拝読 させ て いただき まし た。 気になる言葉

「拝読」の意味と使い方!類語や使う時の注意点を詳しく解説

拝読 させ て いただき まし た

「気づく」という言葉の意味は「それまで知らなかったことに注意が向き、その内容や情報を知ること」や「意識や感覚を取り戻すこと」、また「正気に戻ること」などを言います。 主に一般的に使われる「気づく」の意味合いは、前者の「それまで知らなかったことに注意するようになる、その知らなかった情報を知ること」を言い、敬語表現で「気づくこと」を言う場合でも、この「知ること」を踏まえた言葉を指します。 この意味合いを踏まえ、「気づく」の敬語表現をする場合には、話者と相手のふたとおりの「気づく」の敬語表現が認められます。 つまり、「気づきました」という話者側の言い方と、「気づかれました」という相手に対する敬語表現の例です。 尊敬語での「気づく」 尊敬語というのは「目上の人や、立場が上位にある人に対する敬意を示す敬語表現」を意味し、この場合でも先述の「気づく」のふたとおりの敬語表現が認められます。 ・ご確認させていただきました。 ・拝読させていただきました。 ・ご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・お気づきになられましたか。 ・ご確認いただけたでしょうか。 ・ご連絡を差し上げました。 ・ご連絡させていただきました。 ・ご確認のほどはいかがでしょうか。 ・ご確認されたでしょうか。 一般的にこれらの表現が「気づく」の敬語表現に認められます。 この場合でも「話者」と、その連絡を受け取る「相手」の立場の2つを確認しておくことが大切です。 謙譲語での「気づく」 謙譲語というのは「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的にその立場や姿勢を含めて敬意を示す敬語表現」を意味しますが、「気づく」の敬語表現をする場合には、尊敬語と謙譲語では、どの違いにほぼ差異はありません。 ・ご確認させていただきました。 ・拝読させていただきました。 ・ご連絡をいただきました。 ・ご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・ご拝聴させていただきました。 ・ご確認されたでしょうか。 ・ご連絡を差し上げましたが、内容は届いておりますでしょうか。 このように、尊敬語での敬語表現の場合とほぼ同じになります。 この場合でも「気づく」という言葉はたいてい使われず、「ご連絡をいただきました」や「ご確認させていただきました」、また「ご確認されたでしょうか」などと、「確認」や「連絡」という言葉をもって、連絡交換の経緯を確かめる方法が採られます。 丁寧語での「気づく」 丁寧語というのは、尊敬語にも謙譲語にも使われる敬語表現で、主に「です・ます口調によって不特定多数の人に公示できる丁寧な言葉遣いによる敬語表現」を意味します。 この丁寧語で言われる場合の「気づく」の表現は簡単です。 ・気づきました。 ・気づかせていただきました。 ・拝見させていただきました。 ・確認させていただきました。 ・メッセージをありがとうございます。 ・拝聴させていただきました。 ・ご連絡をいただき、ありがとうございます。 ・ご連絡をお受けいたしました。 ・ご連絡を承りました。 このように主に「です・ます口調」で語尾を締め、「ありがとうございます」や「連絡をいただきました」という表現で、「相手からの連絡を確実に受け取りました」という旨を伝える表現になります。 「気づく」の敬語での使い方 先述で少し触れましたが、日本語の敬語には3つの種類があり、「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」に使い分けられます。 それぞれの用途は微妙に違いますが、多くの場合はビジネス用語や一般的な敬語表現として、誰にでも使われている日常語に認められます。 尊敬語は「目上の人や立場が自分よりも上位にある人に対し、話者が尊敬の念を込めて精一杯に敬意を示す敬語表現」であり、謙譲語は「自分の立場や姿勢をあらかじめ低めておき、相手がどんな人でも敬意を示す敬語表現」になります。 そして「丁寧語」はポピュラーな敬語表現に認められ、主に「です・ます口調」で書かれる(言われる)きわめて一般的な敬語表現で、インターネット上のサイトの広告文句や、社会におけるあらゆる公共の場面で使われる「不特定多数に公示する敬語表現」になります。 「気づく」の敬語表現の使い方 先述で「気づく」の敬語表現について一般的な用例をご紹介しましたが、ここではもう少し具体的に、さまざまな場面における用例別を見ていきましょう。 上司に対して話者が「気づきました」と言う場合には、「ご確認させていただきました」や「ご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます」などと「気づく」の主体が話者になる言い方をします。 この「ご連絡をいただきました」や「確認させていただきました」の語尾に「でしょうか」などの疑問形の言葉を置くことで、「上司が気づいたかどうか」を表します。 つまり「気づく」の主体が話者から相手に移行されます。 (話者が気づく場合) このように、相手と話者の立場によって、「気づく」の敬語表現は変わります。 メールでの「気づく」の敬語表現 ビジネスメールでも、「気づく」の敬語表現は先にお伝えした内容と変わりません。 ただメールでは文語表現になるため、正確な文法と、誤字脱字などの表記ミスをなくしておくことが大切です。 ・メッセージをご確認させていただきました。 ・メッセージを拝読させていただきました。 ・内容をご確認させていただきました。 ・メールをご確認させていただきました。 ・メールを受信させていただきました。 ・内容を受理させていただきました。 ・ご連絡をありがとうございます。 ・ご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます。 メールの場合は、メッセージ内容を確認したことを相手に告げることが先決です。 その「内容を確認しました」という内容を敬語表現で伝えて下さい。 メールを打つときに、よく「取り急ぎ」などと書く人がいますが、これは基本的に上司が部下に対する際の表現ですので、上司に対しては使わないように注意して下さい。 「気づく」を敬語表現するときの例文 先述でメールでの「気づく」の敬語表現の例文をご紹介しました。 この「気づく」という言葉は実にいろいろな場面で使われ、先のメールをはじめ、日常会話でもビジネス上でも多くの場面で用途別に使用されます。 ・先日、お伺いさせていただきました起案書を、ご確認させていただきました。 ・案件につきましてのメッセージをご確認させていただきました。 ・図書館の運営時間帯について、了承させていただきました。 ・お送りいただきましたお手紙を、拝読させていただきました。 ・ご入金を確認させていただきました。 ・研究過程におきまして、カエルの新種を発見いたしました。 ・事業計画のプランについて、ご報告をいただきました。 ・新商品の開発プランについてご連絡を承りました。 「気づく」の別の敬語表現例 この場合は「気づく」という言葉の類義語を確認しておき、その類義語の敬語表現を見つけると検索しやすいです。 またこの場合でも敬語表現ですから、語尾に「させていただきました」や「承りました」などの敬語に見合った言葉をつけることが多く見られます。 ・ご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 ・見取らせていただきました。 ・ご認識いただけたでしょうか。 ・ご理解いただけたでしょうか。 ・受理させていただきました。 ・承認させていただきました。 ・承りました。 ・メッセージを拝読させていただきました。 ・動画を拝聴させていただきました。 ・お手紙を承りました。 このように「連絡」や「受理」、「拝聴」や「拝読」などといった動作を表す言葉によって、「気づく」の意味合いを敬語表現します。 「気づく」の英語表現と意味 「気づく」という言葉を英語に直すと、「知る」という意味合いを持つ言葉も含め、「notice(知る、気づく)」「notification(報知)」「bulletin(掲示)」「attention(気づく、注目)」などの言葉で表現されるのが一般的です。 ・Did you notice the message? 「メッセージにお気づきになりましたか」 ・Thank you very much for contacting us. 「ご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます。 」 ・We received your report, thanks for. 「ご報告を受理させていただきました。 」 ・We received your message, very thanks. 「メッセージを拝読させていただきました。 」 このように「気づく」の意味合いを表現します。 「気づく」の正しい敬語表現と用例をマスターしましょう いかがでしたか。 今回は「気づく」の敬語表現・気づくの使い方と例文・別の敬語表現例と題して、「気づく」という言葉の詳細な意味や用例、また正しい敬語表現の使い方について、さまざまな場面や分野からご紹介しました。 「気づく」という言葉を敬語表現する場合、ビジネス上では主にそのまま「気づく」という言葉は敬語として表記しません。 一般的には「連絡を受け取る」や「確認する」などと、日常の動作をもって「気づいたこと」を相手に示し、連絡交換の主要部分を伝え合います。 「気づく」という言葉は非常に多くの場面で使われる言葉ですので、その敬語表現を使う際でも、前もってきちんとした正確な表現法を理解しておくことが大切です。 そのためには、日頃から「気づく」の敬語表現を使うようにし、その表現・表記に慣れておくことが大切です。

次の

ビジネス上での「拝読」の正しい意味と使い方についての解説

拝読 させ て いただき まし た

目上の方に対する返事なので「拝見させていただきます」「拝見させていただきました」と敬語を使いたくなりますが、 「拝見させていただいた」という言葉遣いは誤り。 「拝見させていただく」という言葉が誤りである理由を説明します。 「拝見させていただきました」という敬語はなぜ誤りなのか 相手を敬う敬語は日本語独特の美しい表現ではあるのですが、相手を上にするのか(尊敬語)、自分が一歩下がるのか(謙譲語)、色々なルールがあって使い分けが難しいもの。 厳格にルールを覚えるよりも、声に出して正しい表現に馴染む方が実践的であると言えます。 「拝見させていただく」という言葉が誤用であることを知ったうえで「拝見します」「拝見しました」という正しい表現を声に出して覚えてしまいましょう。 「拝見させていただく」という表現は二重敬語になるので誤り。 シンプルに「拝見します」「拝見しました」と無駄を削いだ表現を覚えておく 「拝見」という言葉には「拝む」という字が含まれています。 拝むくらいですから、これが敬意を込めた表現であることは理解できますよね。 「いただく」という言葉も「いただきます」と手をあわせてご飯を食べ始めることを連想すれば、やはり敬意を含んだ表現であることがわかります。 相手を敬う気持ちは大きければ大きいほど良いのでしょうが、それはあくまで気持ちだけのもの。 「敬語+敬語」の二重表現は嫌味になってしまう可能性があるので、避けるべき言葉遣いであると言えるでしょう。 文法的な解説を行えば「見る」の謙譲語が「拝む」、「もらう」の謙譲語が「いただく」。 謙譲語と謙譲語が続くと二重敬語になるので誤りという言い方ができるのですが、冒頭でお伝えした通り、尊敬語や謙譲語という言葉がかえって敬語への苦手意識を高めているような気もしています。 「拝む相手だから」敬っている、「いただきます」と言うときにも手を合わせて拝むポーズをしているというこのイメージを思い浮かべて声に出してみる。 すると「二回も拝むのはやりすぎかな?」と印象に残りやすいと思うのですが、いかがでしょうか。 「拝見致します」という表現も二重敬語になって誤りになるのか 「拝見させていただく」という表現は誤りであることを説明しました。 では「拝見致します」「拝見致しました」という表現ではどうでしょうか。 議論があるのですが、今では 「拝見致します」という表現は誤りではないと言われるようになってきています。 文法的に考えると「する」という言葉の謙譲語が「致す」なので二重敬語になっているのですが、「致す」という言葉が一般に浸透した言葉であることから、ほとんどの辞書ではこの使用を認めるようになってきています。 言葉は時代にあわせて変化するというその典型ですね。 ただしもちろん、ルールを柔軟に解釈したものが「拝見致します」という言葉であることを考えれば、使う相手や状況によっては神経質な対応を迫られることもあり得ます。 「拝見」という言葉についてはシンプルに「拝見します」「拝見しました」という言葉ですぱっと言い切るリズムを身体に馴染ませてしまったほうが無難であると言えそうですね。 自分のことを話すよりも相手に質問をして話をしてもらった方が会話が弾むのは皆さんもご存じだろうと思いま 川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 「拝啓」で始まれば「敬具」で結ぶ、そして「前略」で始まって「草々」で 確かにtwitterやFacebookの方が気軽に書きやすく、反応も得られやすいとは思うのです。 それ 「共に」「供に」「ともに」という表記は、それぞれどのように区別して使い分けをしたらいいのか。 整理して 頼まれごとは、試されごと。 頼まれる仕事にNOではなく、その仕事によって自らが伸びる可能性を信 結婚式のスピーチの冒頭などで「お日柄もよく」という挨拶が使われることがあります。 この「お日柄」とはど 丸いと円いの違いについて。 丸いは立体的なもの 円いは平面的なもの たとえば、.

次の

間違えたビジネス敬語、恥ずかしい言い回しからの卒業(5) とても失礼な「資料をご拝読ください」

拝読 させ て いただき まし た

「読む」の尊敬語 尊敬語は、相手の動作を敬っていう言い方です。 つまり「読む」の尊敬語は、相手が何かを読むときに使う表現ということになります。 尊敬語は「読まれる」「お読みになる」 「読む」の尊敬語は、「読まれる」「お読みになる」です。 「読まれる」は受け身の表現と同じになってしまうので、「お読みになる」の方が間違いなく伝わります。 実際にこれらを使う場面では、丁寧語の「ます」を伴うことがほとんどです。 実際の例文を見てみましょう。 先ほどの資料はもう読まれましたか。 あの小説はお読みになりましたか。 会報なら今課長が読まれています。 議事録は部長がお読みになっています。 簡単な資料ですが、読まれますか。 お客様から手紙をいただいたのですが、お読みになりますか。 「お読みになられる」は誤り 「読む」の尊敬語の間違った使い方としてよくあるのが、「お読みになられる」という表現です。 これは「読まれる」と「お読みになる」とが混ざったもので、尊敬の意味の「お読みになる」に、さらに尊敬の「られる」がくっついてしまっています。 このように、ひとつの言葉に同じ種類の敬語がついたものを「二重敬語」と呼び、文法的には誤りとされています。 丁寧にしようとして過剰な表現になってしまわないように気をつけましょう。 「読んでください」の敬語表現と言い換え 「メールを読んでください」「資料を読んでください」など、相手に「読んでください」と頼むときには、いろいろな言い方ができるんです。 一挙にご紹介します。 尊敬語は「お読みください」 もっともシンプルな表現が、「お読みください」です。 「読んでください」の「読む」部分を丁寧にした言い方です。 確認してほしいときには「ご確認」 言い換え表現の一つ目は、「ご確認ください」です。 内容を確認してほしいと伝えることで、「読んでください」という意味を表します。 「お荷物をご確認ください」のように、読む以外にも確認するもの全般に使えます。 さっと読むという意味の「ご一読」 「一読」は「さっと全体を読む」という意味です。 「ご一読ください」といったときは、「全体を一通り読んでください」というような意味になります。 「一読」そのものには軽く読むというニュアンスが含まれますが、「ご一読ください」はじっくり全体を読んでほしいときでも使えます。 見るもの全般に使える「ご覧」「ご高覧」 「ご覧」は、「見る」の敬語表現で、「ご高覧」は「ご覧」をさらに丁寧にした言い方です。 「ご覧ください」「ご高覧ください」は、「読んでください」というのはもちろん、景色やスライドなど、「見る」もの全般について使えます。 「目を通す」ではなく「お目通し」を使う 「読む」の言い換え表現に「目を通す」があります。 ただし、「目を通してください」は軽い言い方になってしまうので、ビジネスシーンで目上の相手に使うにはそぐわないとされています。 この場合は、「お目通しください」という表現を使いましょう。 「お目通し」は「目を通す」を丁寧にした言い方で、ビジネスシーンでも活用できます。 メールで便利な「ご査収」 「査収」は、「よく確かめて受け取る」という意味の言葉です。 たとえば、メールに添付したファイルを確認してほしいときに「資料を添付いたしましたのでご査収ください」と書き添えれば、「読んでください」「受け取ってください」という二つの意味を同時に伝えられます。 「読む」の謙譲語・丁寧語 続いて、「読む」の謙譲語と丁寧語について解説します。 尊敬語と間違って使っているケースもよくあるので、ここでしっかり区別しておきましょう。 謙譲語は「拝読する」 謙譲語は、自分の動作をへりくだって言う言い方です。 目上の相手に対して自分の動作を言うときに使います。 つまり、「読む」の謙譲語は、自分が何かを読むことを表す言い方ということです。 「読む」の謙譲語は、「拝読する」です。 多くの場合「ます」と一緒に、「拝読します」「拝読しました」といった形で使います。 また、「拝読いたします」「拝読いたしました」という表現もよく見られます。 しかし、これは謙譲の意味の「拝読」に、さらに謙譲の「いたす」をつけているので、二重敬語になっています。 ただし、広く一般に浸透していることもあり、間違いであるとはされないことが多いようです。 それでもあくまでグレーゾーンなので、正しい敬語をきちんと使いたいという人は、避けた方が無難な表現だといえます。 前述のとおり、「拝読する」は自分が読むことをいうもので、相手が読む場合には使えません。 「あの話題の本、拝読されましたか」といった言い方は大きな間違いですので注意しましょう。 「読ませていただく」という表現もある 「読ませていただく」は「読ませてもらう」の謙譲語です。 誰かから手紙をもらったときや本をもらったときなどに、「手紙を読ませていただきました」「いただいた本を読ませていただきました」といった形で使います。 「読ませてもらう」「読ませていただく」は、「誰かから許可をもらって読む」という意味になります。 ですから、読んで当然のものや自ら読んだものについて使うのは不適切です。 誰かにもらって読んだものや、許可を得て読ませてもらったものについて言うときに使いましょう。 「拝読しました」とすべきところを「読ませていただきました」とすると、「別に許可したわけじゃない」と違和感を覚える人もいます。 乱用は避けましょう。 丁寧語は「読みます」 「読む」の丁寧語は、「読みます」です。 過去形は「読みました」、疑問形は「読みますか」となります。 丁寧語は、自分の動作に対しても相手の動作に対しても使えます。 本や新聞は「読みます」が適していることも ビジネスなどの改まった場では、自分が「読む」ことについては謙譲語の「拝読する」を使うのが適切です。 しかし、自分が読む場合に丁寧語を使うべき場面もあります。 それが、本や新聞についていう場合です。 「拝読」の「拝」には、うやうやしく受け取るといった意味があります。 つまり、「拝読」は相手から受け取ったものや相手の書いたものを読むときに使うのが正しい使い方なのです。 相手がその本や新聞記事を書いた本人だったり、本をくれた相手の場合は「拝読しました」が使えますが、それ以外の場合は丁寧語を使います。 「いただいた御本、拝読しました」、「話題の新刊を買って読みました」というように、場面によって使い分けられるとベストです。 まとめ 「読む」という言葉は頻繁に使うだけに、敬語表現もばっちりだと思っている人も少なくないのではないでしょうか。 しかし、意外に多くの間違いポイントがあるのです。 敬語の間違いは、相手を不快にさせてしまったり、自分の評価が下がってしまったりといったことにもつながりかねません。 正しく使えていると思っても実は間違っていたなんてことのないように、使い方をしっかり確認しておきましょう。

次の