トゲキッス 弱点保険。 【ポケモン剣盾 シーズン1】マスターボール級達成構築「受けループを許さない!かえんだまタチフサグマ&弱点保険トゲキッス」

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と弱点・対策まとめ【弱点保険てんめぐ型】

トゲキッス 弱点保険

初の育成論投稿となります。 ご容赦くださいませ。 はじめに• 非公式な用語を使用します いわゆる3値のような用語になります、意味が分からない方や嫌悪されてる方はブラウザバック推奨です)。 ステータスをHABCDSという表現をします。 個体値31に関してはV、0は逆Vと表現します。 HABDがV、Sが逆Vの理想個体を前提としています。 仮想敵は6Vを想定しています。 その他技や道具などについて略称を用いることがあります。 ダメージ計算はポケマス様を使用しています(黒いやつです)。 トゲキッスとは 環境にいるトゲキッスはダイジェットでSを上げ、相手の上をとることでダイマックスが切れた後も天の恵みエアスラで怯み戦法がとれるポケモンです。 火力に関しても悪だくみの他、ダイマックス時のHP倍加と優秀な耐性、耐久値を活かした弱点保険で底上げが可能となりました。 また、天の恵みだけでなくダイマックス中にも有効な強運も注目されています。 以上により素早さ、耐久、火力の全てにおいて高いポテンシャルを発揮することのできるポケモンで、その強さ故にシングルバトルのランクマッチでは高い採用率を誇り、無策で挑めば高い確率で返り討ちに遭うポケモンです。 ドータクンとは トゲキッスと同じく第四世代で登場したポケモンです。 当時は悪、ゴーストタイプが鋼に半減される為に弱点は炎と地面二つでしたが、ドータクンの特性によりその内の一つを特性で半減もしくは無効にすることが出来るという非常に強力なポケモンでした。 ですが第六世代にてタイプ相性が一部見直され、新たに追加されたフェアリータイプに対する耐性を得た代わりに悪、ゴーストタイプが弱点となってしまいました。 今作ではゴーストタイプの躍進により更に活躍の場を狭めている上に、自主退場技として用いられてきた大爆発が没収されてしまいました。 しかし、ボディプレス、徹底光線という新たな技も習得しました。 本題 トゲキッスは弱点を突くこと自体は容易ですが、不用意に弱点を突いてしまうと弱点保険によって火力を向上させてしまい、ダイジェットによるS向上と合わせて上から超火力で制圧されてしまいます。 かといってただダイマックスが切れるのを待つだけでは上からのエアスラ怯みでこちらに不利な運ゲーを強制してきます。 なんなんだこいつは。 そんなトゲキッスの対策に私は頭を悩ませましたが、耐熱ドータクンという素晴らしいポケモンと出会い、育成しました。 このドータクンであれば トゲキッスに後出しするだけでトゲキッスの攻撃を全て耐えて返り討ちにするどころかそのまま全抜きすることすら可能です。 場合によってはダイマックスを温存することも可能です。 多くの場合は ダイマックスを切ったトゲキッスを処理するだけであればダイマックスは不要となります。 運用方法 トゲキッスに後投げします。 その後の展開は以下のようになります。 しかし、ドータクンは特性耐熱によってダイバーンの威力を半減することが出来ます。 そしてこの際にも弱点保険は発動します。 その後はトリックルームを展開してSを逆転させ、ジャイロボールでトゲキッスを倒します。 トゲキッスがダイジェットを積んだ場合、ジャイロボールの威力は最高威力の150が出せるようになり、ダイスチルの威力 130 を超えます。 ちなみにトゲキッスが悪だくみから入った場合は最高威力は出せませんが、それでも悪だくみダイバーンを耐えてジャイロボールで中乱数で倒すことが出来ます。 ダイスチルであれば確定となります。 自分の経験上、トゲキッスはドータクンが弱点保険+トリックルームを展開しても引いてくることはありませんでした。 みんなドータクンを舐めすぎでは…? 持ち物 弱点保険一択です。 ドータクンの高耐久と耐熱に非常にマッチし、トリックルームによるS操作で全抜きが狙える神アイテムです。 性格 ジャイロボールの威力を上げる為に勇敢です。 努力値• パターン1 H252A252B6 ぶっぱ。 これでも十分強かったのでトゲキッスだけ見たい人や調整が面倒な人用。 コメントでのご指摘ありがとうございます。 パターン2 H228A190B92 Aを出来るだけ温存しつつ削って耐久に回し、他のポケモンも見れるようにした型。 環境ポケモンに対する確定数に大きな変化はありません。 戒めとして3週間おやつ抜きにします。 調整先 ドリュウズの地震を確定耐え Rヒヒダルマの鉢巻フレアドライブを超高乱数で耐え 93. 確定技 トリックルーム 新しく習得した撤退技。 C無降りですが性格に下降補正がかかっておらず、弱点保険も相まって火力は出ます。 トリル発動役として割り切るなら。 苦手なポケモン• ミミッキュ 完全に苦手という訳ではなく、初手剣の舞限定で勝てます。 シャドークローやダイホロウから入られると負けます。 活かせるタイミングは少ないですがダイサイコでサイコフィールドを展開することで影打ちを無効化出来ることも覚えておきましょう。 ドラパルト ダイマックスしてこないなら勝てます。 ダイマックスされるとこちらもダイマックスしない限りダイホロウを耐えず、弱点保険発動したジャイロボール 威力150 でも確定に出来ません。 勿論ダイマックスしてこないのであれば勝ちの目はありますがダイマックス運用の多いバンギラスにそれを望むのは博打となります。 サザンドラ ダイマックスされれば当然勝てず、眼鏡でもダイマックスしなければ倒せません。 珠だと中乱数で悪の波動を耐えます。 眼鏡やダイマックスの可能性も考えると不利な賭けになります。 などの耐久ポケ こいつらには打点が出せないので突破できません。 反面は技や立ち回り次第で突破が可能になります。 熱湯の火傷は避けてください。 得意なポケモン• トゲキッス ダイマックス後出しでも勝てます。 ただオーロンゲと組んだ壁展開に関しては注意が必要です。 その場合先発起用でオーロンゲに合わせてトリル展開し後続にトリルエースを忍ばせる、瓦割り持ちを起用するなどの工夫が必要です。 オーロンゲ 電磁波で逆にジャイロボールの威力強化が出来ます。 トリル展開でエース降臨を躊躇させ、弱点保険発動も狙えます。 ドータクンが物理か特殊か読みづらい為、光の壁から入ってくることも多いです。 キッスと組むオーロンゲはまひるみを狙うことを考慮して電磁波+両壁+攻撃技という構成が多いですが挑発持ちがいないという訳ではありませんので注意しましょう。 どうせ一撃で落とせないのでジャイロボールから入った方が安定します。 ウォッシュロトム シャドボや悪の波動を撃ってくることが多く低被害で弱点保険発動が狙えます。 ヒートロトムの場合はオーバーヒートを撃ってくると思われますが、眼鏡でも耐えます。 トリックや鬼火は知らん。 Rヒヒダルマ 鉢巻フレドラを耐えて弱点保険発動が可能です。 氷柱落としなら後投げも出来ます。 エースバーン 火炎ボールを耐えてトリックルームを発動させ、地震で返り討ちに出来ます。 追撃の不意打ちも耐えます。 珠だと追撃の不意打ちを耐えませんが、ダイマックスすれば耐えます。 その他ドリュウズ以外の地面タイプには浮遊と見せかけたブラフを仕掛けることができます。 実際にやる場合は自己責任でお願いします。 ダメージ計算 特別な記載がない場合、ドータクンは非ダイマックス前提とします。 ミミッキュが剣の舞を積んだ状態&ドータクンがダイスチルを1回積んだ状態(ドータクンはダイマックス前提) 陽気珠シャドクロ 38. 被ダメージ 特殊方面 トゲキッス 臆病ダイジェット 26. 与ダメージ 特別な記載がない場合、弱点保険発動前提の計算となります。 ドリュウズ トゲキッスと組むオーロンゲに刺さるポケモン。 先発起用し、瓦割りで壁を割ります。 電磁波無効なのもgood。 トゲキッスは本論のドータクンを投げればOKです。 サザンドラ ドータクンの弱点を全て半減以下に抑えるポケモン。 サザンドラがトゲキッスを誘いやすいのもポイントです。 各種トリルエース のような足が遅めの超火力ポケモン。 トリルを使用する為に単純に相性がいいです。 挙げた2匹はドータクンの弱点である炎、ゴースト、悪を半減し、サブウェポンを含めて弱点を突くことが可能です。 最後に ここまで読んでくださりありがとうございました。 この子で3タテできた試合が何試合かあり、かなりのお気に入りの子です。 トゲキッスに困ったら是非この子を育ててください。 S0メタモンは頑張って見つけてください。 こっちはこっちで努力値8余るし。 なんだろ、計算ツールの違いかな。 因みに意地っ張り鉢巻五里霧中フレドラの耐久ラインはh228 b92で同等みたいなので総合耐久あがる当振りのがいいような。 もし合ってれば2週間のおやつ抜きに延長希望です。 私が間違ってたら自分がそうします。 すみません、ちょっと確認ください。 改稿までお待ちください。 生田目様 コメント及び評価ありがとうございます。 悪だくみは今作からになります。 修正しました (血の涙を流しながら)。 の方ですよね? ドータクンは相手からしても何して来るか分からない点が非常に強いのでこの子もまだまだいけると思います。 トリルが邪魔になる場合は私はミミッキュやダイウォールで対応していました。 良い型だったので評価入れておきます。 ダイマックス前提なら余計耐久に差が出ますし、正直h落としてそのラインに持っていくメリットが少ないです。 無理矢理理由つけるのであれば、ギガドレや吸血など回復対策でしょうか?意見を頂戴したいです。 適当に思えるメモや日記を書くくらいなら育成論で提出してほしいと思います。 折角フォークなるものがありますしね。 ドータクン好きなだけに悲しいです。 失礼しました。 自分の考察が足りませんでした、より勉強し、出直してまいります。 一目惚れでした。 即採用です。 提案なのですが、ジャイロ、しねん、トリルは確定として、残りの一枠をステロで運用してるのですがどうでしょうか? オーロンゲ対面でトリルターンを無駄にすることもないし、リザのいるパーティーやドリュの襷も削れていいと思います。 いやあ、強いですねドータクン。 九分九厘ダイバーンを打ってきてじゃくほがハマるのがデカい。 警戒のダイジェットでも十分過ぎるほどの火力が出せます。 あなたには「トゲキラー」の称号を与えたいと思います!ありがとうございました。 6-53. 6-63. また、弱点保険発動時のドータクンについて、 じしん 148. 7-175. 3-226.

次の

【ポケモン剣盾】弱点保険持ちに勝てない時の対策

トゲキッス 弱点保険

特殊弱点保険型 性格:おくびょう 特性:てんのめぐみ 持ち物:じゃくてんほけん 努力値:H244 S252 残りC 技構成:採用技エアスラッシュ、だいもんじorかえんほうしゃ、マジカルシャイン、わるだくみ じゃくてんほけんやわるだくみで能力を上げながら、ダイマックスで相手を倒すことを目的としています。 トゲキッスとダイマックスの相性は非常に良く、飛行技であるダイジェットによって素早さを積むことが出来ます。 またトゲキッスは耐久値が元から高く、耐久に振っていればタイプ一致の弱点技でも耐えることが多く、更にじゃくてんほけんを採用しているので、技を受けた後に高火力の技で逆に相手を落とすことが可能です。 特性はエアスラッシュのひるみ効果の確率を上げるため、てんのめぐみ一択です。 技構成は一致技をそれぞれに、能力を上げるわるだくみに、鋼対策にだいもんじかかえんほうしゃを採用しています。 まひるみ型 性格:おくびょう 特性:てんのめぐみ 持ち物:ラムのみ、じゃくてんほけん 努力値:H244 S調整 残りC 技構成、採用技エアスラッシュ、でんじは、だいもんじorかえんほうしゃ、はねやすめ 4世代から存在しているトゲキッスの十八番ともいえる型。 一度ハマルとそのまま一方的に殴れり勝つことが可能ですが、麻痺が効かない相手が多く、でんじはも命中率は90%と初登場の時と比べると使い勝手は下がっています。 でんじはを与えてもSに全く振っていないと相手を抜けないことがあるので仮想敵に合わせてSに努力値を振っておきましょう。 トゲキッス対策 トゲキッスは弱点を突いてもじゃくてんほけんで返って火力を上がって危険です。 トゲキッスに有利が明確に取れていない限り、タイプ一致技以外で弱点を突くのはおすすめしません。 なので対策は中途半端にトゲキッスの弱点を突くよりかは、トゲキッスに耐性があるポケモンで対策するのをおすすめします。 おすすめはヒートロトムです。 耐性があり、タイプ一致でトゲキッスの弱点を突くことが出来ます。

次の

【ポケモン剣盾】弱保トゲキッス育成論【じゃくてんほけん】【弱点保険】

トゲキッス 弱点保険

特性のてんのめぐみは技の追加効果を発動しやすくなるもの。 素早さで上をとり、ひるみが6割で増したエアスラッシュで、 一方的にひるませ続ける戦法が可能だ。 S252の努力値は必須 エアスラッシュを使うなら上を取らなければ意味がないので、S振りは必須。 ダイマックス主軸ならきょううん てんのめぐみだけでなく、きょううんもおすすめの特性。 ダイマックス技は追加効果が確定で発動するので てんのめぐみの効果が無駄になってしまう。 自由枠では、受け対策にアンコールやみがわりもおすすめだ。 トゲキッスの対策 対策おすすめポケモン ポケモン 解説 【メリット】 ・砂嵐なら特防が1. トゲキッスよりも早いポケモンで戦うか、素早さを上げた状態で戦おう。 遅いポケモンで戦うならダイマックスする トゲキッスに対して上を取れない場合は、ダイマックスして戦おう。 ダイマックス中はひるまないので、エアスラッシュに怯えずに反撃できる。 弱点保険を警戒して立ち回る トゲキッスの弱点保険を発動してしまうと、ダイジェットのS上昇と合わせて手が付けられなくなる。 倒しきれない場面では弱点の技で攻撃しないなど、弱点保険を発動させない立ち回りが重要だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の