるよう、体力を温存すること。 胃腸に負担がかからない消化の良い食事を取り、余分な体力を使わないようしっかり睡眠を取って休養します。 免疫力を助けてくれるビタミンCを摂取できれば、さらにベター。 体を温かくして、消化のよい食事を取り、よく眠る。 昔から言われている当たり前の風邪対策が、風邪を治す1番の早道なのです。 消化に良い食事って例えば何?という人は、こちらの記事も参考にしてみてください。 風邪薬と栄養ドリンクを併用するのは危険• 栄養ドリンクで元気になるのは一時的なものであり、風邪や疲労を根本から回復してくれるものではない• 栄養ドリンクを飲んでいいのは、ここぞという時の緊急時のみ• 風邪を早く治す1番の方法は、体を温めて、しっかり休養を取ること 栄養ドリンクで風邪が良くなったように感じるのは、実は錯覚。 それどころか、飲み方によっては健康上のリスクも負いかねません。 体調を崩したら栄養ドリンクをアテにするのではなく、素直に体を休めてくださいね。 参考文献) よくわかる最新「薬」の基本としくみ(秀和システム) 多病息災にくらす健康生活術(吉備人出版) 意外と知らない大人のプチ教養303(PHP研究所) その薬があなたを殺す!薬剤師が教える知らないと毒になる薬の話(Sbクリエイティブ) 世の中の常識ウソ・ホント(PHP研究所) 寝不足でも結果を出す全技法(ディスカヴァー・トゥエンティワン) ウソの健康常識に殺されないための50の正解(主婦の友社).

次の

風邪に効く栄養ドリンク|コンビニで買えるおすすめランキング7選!

風邪 エナジー ドリンク

風邪薬のアレコレ。 危険な事実がココに… いろいろなバリエーションの風邪薬が各店舗展開されていますが、医薬品区分もさまざまで少々複雑な風邪薬コーナー。 使用法によっては危険なリスクも伴いかねない風邪薬は、服用に注意が必要な商品でもあります。 冬になると一般的な風邪だけではなく、鼻炎やインフルエンザなどの可能性もあり、症状から考えた的確なチョイスが必須。 実際のところ、お客様の中には小児用風邪シロップ1本丸飲みや、鎮痛剤との併用など危険な使用法をされる方が後を絶ちません。 栄養ドリンクと風邪薬の組み合わせはOK? ここで本題である風邪薬と栄養ドリンクの併用についてですが、特にサラリーマンのお客様など風邪薬と共に滋養強壮の栄養ドリンクを買っていかれる方がちらほら。 この場合、購入時に「こちら併用されますか?」というお声がけを、必ず行わなければなりません。 風邪薬、栄養ドリンクには、それぞれカフェインが配合されていることがほとんどで、その場合併用は不可。 治りかけの風邪ならば、比較的高価格帯の栄養ドリンクのみ、風邪の引きはじめならば風邪薬のみと、程度によって使い分けが必要です。 風邪にもっとも効果的な対処法とは? 風邪薬と栄養ドリンクの併用は基本的にはタブーとされていますが、就寝前に飲めるノンカフェインタイプの栄養ドリンクや、風邪薬コーナーに陳列されている併用可の滋養強壮剤は、風邪薬と共に服用することで治りを早くしてくれます。 「とにかく風邪を早く治したい」と訴えられるお客様には、この組み合わせが一番。 また基本的なこととして、水分をたくさん摂取するようお伝えするのも忘れてはいけません。 登録販売者ドタバタ劇場 用法・用量 それではこの薬を飲んでください、とそれだけ言われても、普通であれば使用方法を教わってからでなければ […] 記事の検索 検索: カテゴリー• 最近の投稿• アーカイブ• 3 フォローはこちら•

次の