ポケット wi fi おすすめ。 2020年版おすすめ無制限ポケットWiFi!何も知らずに購入は危険!|ポケットwifi比較

モバイルWi

ポケット wi fi おすすめ

ポケットWiFiをしっかりと比較した上で、自分にとって一番おすすめなものを契約したいと思っていませんか? 2020年6月現在、「docomo」や「UQ WiMAX」などの計5社から全部で22機種のポケットWiFiが販売されていますが、 徹底比較した結果、あなたが選んで後悔しないポケットWiFiはたった1つでした。 さらに、知っている人は少ないのですが、 そのポケットWiFiを通常よりも3万円以上もお得に契約するための方法もあります。 このページでは、長年のポケットWiFi販売の経験と最新情報の徹底的なリサーチをもとに、おすすめのポケットWiFiについて、下記の流れでご紹介します。 全て読んでいただけば、「厳しい速度制限ですぐに使えなくなった」など不快な思いをすることもなく、快適なネット環境を、他の選択肢よりも3万円以上もお得に利用することができます。 注: この記事では、 「ポケット WiFi」=「持ち運んでネットができる端末(モバイルWiFiルーター)」を指します。 工事不要で届いた瞬間から、自宅でも 外出先でもあなたのスマートフォンやタブレット、PCでのネット接続が誰でも簡単に可能になります。 使い方も非常に簡単で、 「箱を開けて、SIMカードを本体に刺して、電源を入れる」だけです。 (1)申し込みより約1〜3日後、商品が届きます (2)同梱のSIMカードを本体にさしこみ、電源をいれる。 (これで端末の設定は終了!) (3)Windows PCの場合、通信アイコンをクリック (4)同封されていたシールのセキュリティキーを入力(これでPC側の設定も完了!) とても簡単ですよね。 本体設定でつまづくことはあまりないことでしょう。 上記はWiMAXの例ですが、他のポケットWiFiもほぼ同様です。 結論:おすすめのポケットWiFiはこれ! 詳細は後ほど解説しますが、読むのが面倒な方のために、唯一正解のポケットWiFiをご紹介します。 結論としては、 『UQ WiMAX』という会社から出ている『W06』というポケットWiFiを経由で購入するのがおすすめです。 選定の理由としては、下記の通りシンプルです。 「無制限」でデータ容量が使える• 「速度制限」がかかりづらい• 「操作」が簡単• 「コストパフォーマンス」が一番高い 前述のことは、下記のように比較表にすると一目瞭然です。 WiMAX以外の会社がおすすめでない理由を一覧にすると下記の通りです。 mobile エリアと実際の速さがいまひとつ。 WiMAXと比較しても割高。 docomo 月額費用が高額すぎて、コスパが悪い。 SoftBank 無制限で使うことができない。 また、月額費用も割高。 au 「UQ WiMAX」と端末も回線も同じ。 ただし、プロバイダによる割引がない。 UQ WiMAXの『W06』を後述の販売代理店(プロバイダ)の経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。 UQ WiMAX 『W06』 Y! 次章で、この比較結果をデータを交えて詳しくご紹介します。 無制限プランのスペックが悪い• 自分でルーターを用意しなければいけない• キャッシュバックがもらえない• 自分で設定が必要 特に、速度は下記の通り致命的でした。 気になる方はでご紹介しています。 ポケットWiFiを5つのポイントで徹底比較 ポケットWiFi選びでは、「機種」で選ぶよりも、docomo・au・UQ WiMAXなどの「サービス提供会社」によって、 「すぐに速度制限にかかって、全然使い物にならない」「料金が全く違う」など大きく差が出ます。 確かに、携帯を契約する場合は、ドコモ・au・ソフトバンクで「電波の強弱」こそあれど、各社で料金プランなど大きく変わらないので、意外に思われるかもしれません。 しかし、ポケットWiFiの場合は下記の5つの軸で検討しなくてはなりません。 実質速度• データ容量• 速度制限条件• 実質月額料金• 対応エリアの広さ 実際に、ポケットWiFiを提供する全5社を 上記の5つのポイントで徹底比較した結果が以下の表です。 大きく異なるのが、一目瞭然ですよね。 実際にスペックを比較したのが下記です。 結論としては以下の通り。 「最高通信速度」:各社ほぼ横並び• 「バッテリーの持ち」:『docomo』UQ WiMAX』がリードだが、大差ない• 「操作性」:各社変わらない どういうことか簡単に説明していきますね。 mobile」の3社が一歩リードですが、数値にほぼ横並びといっていい数字です。 そもそも、 この数値自体は理論上の最高値なのであまり意味がないので、気にする必要はありません。 「実際にどれだけの速度が出るのか」という方が重要で、この点に関しては、後ほど実測したデータをご紹介しますのでご参考ください。 (2)「バッテリーの持ち」:各社ほぼ横並び バッテリーの持ちに関しては、「docomo」「UQ WiMAX」が2時間強、「ソフトバンク」「Y! mobile」よりも長持ちという性能になっています。 ただし、外出先で10時間も連続で通信することもないと思いますので、 こまめに充電すれば不自由することもないレベルでしょう。 (3)「操作性」:各社変わらない 全機種とも操作したことがありますが、 どれも操作自体は簡単で、誰でも使えます。 なので、どうしてもこのデザインがいいというのがなければ、次章移行の会社の比較でポケットWiFiを決めるべきです。 比較1. 実質速度|理論値ではない実際の速度は? 各社が公表している「最高速度」に騙されてはいけません。 「最高速度」はただの理論値であって、実際に利用者として使えなければ意味がありません。 そこで、室内・室外・電車内の計3箇所で各ポケットWiFiの速度を測定してきました。 有名なスピードテストアプリ「Speedchecker」を利用しました。 結論、どのポケットWiFiも、昨年に計測したときよりも着実に速くなっており、ますます使い勝手がよくなってきたなと実感できました。 計測結果をまとめたものが、下記です。 結論としては、「UQ WiMAX」「au」が非常に安定した結果を残しているという印象です。 計3回の実測結果と合わせて、各社のポイントをまとめました。 「UQ・au」:安定して高い数値• mobile」:常にあと一歩惜しい数値• 「ソフトバンク」:ムラがあるが速いときはとても速い• たしかに他の利用者の口コミを探してみても、下記のようなものが見つかったのでこのような傾向はあるのかもしれません。 家の光回線(家族3人が接続中)より下りは倍速いやん。 上りはボロ負けやけど大したモンや。 データ容量|毎月たくさん使っても大丈夫か? docomoで契約したけど、5GBのデータ容量だとyoutubeとか見てると全く足りなかった。 毎月の7000円くらいでとても高く、損した感じです。 第2のポイントとして、月間データ容量のプランが「無制限」で使えるかどうかはとても重要です。 どういうことかというと、各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記の2パターンあります。 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(携帯料金と同じ)• 月のデータ容量に制限がない(無制限)のプラン 無制限プランにもデメリットはありますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限にするのがおすすめです。 なので、ポケットWiFiを選ぶ際は、 「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。 無制限で使えるのは『au』『Y! mobile』『UQ WiMAX』の3社 ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、 「UQ WiMAX」「au」「Y! mobile」の3社です。 docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。 無制限プランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。 比較3. 速度制限の条件|使いすぎた場合の罰則はゆるいか? 3日で10GB使うと次の日速度が遅くなるということは合意の上購入しましたが、容量に達していなくても動画が見れないほど遅くなります。 たくさんデータを使うことができても、 使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルで速度制限をすぐに受けてしまう会社もあります。 会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。 (1)無制限プランではない場合の違い|5社すべて共通で速度制限が厳しい どの5社であっても無制限プランでない場合は、契約時に決めた月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。 特に注意なのが『SoftBank』で、無制限プランでなくても「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。 なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。 (詳しくは、後述します) (2)無制限プランありの3社の違い|『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』 2017年5月5日をもって、『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』の3社はほぼ横並びの無制限プランになりました。 旧:3日で3GBを使うと、128kbpsに通信速度を制限(ほぼ使えない) 新:3日で10GBを使うと、1Mbpsに通信速度を制限(youtubeが視聴可能な速度) 上記の「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、「Y! mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。 ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。 速度制限の条件まとめ 無制限プランが選択できる「UQ WiMAX」「au」「Y! mobile」の速度制限条件は同じです。 3日で10GB使ってしまうと、実質1Mbpsに制限されます。 ただし、この速度はyoutubeが標準画質で視聴できるレベルなのであまり心配はないでしょう。 比較4. 実質月額料金|初期費用や割引を含めた実質的な金額は安いか? 私が住んでいるのは地方になるので、電波が届くか届かないかで選ぶしかなくてdocomoにしました。 エリアも速度もそんなに不満はないんですけど、料金だけが…docomoユーザーならセット割引があるとかもう少し安くならないですかね… 高い料金を払えばたくさん使えるのは当然の話なので、いかに安い料金でたくさんのデータ量が使えるのか知りたいところです。 通信会社別の「月額料金」と「月間通信量」、「携帯利用者割引」は下図の通りです 通信会社 月額料金 月間通信量 docomo 6,980円 30GB 5,980円 7GB au 4,880円 無制限 softbank 7,480円 50GB Y! mobile 4,380円 無制限 3,696円 7GB UQWiMAX 3,880円 無制限 UQ WiMAXだけ圧倒的に安い 月額料金と月間通信量に関して、一番お得なのは、UQ WiMAXです。 「UQ WiMAX」にはプロバイダ(販売代理店)による割引があるので、自分がどの携帯会社を使っていても最安です。 たとえばというプロバイダからの購入であれば、11ヶ月後に約3万円のキャッシュバックと月額割引が受けられたりします。 ・携帯電話各社によるセット割 「UQ WIMAX」「au」と「SoftBank」に関しては、自分がその会社の携帯を使っていれば、お得になります。 UQ WiMAX・au:「」• SoftBank:「」 月々1,000円ほど、持っている携帯電話の料金から割引を受けることができます。 「UQ WiMAX」に関してはキャッシュバックと併用できるので、auユーザーはさらにお得になります。 注:「 UQ WiMAX」には携帯電話はありませんが、auユーザーであれば割引あり WiMAXを契約する場合も、auユーザーであれば「」の割引を受けることができます。 なので、ポケットWiFiでauを選ぶ理由は特にないかと思います。 参考:各社料金の内訳 5社におけるおすすめ機種の実質月額費用の内訳をまとめました。 (1)UQ WiMAX(端末名:W06、プロバイダ) 端末代 0円 W06の端末代は0円。 残債の請求もなし。 月々割引があるので実質0円だが、残債も請求されるという落とし穴。 mobile(端末名:603HW) 端末代 38,333円 603HWの端末代。 月額割引があるので実質無料だが、3年以内の解約で残債が請求される。 初期費用 3,000円 契約事務手数料 月額料金 4,378円 Pocket WiFiプラン2(さんねん):3,695円 アドバンスオプション(無制限プラン):683円 月額割引 -1,065円 端末代と相殺 キャッシュバック なし Y! 月額割引があるので実質無料だが、3年以内の解約で残債が請求される。 月額割引があるので実質無料だが、2年以内の解約で残債が請求される。 他はどんぐりの背比べという印象です。 比較5. 対応エリア|利用できるエリアは広いか? 速度制限受けてないのに、遅い。 スピードメーターで速度計測したけど、1Mbpsも速度が出ないからストレス!都心なら、100Mbps以上出るはずなのに。 ポケットWiFiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。 結論から言うと、通信エリアに各社対応は広く五十歩百歩というところですが、強いて言えば「docomo」が一番広いという印象です。 実際にいろいろな観点で比較してみました。 (1)サービスエリアマップでの比較 各社が公表しているサービスエリアマップを比較してみました。 濃く塗られているところが利用できる場所なので、ざっくりですが比べてみると「SoftBank」がやや広いなという印象です。 ただ、 各社同じように見えて、注意が必要なのは「Y! mobile」です。 実は、 「 Y! mobile」の無制限プランでは濃い青で塗られているところしか使えません。 つまり、拡大した図で比較してみると、半分くらいしか利用できないことがわかります。 (2)実際に利用してみての感想 出張のついでに様々な都道府県で接続をテストしてみましたが、 室内・室外においては、各社つながりやすいという印象です。 ただし、山間部・地下鉄においては、つながらない場合も多いです。 そういったエリアで、docomoだけつながりやすいというケースが多くありました。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは、主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1005円の費用がかかるデメリットがあるのであまりおすすめしませんが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 mobile」「SoftBank」は、どちらも圏外になりがちで弱いのかなという印象を受けました。 ポイント1で説明した「実質速度」の実験結果も踏まえると、安定して通信したいのであれば「Y! mobile」「SoftBank」は避けるのが無難でしょう。 結論:ポケットWiFiなら「WiMAX」がベスト 下記の理由から、ポケットWiFiは「WiMAX」がベストです。 「実際の速度」が速い• 「無制限」でデータ容量が使える• 「速度制限」がかかりづらい• 「コストパフォーマンス」が一番高い• 「操作」が簡単 価格も他のサービスと比較しても最安値で、2020年6月現在、 ポケットWiFiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。 2020年6月25日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、どの機種も市場全体で在庫が残りわずかであるため、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年6月25日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 ベストなポケットWiFi『WiMAX』の最もお得な契約方法とおすすめプロバイダ 5社のポケットWiFiを比較した中で、最もおすすめなのはWiMAXです。 しかし、 WiMAXを契約する上でもコツがあり、それを知らないと「3万円損してしまった…」「なんかこの機種は使いづらい…」など後悔するので必ず抑えておきましょう。 そうならないための簡単な契約手順をわかりやすくまとめました。 2-0. WiMAXは3ステップで決める WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。 契約プランを決める• 機種を決める• プロバイダを決める それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種はW06、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。 『GMOとくとくBB』: また電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 順番に解説します。 2-1. 契約プランを決める プランは「通常プラン3,609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,263円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 2-2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 2-3. プロバイダを決める 2020年6月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年6月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年6月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,200円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年6月25日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、どの機種も市場全体で在庫が残りわずかであるため、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年6月25日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年6月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 知らないと危険!WiFiを失敗せずに契約するための3つの注意点 下記では、ポケットWiFiを失敗せずに契約するための3つの注意点について解説します。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 しかし、 通常契約のポケットWiFiが実質月額4,000円以下で利用できるのに対して、月額6,450~8,050円と高額になります。 下記では、国内主要ポケットWiFiレンタルサービス8社の「1ヵ月あたりの実質料金」をまとめました。 WiMAXの最もお得な契約方法について知りたい場合は、「 」を参考にしてください。 その理由はサービスを信用しきれないからで、たとえば「どんなときもWiFi」は、2020年に入り2度の大規模な通信障害を起こしています。 どんなときもWiFi公式ページより 画像は3月の発表ですが、2月にも障害があったことがわかるかと思います。 下記のように全く使えないという声が多発していました。 ついに0にしてきたかどんなときもWiFi — みっき mikki0108 また、その上でさらに「運営会社から納得いく対応をしてもらえない」という声も多数ありました。 どんなときもWiFi先月に契約したけど通信障害が続いて結局一度も使えておらず… サポートセンターに電話してもオペレーターに繋がらず… メールで問い合わせしても全然違う回答が来て… 違約金払うの本当に嫌だけどもう解約する まじで詐欺に遭った気分… — ぐでぐでしてる 2531potechi 上記「どんなときもWiFi」、同じ運営会社の「NEXT mobile」はもちろん、その他新規参入してきたサービスは回線の安定性やトラブル時の対応などを評価しにくいです。 詳しく知りたい場合は、「」「」を参考にしてください。 いざ使い始めると違約金などの面で解約しにくいため、 長期間安定して回線を提供し、トラブルも比較的しっかり対応してくれる大手の回線を利用することをおすすめします。 利用制限もなく、家まで光ファイバーでつながるので、 速度も安定していて、自宅で動画やゲームを楽しみたい場合やテレワークに使いたい場合に最適です。 ただし、光回線にも下記の制約があります。 外出先で使えない• 工事が必要となる可能性がある それぞれについて以下で解説します。 外出先で使えない 光回線は、ポケットWiFiのように 外出先に持ち出せないため、家の中でしかインターネットを使用できません。 工事が必要となる可能性がある 光回線は、契約する回線サービスだけでなく、あなたの住宅のエリアや設備状況によって、工事の有無や費用が全く異なります。 そのため、申し込み後すぐに使えない可能性があるものの、工事が終了して初めて契約が開始になるため、それまでのキャンセル費用は一切かかりません。 したがって、インターネット通信を家の中だけで行う場合は、まずは下記のおすすめ窓口に申し込み、折り返しかかってくる電話などで、「いつから使えるか」を確認した上で、最終的な判断をしましょう。 おすすめ光回線サービスのお問い合わせ窓口• ドコモ光「GMOとくとくBB」• auひかり「GMOとくとくBB」• ソフトバンク光「アウンカンパニー」• NURO光「アウンカンパニー」• ビッグローブ光:「株式会社NEXT」 光回線サービスの選び方 結論、光回線サービスはスマホとセットで選びましょう。 なぜなら、 光回線はスマホとセットで使うことで大幅な割引を受けられるからです。 あなたの使っている携帯回線の種類によって、「 おすすめの光回線サービス」と 「お得な申し込み窓口」は下記のように異なります。 上記の光回線サービスには、申し込み窓口が複数存在し、 どこで申し込むかによってキャッシュバック・付属ルーターの特典がガラリと変わります。 合計100社以上の申し込み窓口を次の3ポイントで比較しました。 利用料金• キャンペーン• ルーターの性能 その結果、おすすめ光回線サービス5社に対して、下記の申し込み窓口が最もお得でした。 ドコモ光「GMOとくとくBB」• auひかり「GMOとくとくBB」• ソフトバンク光「アウンカンパニー」• NURO光「アウンカンパニー」• ビッグローブ光:「株式会社NEXT」 より詳しい根拠をしりたい場合は、「 」で徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてください。 光回線のWiFiルーターはどうすればいい? 光回線でWiFiを使うにはルーターが必要ですが、上記の窓口であれば、別途購入することなく下記のように対応してくれます。 ドコモ光:GMOとくとくBB 無料で貸してくれる auひかり:GMOとくとくBB 月額500円で借りられるオプションあり ソフトバンク光:アウンカンパニー 無料でもらえる NURO光:アウンカンパニー 特別な機器が不要で利用可能 ビッグローブ光: 株式会社NEXT 6ヶ月間無料、7ヶ月目から月額500円で借りられる 光回線でWiFiを使いたい方は、申し込み時の折り返しの電話などでその旨を伝えましょう。 また、WiFiルーターはAmazonなどで売り切れは発生していないため、市販で購入することも十分可能です。 まとめ ポケットWiFiを納得して選ぶお役に立てたでしょうか? この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年6月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)•

次の

【2020年最新】プロが選ぶモバイルルーターのおすすめ機種はコレだ!

ポケット wi fi おすすめ

2Gbps 上り最大37. 2Gbps 上り最大75Mbps 月額料金 ツープラス:3,020円〜 ギガ放題:3,620円〜 特典 最新端末が全て無料 参考 5位:どんなときもWiFi 第2位は、最近CMでお馴染みの次世代モバイルルーター「 どんなときもWiFi」 最新のクラウドSIM搭載なので、 国内でも海外でもそのまま使うことができるのが特徴です モバイルルーターは最大速度150Mbpsまで対応してる液晶がないシンプルな「 U2s」の機種で、月額3,480円で使うことが可能! docomo、au、SoftBankのトリプルキャリアに対応しています 3日間10GB制限もないため、無制限で使うことができるポケットWiFiサービスです おすすめ度 回線速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 月額料金 24ヶ月まで:3,480円 25ヶ月以降:3,980円 特典 端末代金がかからない 海外でもそのまま使える 6位:Mugen WiFi 最新端末G4でWiFiが使える「 Mugen WiFi」 通信方式がスマホと同じLTE通信網なので、WiFiの速度や接続の安定性が非常に高く、無制限でインターネットができるのが特徴です プランは2種類から選べ、 格安プランだと月額料金は3,280 円 国内だけではなく海外でも使用できて、さらにモバイルルーターなのにGoogleマップや翻訳機能まで搭載してるスグレモノ! インターネットをたくさん使う人や海外旅行が好きな人におすすめのポケットWiFiサービスです おすすめ度 回線速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 月額料金 格安プラン:3,280円 アドバンス:3,880円 特典 端末代金が無料 海外でも使える 7位:オンリーモバイル ドコモの通信網LTE回線を使っているポケットWiFiの「 オンリーモバイル」 オンリーモバイルは 新規契約した全員に2万円キャッシュバック付きなのが最大の特徴となります 屋内にも強く、一戸建て、マンションにかかわらず安定して使えるので、WiMAXの電波が入りにくいならオンリーモバイルがオススメです おすすめ度 回線速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 月額料金 3,900円 特典 全員に20,000円キャッシュバック 8位:NEXTmobile ソフトバンクが提供する「 NEXTmobile」 ネクストモバイルは 3日間10GB使っても一切制限がかからないところが最大の特徴です 端末代金がかからず、申し込みから即日で商品が届くため、急ぎの方でもすぐにWiFiをつかうことができます プランは、20GB・30GB・無制限の3つから選べ、月額料金はそれぞれことなります サブ機としてとても優秀なので、がっつりインターネットや動画をたくさん観たり使わないライトユーザーにおすすめのモバイルWiFiです おすすめ度 回線速度 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 月額料金 20GB:2,400円 30GB:2,700円 無制限:3,100円(受付停止) 特典 最新端末が全て無料 9位:JPWiMAX 実質3ヶ月無料で使える「 JPWiMAX」 契約後すぐにもらえる Amazonギフト券のおかげで最初の3ヶ月間は負担なしで使うことが可能 最初の3ヶ月間は月額2,800円と格安で、4ヶ月目以降は3,500円で使うことができます キャッシュバックの受け取りが非常に簡単なので、初めてポケットWiFiを使う方でも安心して使うことができます おすすめ度 回線速度 下り最大1. 2Gbps、上り(送信)最大75Mbpsとなります ただし、電波状況や回線の混雑状況、ご利用端末によって異なりますので、実際に出る通信速度の平均は10〜50Mbpsほどです 3Mbps以上あれば、YouTubeのHD動画を快適に観れる通信速度となっております Q2:契約年数はどれぐらい? プロバイダー会社によりますが、基本は2年or3年契約となります なお、違約金を払えば途中で解約することもできます Q3:設定は簡単なの? 設定はガイドに従って行えば、誰でも簡単にWiFiに接続できるようになっています 万が一、わからない場合はサポートセンターに電話すれば丁寧に教えてくれますのでご安心ください Q4:解約金はどれぐらいかかるの? ご利用期間やプランによって変わりますが、解約するときに違約金などの費用が発生する場合があります 下記を参考にしてください 解約金について 1〜13ヶ月目 19,000円 14〜25ヶ月目 14,000円 26ヶ月目〜 9,500円 結論:最強のポケットWiFiはこの3つ! はじめまして。 記事を拝見してコメントさせて頂きました。 私にあったWihiが何かわかるのであれば教えて頂きたいのですが。 今使ってるのはワイモバイルの504hwと言う無制限の物で月々約5000円の支払いの割には電波が安定して居なくていい時と悪い時の差が激しく、しいて言えば悪い時の方が多いです。 急遽必要となったためよく調べもなく電気屋さんで契約してしまって今となれば詳しく調べればと後悔です。 私が主に大事としているのが 子供がいるため持ち運び用 使いたい放題の無制限 安定の電波 速度が速い 安い 3ヶ月後に一軒家に引っ越しなので範囲が広く使える物 この全てが揃ったものがあれば1番いいんですが... この条件で私にあっているものがありましたらお教えください。 よろしくお願いします。 はじめまして、ワロリンスさん。 質問があってコメントさせていただきました! 現在フリーランスで家で作業することが多いんですが、作業のお供にNetflixやyouTubeを見つつスマホのwifiとしても使えたらなぁという思い、それとスマホとwifiルーター共に通信料を下げるためにポケットwifiを検討しているのですが以下の条件を満たすポケットwifiってありますでしょうか...。 よろしくお願いします! クリエイター職の人さん、コメントありがとうございます。 同じフリーランスですね! 正直に言います。 データの受信はポケットWiFiでも問題ありませんが、送信になるとなかなかキツイです・・・というのも基本的にポケットWiFiは下り速度は早いんですが、上り速度が総じて遅いのが原因。 LTEの方はWiMAX2に比べるとそこそこ速度がでるんですが、データ容量が少ないので動画はあまり観れません。 それを踏まえた上でクリエイター職の人さんに勧めるとしたら、まずはレンタルで使える「FUJIWifi」が良いと思います。 レンタルなので良くなかったら解約金なしですぐに返品ができます! 外で使わないなら下記で紹介してる無制限で使い放題のホームルーターがおすすめです。 warorince. 突然の質問すみません。 今の現状からお話します。 たまたま行った電気屋で他にも色々あるとは知らずスマホとセットだと安くなるという理由から、YAMADAのWiMAXでWX03を使い放題?の契約をして数年が経ちます。 普段子供2人がYouTubeやオンラインゲーム?荒野行動?をやっていて、私自身もパソコンやスマホでゲームやネットを使っているんですが、ちょくちょく通信制限がかかるような状態です。 光回線を引こうかと色々調べた結果、スターキャットの回線が元々引かれていて同軸方式のみの下り300Mbpsの契約一択しかないことが分かりました。 そこで質問なんですが、記事には持ち歩くならNEXT W05で固定ならHOME L01sがいいと書いてありましたが、W05の方が708Mbpsと数字が大きいのに、440MbpsのL01sの方がいいんですか? スターキャットの300Mbps、ソフトバンクAirの350Mbps等、その辺の速さ?とかの所がいまいちよく分からなくて、どの程度の速さがあれば3人使っても遅くならないのか... 無知ですみません。 現在スマホは格安SIMなので、キャリア使用ではなく、外での使用はたまにあるかないかくらいなので、固定でも構いません。 ただ、テレビをそれで利用したことはなく、またどこへ行くにも滞在先(戸建て)でも、私のPC上の作業に加えて、子供もyoutubeやオンラインゲーム、また動画サイトにアクセスという感じで使っておりましたが、多少安定しないこともあり、また時には制限がかかってしまうという状況でした。 今回はほとんど都内で移動、数日のみ辺鄙なところへ出向くといった予定なのです。 同じ会社で今回はソフトバンクの新機種で、無制限、超高速通信というルーターが出ていたのですが、 それよりもこちらでご紹介なさっているもののほうがやはりいいのでしょうか。 その中でどちらがうちの状況には最適でしょうか。 お手数ですが、教えていただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 我が家のwifi環境で迷っています。 アドバイスをお願いします。 2014年にぷららで契約し、ルーターを購入して私が接続して使っていました。 3年ほど前に光をすすめられ、器械が送られてきたので、説明書のとおりに接続しました。 このたび固定電話を解約したら、その器械を返すように言われたので取り外したらつながらなくなってしまいました。 今のルーター エレコム の説明書を失くしてしまったのです。 加えて、昨年10月に店頭で勧められてモバイルルーター 富士ソフト を購入したらとても便利で、50ギガで4000円程度だったので、ドコモも5ギガに変更しました。 それで、家の環境を次のように考えているのですが、どれが最適でしょうか。 器械の扱いには詳しくないので、簡単に扱えるものを希望しています。 長くてすみません。 よろしくお願いします。 最適の機種も教えてください。 warorince. 本来はこの方法がいいのですが、ルーターにぷららのプロバイダーの設定をする必要があります。 ぷららを申し込んだ時に設定方法と情報が記載しているので確認してみてください ただし、ある程度詳しくないと難しいので一度ぷららに電話して相談するのが1番ですね! しばいぬさん、コメントありがとうございます。 無制限ではございませんが、通信制限かからず月間100GBは使うことができます。 初めまして。 現在使用しているポケットWiFiが更新月になります。 特に不具合(不都合)はありませんが、古い機種ですので機種変更は必要かと思っています。 条件によっては他社の製品との買い替えも検討しています。 ・iPadとiPod touchを外出先のみでの使用 (携帯はガラケーを電話のみで使用、自宅には別途ネット環境あり) ・現在 Ymobil (401)7G 3000円弱 ・動画などの利用はあまりない ・Evernoteのデータなどを利用することが多い 希望条件 ・なるべく費用を抑える(現在の金額に近い) ・安定した速度 ・設定方法や使い方が簡単(専門用語や機械に弱いのでできれば実店舗での購入希望)) アドバイスをいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 初めまして! ぜひアドバイスをいただけると助かります!! 今までワイモバイルを利用しておりました。 スマホはLINEモバイルの3GBで契約しており、ポケットWiFiを常に持ち歩き利用しておりました。 更新月でしたので解約し、他に良いところがないか探しております。 用途としては、 家、職場、外出先でもWiFiを利用。 旅行先やトンネル、地下などでワイモバイルではWiFiが入らないところは4Gを利用。 家では私、主人がWiFiで動画視聴やネット。 職場、外出先では動画視聴、子供はiPadでゲームや動画視聴。 2年更新でも可能。 おすすめはありますでしょうか? どんなときもWiFiを検討していましたが、速度や口コミで悩んでいます。 こんなに記事が詳しい上に、コメントでアドバイスまでいただけるなんて、感動しています。 アドバイス宜しくお願いします。 私のスマホはauですが、我が家では電波が悪く、電話もLINE電話もちょいちょい途切れたり、切れたりします。 時間帯によっては、とても遅いです。 今はスマホ20ギガでカケホなので、一万円くらいかかっています。 家では息子名義のFUJIのスマホ 月額3000円 をルーターがわりにテザリングして、スマホとSurfaceを使っています。 息子のスマホの電波はソフトバンクで、こちらはサクサク動きます。 また夫のLINEスマホもソフトバンクの電波らしいですが、こちらもサクサク動きます。 auは余りにも家での電波が悪いので止めようと思っています。 そのときに、セットにすれば安くなるWi-Fiや光回線などがあれば、一緒に申し込んでもいいなと思っています。 外でのスマホはSNSチェックとLINEと検索が主で、乗り換え案内とGoogleマップをナビがわりにたまに使います。 家では動画は見たいですが、ゲームは全くしません。 今13000円くらい通信費に払っているので、安くしたいです。 電波がいいかどうか不安なので、試せるか、一週間以内なら解約できる、などがあるといいです。 たくさん書いてしまいましたが宜しくお願いいたします。

次の

ZoomでおすすめのポケットWi

ポケット wi fi おすすめ

モバイルWiFi選びのポイントとは? WiFi選びのポイントは次の2つに注目してもらえれば十分です。 ・どの回線を使っているのか? ・通信制限のルールはどうなっているのか? ハッキリ言ってこの2つ以外はあまり気にしなくても良いです。 もちろん、 「どれくらいの速さが出るのか?」「どれだけ安いのか?」というのも 重要ですが、 どれだけ速いと書いてあっても、どれだけ安いと書いてあっても、実際に使えなければ意味がありません。 実際に使ってみればわかりますが、 どれだけコスパが良くても全然つながらない WiFi を使うということはただストレスが溜まる だけです。 せっかく契約したのに使えないとなると、最悪な場合契約解除の違約金を払うことにもなるので WiFi 選びに失敗したくない と考えている人もたくさんいます。 これから紹介するWiFiは実際のつながりやすさや通信制限を気にせずにたくさん使えるかどうかを基準に選定しています。 どの回線を使っているのか? 回線というのは、通信に使われる電波のことです。 WiMAX2 +という回線は で使われていますね。 自宅で快適な通信速度を求めるなら光回線がおすすめです。 光回線で一番申込みが多いのは、 です。 ・月間 7 ギガまで ・ 3 日間 10 ギガ以上で制限 ・通信制限なし(無制限) 上記の3つの基準があります。 僕が紹介するポケットWiFiは主に 「3日間10ギガ以上で制限」「通信制限なし」の2つのものを紹介していきます。 WiFiを使う人にとってはできるだけ通信制限を気にせずに使いたいという方が多くいるので、通信制限なしでギガを使えるWiFiを紹介します。 ポケットWiFiおすすめランキング ここからは WiFi をランキング形式で載せています。 1位:ポケットモバイルクラウド は、株式会社ポケットモバイルが提供しているサービスです。 株式会社ポケットモバイルは、2009年10月23日に設立されました。 こちらは 「通信制限なし」タイプのWi-Fiです。 画像出典: ポケットモバイルクラウドは、1日10ギガ以上使っても安心であり、たくさんギガを消費する方におすすめです。 固定回線の代わりとしても利用できます。 こちらのWiFiは、 契約期間の縛りがなく、途中に解約しても違約金は発生しません。 通信速度 :下り最大758Mbps 上り最大37. 2Gbps~150Mbps 上り最大112. 5~37. こちらは、「通信制限なし」タイプのWi-Fiです。 通信速度:下り最大150Mbps 上り最大50Mbps(U2s) 月額料金:3,380円 クレジットカード払いのみ 契約解除料:9,500円 機器損害金:18,000円 月額料金 3,380円(無制限プラン) 初期費用 3,000円 契約期間 24ヶ月 違約金 9,500円 機器損害金 18,000円 自動更新 24ヶ月契約の自動更新 「U2s」という通信端末を使用しており、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsです。 同時接続可能台数は5台です。 300GBまでなら使い放題です。 お申し込みは、1分程度で入力できるくらい簡単になっており、お申し込み後に電話で連絡がくる仕組みになっています。 こちらは 「通信制限なし 無制限 」タイプのWi-Fiです。 通信容量 U3プラン、G4MAXプラン 事務手数料 3,000円(税抜) 初期費用 0円 Wi-Fi安心サービス 月額400円 故障・紛失等支払金 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 【 U3 プラン】 月額3 ,250 円 【G4MAXプラン】 月額3,480円 U3 プランでは、 U3という端末を使用します。 G4MAXプランでは、 G4MAXという端末を使用します。 端末の入荷状況に合わせて各キャリアのSIMも確保しておりますので、他社クラウドWi-Fiサービスで問題となっている、キャリアによる極端な通信制限が起こる可能性は低いと考えています。 G4MAXは液晶画面があり、タッチ操作できます。 G4MAXは、スマホと同じような見た目となっています。 U3 は、液晶画面はなく、サイドにあるボタンで操作します。 最新端末である「 G4MAX」が月額料金3,480円で利用できるのは、ごく限られているため、G4MAXを使用するのであれば、 が最安です。 こちらは 「通信制限なし」タイプのWi-Fiです。 解約金が無料なので、解約時の違約金はかかりません。 【安心全額返金保証の適用条件】 次の1〜3の条件を全て満たすこと 1. 発送日から3週間以内に返却し、返送時のお問い合わせ(追跡)番号を連絡すること。 SAKURAWiFiのご利用が初めてであること。 クーポンを利用しての申込であること。 クーポン利用で月額3,680円 契約期間縛り、解約違約金なし 6位:ギガWi-Fi は、株式会社メディアサービスが扱っているWiFiです。 こちらは 「通信制限なし」タイプのWi-Fiです。 画像出典: ギガWi-Fiでは、サイト内の「 簡単エリアチェック」に情報を入力していただくと、利用エリアでの開通確認をすることができます。 茨城県つくば市に本社があり、平成22年3月1日に設立されています。 ZEUS WiFiは 「通信制限なし」タイプのWiFiです。 ご利用期間に応じて解約時に解約事務手数料が発生いたします。 通信速度 下り:最大150Mbps 上り:最大50Mbps 接続可能台数 10台(推奨台数5台程度) 支払い方法 クレジットカードのみ 契約月の日割り あり 【月額料金】 「ZEUS WiFi」(ベーシックプラン) ずっと月額3,480円(税抜) 「ZEUS WiFi デビューキャンペーン」 キャンペーン期間:2020年3月30日~終了日未定 キャンペーン内容:課金開始日から30日以内に解約をご希望のお客様に対し、解約事務手数料(9,500円税抜)を無料と致します。 また、課金開始月を1ヶ月目として、6ヶ月目までの月額基本料が2,980円 3,278円税込 となります。 キャンペーン対象条件:個人名義のお客様に限るものと致します。 課金開始日から起算して30日以内に解約の申請(WEBからの解約手続き、コールセンターへの解約連絡など方法は問いません)を行ったお客様。 ZEUS WiFi デビューキャンペーンが適用された方は、課金開始月を1ヶ月目として、6ヶ月目までの月額基本料を2,980円 3,278円税込 、7ヶ月目以降の月額基本料を3,280円 3,608円税込 と致します。 こちらは 「通信制限なし」タイプのWi-Fiです。 解約金が無料なので、解約時の違約金はかかりません。 FUJI WiFiのクラウドプランではトリプルキャリアに対応しており、通信エリアが広く、日本中の色んな地域でお使いいただけます。 5~50Mbps 取り扱い端末:FS030W、GlocalMe G3、W05、W04、(プランにより使用出来る端末が違います) 月額料金: 【ルータープラン】 25ギガプラン 2,500円 (月25ギガまで) 端末>FS030W 50ギガプラン 3,100円 (月50ギガまで) 端末>FS030W 100ギガプラン 3,280円 (月100ギガまで) 端末>FS030W 快適クラウドプラン 3,980円 (制限なし) 端末>GlocalMe G3 【SIMプラン】 20ギガプラン 1,980円 (月20ギガまで) 50ギガプラン 2,480円 (月50ギガまで) 100ギガプラン 2,980円 (月100ギガまで) 200ギガプラン 3,480円 (月200ギガまで) SIMカード 通信速度:下り最大187. 5Mbps 上り最大37. 5Mbps キャンペーン情報: 対象のクーポンコードをご入力いただくことで【初期事務手数料・月額料金】または【初期事務手数料】が割引となるキャンペーンです。 クーポンコードを利用すると、事務手数料無料、月額料金500円 税別 引きとなりますので、ぜひご活用ください。 ルータープラン、SIMプランともにクーポンコードをご利用できます。 クーポンコードは、 内のキャンペーンページにて記載されております。 WiMAXは、モバイルWi-Fiのなかでも長年人気のあるWi-Fiです。 こちらは「3日間10ギガ以上で制限」タイプのWi-Fiです。 2020年新作の 「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は、NEC製のモバイルWi-Fiです。 画像出典: WiMAXを利用の方でau、UQモバイルのユーザーの方はそれぞれスマホの利用料金が割引されるメリットもあります。 プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が提供 最速1. 2GBの高速通信 10位:THE WiFi は、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供しているサービスです。 こちらは 「通信制限なし」タイプのWi-Fiです。 1 3キャリア回線による電波提供のため、従来の Wi-Fiルーターでの電波環境がよくなかった場所でもラクラク&高速接続。 2 その上で、データ通信容量無制限&速度制限ナシ 3 プラン契約者にはもれなく、15万か所以上のWi-Fiスポット利用も可能に 4 海外132ケ国でも利用可能なため、そのまま Wi-Fiルーターを海外に持っていくだけ 5 5Gアップグレードプログラム対応 従来のポータブルWi-Fiの場合は電波状況&回線速度のよる不安定さから、利用者が想像していたほど実際にはWi-Fi利用出来なかった中で、THE Wi-Fiに関しては3キャリア回線を利用しているため、都心部以外のエリアでもケータイ電波が問題なくイイ状況であれば、ハイパフォーマンスを出せることが魅力です。 ご利用期間に応じて解約時に解約事務手数料が発生いたします。 通知書着荷日からの8日間を初期契約解除期間とし、この期間内に解約される場合は契約解除手数料等はかかりません。 ただし、新規事務手数料(3,000円)はかかります。 また端末については期限内に返送いただく必要がございます。 20日以内の解約時も端末返却が必須となります。 ご利用期間に応じて解約時に解約事務手数料が発生いたします。

次の