バイク シフト インジケーター。 バイク シフトインジケーター ギアポジション ギアインジケーター LED表示 純正 小型 消耗なし ギア数表示 防水 HONDA Yamaha 鈴木 川崎 ハレー :313402090573:クリエイトストア

lg.ripley.cl: 汎用 シフト ポジション インジケーター 【ADVANTAGE】 ATV バイク に (表示 : 0 1 2 3 4 5(ブルー)): スポーツ&アウトドア

バイク シフト インジケーター

CB250R MC52 シフトインジケーター HONDA CB250R シフトインジケーターの取付 Vol. 1 - - - Shift indicator 今回はCB250Rにシフトインジケーターを取り付けます。 CB3兄弟で唯一、シフトインジケーターが 標準装備されていないのがCB250Rなので 他の兄弟達に下に見られないようにしてみたいと思います。 シフトインジケーターはそもそも必要ないですか? むしろ問題なのはシフトインジケーターが付いているバイクから CB250Rに乗り換えた時で その時にはもうシフトインジケーターがない生活は 出来なくなっていると思います。 という事で今回用意したアイテムは ホンダ車専用のギアインジケーターです。 故障診断コネクターに挿すだけで簡単に取付出来て 色は3色から選べますよ。 楽天市場では取り扱っていなかったので の価格を参考にしてください。 それではさっそく取付編です。 まずはリアシートを外してから 矢印のキャップボルト(六角5ミリ)を外します。 ボルトが外れたら 車体後方にスライドさせるとメインシートが外れます。 シートが外れたら ここに赤い故障診断コネクターがありますよ。 とりあえず配線をハンドルバーまで通すので まずは燃料タンクカバー上面にある 3つのキャップボルト(5ミリ)を外します。 車体の両側にある燃料タンクカバーの キャップボルト(5ミリ)を2本外します。 ちなみに黄矢印の所は グロメットに刺さっているだけなので キャップボルトを外した後に カバーを手前に引いて抜いておきます。 最後に燃料タンクカバー前側の左右にある キャップボルト(5ミリ)を2本外します。 車体前方にまわり、左右の燃料タンクカバーの裾を 後方側から順に少し広げながら上に浮かせます。 コツとしては左右同時に持ち上げるのではなく 車体左側(向かって右側)が配線に引っかかりやすいので 車体左側を優先して抜くように 燃料タンクカバーを少し斜めに傾けながら 持ち上げると外れやすいです。 シュラウドの内側と燃料タンクカバーの隙間は ギリギリなので接触しないように注意しながら浮かせて下さい。 燃料タンクのカバーが浮きました。 この状態でも配線を通せるので完全に外す必要はないですよ。 Vol.

次の

シフトインジケーター異常(ギアポジションスイッチ故障)

バイク シフト インジケーター

シフトインジケーター追加のDIY 角目といわれる外観デザインが似ているだけでなく関連部品も共用しているんでしょうか、クロスカブには(ベース車であるスーパーカブ110と同じく)センサーが装備され配線も来ているのです。 市場にはインジケータ追加のための関連部品も出回っています。 これはDIYでインジケータを取り付けなさいと言われているようなもので、ネット上でもDIYのブログが賑やかです。 例えば下記のブログ。 タイカブの表示部を移設する案 クロスカブとタイカブの表示部の外形は同じで、信号も取れるらしい。 ならばタイカブの表示部(中身)を移設すればよいのではないかと考えられます。 タイカブの部品を購入したが それで息子は タイカブのスピードメーター表示部を部品購入しました。 しかし、実物を入手してみると内部ケースの取付構造が違ってクロスカブに取りつかないのです。 ネット上で調べてもその辺の情報はなく、「お父さん、いい方法ない?」と相談されたわけです。 クロスカブ(左)とタイカブ(右)のケース外側 両者を見比べた結果は• 必要なインジケーターランプの穴はタイカブ用がそろっている クロスカブ用は穴が少ない。 クロスカブへの取り付けはクロスカブ用のケースが合っている タイカブ用はクロスカブに取り付けられない という当然なことを確認したわけです。 (どうもタイカブとスーパーカブ、スーパーカブ・プロとクロスカブが、それぞれ同じ取付構造らしいです。 ) 今回の目的については クロスカブにない4つのランプ部分をタイカブのケースから切り出し、クロスカブに追加接着する ことで実現できそうです。 クロスカブのボスが邪魔? 位置関係見るため二つを重ねて比較すると、クロスカブの穴の位置は全てタイカブと同じで問題ありません。 ただ、クロスカブのケースの今回追加したい場所(裏側)にボスがあります。 (下写真の緑の丸印) これを削除すると取り付け等に使っている場合はやばいかも? クロスカブの上にタイカブのケースを積み重ね しかし、よく調べるとこのボスは使われておらず、削除しても問題ないことが分かりました。 取り付けに必要なのは、写真上側左右のビス用ボスと下側横から止める金具の合計3か所です。 切り出し加工 タイカブケースから必要部の切り出し 下のようにランプ3連部と2連部を切り出しました。 2連の方の追加したいのは一つですが、加工がやり易いよう2つまとめて加工します。 写真は切り出したものをバリ取り成形したのち、説明のため元の位置に置いたものです。 切り出しは主にフライス加工で行いました。 フライス加工はボール盤を改造して使っていますが、改造については下記記事で紹介しています。 2017-09-27 00:20 クロスカブケースの切り欠き 次にクロスカブのケースに、切り出した部品を取り付けるための穴を開けます。 下の写真(左が内側、右が外側)は加工した結果です。 これも主にフライス加工で行い、やすりで仕上げました。 ランプ3連の所も含め、周辺の枠が途切れないように切り取っています。 仮組み 前記でできたもの組み合わせてみます。 削りが不足して干渉するところところはやすりで削って、下記写真(左が内側、右が外側)のようにキッチリ嵌るようになりました。 写真右でわかるように一部隙間が大きい部分もあるのが自分では不満なのですが、後記のようにエポキシ系接着剤で埋めるので実用的には全く問題ありません。 高輝度白色LED球使用で明るい 次はランプに色付きのフィルタを入れる計画だそうです。 昼間の写真は、できたこの夜に乗って帰ってしまったので撮れていませんが、撮影できた時に追加アップします。 インジケータに色を付ける 【2018年1月11日追記】 純正のインジケータは、色のついた樹脂カバーを背面から豆電球で照射することにより色分けして見やすくなっています。 今回二つのケースを合成したので、樹脂カバーの色がうまく合いません。 樹脂の染付け 息子は樹脂を染色する方法があることを知って、染色材を購入しました。 私も手伝って実際やってみると、確かに染まるのですが、色が薄いのです。 染料を濃くしたり、温度を上げたり、時間を長くしたりしましたが、どうしても欲しい濃さになりませんでした。 カラーLED それで私が提案したのがカラーLEDです。 背面照射している白色のLEDをカラーLEDに交換するのです。 ただしこのケースに使えるT10タイプのカラーLEDが入手できるかが問題ですが、値段は少し張りますが売っていました。 それでカラーLEDに交換したのが下の写真です。 これも夜の写真ですが、輝度も落ちて見やすくなりました。 遅くなりましたが、回答します。 (タイヤの直径が同じなら問題ないはず) 積算計 は別になっていますので、速度メーターの交換には関係しません。 も同様です。 JA10も同じ方法で行けるように思いますが、本記事のクロスカブと違う点があるかもしれないので、JA10と入手したタイカブのメーターケースをよく見比べてください。 以上です。 改造頑張ってください。 <追記>2018. 2 JA10とは新型でないクロスカブのことなんですね。 私の理解不足があったので修正しました。

次の

バイク シフトインジケーター ギアポジション ギアインジケーター LED表示 純正 小型 消耗なし ギア数表示 防水 HONDA Yamaha 鈴木 川崎 ハレー :313402090573:クリエイトストア

バイク シフト インジケーター

Yamaha:ヤマハシリーズは共通で、破損なく設置しています。 元の車は予備のECUソケットがあれば、挿し込むだけで早く連結できます。 キャブレターの車は使えません。 川崎:電気噴霧全シリーズに適用され、元の車は予備のインターフェースECUでデータを読み取り、挿入すればいい。 キャブレターの車は使えません。 SUZUKI:鈴木シリーズは共通で、破損なく設置しています。 キャブレターの車は使えません。 ハレー:シリーズは共通で、破損なく設置しています。 キャブレターの車は使えません。 商品説明HONDA:CBR 25、CBR 250、CBR 300、CBR 400 X、CBR 500 F、CBF 500、CB600 S、CB650F、CB650F、CB1000 R、CB1000.

次の