ライン ストーリー 足跡。 【LINE】ストーリーの閲覧者や足跡は見れないの?について

【LINE】ストーリーの閲覧者や足跡は見れないの?について

ライン ストーリー 足跡

appllio. com LINEのストーリーの見方(閲覧)と注意点 まずはじめに、友だちが投稿したストーリーを閲覧する方法、いいねやコメントを送る方法を解説します。 特に重要なのは「足跡」機能でしょう。 投稿されたストーリーを閲覧すると、相手に投稿を閲覧したことが知られることになります。 投稿主には見た人が誰かバレる(足跡が付く) LINEストーリーには、投稿を閲覧した人を確認できる足跡機能が備わっています。 投稿されたストーリーを閲覧すると履歴が残るため、誰が投稿を見たのかが投稿主にバレてしまうのです。 ストーリーの閲覧者リスト この足跡機能の詳細についてはします。 閲覧にあたっては、ストーリーを見るとそのことが投稿主に知られる、ということだけ最低限押さえておきましょう。 友だちの投稿を閲覧する LINEのストーリーは、「タイムライン」タブの画面上部に自分と友だちの投稿が一覧表示されています。 左:ストーリーの投稿は「タイムライン」タブの上部から閲覧できる 右:実際に投稿されたストーリー 投稿を見たい友だちのリングをタップすると、その友だちのストーリーを閲覧できます。 友だちが複数のストーリーを投稿していた場合、画面右側をタップすると次のストーリーへ、画面左側をタップすると1つ前のストーリーに移動します。 また、次の友だちのストーリーを見る際は、左右にスワイプすることで閲覧できます。 左:「ホーム」タブの友だちリスト 右:トークリスト 「ホーム」タブの友だちリストおよびトークリストでアイコンに虹色のリングがついている友だちは、24時間以内にストーリーを投稿したことを意味します。 この場合、「タイムライン」タブに移動しなくても、虹色のリングをタップすればストーリーを閲覧できます。 その友だちのストーリーを未読の場合はリングは虹色ですが、既読するとリングの色がグレーに変わります。 他ユーザーのいいねやコメントは見られない 閲覧・いいねを送った友だちを確認できるのは投稿主のみ ストーリーの投稿主は誰がどのアイコンを使っていいねを送ってきたのかを確認できますが、閲覧者側は誰がいいねを送ったのか、どんなメッセージを送ったのかを知ることはできません。 LINEタイムラインでストーリーを投稿する ここでは、LINEストーリーを投稿するまでの手順や、投稿したストーリーを削除・保存する方法について解説します。 なお、ストーリーは投稿から24時間が経過すると友だちが閲覧できなくなってしまいますが、投稿が削除されるわけではなくにアーカイブされることになります。 投稿画面で[テキスト][写真][動画]から投稿したいコンテンツを選択します。 投稿できる写真は1枚のみ、動画は最大15秒までとなっています。 背景色やテキストデザインも変更できる テキストを投稿する場合は、「タップして入力」部分に好きなテキストを入力します。 テキストを入力したら画面中央の[ ]ボタンをタップして加工に移ります。 [写真]または[動画]を選択した場合 [写真]または[動画]を選択するとカメラが起動します。 撮影モードも豊富で、タイマー撮影やセルフィーももちろん可能です。 右下の四角アイコンをタップすれば、端末に保存されている写真・動画を投稿できます。 スタンプなどで加工する ストーリーに投稿するテキスト・写真には、スタンプを入れたり文字を入れたりすることで自由に加工できるのも特徴。 テキストの場合、文字の大きさや配置を自由に変えることもできます。 落書きやスタンプなどさまざまな加工が可能 顔マークを選択すれば、位置情報や日付が入ったスタンプのほか、絵文字を入れることが可能です。 Tマークでは文字入れ、ペンマークでは落書きやモザイクを入れられます。 現時点では、インスタグラムのような「質問スタンプ」や「アンケートスタンプ」などは用意されていません。 動画の再生尺を指定できる 動画の投稿では、ハサミボタンをタップすることで再生の開始位置と終了位置を設定可能です。 また、デフォルトでは動画の音声が含まれた状態で投稿されますが、スピーカーボタンをタップすれば音声なしで投稿もおこなえます。 公開範囲を設定する ストーリー投稿の公開範囲は、とほとんど同じです。 特定の友だちにのみ公開したい、あるいは特定の友だちには見せたくない場合に公開範囲の設定を利用しましょう。 公開範囲の設定は、「友だちごとに公開/非公開を個別に設定する方法」と「公開/非公開にする友だちリストを作成する方法」の2種類があります。 友だちごとに公開/非公開を個別に設定する 投稿を加工する画面から[友だちまで公開]をタップし、「公開設定」画面で「友だちまで公開」の右側にある[>]をタップします。 左:「公開」タブ 右:「非公開」タブ 「公開」タブには投稿を公開する友だちが、「非公開」タブには投稿を非公開にする友だちが一覧表示されています。 「公開」タブで[非公開]ボタンをタップするとその友だちが非公開タブに移動し、「非公開」タブで[公開]タブをタップすると公開タブに移動します。 公開/非公開タブはタイムラインの公開範囲設定と連動している ストーリーの公開/非公開タブは、タイムラインの公開範囲設定と連動しています。 公開/非公開にする友だちリストを作成する 友だちの公開/非公開を個別に都度設定するのが面倒だという場合は、公開する友だちをリスト化するのが便利です。 たとえば地元の友だちだけに公開するリスト、大学の友だちだけに公開するリスト、趣味関連の友だちだけに公開するリスト…というように、リストを分けることで公開範囲を制限できます。 ここで作成する友だちリストは、あくまでも自分用です。 自分がリストを作成したことやリストの名前は、自分以外の友だちに知られることはありません。 投稿を加工する画面で[友だちまで公開]を選択し、「公開設定」の画面で[親しい友だちリストを作成]をタップします。 左:リストに追加する友だちを選択 右:リストの名前をつける 投稿を公開したい友だちまたはグループを選択したら、右上の[次へ]をタップ。 リストの名前をつけたら[保存]をタップしてください。 作成したリストが追加された 「親しい友だちリスト」に作成したリストが追加されました。 作成したリストに追加を選択すると、追加された友だちのみ投稿が公開されます。 リストは複数作成することができるため、投稿ごとに公開範囲を選択できます。 なお、リストを削除・名前を変更したり、メンバーを追加・削除したりする場合は[リスト管理]よりおこないます。 投稿したストーリーを削除・端末に保存する 自分が投稿したストーリーについては、削除や端末への保存が可能です。 投稿を削除する場合は、まずはストーリーを開き、iOS版なら画面右上の[…]を、Android版なら[︙]をタップ。 [削除]を選択して完了です。 また[保存]をタップすれば、写真とテキスト(動画は保存不可)の保存が可能です。 友だちが投稿したストーリーは、現時点では動画、写真、テキストのいずれも保存することができません。 既読した友だちを確認できる「足跡」機能とは? LINEストーリーでは、投稿を既読(閲覧)した友だちを確認できる「足跡」機能があります。 投稿から24時間以内であれば、投稿主は誰がストーリーを閲覧したのかを確認できるというものです。 足跡を確認する方法 ストーリーの左下に閲覧数が表示されているので、[閲覧]をタップしましょう。 左:閲覧履歴(足跡) 右:いいね履歴では誰がどのアイコンを送ったのかもわかる 閲覧したユーザーが一覧表示されます。 また、足跡と同様にいいねを送った友だちも確認できます。 投稿から24時間を経過すると「マイストーリー」にアーカイブされ、閲覧数のみが表示されるようになります(後述)。 投稿後24時間経つと「マイストーリー」にアーカイブされる LINEストーリーでは、投稿から24時間経過すると友だちはその投稿を閲覧することはできなくなりますが、「マイストーリー」にアーカイブ(保存)されることで自分だけは引き続き閲覧が可能です。 なお、インスタグラムの場合、ストーリーアーカイブに保存されたストーリーズを再投稿することができますが、LINEストーリーではマイストーリーを再投稿することはできません。 アーカイブされた「マイストーリー」を閲覧する LINEのマイストーリーは、プロフィールから閲覧することができます。 「ホーム」タブで自分のユーザー名をタップし、[写真・動画]をタップします。 マイストーリーでは過去のストーリー投稿も一覧で確認できる 「マイストーリー」という項目に、過去に投稿したストーリーが一覧表示されています。 繰り返しますが、投稿主以外のユーザーがマイストーリーを見ることはできません。 マイストーリーで確認できるのは閲覧数のみ、足跡は確認できない 閲覧数のみしか確認できず、誰が閲覧したかはわからない マイストーリーに保存されたストーリーは、足跡を確認することができなくなります。 誰がストーリーを閲覧したのかはわからず、閲覧数のみが表示されます。 ストーリーを投稿してから24時間以内は閲覧した友だちの足跡を確認できましたが、マイストーリーにアーカイブされると誰が閲覧したのかを確認できなくなるので注意が必要です。 いいねは誰が送ったのかわかる なお、いいねに関してはマイストーリーに保存されたあとも履歴の確認が可能です。 マイストーリーを削除・保存する マイストーリーは削除したり端末に保存したりすることができます。 方法はと同様です。 マイストーリーを選択し、iOS版では[ ]、Android版では[ ]をタップすれば、マイストーリーからの削除や端末への保存が可能です。 appllio. com 特定の友だちのストーリーを非表示にする方法 特定の友だちのストーリーをミュートしたいときは、非表示に設定することで以後タイムライン(ストーリートレイ)に表示されなくなります。 なお、ストーリーの非表示設定はタイムラインと連動しています。 Aさんのストーリーを非表示に設定するとタイムライン投稿も非表示になり、同様にAさんのタイムライン投稿を非表示に設定するとAさんのストーリーも非表示になります。 ストーリーに勝手に投稿されてしまう理由は? LINEを利用していると、意図せず勝手にストーリーに投稿されてしまったと感じるケースがあります。 具体的には、 アイコンやホーム画面の背景画像を変更した際に、ストーリーに投稿されるように設定されてしまっていることが原因でしょう。 左:プロフィールアイコンの変更画面 右:プロフィール背景の変更画面 LINEでアイコンまたはホーム画面の背景画像を変更する際、ストーリーに投稿したくないなら[ストーリーに投稿]のチェックマークを外しましょう。 チェックマークが入っていなければ、変更したことがストーリーに投稿されることはありません。 足跡をつけないで閲覧することはできる? 友だちが投稿したストーリーを、足跡をつけずに閲覧することはできません。 ストーリーを閲覧すれば、必ず相手に足跡がついてしまいます。 ブロックした相手から閲覧されることはない? 結論から言うと、 ブロックした相手からストーリーの投稿を閲覧されることはありません。

次の

インスタストーリーの足跡を消す方法!足跡をつけずに見るアプリとは?

ライン ストーリー 足跡

まず先に結論からお伝えします。 LINEのタイムラインを調査したのですが足跡や閲覧数の確認という機能はありませんでした。 自分の投稿がどれだけの人に見られたのかを知る事はできないようです。 色々と調査していると足跡を見るためのアプリがあるといった情報などもありましたがおそらくデマでしょう。 こういったデマは意外と多いので注意が必要です。 LINEの足跡アプリが存在するというのは昔から言われていましたが実際に使った人を見たことがありません。 そういうアプリのスクショなども見たことがないです。 場合によっては詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、足跡アプリが使えるといった情報には注意するようにしましょう。 足跡までは無理でも閲覧数だけでも見れると良いんですけどね。 LINEアプリ自体の今後のアップデートなどで導入される事があるかもしれませんので引き続き注目しておきたいですね。

次の

【LINE】新機能「ストーリー」の使い方や足跡の有無、削除方法などについて

ライン ストーリー 足跡

動画・写真・テキストの投稿• スタンプや文字による加工• 公開範囲の設定• 削除や保存 a. 動画・写真・テキストの投稿 ストーリーはタイムライン画面から作成することができ「動画・写真・テキスト」のどれかを選択して投稿することができます。 スタンプや文字による加工 「動画・写真・テキスト」を選択してベースを用意したらスタンプや文字を加えて加工することができます。 公開範囲の設定 ストーリーの投稿は公開する範囲を決めることができます。 削除や保存 自分が投稿したストーリーであれば削除や保存することができます。 ストーリー閲覧者 ストーリーの閲覧者ができることは次のとおりです。 タイムラインやプロフィールから閲覧• いいねやコメントができる• 特定の友だちのストーリーを非表示 a. タイムラインやプロフィールから閲覧 他者が作成したストーリーはタイムラインもしくは相手のプロフィール画面から閲覧することができます。 いいねやコメントができる 他者が投稿したストーリーに対していいねのスタンプやコメントを送ることができます。 特定の友だちのストーリーを非表示 特定の友だちのストーリーを見たくない場合には非表示にすることができます。 LINEのストーリーは足跡で見た人がわかるのか? 2019年6月現在においてLINEのストーリー機能は、足跡などの履歴が残ることがないため見た人は分かりません。 逆に、他人のストーリーを見たとしても閲覧したことが相手にバレることはありません。 次の画像のように、投稿者画面および閲覧者画面のどこにも足跡は残っていません。 ただし、今後はストーリーを閲覧した人を確認できる足跡のような機能が追加される予定のようです。 まとめ 以上、LINEのストーリー機能とは|足跡で見た人がわかるのかについてでした。 ストーリー機能は友達と楽しい時間を共有するきっかけの1つとすることができます。 公開範囲の設定もできますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか? 足跡に関しては、現状は残らないため見た人が分からないようになっていますが今後は追加される予定のようなのでご留意ください。

次の