ユーチューバー ランキング 年収。 人気YouTuberの収入!年収ランキング20選【日本・海外別】

【youtuber】兄者弟者の年収や累計獲得収入、また2018年度の推定年収や登録者数などを徹底解説|平均年収.jp

ユーチューバー ランキング 年収

Contents• 世界の長者番付ランキングTOP10 アメリカの経済誌、Forbesが毎年発表している世界長者番付。 ビリオネアとは、 資産総額が10億ドル以上の人 のこと。 日本円にしたら、 約1130億円の資産を持っている大富豪となります。 2017年の発表では、ビリオネアの数は 2043人。 番付史上はじめて、2,000人を超えました。 注目されたのは、過去23年間で17回もトップにランクインしている ビル・ゲイツが18回目のトップに躍り出たこと。 資産総額は、2016年の750億ドルから 860億ドルに増えています。 年間での資産増加率が著しかったのは、アマゾン・ドットコムの ジェフ・ベゾス。 番付では3位に躍り出て、昨年から2位上昇しています。 以下に、わかりやすくTOP10を紹介していきます。 氏名 資産総額 企業名 1位 ビル・ゲイツ 860億ドル マイクロソフト社/米国 2位 ウォーレン・バフェット 756億ドル バークシャー・ハサウェイ/米国 3位 ジェフ・ベゾス 728億ドル アマゾン・ドットコム/米国 4位 アマンシオ・オルテガ 713億ドル ザラ/スペイン 5位 マーク・ザッカーバーグ 560億ドル フェイスブック/米国 6位 カルロス・スリム・ヘル 545億ドル 通信事業/メキシコ 7位 ラリー・エリソン 522億ドル ソフトウエア事業/米国 8位 チャールズ・コック 483億ドル 複合事業/米国 9位 デービッド・コック 483億ドル 複合事業/米国 10位 マイケル・ブルームバーグ 475億ドル ブルームバーグ/米国 前年は2位だった、衣料品大手企業ザラのアマンシオ・オルテガ氏は、周囲に押されて4位に転落。 代わりに2位を奪還したのは、ウォーレン・バフェット氏です。 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏は、初の5位にランクイン。 かつては世界一の大富豪だったカルロス・スリム・ヘル氏は、6位に転落しています。 10以内には入っていないものの、 2017年は中国からのランクインが最多。 中国の景気を思わせる出来事で、 アメリカ人の 3倍もの人数がランクインしています。 ただし、全体的に見て、 40歳未満のビリオネアの人数は減少傾向にあります。 若い力の出現は、これからが楽しみになってくるのかもしれません。 また、女性起業家のランクインは、15名でした。 10位よりランクは落ちてしまいますが、 日本人でランクインしている人物も複数名います。 例えば、ソフトバンクの 孫正義氏は212億ドルで 34位。 ファーストリテイリングの 柳井正氏は、159億ドルで 60位にランクインしています。 年収世界一を誇る人物は毎年接戦ですが、日本人ではなかなか太刀打ちできない規模の資産を持てるのはさすが。 世界の最高経営責任者を知る機会でもあり、毎年チェックしておきたいランキングです。 ユーチューバーは広告契約料で収入を得ているようなものですが、インターネット上で世界を股にかけて稼げるのがメリット。 ただ単にゲームをしていたり、歌を歌ったりするだけで億の単位のお金を稼いでいるのが、ユーチューバーのアメリカンドリーム的なところです。 世界のユーチューバーの年収ランキングTOP10について、見てみましょう。 ユーチューバー名 年収 1位 ピューディパイ(PewDiePie) 1,500万ドル 2位 ローマン・アトウッド(Roman Atwood) 800万ドル 3位 リリー・シン(Lilly Singh) 750万ドル 4位 スモッシュ(Smosh) 700万ドル 5位 タイラー・オークリー(Tyler Oakley) 600万ドル 5位 ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino) 600万ドル 7位 ジャーマン・ガルメンディア(German Garmendia) 550万ドル 7位 マーキプライヤー(Markiplier) 550万ドル 9位 コリーン・バリンジャー(Colleen Ballinger) 500万ドル 9位 レットアンドリンク(Rhett and Link) 500万ドル 1位のピューディパイは、2年連続のトップ。 ビデオゲームをする自分の姿を公開してのランクインです。 日本円で 約17億円も稼いでいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10 アスリートも、世界的な活躍をするようになると、高収入を得ることが可能。 スポーツ選手やサッカー選手、バスケットボール選手など、チームとの契約料で業界別世界一の年収を得ている人物もいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10、2017年版を見てみましょう。 選手名 スポーツ 年収 1位 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 9300万ドル 2位 レブロン・ジェームズ バスケットボール 8620万ドル 3位 リオネル・メッシ サッカー 8000万ドル 4位 ロジャー・フェデラー テニス 6400万ドル 5位 ケビン・デュラント バスケットボール 6060万ドル 6位 アンドリュー・ラック アメリカンフットボール 5000万ドル 6位 ローリー・マキロイ ゴルフ 5000万ドル 8位 ステフィン・カリー バスケットボール 4730万ドル 9位 ジェームズ・ハーデン バスケットボール 4660万ドル 10位 ルイス・ハミルトン モータースポーツ 4600万ドル 気になる日本人では、テニスの 錦織圭選手が 26位にランクインしています。 年収は、 3390万ドルです。 世界のアーティスト年収ランキングTOP10 アーティストにもいろいろな種類があり、画家などの芸術家もいれば、音楽家もアーティストと呼ばれています。 ここでは、ミュージシャンとして年収世界一を得ている人達のランキングTOP10を紹介します。 曲がヒットするだけでなく、CMなどにも登場し、企業ブランディングに大きく貢献しているのが、年収世界一につながっています。 マドンナが4位に食い込んでいるのは、直近のツアーで大きな売上を上げたため。 ブランド広告にも登場し、年収を上げています。 生涯収入ランキングTOP10 Forbesでは、スポーツ選手の 生涯収入ランキングも発表しています。 意外なことに、引退しても、世界レベルで活躍していたスポーツ選手は、生涯年収がトップランク。 世界の凄さを思い知らされ、往年のスポーツ選手が生涯収入ランキングのトップランクを占めていることに感動させられます。 早速、スポーツ選手の生涯収入ランキングTOP10を見ていきましょう。 選手名 スポーツ 生涯収入 1位 マイケル・ジョーダン バスケットボール 17億ドル 2位 タイガー・ウッズ ゴルフ 16億5,000万ドル 3位 アーノルド・パーマー ゴルフ 13億5,000万ドル 4位 ジャック・ニクラウス ゴルフ 11億5,000万ドル 5位 ミハエル・シューマッハ F1レース 10億ドル 6位 コービー・ブライアント バスケットボール 7億7,000万ドル 7位 フロイド・メイウェザーJr. ボクシング 7億6,500万ドル 8位 フィル・ミケルソン ゴルフ 7億6,000万ドル 9位 デビッド・ベッカム サッカー 7億3,000万ドル 10位 シャキール・オニール バスケットボール 7億ドル 1位のマイケル・ジョーダンの生涯収入である17億ドルは、日本円に換算すると、なんと 約1,939億円にも上ります。 また11位には、ボクシングの マイク・タイソンがランクイン。 現役のサッカー選手として年収ランキングで1位に輝いているクリスティアーノ・ロナウドなどは、14位にランクダウンしているのが興味深いところです。 最後に 種類別の年収世界一ランキングについて、参考になりましたでしょうか。 スポーツ選手やミュージシャンなどには特別な技能が必要ですが、企業人やユーチューバーなどなら、今からでも世界一の年収にランクインできるのも夢ではありません。 ミリオネアやビリオネアを目指して、かつてないことに挑戦してみるのも、たった一度の人生ならではです。 年収世界一を見るだけでも、モチベーションが高まってきませんか。

次の

lg.ripley.cl : ユーチューバー年収ランキング、8歳少年が28億円で首位 フォーブス誌

ユーチューバー ランキング 年収

近年、YouTuberという職業に注目が集まっていますが、理由の一つは莫大な収入が見込めるという点でしょう。 「人気者になれて、稼げる」イメージがあるのか、小学生が選ぶなりたい職業アンケートで上位にランクインしています。 実際、人気youtuberの年収はどれくらいなのか、気になる方も多いと思います。 そこで、今回は youtuberの年収ランキングトップ10を日本国内に限定してお届けします。 日本における高年収YouTuberトップ10 1位 Hikakin 7億6061万円 おそらく、日本で一番有名なYouTuberでしょう。 4つのチャンネルを運営し、メディア露出も盛んに行っています。 小中学生からの支持が高く、子どもから大人まで楽しめる動画を配信しています。 2位 はじめしゃちょー 9725万円 いわゆる「イケメン」と呼ばれる部類に入る、整った容姿をしたYouTuberで、写真集を出版するほどです。 そのため女性ファンが多数を占め、過去には女性関係で炎上したこともあります。 3位 ヒカル 8218万円 資金力に物を言わせて、高額商品を使った「やってみた」系動画の投稿をしているYouTuberです。 動画の性質から炎上することも多く、「お騒がせYouTuber」として知られています。 4位 AAAjoken 7215万円 幼児・子ども向けおもちゃの遊び方動画を投稿しているYouTuberです。 動画の人気の秘密は、おもちゃを紹介する時のストップモーションを利用したアニメのクオリティの高さにあります。 5位 キッズライン 6989万円 「ねみちゃん」と「こうくん」の姉弟が、二人で遊んだりお出かけしたりする様子や、商品紹介をする動画を投稿しているYouTuberです。 「キッズ系YouTuber」は激戦区のジャンルですが、姉弟のおもちゃの説明が面白いと評判で、人気があります。 子どもたちの父親が本業である看板業を宣伝するために始めた動画でしたが、今ではこちらがメインになっています。 7位 フィッシャーズ 6149万円 「思い出系ネットパフォーマー軍団」を名乗る7人組YouTuberで、同じ中学出身の同級生でメンバーが構成されています。 実は、HikakinやはじめしゃちょーよりもYouTuber歴が長い、古参のYouTuberです。 8位 ミラクルぐっち 5156万円 マインクラフトや妖怪ウォッチ等のゲーム実況動画を投稿しているYouTuberです。 かつて芸人を目指していた経歴の持ち主で、トークのテンポが良く、面白いのが特徴です。 9位 レオンチャンネル 4045万円 スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズといった、男児向けのおもちゃの紹介をする動画を投稿しているYouTuberです。 まだYouTuber歴は浅いですが、チャンネル登録者数は増加の一途をたどっています。 10位 SEIKIN 4038万円 Hikakinの実兄にあたり、本人もYouTuberをしています。 兄弟仲も良く、二人でオリジナルのYouTubeテーマソングを制作した動画を投稿しています。 稀に動画内に奥様が登場することもあるようです。 Part2. 高収入のYouTuberになるには?YouTuberにオススメの動画編集ソフト 上記のYouTuber達のような年収を、YouTuber全員が稼いでいるわけではありません。 上記のYouTuber達に共通しているのは、動画が面白く、クオリティが高いということです。 動画のクオリティに関しては、編集ソフトを使用して向上させることが可能です。 今回おすすめするのがという編集ソフトです。 YouTuberになるまで動画編集をしたことがなかった、という方でも容易に操作できます。 実況動画撮影時に起こりがちな歪みや手ブレを補正する機能が搭載され、逆再生やスローモーション等の演出もできます。 著作権フリーのオーディオ素材も揃っているので、動画のBGMに最適です。 また、編集が完了した後、直接YouTubeに動画をアップロードすることが可能なため無駄がありません。 気になった方は、体験版をダウンロードして使用感を確認してみて下さい。 いかがでしたでしょうか?今回は、日本国内の YouTuber年収ランキングトップ10を紹介しました。 皆年収数千万円以上を稼いでいることを知って、改めてYouTuberは夢がある職業だと感じた方もいらっしゃるでしょう。 しかし、どの職業でもそうですが、彼らの努力や才能がもたらした結果だということを忘れてはなりません。 拙い文章でしたが、皆様のお役に立つことができれば幸いです。

次の

ユーチューバーの年収は嘘だった!? 収入の平均や仕組み(計算方法)について【世界(海外)のランキング,再生回数,税金,激減,登録者数,どこから,1再生】

ユーチューバー ランキング 年収

Contents• 世界の長者番付ランキングTOP10 アメリカの経済誌、Forbesが毎年発表している世界長者番付。 ビリオネアとは、 資産総額が10億ドル以上の人 のこと。 日本円にしたら、 約1130億円の資産を持っている大富豪となります。 2017年の発表では、ビリオネアの数は 2043人。 番付史上はじめて、2,000人を超えました。 注目されたのは、過去23年間で17回もトップにランクインしている ビル・ゲイツが18回目のトップに躍り出たこと。 資産総額は、2016年の750億ドルから 860億ドルに増えています。 年間での資産増加率が著しかったのは、アマゾン・ドットコムの ジェフ・ベゾス。 番付では3位に躍り出て、昨年から2位上昇しています。 以下に、わかりやすくTOP10を紹介していきます。 氏名 資産総額 企業名 1位 ビル・ゲイツ 860億ドル マイクロソフト社/米国 2位 ウォーレン・バフェット 756億ドル バークシャー・ハサウェイ/米国 3位 ジェフ・ベゾス 728億ドル アマゾン・ドットコム/米国 4位 アマンシオ・オルテガ 713億ドル ザラ/スペイン 5位 マーク・ザッカーバーグ 560億ドル フェイスブック/米国 6位 カルロス・スリム・ヘル 545億ドル 通信事業/メキシコ 7位 ラリー・エリソン 522億ドル ソフトウエア事業/米国 8位 チャールズ・コック 483億ドル 複合事業/米国 9位 デービッド・コック 483億ドル 複合事業/米国 10位 マイケル・ブルームバーグ 475億ドル ブルームバーグ/米国 前年は2位だった、衣料品大手企業ザラのアマンシオ・オルテガ氏は、周囲に押されて4位に転落。 代わりに2位を奪還したのは、ウォーレン・バフェット氏です。 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏は、初の5位にランクイン。 かつては世界一の大富豪だったカルロス・スリム・ヘル氏は、6位に転落しています。 10以内には入っていないものの、 2017年は中国からのランクインが最多。 中国の景気を思わせる出来事で、 アメリカ人の 3倍もの人数がランクインしています。 ただし、全体的に見て、 40歳未満のビリオネアの人数は減少傾向にあります。 若い力の出現は、これからが楽しみになってくるのかもしれません。 また、女性起業家のランクインは、15名でした。 10位よりランクは落ちてしまいますが、 日本人でランクインしている人物も複数名います。 例えば、ソフトバンクの 孫正義氏は212億ドルで 34位。 ファーストリテイリングの 柳井正氏は、159億ドルで 60位にランクインしています。 年収世界一を誇る人物は毎年接戦ですが、日本人ではなかなか太刀打ちできない規模の資産を持てるのはさすが。 世界の最高経営責任者を知る機会でもあり、毎年チェックしておきたいランキングです。 ユーチューバーは広告契約料で収入を得ているようなものですが、インターネット上で世界を股にかけて稼げるのがメリット。 ただ単にゲームをしていたり、歌を歌ったりするだけで億の単位のお金を稼いでいるのが、ユーチューバーのアメリカンドリーム的なところです。 世界のユーチューバーの年収ランキングTOP10について、見てみましょう。 ユーチューバー名 年収 1位 ピューディパイ(PewDiePie) 1,500万ドル 2位 ローマン・アトウッド(Roman Atwood) 800万ドル 3位 リリー・シン(Lilly Singh) 750万ドル 4位 スモッシュ(Smosh) 700万ドル 5位 タイラー・オークリー(Tyler Oakley) 600万ドル 5位 ロザンナ・パニシノ(Rosanna Pansino) 600万ドル 7位 ジャーマン・ガルメンディア(German Garmendia) 550万ドル 7位 マーキプライヤー(Markiplier) 550万ドル 9位 コリーン・バリンジャー(Colleen Ballinger) 500万ドル 9位 レットアンドリンク(Rhett and Link) 500万ドル 1位のピューディパイは、2年連続のトップ。 ビデオゲームをする自分の姿を公開してのランクインです。 日本円で 約17億円も稼いでいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10 アスリートも、世界的な活躍をするようになると、高収入を得ることが可能。 スポーツ選手やサッカー選手、バスケットボール選手など、チームとの契約料で業界別世界一の年収を得ている人物もいます。 世界のアスリート年収ランキングTOP10、2017年版を見てみましょう。 選手名 スポーツ 年収 1位 クリスティアーノ・ロナウド サッカー 9300万ドル 2位 レブロン・ジェームズ バスケットボール 8620万ドル 3位 リオネル・メッシ サッカー 8000万ドル 4位 ロジャー・フェデラー テニス 6400万ドル 5位 ケビン・デュラント バスケットボール 6060万ドル 6位 アンドリュー・ラック アメリカンフットボール 5000万ドル 6位 ローリー・マキロイ ゴルフ 5000万ドル 8位 ステフィン・カリー バスケットボール 4730万ドル 9位 ジェームズ・ハーデン バスケットボール 4660万ドル 10位 ルイス・ハミルトン モータースポーツ 4600万ドル 気になる日本人では、テニスの 錦織圭選手が 26位にランクインしています。 年収は、 3390万ドルです。 世界のアーティスト年収ランキングTOP10 アーティストにもいろいろな種類があり、画家などの芸術家もいれば、音楽家もアーティストと呼ばれています。 ここでは、ミュージシャンとして年収世界一を得ている人達のランキングTOP10を紹介します。 曲がヒットするだけでなく、CMなどにも登場し、企業ブランディングに大きく貢献しているのが、年収世界一につながっています。 マドンナが4位に食い込んでいるのは、直近のツアーで大きな売上を上げたため。 ブランド広告にも登場し、年収を上げています。 生涯収入ランキングTOP10 Forbesでは、スポーツ選手の 生涯収入ランキングも発表しています。 意外なことに、引退しても、世界レベルで活躍していたスポーツ選手は、生涯年収がトップランク。 世界の凄さを思い知らされ、往年のスポーツ選手が生涯収入ランキングのトップランクを占めていることに感動させられます。 早速、スポーツ選手の生涯収入ランキングTOP10を見ていきましょう。 選手名 スポーツ 生涯収入 1位 マイケル・ジョーダン バスケットボール 17億ドル 2位 タイガー・ウッズ ゴルフ 16億5,000万ドル 3位 アーノルド・パーマー ゴルフ 13億5,000万ドル 4位 ジャック・ニクラウス ゴルフ 11億5,000万ドル 5位 ミハエル・シューマッハ F1レース 10億ドル 6位 コービー・ブライアント バスケットボール 7億7,000万ドル 7位 フロイド・メイウェザーJr. ボクシング 7億6,500万ドル 8位 フィル・ミケルソン ゴルフ 7億6,000万ドル 9位 デビッド・ベッカム サッカー 7億3,000万ドル 10位 シャキール・オニール バスケットボール 7億ドル 1位のマイケル・ジョーダンの生涯収入である17億ドルは、日本円に換算すると、なんと 約1,939億円にも上ります。 また11位には、ボクシングの マイク・タイソンがランクイン。 現役のサッカー選手として年収ランキングで1位に輝いているクリスティアーノ・ロナウドなどは、14位にランクダウンしているのが興味深いところです。 最後に 種類別の年収世界一ランキングについて、参考になりましたでしょうか。 スポーツ選手やミュージシャンなどには特別な技能が必要ですが、企業人やユーチューバーなどなら、今からでも世界一の年収にランクインできるのも夢ではありません。 ミリオネアやビリオネアを目指して、かつてないことに挑戦してみるのも、たった一度の人生ならではです。 年収世界一を見るだけでも、モチベーションが高まってきませんか。

次の