元気があればなんでもできる。 元気があればなんでもできる!

元気があればなんでもできるという話

元気があればなんでもできる

・ダッシャーー!! ・元気があれば何でもできる。 ・元気があればホームレスもできる。 ・今、俺は人生のホームレスをやっております。 ・ホームレス時に来たテレビ局の取材者に大金の入った財布を見せ 大笑いしながら拳を高々と上げ「これがホームレスの財布の中身ダッ!」 ・私のアゴの筋肉は常にビルドアップされ鍛えられています。 ・姑息な事はするな。 誰でもいい俺の首をカキ斬ってみろ。 ・何でこんな事するんだ!? ・道はどんなに険しくとも笑いながらいこうぜ。 ・ダ、ダッシャー!! ・元気ですかーっ!? 人は歩みを止め闘いを忘れたときに老いていく 今こそ格闘ロマンの道を突き進め。 オガワー!! ・馬鹿になれ とことん馬鹿になれ、恥をかけ、とことん恥をかけ かいてかいて恥かいて、裸になったら見えてくる。 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた。 それくらい馬鹿になれ。 ・野球界の大馬鹿者が・・・清原!いたら出て来ーいっ!! ・俺の心はオープン24時間 ・交際中の女性に背中を刺され「泣かす男が悪いのか、泣いた女が悪いのか、刺しつ刺されつ玄界灘」 ・花が咲こうと咲くまいと。 生きていることが花なんだ。 ・「どうですか」 ・悩みながらたどり着いた結論は、やはりトレーニングしかない ・待て待て、コノヤロー!来い! ・修行とは出直しの連続なり ・電流爆破マッチにて「俺も電気には強い方だから」 ・写真誌に女性同伴の写真を掲載され「男のケジメで坊主にしました」 ・出る前に負けること考えるバカいるかよ 人は、歩みを止めたときに老いていきます。 ・・・この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ。 危ぶめば道はなし。 踏み出せばその一足が道となる。 迷わずゆけよゆけばわかるさ! 俺らの役割は波紋を起こすこと。

次の

元気があれば何でもできる

元気があればなんでもできる

みんな元気出して、元気があれば、なんでもできるよ。 「大家打起精神,只要有精神,什么都能做到。 )」 中国人は元気が良くて活発な人が多いイメージがありますね。 中国では物静かでいるより、元気があって活気がある状態が基本的に好まれます。 そのため人が落ち込んでいる時には心配して一生懸命励ましてくれる人が多いです。 ちなみに今回のフレーズはプロレスラーのアントニオ猪木さんの言葉ですが、中国でプロレスはそんなにメジャーではありません。 日本やアメリカなどのプロレス団体が中国に行って試合を行うことはありますが、このフレーズを聞いて猪木さんを思い浮かべる人はほとんどいないかもしれません。 今後プロレスが中国でももっと広まることを期待したいですね。 ) 私ちょっと落ち込んでるんだ。 ) あなたのことを応援するよ。 ) 一緒に頑張りましょう。

次の

元気があれば何でもできる・・・

元気があればなんでもできる

日本で一番メンタルが強い人間は誰か? もしそんなアンケートを取ったら、 アントニオ猪木を推す人は多いだろう。 (若い人の票はさすがに少なそうだけどね・・) 猪木はこれまでの人生を通じて様々な困難を乗り越え、その経験を踏まえた力強い言葉の数々で自身も世の人々も励ましてきた。 そんな猪木の言葉のなかでも代表格であり、もっとも有名なのが次のものだろう。 「元気があればなんでもできる」 実は、私は10代の頃にはじめてこの言葉に接したとき、 「なに当たり前のことを言っているんだよ」 そう思ったものだ。 なにか大事なことを言っているようで、至極当たり前のことを言っているに過ぎないじゃないかと。 どうしてこんな言葉が名言としてもてはやされているのか、まったく理解ができなかったのだ。 しかし、その後自分が年齢を重ねたとき、猪木のこの言葉は 「まさに人生の真理ではないか」と気づいたのだった。 いつまでも元気ではいられないからこそ 人間は歳を重ねるにつれて、若い頃と同じように元気ではいられなくなっていく。 肉体的な衰えもあるし、社会に揉まれてときに打ちのめされたりするなかで、体も心も元気を失っていってしまう。 若い頃には可能性ばかりだった人生が、だんだんと 不可能性の面積のほうが広くなっていってしまうわけだ。 もし元気でいつづけられたら可能性が狭められずに済むのだけど、残念ながら多くの人は年齢を重ねるにつれて元気をなくし、できないことが増えていくことのが一般的だ。 だからこそ、諦めることなく自分が生きたい人生を生きるには、いかにして元気でいつづけるかがカギになってくる。 シンプルな一言が含む深い意味 そう考えると、アントニオ猪木の「元気があればなんでもできる」という言葉は、 元気さえあれば可能性は無限だからがんばろうぜ という意味とともに、 元気をなくしてしまったら、本来できるはずのこともできなくなるから、心も体も健康でいようぜ という意味も含んでいるのではないかと、私はそう勝手に受け取っている。 もちろん、詳しいファンの方のなかには猪木にそんな意図はなかったという人もいるだろう。 ここで語っているのはあくまで、私自身があの言葉から受け取ったメッセージにすぎない。 しかし少なくとも私は、自分が若者というカテゴリーを卒業してからあの言葉にこのような意味を見出してものすごく心に沁みた。 そしてアントニオ猪木という人が単なる生まれつきの精神的・肉体的マッチョではなく、弱い人やいま辛い状況にある人に寄り添う気持ちを持った、とても優しい心を持った人であるとも思えるようになった。 元気の源、それは健康 実は、「元気があればなんでもできる!」という言葉には、その前に一言添えられていることはあまり知られていない。 元気が一番。 元気があれば何でもできる! そう、「元気が一番」と明確に言っているのだ。 人生で何かを為していくには、 元気こそが大前提だということだ。 そして、元気の源は 健康だ。 健康であるからこそ元気でいられ、元気だからこそ、アントニオ猪木のようにいつも強いメンタルを持っていられる。 逆に、健康が大きく損なわれていると、それまでメンタルが強かった人でもとたんに弱気になってしまう。 もしいま、心や体の健康を害してしまっている人は、とにかく回復に努めよう。 そういうときに休むのは決して怠けじゃない。 とにかく健康を大事にしよう。 健康を取り戻せば、また元気がわいてくる。 元気が出れば、また可能性の扉がいくつも開いていく。 そして、もしいまそれなりに健康だという人は、元気の前提はあるんだから もっと自分の可能性を自覚していいと思う。 たとえ年齢を重ねていても、自ら可能性に蓋をすることはない。 だって、 「元気があればなんでもできる」のだ。

次の