よく でき まし た 歌詞。 よくできました◎ / 莉犬 ダウンロード・試聴

手遊び歌5選!赤ちゃんが喜ぶ・歌詞付き*きゅうりができた・大きな山を登りましょう・おふねをこいで・あたま、かた、ひざ、ポン

よく でき まし た 歌詞

体操ダンス実演は、ご自身もパーキンソン病患者である森重恵子さんとそのお友だち。 それから、なんとボーカルは、大阪刀根山医療センターの神経内科医長 遠藤卓行先生です。 このげんきなこのホームページのトップページの一番上に体操が載っています。 増田先生が、パーキンソン病に効果的な動きを取り入れながら作ってくださった体操ダンスは、コロナでおうちに閉じこもりがちの皆さんからも、「このタイミングでうれしい」と、とても好評をいただいているようです。 全国にファンが多い遠藤卓行先生のお声に癒される、という声もうかがっています。 遠藤先生は、入院患者さんをお相手に、毎日1時間、卓球をしてくださっているとうかがっていますが、歌もお上手だったのですね! わたしたちも、びっくりしました。 遠藤先生が歌われている「みんなが笑顔」という歌の歌詞は、広島県の中国山地の山あいの安芸高田市立小田小学校の五年生がみんなで書いたものです。 この詩も、ほんとうにすばらしい詩です。 元気さんが、力いっぱい制作したプロモーションビデオも、たのしく出来上がっていると思いますので、よかったら、ぜひご覧になって、そしてぜひ一緒に体操してみてください。 コロナが終息の日まで、みんな体調を悪くすることなく、がんばりましょう! (写真、yama-p (きなこ).

次の

よくできました◎ 歌詞 莉犬 ※ lg.ripley.cl

よく でき まし た 歌詞

作詞作曲は『告白実行委員会』シリーズでおなじみのHoneyworks。 ポップで胸にキュンとくる楽曲を多く輩出してきたクリエイターユニットです。 投稿から1時間で10万回再生越えをはたし、投稿から8日が経った12月22日には100万回越えを達成。 驚異の再生スピードを叩きだした、大人気歌い手オリジナルソングとなっています。 この驚異のスピードを生み出した、理由とは一体なんなのか。 この楽曲の魅力について迫ります。 MVは、一人の歌い手として、すとぷりのメンバーとして活動している莉犬の姿が描き出されると同時に、これまでの莉犬の人生の切り取ったような描写も描かれ、この楽曲そのものが莉犬自身の経験と内面を現したものであることが表現されています。 そして、そのなかには多くのファンの姿や、そのファンの姿に支えられた莉犬自身も描かれており、莉犬からファンへ感謝を綴る楽曲となっています。 歌詞でもファンへむけた言葉がたくさん綴られており、「ありがとう」とストレートな言葉を綴った歌詞など、聴く者の胸に深く響くものとなっています。 たくさんの辛い経験や苦しい思いもしてきたけれど、それでも傍にいてくれたファンのおかげでここまでこれた莉犬の全てが詰め込まれた1曲です。 「ありがとう」はもちろんのこと「これからもよろしく」というメッセージも共に込められています。 そんな多くのファンへのまっすぐな気持ちこそが、この楽曲の最大の魅力であり、驚きの再生回数へと繋がった理由なのでしょう。 関連動画、総再生数4億回。 人気絶頂中のボカロ界のクリエイターユニット Honey Worksは、ニコニコ動画、YouTubeにて活動中のクリエイターユニットの名前です。 メンバーはコンポーザーのGomとshito、それからイラストレーターのヤマコの3人です。 他にも7人ものサポートメンバーがおり、楽曲によって一部メンバーを変えたりしながら、たくさんの楽曲制作を行っているユニットとなっています。 関連動画の総再生数4億回。 公式サイトによると「「キュンキュン系」「青春系」と呼ばれるポジティブ系ロックを主体」とした音楽の制作を行っており、その特徴から10代の少女達から多くの支持を得ています。 2014年1月に発売した、メジャーデビュー・ボーカロイドベストアルバム『ずっと前から好きでした。 』では、その代表曲ともなる全19曲のボカロ楽曲達の収録がされています。 楽曲を基にした小説化からコミカライズと、様々なサブカルチャーにおいてもその名前を広めており、2016年には楽曲シリーズ『告白実行委員会』を基としたアニメ映画『ずっと前から好きでした~告白実行委員会~』が全国公開されました。 初週興行収入ランキング8位、総動員25万人と大盛況な結果を出し、同年12月には第2弾となる『好きになるその瞬間を。 ~告白実行委員会~』の公開も行われました。 他にもソニーミュージック主催の『ウタカツ! オーディション』でグランプリをとったCHiCOと組み『CHiCO with Honey Works』を始動しました。 『銀魂』や『アオハライド』といったアニメのテーマソングを務めるなど、こちらもまた多くの大人気楽曲を生み出しています。 歌い手や声優などのアーティストへの楽曲提供も行われており、とどまり知らずな勢いと人気であふれた、大人気クリエイターユニットです! かわいい少年ボイスが魅力! 大人気若手歌い手「莉犬」 莉犬は2016年から活動を開始している、若手歌い手です。 初投稿は『ネトゲ廃人シュプレヒコール』。 中性的で少年のようなボイスのかわいらしさにくわえ、巻き舌や音声加工編集技術の圧倒的クオリティから、視聴者からは「初投稿だとは思えない」という感想が寄せられています。 同年6月、ニコニコ動画やツイキャスで活動を行っている歌い手、配信者で結成されたグループ『すとろべりーぷりんす』、通称『すとぷり』のメンバーとしての活動も開始。 メンバー内でのイメージカラーは『赤』で、動画内などのイラストでも、イメージカラーの赤を主体としたカラーリングのオッドアイの少年の姿で描かれています。 2017年にすとぷりのメンバーである『るぅと』『ななもり』『ころん』の3人とコラボをした歌ってみた動画『太陽系デスコ』が、ニコニコ動画にて初の殿堂入り。 また今年2019年4月に投稿した歌ってみた動画『お願いダーリン』が100万回再生を突破。 莉犬個人での初の伝説入りもはたしています。 声優としての活動もしており、Honey Works原作のアニメ『いつだって僕らの恋は10センチだった。 』にも出演。 メインキャラクター春輝の幼少期を担当し、キャラクターソングの歌唱も担当しました。 2018年4月には初の1stアルバム『「R」ealize』を発売し、初の東名阪ライブを行うなど、今最も精力的な活動を続ける若手歌い手です。 2017年公言。 生まれながらのFTM、性同一障害 大人気若手歌い手の莉犬ですが、実は2017年に配信したツイキャスにて自身が「FTM」の「性同一性障害」であることを明かしています。 性同一性障害とは、体の性と心の性(自分自身が認識している性)が一致していない状態をさすもので、FTMはそのなかでも体の性が女性で、心の性が男性である状態のことをさしています。 莉犬はこれまで、その中性的なボイスから「女性なのか」「男性であるのか」といった疑問をもたれ続けていた歌い手でした。 公開されている性別も「非公開」だった為、謎に謎を呼んでいる状態となっていたのです。 しかし、2017年9月。 ついに自身の性別に関する話を莉犬が公言。 その内容には、多くの人々から驚きの声があがる事となりましたが、多くのファンからは「話してくれてありがとう」と応援の声があげられ、彼が「性同一性障害」であることが受け入れられました。 現在は医療機関で適切な診断を受け「男」と性別を公開しています。 まだまだ差別や偏見で見られる事が多い性同一性障害ですが、それでも彼は男の歌い手として音楽活動を続けることを決意。 すとぷりメンバー、そして多くのファンと共に、今もその音楽活動に精力的に取り組んでいる真っ最中の歌い手なのです。 しょぴくんの優しく落ち着いた歌声とアコースティックギターのみで奏でられるメロディーは、原曲とは違ったあたたかい雰囲気のある楽曲になっています。 この他にもアルバムには13曲の楽曲が、様々なボカロP達の制作の元収録がされています。 なかには、すとぷりのメンバーが携わった楽曲や、莉犬がテーマソングを務めた2019年12月13日公開の『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』のOPソングも収録がされていたりします。 初回限定はボイスドラマCD付属のものと、2019年6月30日にNHKホールにて行われた『すとろべりーめもりーvol. 8 DAY2 『僕たちすとぷり信号機組!』』のライブDVD付属のものでわかれており、ジャケットの絵柄も別々にしてあるなど、様々な特典をつけて発売されています。 歌い手莉犬の魅力がたっぷりと詰め込まれた、莉犬まみれのアルバム。 ぜひ、手にとってみはいかがでしょうか。 TEXT 勝哉エイミカ.

次の

遠藤卓行先生のボーカルにも癒されます♪新しいパーキンソン病リハビリ体操ができました。

よく でき まし た 歌詞

カテゴリ• たとえ時が経って僕がもっと年を取っても 僕とずっとLOVEをもっと温めていこう よそ見しないで僕を見て コメントも残して君を教えて 嫌われたってなんのその 君が怒らないで でもありがとね 否定されても比べられても 知るかよ僕は僕だ 歌おう話そう笑おうずっと 休みなんていらない ワクワクが止まらない 叫べ 時が経って僕がもっと年を取っても ハイハイハイ! 僕とずっとLOVEをもっと温めていこう フッフー! 辛くたって食いしばって そう決めたから だから さらけ出して夢を目指す僕をよろしく! オッケー! 僕もそっと君にチュっと夢でご褒美 フッフー! 転んだって走るんだって そう決めたから だから さらけ出して意地を張った僕をよろしく! オッケー! オッケー! 動画再生回数は 公開からたったの1時間で10万を超え、現在は 40万に達しています。 同年12月11日には 1stフルアルバム「タイムカプセル」のリリースが決定しており同曲が収録されています。 【初回限定ボイスドラマCD盤】【初回限定DVD盤】【通常盤】の3形態が用意されていました。 初回特典も缶バッジ、ポスター、ファイルなど非常に豪華な内容となっていましたね。 さて今作の曲調とMV内容に触れてみたいと思います。 今作では王道アイドルソングなメロディーが元気いっぱいに鳴り響いていました。 MVでは、すとぷりの中でも可愛い系を担当する莉犬さんが ファンへエールと感謝を送っていました。 途中で自分にもエールを送っているように思えるフレーズとイラストが登場します。 すとぷりはこれまで色々な出来事がありました。 絶え間ない賛否両論の荒波に揉まれながらも、負けずに立ち上がった莉犬さんの気持ちが今作には詰め込まれています。 MVイラストで見せる笑顔や涙は実際のもの、リアルな莉犬さんをそのまま表現していると考えられます。 感動と涙なくしては見れないMV、そして心に染み渡る歌詞を追ってみたいと思います。 しかし前述にも記載しましたが 莉犬さん自身のことも含まれているように思います。 大勢の人の前に立ち、目立った活動をする人が必ず通る道があります。 それは 称賛という平たんな道、そして 批判という茨の道です。 ネット社会において自分への評価はネット上の文字がメインとなります。 書き込みは本人には面と向かって言えない内容がたくさん記されます。 内容によっては眠れぬ夜を過ごすことや酷い場合は精神的に病む場合もあります。 特に音楽・芸能界で活動する場合、人気や方向性の検討を余儀なくされ挫折してしまう人も多いようです。 それでもMVや歌詞の中で莉犬さんが 「自分らしくいよう」と決意しているのが観察できます。 自分に実際に起きた経験を通してファンの日常に照らし合わせているようなMVだと感じました。 「自分も頑張るから君達も頑張るんだよ」とエールを送りつつ 「自分を褒める」ことの大切さを伝えています。 ファンからの高評価やエールは莉犬さんを笑顔にさせファンも笑顔になります。 双方にとってときめく時間でありかけがえのない瞬間です。 それでもずっと良い気持ちでいられるわけではありません。 続く歌詞では 「嫌われたって」というフレーズが出てきます。 MVでは「死ね」「カス」「消えろ」と打たれたスマホ画面が登場していました。 ほんわかするはずの作品にしてはリアルで胸痛む映像盛り込んだなと筆者は当初思いました。 それでも莉犬さんとファンの間では周知の事実なのかもしれません。 映像ではそれらの 低評価に対して莉犬さんが背を向けています。 ここから 気に留めずにまっすぐ前を向いていくという強い意志を感じました。 「君が怒らないで でもありがとね」というフレーズは筆者が今作で一番感動したところです。 誰しも自分の「味方」になってくれることを望んでしまうものです。 映像に映っていた涙を流していた女の子は上記の 批判に対し怒りと悲しみを露わにしたのでしょう。 ネット上でも「すとぷり擁護」を非常に多く見かけます。 まさにアイドルの鏡だと感じました(利他的は尊い宝) 歌詞では自分を庇ってくれたファンに 「ありがとね」と感謝のことばを伝えています。 存在証明 否定されても比べられても 知るかよ僕は僕だ 歌おう話そう笑おうずっと 休みなんていらない ワクワクが止まらない 叫べ ここでは莉犬さんの勇敢で雄々しい決意が綴られています。 「否定されても比べられても」とあります。 アイドルは他のアイドルと比べられます。 それでも莉犬さんは 「知るかよ僕は僕だ」と勇ましく言い放っています。 この発言の後に 「歌おう話そう笑おう」と続いている点から、もっと コミュニケーションを取って自分を知ってもらいたいと考えているのでしょう。 「休みなんていらない」は文字通りの休み以上の意味があると思います。 前の文脈で「否定や比較」について述べられている点から、それらを 真に受けて悩み立ち止まっている暇はないという意味だと解釈しました。 莉犬さんの心は 「ワクワク」で満たされており高揚感と向上心に満たされているのだと思います。 毎日待ってる「ただいま」 離れちゃう人 変わる人 分かっているけれど少し寂しい それでも僕はここにいる たまには帰っておいで 「おかえり」言うよ ここも非常に胸を打つフレーズとなっています。 当然ですが、すべての活動において ファンの出入りはあります。 「一生ついていきます」と言葉にするのは簡単ですが、一生涯かけて1つのユニットやグループを応援するのは容易ではありません。 自分の推している人の最悪と思える一面を見聞きしたらどうでしょう。 風評やあることないことの影響下でずっとファンでいられるでしょうか。 実際に 離れてしまった人や、変わってしまった人がいたことを歌詞の中で述べているのでしょう。 映像では 机の上に置かれた何通かの手紙がありました。 筆者が思うにそれは、 離れてしまった人が昔書いた手紙なのでしょう。 捻くれた考え方をするなら「この頃と比べて冷めたな」とか「捨てられた」と考えるかもしれません。 それでも莉犬さんはいつでも 「おかえり」を言う気構えでいます。 とてもホットなフレーズであり優しい愛情に満たされていることを理解できます。 アイドルの立ち位置に限らず、 人をいつでも許し迎え入れる姿勢はすべての人にとって大切なことであると思います。 自分を褒めよう 転んだって走るんだって そう決めたから だから さらけ出して意地を張った僕をよろしく! オッケー! 「転んだって走る」とは 批判や低評価で気持ちが動転しても、活動をやめないという意味なのだと考えられます。 「さらけ出して」とは 「気取らない自分」をありのままに表現していくという意味だと解釈しました。 この部分は当然にファンにも語られたものです。 昨今、自分を褒めると他者から「自画自賛だ」と非難される傾向にあります。 しかし筆者は正しく自己評価した上で成される褒め言葉は必要だと感じます。 他者から褒められることが望ましいのですが、自分自身すら褒めないことにより自尊心が欠落するケースも見られるからです。 こうした作品を通して大切な点を教えて貰っているように感じますね。 精一杯のありがとう いつもありがとう 心から君に感謝してる 本当だよ 言葉じゃ伝えきれない この感情を今歌に乗せて 「ありがとう」 、、、ぐすん(涙) すみません。 ここでは莉犬さんがファンに向けて精一杯の感謝を伝えています。 MV前半のシーンでもありましたが、 批判を受けたときに何度もファンから守ってもらったことを思い出しているのかもしれません。 また ライブ会場に足を運んだりグッズを買って支えてくれたこと、順調なときもそうでないときもずっと応援してくれたことに感動しているのかもしれません。 言葉にならない感謝、それでも言葉にしなければいけないという気持ちが歌詞から読み取れます。 莉犬さんが泣きながら 「ありがとう」を伝えます(泣くなよー。。 涙) 精一杯の感謝は5文字のことばとなって大勢のファンの心に到達します。 たった5文字のその言葉はファンに多くの温かな気持ちを芽生えさせたに違いありません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 以前からすとぷりの考察をしたいしたいと考えていました。 それでも新曲は多いし筆者の手は2本だし、、頑張ります! 毎回実感するのですが、声綺麗過ぎやしませんか? それでいて内面には鋼のような強い意志が存在するとかカッコ良過ぎです。 莉犬さんのまっすぐで温かな思いはきっと大勢のファンに、そして今は離れて行ってしまった人たちに届いていると思います。 筆者も陰ながら応援しております。 莉犬さんの歌うルマ、何度も聴いたし声真似で練習したりもしてます(上達無し) 今後の活動や次回作に期待し注目していきたいと思います。 素敵でハートフルな作品をありがとうございました。 やっぱり莉犬くん、すとぷりめんばーってすごいですよね。 いろんな疑惑とか些細なことでぱくぷりとか言われたり…それでも自分たちのことを好きでいてくれる人たちのために一生懸命っていうところが…もう優しすぎるし、りすなーの方も自分の好きなものにしねとかぱくりとか言われるのも見てて腹立たしいものだと思います。 自分は純粋に応援してるのに、一部の害悪の方により、でっちあげかもしれない疑惑がすとぷりのすべてととられるようになること見ててムカつきます。 私も実際、すとぷりが好きな友人とすとぷりのことを話していたんです。 そしたらとある方がすとぷりの何がいいの?あんな最低な奴らと言っていたので思わず友人と話すのをやめとある人に言ってやったんです。 お前に何がわかんの?すとぷりのことちゃんと知らんくせに口出ししてくんなそういう奴がいるから民度低いって言われんだよ。 と言ったら民度低いのは事実やんと言われたので民度低いって言われるってさっきは言いましたが民度が全てですか?一人の方がすとぷりのことをものすごく好きなのがだめなんですか?一人の方が誰かのことを大好きなことはだめなことなんですか?と言った黙りました。 (相手が)その後その人にうざいと言われましたがその人とはほとんど関わらないのでどうでもよかったです。 その方とはしっかり距離をとってます。 言いたいことをまとめるとすとぷり頑張れ!大好き!莉犬くん尊いすとぷり尊いってことです。 長文すいませんでした。 ねむさんコメント有難うございます。 民度の話はよくでますしファンとアンチの抗争をネットでも 見かけました。 しかしファンにもアンチにも共通して言えることは「自分と アーティスト」の関係に集中することが大切と言えるのでは ないでしょうか。 例えば莉犬さんは歌が上手いし声が可愛いのは事実だと思います。 筆者が何度真似しても同じのは出ないし(笑) 自分に出来ない何かを持ってる人は尊敬の眼差しで見つめます。 ファンがアーティストに癒され力を貰う、アーティストは応援され 背中押されて活動を続けられるという関係ですよね。 もちろんファンの態度はアーティストの評判に幾らか影響しますから 配慮が必要とも言えますね。 これからもSugar&Salt Musicを宜しく お願いします!.

次の