ママスタ 堀 ちえみ。 子どもまで「ブス」罵る、ママスタBBSの「芸能人アンチ専用スレ」の尋常でない誹謗中傷

子どもまで「ブス」罵る、ママスタBBSの「芸能人アンチ専用スレ」の尋常でない誹謗中傷

ママスタ 堀 ちえみ

堀ちえみの顔が変わった!顔腫れてる? 引用元: 明るい性格で人気の堀ちえみさんですが 最近顔が変わったと話題になっているようです。 顔が変わったとはどういうことでしょうか? 最近、アイドルやタレントなどでも 顔が変わったと噂されることが多いですが 堀ちえみさんについてはどうなのでしょうか? よくよく調べてみると、 顔が変わったというより 顔が腫れてると言われているようですね~。 この話題の発端は、今年2018年1月15日 「ヒルナンデス」に堀ちえみさんが出演した時のこと。 顔が不自然に腫れているとネットで話題になりました。 ひとまず、その時の画像を見てみましょう! 引用元: 確かに腫れてますね・・・。 目元の辺りが特に腫れてるように見えます。 以前のお顔と話題になった顔を比較してみましょう。 引用元: 比較してみると・・・ 目頭が食い込んで、目頭切開したのでは? との疑問も沸いてきます。 頬や、まぶたのあたりがゴツゴツしている印象も受けます。 まぶたの腫れはバセドウ病ではないかとも囁かれました。 色々言われているようですが やはり多いのが、整形をしたのでは? 整形を重ねたことで、顔が腫れている? とネットで心無い書き込みが多くみられました。 ですが、既に ご自身のブログにて リウマチを患っていることを告白しています。 リウマチになると、関節だけでなく 目のまわりのむくみなどの症状も出やすく 薬の副作用によっても腫れてくる可能性があるそうです。 なので、 堀ちえみさんの顔が腫れてる原因は 整形ではなく、リウマチのせいではないかと推測されます。 元々美しい堀ちえみさんですから 整形をしたとはちょっと考えにくいですね。 ただ実際、2015年には 韓国で脂肪の塊を焼いたことはアップしていますね。 堀ちえみさんのイメージ的に 整形したとしたら 同じようにブログでアップしそう・・・(笑) 整形説は完全に否定できないかもしれませんが 現在 堀ちえみさんの顔が腫れて見える理由は やはり、度重なるリウマチの治療薬のせい であると言えそうです。 おそらく、芸能活動に 穴を開けるわけにいかなかったのでしょう、 お休みを取らずに番組に出演したものと思われます。 プライベートでは 2度の離婚を経験し、3度の結婚を通して 合わせて7人のお子さんがいらっしゃいます。 うち2人は、現在の旦那様の連れ子だそうです。 それにしても7人とは改めてすごいですね! 治療を続けながら、顔が腫れていようとも 仕事に精を出す堀ちえみさん、さすがです! お子さん7人を育てる母親はやはり強いですね!! 堀ちえみの病気は?難病と言われるリウマチ? 引用元: 先述したように、 堀ちえみさんは リウマチという病気と闘っています。 リウマチと一言で言っても 症状は人によっても違うようなので 気になる堀ちえみさんの症状は? という事で、調べてみました。 堀ちえみさんは、公式ブログ 「hori-day」を開設しているのですが ブログを見ていくと 最初に異変を感じたのは 2014年12月より前のことだそうです。 その頃すでに、 歩くのにも不都合があるような状態で 明らかに不自然な歩き方をしていることを 周囲から指摘されていたようです。 その翌年から病院へ行くようになりました。 病院でもすぐには理由が分からず 丁寧にレントゲンで調べた結果 「突発性大腿骨骨頭壊死症」 (とくはつせいだいたいこっとうえししょう) であることが分かりました。 この突発性大腿骨骨頭壊死症は 国が指定している「難病」です。 堀ちえみさんが、難病と言われているのは この診断が下されたからだったのですね。 この難病の症状は 股関節の大腿骨頭とよばれる太ももの付け根にある ボール状の骨の部分が死んでしまう病気です。 そして、このボール状の部分が壊死すると とにかく痛いのだそうです。 その痛みは想像を絶するものなのだとか・・・。 あの美空ひばりさんや、俳優の坂口憲二さんも 患った難病でもありますね。 はっきりとした原因はわかっていませんが アルコールを大量に摂取する人に 多くみられるらしいです。 堀ちえみさんは 歩けるようになるためには手術しかない と判断されいくつかの病院を探し回り 都内某所(病院は明かされていませんが)にて 人工股間節置換術をうけることになりました。 人工股関節設置手術とは・・・ 傷ついた股関節の損傷面を取り除いて 人工の関節に置き換える手術のことです。 人工関節は、金属製のステムと呼ばれる 軸のような部分と、ボールとソケット そしてソケットの内側にはめ込む 高分子ポリエチレン製のライナーと呼ばれる キャップ状のものからできています。 ボールをライナーに組み込むことで スムーズな関節の動きが得られるのだそうです。 それにしても、一度大腿骨を骨盤から外して 人工関節を入れるとは・・・ 聞いていてとても痛そうな話です。 こんな手術を受けなくてはならなかったなんて 堀ちえみさん、お気の毒ですよね。 人工股関節設置手術を受けたのは 2015年4月22日と割と最近です。 術後の経過も順調で、短期間で退院が決まったそうです。 一か月入院の予定が12日間で退院が決まったのだそう。 そして、2016年の9月のブログには 「歩けるって本当に幸せなことです! 」と 喜びを伝えていたのですが・・・ 彼女の病気はそれだけではありませんでした。 2017年3月17日と28日のブログにて 約一年前からまた リウマチを患っていたことを公表されました。 28日のブログには タイトルは「リウマチのこと。 」として ライブでは以前からリウマチと 神経痛を患っていることを明かしていたものの ブログでは発信していなかったため報告します といった概要で自身のリウマチについて告白されています。 歩けることが幸せと言っていた一方で リウマチにかかっていたことになりますね・・・。 堀ちえみさん自身のリウマチの自覚症状は 2016年の3月頃から、だるさ、眠気、体の痛み 右手の腫れなどの症状があったようで 身体に異変を感じたため 2017年4月に人間ドックを受けたところ 血液検査でリウマチが発覚したのだそうです。 同時に、 神経障害性疼痛を併発していることがわかりました。 神経障害性疼痛も、身体がピリピリと痛み かなりきつかったそうですが 股関節外来でお世話になっている総合病院で 早い段階でお薬を処方されて、だいぶ楽になったのだそう。 ブログで発表するのが遅くなった理由は ファンの皆様に心配をかけたくないという気持ちから 治療に目処がつくまで、ライブをすべて終えてから 報告したかったからなのだそうです。 そして2018年5月4日に放送された 「爆報! THEフライデー」 TBSテレビ では ご自身の難病について告白されました。 これで一気に難病について話題になりました。 びっくりされた方も多かったでしょうね。 リウマチと神経の痛みが同時というのも痛そうな話ですね。 気になったので調べてみたのですが リウマチを患っていることを 公表している芸能人は他にもいるようです。 女優の酒井若菜さん。 関節リウマチを患ったと言われています。 2015年冬に関節リウマチを発症し その時は激痛で手の指も変形してしまったため ミカンの皮すらむけなかったのだそうですが 現在は治療薬のおかげで症状はおさまっているそうです。 女優の引退を考えるほど痛みはひどかったそうですよ。 ほかには、お笑い芸人の大久保佳代子さんも 関節リウマチを発症したのだそうです。 34歳の時、右肩に痛みを感じ 続いて肘、膝と痛みが移動していき 原因不明だったため病院に行って血液検査をうけたものの リウマチの判断は当初下りなかったのだそう。 しかし、3年後の37歳の時に 大きな病院で精密検査を受けなおした結果 リウマチと診断され、リウマチの治療を開始したそうです。 3年間も原因不明の痛みと戦っていた計算になります。 とても大変だったのではないでしょうか。 そして治療薬のおかげでリウマチの症状がおさまり 半年ほど薬を服用しなかったそうですが テレビ番組で血液検査を行った結果 リウマチの指数が上がっていたことが発覚し 治療を再開されたそうです。 テレビではいつも元気な大久保佳代子さんが 痛みを伴うリウマチにかかっているとはとても意外でしたね。 堀ちえみが入院していた!? 引用元: リウマチとの闘病生活を発表した堀ちえみさん。 なんと、2018年7月25日に 堀ちえみさんの入院報道がありました! 報道を聞いたときは、リウマチで入院?! また手術を受けることになってしまったのか と思いましが、どうやら違ったようです。 都内で堀ちえみさんが自家用車を運転し 交差点を信号待ちのために停車していたところ 後続の車の前方不注意で追突されてしまったのだそうです。 玉突き事故に遭ったようですね。 スタッフが更新した堀ちえみさんのブログによると 堀ちえみさんは、首に衝撃を受けて 都内の病院に救急外来でかかり 頸椎捻挫と診断され、数日間の入院を余儀なくされたのだそうです。 本来であれば、レギュラー出演している 「ちちんぷいぷい」 毎日放送 に出演予定でしたが 欠席を発表していました。 3日後の28日には退院できたようで 現在はまたレギュラー番組にて 元気な姿を見せてくれています! Sponsored Link スポンサードリンク まとめ 引用元: 堀ちえみさんの顔が変わったという噂があったものの 難病のリウマチを患っていたため 治療の副作用で顔が腫れているという説が 有力であることが分かりました。 さらに、突発性大腿骨骨頭壊死症にかかり 人工股関節設置手術を受けただけではなく 現在も持病のリウマチと闘病していることが分かりました。 これだけの痛みのある数々のご病気と毎日格闘しながら 芸能生活を続けられていることに正直びっくりです。 さらには、最近追突事故で入院もなさったということで リウマチの悪化でなかった事は幸いですが 追突事故とは穏やかではないですね。 現在は復活しているものの、かなり痛い思いを たくさんされてきた堀ちえみさん。 お幸せになって頂きたいと思います。 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました! Sponsored Link スポンサードリンク.

次の

堀ちえみが痩せた理由は癌でない!もっと恐ろしい激やせの真相の病気に恐怖

ママスタ 堀 ちえみ

もくじ• ママスタとは? ママスタとは主婦の悩みを投稿する匿名掲示板です。 相談事だけではなく、TVなどの話題で雑談をする目的な方もいらっしゃいます。 気軽に参加できて、自由な発言ができる魅力を感じている人が多いサイトです。 ですが、中には誹謗中傷のコメントであふれているトピックスも多いことも事実。 例えば、SNSアカウントをさらし、誹謗中傷を行う人達も少なくありません。 悪口を言いたい人が集まっている雰囲気のサイトでもあります。 ママスタで誹謗中傷を受けた芸能人 その中でも、やはり誹謗中傷される対象は芸能人の方がほとんどです。 ブログを更新しただけで、トピックスは罵詈雑言の嵐。 袋叩きにされている様子は、とても悲しく、同時に人の醜さを感じずにはいられません。 ママスタなので、主婦タレントの方も多く話題に上がっており、ひどい時はその子供に対しても誹謗中傷のコメントも見かけます。 何に不満があるのかわかりませんが、とにかく悪口を言いたくて仕方がないよう様子です。 以下2名は、誹謗中傷の被害から個人を特定しました。 目立つ人を攻撃してもむなしいだけということがわかる事例です。 誹謗中傷は犯罪に値することが広く知れ渡れば、コメントの内容が改善されていくことに繋がるはずです。 川崎希さんの場合 タレントの川崎希さん 32 は、ママスタやネット上で誹謗中傷を受けていました。 中には事実無根の書き込みも多く、とても傷ついていたはずです。 以下にママスタで受けていた誹謗中傷の内容を記載します。 ・川崎希さんが入ったレストランやお店にクレームが入れられる(無銭飲食や窃盗を行っていたなど) ・妊娠したことをネット上に公開すると、嫌がらせのメッセージが送られる(「流産しろ」などのような暴言を吐く) ・自宅に着払いの商品を送るなどの迷惑行為を示唆する(海外にいる間に放火するなどの脅迫) 彼女が裕福であることや、華やかな生活を公開し続けていることが嫉妬に繋がったのでしょう。 とにかく彼女を貶めたいと考えていることが、書き込みの内容によく表れています。 自慢されていることに腹が立ったことと、暴言を吐いていいかは別の問題です。 こうした嫌がらせは、特定の個人だけでなく、レストランやショップなどに対しても迷惑な行為です。 今後、川崎さんが利用できるお店が少なくなってしまいます。 また無銭飲食や窃盗などの、デマを言いふらされる風評被害にも困ったことでしょう。 さらに妊娠中の女性に「流産しろ」と書き込んだ人もいる事実。 その神経が想像できません。 ストレスを感じると胎児にも悪影響を及ぼします。 芸能人に対する発言の内容も度が過ぎている場合も多いです。 しかも自宅の着払いをしてしまうと、あらゆるところに迷惑がかかります。 また海外に行っている間に放火の予告など、脅迫以外の何物でもありません。 ここまでの書き込みがされると、身の危険を感じても無理はありません。 裁判所に発信者情報の開示請求が認められ、2人の女性が書類送検されました。 個人的に反感を持っていたことが書き込みの動機だったようです。 ネット上でも誹謗中傷は犯罪行為に当たります。 堀ちえみさんの場合 ママタレントとして活躍している堀ちえみさんも、誹謗中傷の書き込みによる被害者の一人です。 ママスタのコメント欄に、「死ね」や「気持ち悪い」など、まるで子供が悪口を言っているような書き込みをされていました。 その当時、彼女は闘病生活を送っている中で、ブログを更新していたようです。 病気の辛さだけでなく、心にまで痛みを感じていたでしょう。 誹謗中層のコメントをした女性は書類送検されました。 その後、情報番組で加害者の女性にインタビューを受けていましたが、反省している様子がまったくないようです。 むしろ自分の行為に対して開き直っている様子でした。 本人に罪の意識がないところが恐ろしいです。 このようにママスタには、芸能人の方に対して、悪口を書き込む専用の掲示板が作られているなど、悩み相談とは程遠い内容が書き込まれています。 とても娯楽とは言い難い、ねじ曲がった感情を抱いている人が誹謗中傷を書き込んでいます。 ママスタで誹謗中傷すると問われる罪 ママスタで誹謗中傷の書き込む人が多いことは、どのような罪に当たるかを知らないということです。 「自分以外の人も悪口を書いている」「匿名での書き込みだからバレる心配はない」との甘い認識は捨てるべきです。 先述した二人の芸能人の事例のように、法的な処罰をうける可能性はあります。 名誉毀損罪• 誹謗中傷• 個人情報• 脅迫や犯罪予告• 差別用語• コメント欄を荒らす目的の書き込み• 名前(ニックネーム可)とご依頼理由を入力。 しかし削除の判断はママスタの運営側にあることで、必ず削除に対応してもらえるわけではありません。 ママスタの基本方針で削除がしにくいと考えましょう。 どうしても消したい場合は、法的に削除をしてもらう必要があります。 法的に削除 ママスタに直接 「送信防止措置請求に基づく自主的削除」の依頼をする方法と、裁判所にを通して 「削除の仮処分命令」を出してもらう2通りの方法があります。 送信防止措置請求による自主的削除 プロバイダ責任制限法3条1項に基づき、ママスタの運営に送信防止措置を請求することができます。 「送信防止措置」は、不特定多数人に投稿の閲覧を禁止するように対処してもらうことです。 しかし、法律に基づいても削除の判断は運営側にあるため、 削除されるとは限らないことも覚えておく必要があります。 裁判所の仮処分命令による削除 裁判所に 仮処分命令を出してもらい、訴訟をして正式な命令も可能です。 削除請求に法的拘束力を持たせることができます。 しかし、訴訟には時間やコストがかかるので、短期間で出してもらえる仮処分命令の請求がおススメです。 まとめ ママスタで誹謗中傷が行われていることで、傷ついている人たちがいらっしゃいます。 自由な発言の場でも、マナーやモラルをもって利用しましょう。

次の

堀ちえみ 実母語る母娘絶縁7年「手紙も送り返されました」

ママスタ 堀 ちえみ

《お母さんは先日の手術の時にも、立ち会ってくれました。 手術室から出た私に、「お疲れ様!」「無事に終わって本当に良かった」と声を掛けてくれました。 お医者様やスタッフの皆さんに、「ありがとうございました」と何度も何度も頭を下げてくれました。 その姿を見た時に胸が熱くなりました》 4月18日、ブログに義母への強い感謝の思いをつづったのは堀ちえみ(52)だ。 2月に舌がんの手術を受けてからわずか2カ月、今度は食道がんが発覚。 16日に再び手術を受けたが、そこに義母と義妹が立ち会ってくれたのだという。 堀は舌がん手術直後から義母の介護に奔走。 3月26日の退院翌日から2日連続で義母の通院に付き添っていた。 彼女が2度の離婚を経て現在の夫・A氏と結婚したのは、11年12月。 それから7年、嫁姑の絆は確実に強くなっているようだ。 いっぽうで闘病告白以降、ブログには実の両親や妹たちと会った記述がない。 なぜ実母は姿をみせないのか。 もともと堀の両親は大阪府堺市に住んでいた。 堀は三姉妹の長女で三女は元タレントのMさん。 次女・Kさんは元プロ野球選手の中根仁氏(52)と結婚し、東京近郊に住んでいる。 そこで本誌はKさんのもとへ向かった。 自宅から出てきたKさんの横には実母の姿もあった。 実母はこう答えた。 「何も聞いていません。 というのも、私たちは縁を切られていますから……」 ネット上でも「実母と妹たちはお見舞いに来ないの?」など心配の声が多数浮上。 実母の口から明かされたのは、それを裏付ける発言。 当初は堀夫妻が用意したマンションに住んでいたが、そこから追い出されたという。 「マンションから出て行ってくれと言われて……。 だから今はまったく交流がありません。 前に手紙を送ったこともありましたが、それも送り返されてしまいました」(実母) 実母にいつごろから会っていないのか聞くと、「7年以上」との答えが。 Kさんが続ける。 「私が父と母を引き取って、今はここでいっしょに住んでいます。 姉は新しい家に引っ越したそうですが、私はその住所も電話番号も知りません。 こちらは家も電話番号も変わっていないので、向こうからは連絡を取れるはずなのですが……」 堀がブログにつづった義母への強い愛情表現。 それは実母と絶縁したからこそ、芽生えた思いだったのだろうか。 報道で堀のがん闘病を知ったKさんは見舞いに駆けつけたという。 「ネットで調べて入院していると思われる病院へと向かったんです。 それで、ちえみの旦那さんに電話をかけてもらったんです。 でも結局、連絡がつかず面会できませんでした。 テレビやネットで病状が報道されると、やはり心配で仕方ありません。 たった一本だけでも電話をくれれば、私たちもいろいろサポートできるのですが……」(Kさん) そこで本誌は堀の夫・A氏に話を聞くべく、東京都内にある自宅へと向かった。 A氏に実母が「マンションから出て行って」と言われたことについて聞くと、彼は「ありません。 そんなことしていませんよ」と回答。 実母と妹のKさんが見舞いに行けない状況になっていることについても「ないです、ないです!」と答える。 「たしかにあちらのご両親にしばらく会っていないのは、その通りですよ。 でも(面会させないなんて)ありません。

次の