お 誕生 日 おめでとう イタリア 語。 フランス語で「お誕生日おめでとう」を言う 3つの方法

ドイツ語のバロックオペラ/ベルリン@対話工房

お 誕生 日 おめでとう イタリア 語

こんにちは。 実地経験から回答させていただきますと、 ・Congratulazioni! は、「社会的な『おめでとう』の言葉」のように感じます。 成功や成就など、その人にとってある意味「ゴール」のようなものに達した時の、それに対する祝福の言葉であり、complimentiよりは丁寧で礼儀正しい言い方。 ・Complimenti! は、祝意を述べるのは同じだが、やや砕けた使い方。 子どもがよく使っていた時に意味を聞いたら「すごい、すごい」と言っていました。 よく使われるのはこちらですが、ややもすると皮肉的な意味合いでも用いられます。 『おめでとう』には他にも、 ・Auguri! 祝福の言葉です。 新年・クリスマス・誕生日・記念日など、かなり「広く・軽く」用いられています。 「お大事に」の意味でもつかわれます。 ・Felicitazioni! 祝福と言うよりは「祝賀」の意味合いが強いように感じます。 結婚や出産、また卒業でも使います。 主にカードに書くフレーズで使いました。 ComplimentiとCongratulazioniですが、意味合いは似ていますが、「何に、どういうことに対する『おめでとう』なのか」で、使い分けています。 A ベストアンサー よく『恋は盲目』と言われ、結婚に踏み切るのを止まってかたもおイでです。 でも、フランスはにそのような方へ決断を促す警句が下の句を付けてあります。 『恋は盲目、でも結婚すれば、それに視力もたらしてくれる』 L'amour est aveugel... Mais, le mariage lui rend la vue 視力が増せば、人生がよく見えて二倍にも三倍にもなるのでしょうか。。。 さて本題です。 Felicitations pour ton mariage! おめでとう(Felicitations は複数で,最初のeにはアクサンテギュを 親しい方へならtonをそうでなければvotreとなります。 花の色ほど、見る人の心の有様を反映して 多用な言い方がまだまだありますね。 ご不明の点は、何なりと。。。 よく『恋は盲目』と言われ、結婚に踏み切るのを止まってかたもおイでです。 でも、フランスはにそのような方へ決断を促す警句が下の句を付けてあります。 『恋は盲目、でも結婚すれば、それに視力もたらしてくれる』 L'amour est aveugel... Mais, le mariage lui rend la vue 視力が増せば、人生がよく見えて二倍にも三倍にもなるのでしょうか。。。 さて本題です。 Felicitations pour ton mariage! おめでとう(Felicitations... A ベストアンサー まだ質問が閉じられていないので回答しますが、「また、会いましょう」という意味ではありません。 慣用的に、そういう意味で使っているのかも知れませんが、色々と意味が取れます。 基本的には、 alla prossima volta というのは、a la prossima volta の略で、a la を alla とイタリア語では書きます。 これは「前置詞(a)+定冠詞(la)」です。 英語でいうと、 to the next turn (次の回まで) または、もう少し敷衍すると until the next occasion (次の機会までね) こういう意味で、日本語だと、「また後ほど」というような感じです。 「また後ほど」何をするのか、文脈で決まってくる乃至了解します。 「次の機会に会う」のかも知れませんし、「メールを書く」のかも知れませんし、「電話をかける」のかも知れませんし、永久に次回のない「また、今度」かも知れません。 慣用的には、「また、会いましょう」なのかも知れませんが、状況、場面、文脈で意味が違って来ます。 もっとも直接的には、「次の機会まで」という意味です。 まだ質問が閉じられていないので回答しますが、「また、会いましょう」という意味ではありません。 慣用的に、そういう意味で使っているのかも知れませんが、色々と意味が取れます。 基本的には、 alla prossima volta というのは、a la prossima volta の略で、a la を alla とイタリア語では書きます。 これは「前置詞(a)+定冠詞(la)」です。 英語でいうと、 to the next turn (次の回まで) または、もう少し敷衍すると until the next occasio... Q 婚約した途端、彼に家族全員創価学会だと告げられました。 隠されていた事がかなりショックでしたし、私は創価学会についてよく知りません。 でも、結婚するなら入信するよう、彼の家族は言っています。 私がショックで、彼が脱会してくれなければ、結婚をやめるというと、しょうがないね、と言われました。 彼は熱心な学会員ではないらしいのに、です。 私の家族は浄土真宗(一応)ですが、彼が創価学会ということについても何も反対していません。 ただ、友人知人が、もし私が入会するなら、私とはもうつき合えない、と言います。 人に聞いてみても、創価学会に対して良い感情を持つ人はいないようです。 私自身、学会には色々矛盾を感じています。 でも、彼にそこを聞いても、世間の間違った思い込みだと言われます。 私は仏教には関心があるのですが、創価学会も仏教なんですよね? それなのに、私には学会員が何を信仰して、何を目的としているのか さっぱりわかりません。 学会員に聞いても、よくわかっていないようなのですが… しかも仏教の教えについて批判さえしています。 それでは、創価学会とは一体なんなのでしょう? そして、どうして非学会員のほとんどが学会を毛嫌いするのでしょう? 学会の方、非学会の方、両方の意見が聞きたいです… 婚約した途端、彼に家族全員創価学会だと告げられました。 隠されていた事がかなりショックでしたし、私は創価学会についてよく知りません。 でも、結婚するなら入信するよう、彼の家族は言っています。 私がショックで、彼が脱会してくれなければ、結婚をやめるというと、しょうがないね、と言われました。 彼は熱心な学会員ではないらしいのに、です。 私の家族は浄土真宗(一応)ですが、彼が創価学会ということについても何も反対していません。 ただ、友人知人が、もし私が入会するなら、私と... A ベストアンサー 困りましたね・・・ 現在私は学会員ではありませんし、過去会員だったこともありません。 そもそもが宗教自体に頼ろうとは思っていないので、将来も恐らく入信しようと思うことはないでしょう。 ただ、過去自分が担当していた仕事上のお付き合いから、中央のかなりの地位の方々や地方組織の然るべき方、また一般の会員の方々に至るまで、様々なお立場の方々を存じ上げておりましたので、投稿させていただきました。 仕事でしたので、かなり冷静に見つめてきたつもりです。 長くなりそうですが、お付き合いください。 創価学会は日蓮正宗各寺の信徒団体 各寺檀家の、寺をまたいだ横のつながり だったものが、異様に大きく膨れたものです。 本来の教義についてはNo. 5様のおっしゃるとおり、オウムのような悪い考えではありません。 どちらかというと、むしろ世界の平和を求めている宗教です と、彼らは言っています。 歴史的にはそもそも「日蓮」自体が排他的だったそうですし、「日蓮正宗 大石寺 」は「日蓮宗 身延山 」と袂を分かち日蓮の教えを正しく受け継いだはずですが、本来、日蓮正宗寺院の檀家であった創価学会は本山 大石寺 のご僧侶とも袂を分かち、もう10年位前に破門になっています 学会の仕切る葬儀には僧侶がいません。 つまり、本来の日蓮正宗からも離れ、特定の個人崇拝になって、ますます排他的・独善的になっているということです。 私は仕事上のお付き合いでしたので、部外者の目で内部のことを見聞きする機会がとても多くありました。 守秘義務がありますので、ここでその一つひとつを例示するわけには参りませんが、特定の個人とその周辺を中心にした組織の仕組みには、私個人としては首肯できないものがありました。 No1様のおっしゃる「巨悪」が真実かどうかは存じませんが、さもありなんと思うところがあるのは確かです。 逆に、日常生活レベルではいいこともあります。 毎日朝晩、正座して背筋を伸ばして腹から声を出してお題目 南無妙法蓮華経 を唱えれば、冬場に風邪を引きにくくなる程度のご利益はあるのではないでしょうか。 まぁこれは冗談です。 学会では地域の会員達の集まり 各地の「会館」で行われるものと、もう少し狭い範囲の「地域の世話役」の自宅で行われるものとがあります が頻繁に行われます。 組織も年齢、性別や職業 学生・主婦含む で複合的になっていますので、複数の会合に出席することもあるようです。 昨今隣近所のお付き合いも減り、また、2世代3世代が一緒に暮らす大家族ではなくなりましたので、年寄りの知恵の伝承もなされず、例えば子育てをするヤングミセスにも苦労が多いと聞きますが、学会の地域での会合に出ることにより、フラストレーションが解消される、例えば子育ての先輩の知恵が伝承される、困った時に助け合える、何よりも同じ価値観を持つ仲間がいるなど、町内会やご近所付き合い的な効果により、彼らはとても明るい生活を送っています。 学会員は、それぞれ「仕事」と「家庭」の他に、地域社会でも熱中できる対象を持っているわけですから、それはそれで幸せなんだろうな、ちょっとうらやましい人生かもしれないな、などとふと思うことがあります。 これを、「だまされている」というのは簡単です。 でも、これが宗教なのです。 創価学会に限らず宗教は皆そうなのですが、信じない人から見れば全く理解できません。 価値の尺度が異なるので、私たちの判断基準と合わないのです。 インチの物差し 学会 とセンチメートルの物差し 一般 ではゼロ以外に一致する個所はありません。 偶然2本の定規の線がそろう所もあります。 そこが一般社会との窓口です。 ですが、ゼロからの長さは同じでもインチとセンチですから、お互いに相手の尺度で測らなければ、やっぱり何だかよくわからないのです。 お香典を全部持っていってしまうのも、インチの世界に入って見れば、地元組織として一種の互助会的に対応していると言い換えることも出来ます。 一般に毛嫌いされるのは、「あなたのため」と、学会の考えを強要するように感じさせるからです。 実は彼ら一般会員は善意なのですが、センチの領域に入ってこようとしないからです。 これは最初に書いた日蓮自体の排他的な歴史の流れと、第二次大戦中の弾圧への反動もありますが、昭和40年代ごろの全国的に行われた強引な折伏 これにより大きな組織になった が、「学会は・・・」という評価を定着させてしまったことが大きいでしょう。 試しにインチの世界に入って見れば 1~2ヶ月一緒に活動して見れば ひょっとすると何か分かるかもしれません。 ただ、No1様ご指摘のような、裏と表までは見分けられないでしょうが・・・ いやなら戻ってこられるうちに戻ってくればいいのですが、おそらくその時は彼とはお別れしなければなりません。 きっと「金縛り」から逃れる時のように、思い切った動きが必要でしょうから・・・。 みんな良い人たちだし、結構楽しいし、このままでいいやと思えば、あなたには新しい世界が開ける代わりに、今のお友達とは縁遠くなる可能性があります。 今の状態のままで結婚なさっても、ご両親が熱心な学会員であればいつかは入信することになるか、さもなければ価値観の相違に耐えられなくなるかのいずれかのような気がします。 困りましたね・・・ 現在私は学会員ではありませんし、過去会員だったこともありません。 そもそもが宗教自体に頼ろうとは思っていないので、将来も恐らく入信しようと思うことはないでしょう。 ただ、過去自分が担当していた仕事上のお付き合いから、中央のかなりの地位の方々や地方組織の然るべき方、また一般の会員の方々に至るまで、様々なお立場の方々を存じ上げておりましたので、投稿させていただきました。 仕事でしたので、かなり冷静に見つめてきたつもりです。 長くなりそうですが、お付き合いくだ... A ベストアンサー イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。 luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。 他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。 luce の方が辞書的には用例が多いです。 (キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。 しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。 音の響きのよう方を選ばれることです。 luce がやはりいいと思います。 「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。 普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。 chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。 定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません): la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ) il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ) la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ) il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ) 「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。 「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。 mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。 d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。 m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。 光の「感じ」で選ぶことができます。 mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。 光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。 以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。 好きな形容詞で、言葉を造ってください。 la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ) il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ) …… 「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。 psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。 「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。 「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。 ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。 「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo a という形容詞になります。 calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。 「落ち着いた」というような意味です。 il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ) イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。 luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。 他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。 luce の方が辞書的には用例が多いです。 (キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。 しかし...

次の

世界各国語の「誕生日おめでとう」

お 誕生 日 おめでとう イタリア 語

「 tanti auguri! 」とお祝いする X 出典文献 この表現は、翻訳しても「お誕生日おめでとう」とはなりません。 実際にこのフレーズには、イタリア語で「誕生日」を表す「 compleanno」が含まれていません。 この表現は、「たくさんの幸せが訪れますように」という意味ですが、イタリアでは誕生日を迎えた人に贈る言葉として一般的に使われています。 「 Tanti」は「たくさん」という意味です。 また、「 auguri」は「願い」を意味する「 augurio」の複数形です。 このフレーズ全体を直訳すると、「たくさんの願い」となります。 このフレーズ全体で「タンティ アウグーリ」と発音します。 「 cento di questi giorni! 」というフレーズを使ってみる X 出典文献 このフレーズも誕生日について直接的に言及するものではありませんが、イタリアでは誕生日のお祝いの言葉として用いられます。 この言葉を言うことで、本質的に、相手の長寿(100回誕生日を迎えられること)を祈っているという気持ちを伝えます。 「 Cento」は「100」、「di」は「~の」、「 questi」は「この」、「 giorni」は「日々」を意味します。 この表現を直訳すると「100回のこの日々を!」となります。 このフレーズは、「チェント ディ クエスティ ジョルニ」と発音します。 この短縮版のフレーズは、「チェンターニ」と発音します。 ひとつ重ねた年齢を「 essere avanti con gli anni」と表現する この表現は、本質的に、誰かが「年々成功していく」という意味を表します。 このフレーズをお祝いの言葉として用いることで、相手が年齢と共に見識も積み重ねていくという気持ちを伝えることができます。 「 Essere」は「~になる」、「 avanti」は「前へ」、「 con」は「~と共に」を意味します。 また、「 gli」は英語の「the」に該当する定冠詞で、「 anni」は「年々」を意味します。 これらの単語をフレーズにして直訳すると「年々前進する」となり、つまりこれは、「年々進歩する」という意味になります。 この表現は、「エッセレ アバンティー コン リ アンニ」と発音します。 ただし、この表現は年配の世代よりも若者たちの間で広く使われています。 直訳すると、「私は(数字)の年齢に到達しようとしています」となります。 自分の年齢を伝えるには、フレーズ内の空欄に新しい年齢を入れるだけです。 例えば、これから18歳になろうとしている場合は、「 Sto per compiere diciotto anni」と言いましょう。 「 Sto」は「私は~です」、「 per」は「~に」、「 compiere」は「満たす」または「到達する」、「 anni」は「年齢」を意味します。 「 tanti auguri」を数回繰り返して歌う イタリアでは、「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」の最も一般的な歌詞には、実は「誕生日」という言葉が一切登場しません。 代わりに、「たくさんの幸せが訪れますように」を意味する間接的なフレーズを歌詞の「ハッピーバースデー」の部分に入れて、通常のメロディーで歌います。 フレーズの最後に、「トゥー・ユー」を意味する「a te」(ア テ)を付けましょう。 歌詞は以下のようになります。 X 出典文献• Tanti auguri a te,• Tanti auguri a te,• Tanti auguri a (名前),• Tanti auguri a te!

次の

フランス語で「お誕生日おめでとう」を言う 3つの方法

お 誕生 日 おめでとう イタリア 語

1年に一度きりの お誕生日をお祝いするメッセージは、その人の事を思い浮かべながら、心を込めて贈りたいですよね。 とはいえ、長年の付き合いがある相手へのお誕生日メッセージはだんだんとマンネリ化してしまったり、あまり関わりのない相手への誕生日メッセージは内容に困り、事務的な印象になってしまったりする事もあるのではないでしょうか。 そのような場合は、 外国語でお誕生日メッセージを用意すると、オリジナル感とともに少しお洒落な印象に仕上がります。 英語のみならず、ヨーロッパの言語を用いて「こんな意味なんだよ」と説明すると、会話も弾みそうですよね! そこで今回は、ちょっとおしゃれな外国語のお誕生日メッセージの文例を挙げていきます。 「カッコいいカードを書きたいな」と考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。 英語でのお誕生日メッセージ お誕生日メッセージを贈る際、英語で「Happy birthday(誕生日おめでとう)」と書く人は多くいますよね。 しかし、それ以外のフレーズは知らないという方がほとんどなのではないでしょうか。 そこでまずは、お誕生日メッセージに使える英語のフレーズをいくつか挙げていきます。 ・Always thinking of you. (いつもあなたの事を考えているよ) ・To be a wonderful day. Count the wishes! (歳を数えるのではなく、願い事を数えましょう!) 英語でのお誕生日メッセージは、少しユーモアがあって笑顔になれるような、明るい印象のフレーズが多くあります。 ぜひ意味と共に使用してみてください! スペイン語でのお誕生日メッセージ 世界的に見ても話者が多いスペイン語。 「これ、どうやって読むの?ちょっと暗号みたいだな…」と一見思われるかもしれませんが、実は 基本的な母音は日本語の「あいうえお」と同じなので、読み方を調べればすぐに声に出す事も可能です。 スペイン語のお誕生日メッセージの文例には、以下のようなものがあります。 (お誕生日おめでとう!) ・Te amo para siempre. いつまでも愛しています ・Deseo estar siempre a tu lado. (今日は君が生まれた日です) ストレートな愛情表現をするスペイン語のお誕生日メッセージからは、情熱が伝わってきそうですよね。 フランス語のお誕生日メッセージ お洒落な印象を醸し出す、フランス語のお誕生日メッセージ。 トリコロールの色をした便せんに書いてみたり、手作り雑貨に添えたりすれば、一気に外国風になりそうですよね!以下のような文例があります。 ・Bon anniversaire! (あなたの願いが叶いますように!) 文学的なフランス語のお誕生日メッセージは、 映画のワンフレーズのようでどこかロマンチックですよね。 大切な人への特別なメッセージにもぴったりです! イタリア語のお誕生日メッセージ イタリア語のお誕生日メッセージはシンプルで表記もしやすいので、ちょっとしたスペースに書きたい際に添えても素敵です。 例えば以下のようなものがあります。 ・Buon Compleanno または Tanti auguri (お誕生日おめでとう!) ・Ti auguro un felice compleanno! (素敵な誕生日になりますように!) ・Buon anno (よい一年を) 知っているようで意外と知らないイタリア語。 美味しいイタリアのお酒や食べ物に添えたり、イタリア料理関係者へのお誕生日メッセージとして贈っても喜んでもらえそうですよね! 今回は、ちょっとお洒落な外国語での誕生日メッセージについて、例を挙げながらお伝えしました。 お祝いの文章全てを外国語に訳して書くのは難しくても、ちょっとしたフレーズや単語だけでお祝いの気持ちを表現する事が可能です。 何よりも、今回挙げたようなお誕生日メッセージを添えれば見た目がオシャレな印象になりそうですよね! 英語だけでなく、ヨーロッパやアジア、北欧の国など、多種多様な言語のお誕生日メッセージを調べてみると、その国の個性や特徴も伝わり、とても興味深いです。 「お誕生日おめでとう」を直訳するだけでなく、ぜひ相手が良い1年を過ごせるようなメッセージを考え、ロマンティックにお誕生日をお祝いしてみてください!.

次の