プリペイド カード おすすめ。 プリペイドの意味とは?プリペイドクレジットカードって?おすすめや特徴も紹介

プリペイドの意味とは?プリペイドクレジットカードって?おすすめや特徴も紹介

プリペイド カード おすすめ

プリペイドカードを知る クレジットカードなら• プリペイドカードを購入/申し込む• Visaプリペを申し込む プリペイドカードを使う• Visaプリペを申し込む プリペイドカードを使う• かぞくのおさいふを申し込む プリペイドカードを使う• Visaプリペを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• お客さまサポート.

次の

クレカ感覚で使える国際ブランド付きプリペイドカード10枚 高還元カードも登場!

プリペイド カード おすすめ

プリペイドカードを知る クレジットカードなら• プリペイドカードを購入/申し込む• Visaプリペを申し込む プリペイドカードを使う• Visaプリペを申し込む プリペイドカードを使う• かぞくのおさいふを申し込む プリペイドカードを使う• Visaプリペを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを申し込む プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• プリペイドカードを使う• お客さまサポート.

次の

プリペイドカードの比較ランキング。還元率や年会費無料に注目しておすすめは?

プリペイド カード おすすめ

おすすめプリペイドカードは2つのタイプがある では、おすすめのプリペイドカードのタイプにはどのようなものがあるのか、詳しくご紹介していきましょう。 プリペイドカードは大きく分けると、次の2種類があります。 チャージ式プリペイドカード• 使い捨てプリペイドカード 続いて、それぞれのタイプを詳しくみていきます。 チャージ式プリペイドカード チャージ式プリペイドカードは、VISAやマスターカードのマークが入っているのが特徴です。 ブランドプリペイドカードとも呼ばれていて、入金した分だけクレジットカードと同じように使うことが出来ます。 クレジットカードと違い、ほとんどのカードが発行の際の審査が必要ありませんし年会費もかからないので、 クレジットカードを持っているとついつい使い過ぎちゃう人におすすめです。 使い捨てプリペイドカード 『App Store&iTunesギフトカード』や『Amazonギフト券』など、コンビニな家電量販店、大型スーパーのレジ付近で見かけるのが、この使い捨てプリペイドカードです。 スマホやゲーム機など、 色々なところにクレジットカード情報を登録したくない人におすすめです。 おすすめプリペイドカードの購入方法 では、おすすめのプリペイドカードの購入方法にはどのようなものがあるのでしょう。 提供している企業によって購入方法はいくつかありますが、多いのは次の2つです。 お店で買う• インターネットで買う 続いて、それぞれの購入方法を詳しくみていきます。 お店で買う 使い捨てプリペイドカードを購入する場合は、これが一番多いと思います。 『App Store&iTunesギフトカード』や『Google Playカード』など、プリペイドカードを取り扱っているお店なら必ず置いてあるものもありますが、 取り扱っている種類はお店によって様々です。 インターネットで買う こちらは主にチャージ式のプリペイドカードを購入する時やチャージする時に使用します。 支払い方法はクレジットカードがメインですが、それ以外にも 振り込みやコンビニ店頭払い、携帯電話料金との合算など、企業によって様々です。 おすすめプリペイドカードはどこで使える? まずお店で使う場合ですが、VISAやマスターカードのマークが付いているブランドプリペイドカードであれば、クレジットカードと同じように使うことが出来ます。 ただし支払い方法は一括のみです。 次にインターネット通販で使う場合ですが、こちらはクレジットカードとして使うものもあれば、電子マネーとして使うものもありますので、購入する前に確認をしておくと良いと思います。 そして多くのプリペイドカードで使うことが出来ないのが、公共料金や保険料の支払い、高速道路料金やガソリンスタンドなどです。 その他にも一部使えない店舗やプリペイドカードから電子マネーへのチャージも出来ない場合もありますので、 丸々クレジットカードの代わりになると思わない方が良いと思います。 プリペイドカードはこんな人におすすめ! ではどのような時にプリペイドカードを使うのが良いのでしょうか。 まず、 クレジットカードを持っていると、ついつい買い物をしてしまいがちな人は、チャージする上限金額を設定することで、無駄遣いを減らすことが出来ます。 次に、カードを使いたいけど審査が通らない人です。 プリペイドカードは発行の際の申請や審査が無いものが多いので、 職業や年収に関係なく持つことが出来ます。 最後に海外旅行で使う時や、インターネット通販を多用する人です。 万が一、カード情報が漏れたとしても、プリペイドカードならチャージしている金額分しか使われませんので、クレジットカードより安心して使えます。 おすすめのプリペイドカード それでは、たくさんあるプリペイドカードの中から、おすすめのカードをご紹介していきましょう。 三井住友VISAプリペイドカード VISA加盟店でクレジットカードと同じように使うことが出来ます。 1回のチャージに200円の手数料がかかってしまいますが、利用金額が2,000円ごとに5円換算となる1ポイントが貯まります。 ANA VISAプリペイドカード 上と同じVISAのプリペイドカードですが、こちらは ANAマイレージクラブの機能が付いています。 ANAマイレージクラブカード同様、ANAの飛行機を利用する時や、提携パートナーの利用でANAマイルが貯まります。 貯まるマイルは1,000円で5マイルです。 Vプリカ こちらもVISAのプリペイドカードですが、 Vプリカはインターネット専用です。 コンビニで売っている『Vプリカギフト』を使えば、アカウントを作らなくても使うことが出来ます。 カード番号はいつでも変更出来て合算も可能ですし、名義人も本名でなくとも大丈夫なので、匿名性の高さから海外サイトで買い物をする時に利用される場合が多いです。 しかしデメリットとして、 購入時やチャージ時に200円の手数料がかかるのと、使わない期間が3ヶ月以上になると管理費用として毎月125円引かれるので、運用管理には注意が必要です。 JCBプレモカード Amazonやユニクロ、USJなど30万店以上の場所で使うことが出来ます。 JCBのブランドプリペイドカードのように見えますが、 JCBプレモカードのマークがあるところでしか使えないので、間違えないよう気をつけて下さい。 dカードプリペイド dカードプリペイドはマスターカードの加盟店で使うことができます。 200円で1ポイントのdポイントが貯まりますし、チャージを携帯電話料金と合算することも出来ますので、ドコモを利用している人におすすめです。 au WALLETプリペイドカード 使えるクレジットカードのブランドがマスターカード、携帯料金と一緒にチャージした金額を支払うことが出来る、ポイントも200円で1ポイントと、サービスの内容はほぼドコモと一緒です。 ソフトバンクカード ドコモ、auのプリペイドカードがマスターカードなのに対し、ソフトバンクカードはVISAになります。 Tポイントを貯める事が出来るのが、大きな特徴です。 App Store&iTunesギフトカード iPhone、iPadユーザーにはお馴染みのプリペイドカードです。 Google Playカード こちらもAndroid搭載のスマホを使っている人にはお馴染みのカードです。 Amazonギフト券 ギフトとして喜ばれるのは勿論のこと、キャンペーンのプレゼントでも多く使われているのがAmazonギフト券です。 それだけAmazonを利用している人が多い証拠なのでしょう。 LINE PAYカード 貯まったポイントでスタンプなどを購入出来るので、LINEをいつも使っている人におすすめです。 ニンテンドープリペイドカード ダウンロード版のゲームや追加コンテンツを購入することが出来ます。 また、ニンテンドースイッチでオンラインプレイをする時に加入する『Nintendo Switch Online』の料金にも使えますので、プレゼントとしても最適です。 プレイステーションストアカード こちらはPlayStation用のプリペイドカードです。 ゲームや追加コンテンツを購入出来るのはニンテンドープリペイドカードと同じですが、それ以外にも『PlayStation Video』で映画やドラマの購入、レンタルに使えます。 QUOカード 全国、約57,000のお店で使うことが出来ます。 色々なデザインのカードがあって、入学や卒業のギフト券としては定番中の定番ですね。 Kyash 最後におすすめするのがKyashです。 還元率の高いプリペイドカードが欲しい人におすすめです。

次の