アンコール ダイマックス。 【ポケモン剣盾】相手の攻撃を封じる技

【ポケモン剣盾】ダイマックスの仕様や技の威力・効果を徹底解説!

アンコール ダイマックス

主にマックスレイドバトルで入手可能。 タマゴで遺伝はしない。 HPが2倍になる仕様もダイマックスと一緒。 タイプも変わりません。 ガラルビギニングで使用可能 現行のランクマではキョダイマックスポケモンを使用することができないが、ガラルビギニングではキョダイマックスポケモンたちが解禁される。 Bに置いてたけどBは流石にない、アホ。 巨大ラプラスのオーロラベールも剥がせます。 平凡に強い性能 ステロ撒きだから岩技かと思いきや、水技なのでダイストリームが撃てなくなる点には注意。 ロクブラによるミミッキュ突破性能も高く評価。 現環境にはあまり見かけないものの、弱保をもたせればバカみたいな火力を出すし、すいすいだし、弱い要素が無いポケモンだと思う カビゴン キョダイサイセイ 無 :リサイクル 大抵の場合フィラの実をもたせて運用するため、疑似ドレパン的なイメージ キョダイカビゴンがどうこうより、カビゴン単体の性能がそこそこあるためこの位置。 もちろんリサイクルしながら殴るのも強いと思うが、Sが低く、抜き性能はリザとカメに劣る Bランク:あんまみなさそう アーマーガア old 単体性能が高いためB上位に置いたが、正直ダイマックス向きのポケモンではないので何とも言えない 先発でお膳立てしてエースで全抜きを狙うパーティには刺さるかもしれない 受けループでキョダイマックスを使うならコイツか…? 多分強いんでSに格上げしました。 カイリキー キョダイシンゲキ 格 :きあいだめ この位置においてしまったが胡散臭い。 ただ、貴重なダイマックス枠を筋肉に割いていいのかどうかはよく考えよう ゲンガー キョダイイゲンエイ 霊 :くろいまなざし 疑似メガゲンガー爆誕。 かわいい。 このポケモンについては以上です ブリムオン キョダイテンバツ 妖 :混乱付与 今作のトリル始動要因。 マジックミラー持ちなので確実にトリル発動可能、パーティにダイマックスポケが必要ないなら最後っ屁に撃てば混乱運ゲーができる奴 トリパならとりあえず夢キョダイブリムオンにしとけ、みたいなことになるかもしれない 最遅夢キョダイブリムオンを確保する旅に皆で出かけよう(泣) ラプラス キョダイセンリツ 氷 :オーロラベール 霰なしでオーロラベールを貼れるヤバイやつ。 弱点を突きづらい風潮になれば種族値の高さが活きてくる場面も生まれてくると思われる Cランク:弱そう キングラー キョダイホウマツ 水 :こわいかお Sを2段階下げつつ殴れるので、準速でもドラパルトの後出しを許さない性能。 環境に多い水ロトムのボルチェン一発で沈む低耐久が非常に残念。 専用技自体のスペックは決して低くないものの、本体のスペックが低くて埋もれてしまったポケモン。 アップリュー キョダイサンゲキ 草 :あまいかおり ダイマックス中は全技必中のため、アホほど役に立たない追加効果。 命中率1アップならダイマックス解除後の「はりきり」を補助できたのだが… アップリュー自体がそこそこ未来のあるポケモン(というかダイマックスの仕様のおかげではりきりが強い)なのでC。 専用技はウンチ以下。 普通のアップリュー使ったほうが強い。 アップリュー キョダイカンロ 草 :状態異常回復 同上。 普通のアップリュー使ったほうが強い。 コイツは4倍弱点がありダイマックス直後に飛ばされるリスクがあるし、サダイジャと違い砂を履けないのでスリップダメージのかさ増しができない点が大きな理由 ダイオウドウ キョダイコウジン 鋼 :鋼版ステルスロック ダメージ量が鋼タイプとの相性に依存するステルスロック。 この位置においてしまったが、環境的に鋼は刺さるためBに置いても良かったと後悔 画像取り直すのがめんどくてサボる奴 BかDに厚く振っておけば、片方の耐久指数はそれなりになるのでワンチャンあるかもしれない ジュラルドン キョダイゲンスイ 竜 :最後に使用したPPを1減らす 効果を読んでも「?」となってしまう技。 てか減衰、元帥、減水?カタカナだと漢字も分かりません 単体性能は高いけどキョダイマックスさせる必要性は非常に薄いと思われます。 ダストダスにぴったりの技を授かったというわけだ 弱保後は全抜きを狙いたいというのにタイムラグのある毒ダメを待たなければならないので使う価値なし。 」 「結構だよ。 僕は、君の集めたやつはもう知ってる。 そのうえ、今日また、君がちょうをどんなに取りあつかっているか、ということを見ることができたさ。 」 エーミールも収集しない蝶.

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックスの効果と仕様・やり方【ポケモンソードシールド】

アンコール ダイマックス

Contents• はじめに この記事はネタバレを含むので注意してください あと、適宜追記していきます どうも日々々々(ひよ)です! ウルトラサンムーンでは 総合レート7612で1位、 世界大会に出場し、決勝の解説もしたガチポケモントレーナーです。 この記事では、ソードシールドでの新要素 「ダイマックス」についての仕様を説明します。 ダイマックスはポケモン 対戦環境を激変させる新要素ですので、仕様はきっちり知っておかないとバトルに影響出ること間違いなし。 この記事を見てダイマックスをしっかり勉強しましょう>< また、 動画でも解説してますので、良かったら動画も見て、チャンネル登録してください! (投稿したらリンク張ります!) ダイマックスの基本的な仕様 でっかくなる ではダイマックスの基本的な仕様から。 全てのポケモンが使用可能(持ち物等は不要)• 1回のバトルで1度だけ使用可能• 使用してから3ターンで元に戻る(使用ターンも含む)• 交換したら元に戻る• 全ての覚えている技がダイマックス技に変わる• ダイマックスするとHPが1. 5倍~2倍になる• 怯まない• ダイマックス技は守るを貫通する(Z技と同じ、4分の1の威力になる)• けたぐりや草結びなど、体重変化で威力が変わる技が効かない• 強制交換技(ほえるとか)は効かない。 ただしドラゴンテールやともえなげなどの技はダメージは入る• 道連れ無効化• 金縛り、アンコールの無効化 大事なのは、 1回のバトルで1度だけしか使えず、3ターンで元に戻ることですね。 最後の最後、 切り札として使うか。 それとも 最初からハイパワーで押していくか。 今後のバトルは、ダイマックスするタイミングが鍵になりそうです。 また、 ダイマックスするとHPが増えます。 どれくらい増えるかはダイマックスレベルによって変わり、 最低1. 5倍~最大2倍まで変化します! 画面左下辺り、ダイマックスレベルと10段階のメモリ ダイマックスレベルはマックスレイドバトルで入手できる 「ダイマックスアメ」で上げることが出来ます。 体力が多いほうが対戦では有利ですので、しっかり上げていきましょう。 基本ダイマックス技 一覧 ダイマックスすると、技が全て「ダイマックス技」に変化する ダイマックスしたポケモンは、専用の技 「ダイマックス技」しか使えません。 各技のタイプ毎に、それぞれ固有のダイマックス技に変化します。 なお 変化技はタイプに限らず、全て「ダイウォール」になります。 全ての技に共通する点としては、• PP:元の技と一緒です• 非接触• 物理・特殊:元の技と一緒です• 何らかの追加効果がある です。 そして重要なのが、 技威力! 少しややこしいですが、各ダイマックス技によって威力の最低値と最高値が決まっていて、 元技の威力次第でダイマックス技の威力が決まります。 例えば 10万ボルトを元技にしたダイサンダーは威力130なのに対して、 電気ショックを元技にしたダイサンダーは威力90になります。 雷だと威力は140に! 簡単に言うと、 弱い技の威力は弱くて、強い技の威力は強いってことですね! というわけで、下にそれぞれのタイプ毎に技名・威力幅・追加効果を纏めてみました。 タイプ 技名 威力 追加効果 炎 ダイバーン 90-150 天候を「日差しが強い」に変える 水 ダイストリーム 90-150 天候を「雨」に変える 氷 ダイアイス 90-140 天候を「霰」にする 岩 ダイロック 90-150 天候を「砂嵐」に変える 草 ダイソウゲン 90-150 場を「グラスフィールド」にする 電気 ダイサンダー 90-140 場を「エレキフィールド」にする エスパー ダイサイコ 100-150 場を「サイコフィールド」にする フェアリー ダイフェアリー 90-130 場を「ミストフィールド」にする 格闘 ダイナックル 70-100 味方全体の攻撃を1段階上げる 鋼 ダイスチル 90-140 味方全体の防御を1段階上げる 毒 ダイアシッド 70-95 味方全体の特攻を1段階上げる 地面 ダイアース 90-130 味方全体の特防を1段階上げる 飛行 ダイジェット 90-140 味方全体の素早さを1段階上げる ドラゴン ダイドラグーン 90-150 相手全体の攻撃を1段階下げる ゴースト ダイホロウ 90-130 相手全体の防御を1段階下げる 虫 ダイワーム 90-140 相手全体の特攻を1段階下げる 悪 ダイアーク 100-130 相手全体の特防を1段階下げる ノーマル ダイアタック 90-150 相手全体の素早さを1段階下げる 変化技 ダイウォール — ダイマックス技も防ぐ「守る」 (空欄は後日埋めます) 一気に覚えるのは難しいので、最初は 対戦中にこの表を見ながら対戦しちゃいましょう! キョダイマックス技 一覧 一部の特別なポケモンは、特別な姿にキョダイマックスする 一部のポケモンは専用のダイマックスである 「キョダイマックス」が出来ます。 姿も変化し、特別な技 「キョダイマックス技」を使うことが出来ます。 「キョダイマックス技」は ポケモン毎に、専用のタイプの技が変化してキョダイマックス技になります。 ダイマックス技と同じく、技威力や物理・特殊は元の技によって決まりますので、注意しましょう。 それでは、以下にキョダイマックス出来るポケモンと、それぞれのキョダイマックス技を纏めてみました。

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックスの効果と仕様・やり方【ポケモンソードシールド】

アンコール ダイマックス

ピカチュウ(キョダイマックス)の強さとは? まずは、キョダイマックスしたピカチュウの強みを理解しましょう! ダブルでは素早さ操作技が重要 ダブルバトルでは素早さ操作技が非常に優秀で、追い風やトリックルームはもちろん、攻撃しながら素早さ操作を上げられるダイジェットもよく使われています。 キョダイマックスしたピカチュウの専用技である 「キョダイバンライ」は、相手全体を麻痺状態にしながら攻撃できるということで、追い風相当の素早さ操作をダイジェットのように攻撃しながら行える素晴らしい技となっています。 ガラルには少ないねこだまし持ち ダイマックスには効かないとはいえ、ダブルバトルでは猫騙しが非常に強いです。 ガラル地方にはドーブルやガルーラなどの優秀な猫騙し持ちがいないため、ねこだましを覚えるポケモンの中でもピカチュウは優秀な部類に入ります。 貴重な電気タイプ高火力 カプ・コケコやサンダー、ボルトロスといったポケモンのいないガラル地方では、電気タイプのポケモンはロトム、パッチラゴン、ランターン、ストリンダーと面々に限られるので、ピカチュウでもそこに参入していくことができるでしょう。 臆病C252振りのピカチュウの特攻は102となり、電気玉補正で実質204です。 あの霊獣ボルトロスに匹敵する火力ですね。 ピカチュウ(キョダイマックス)の育成論 ピカチュウ(キョダイマックス)の育成論はこのようになります。 シングルで使いたい人は猫騙しの枠もほかの技に変えると良いでしょう。 性格:おくびょう• 特性:ひらいしん• 持ち物:でんきだま• 努力値:H4 C252 S252• 実数値:111-75-54-102-70-156• 攻撃のほうが種族値がわずかに高いものの、物理と比べて特殊の範囲が広く、また特殊型であれば鬼火や威嚇で攻撃を落とされにくいといったメリットがあります。 臆病にすることでロトムやジュラルドン、 ドリュウズらまで抜けるので割と激戦区なのもあります。 ダイマックスしてもピカチュウの耐久は心細いので、上をとれる範囲を広げておいたほうが良いでしょう。 特性は静電気固定(追記:避雷針も解禁されました) 本当は夢特性である「ひらいしん」を使いたかったのですが、 キョダイマックスできるピカチュウは特性が「せいでんき」固定です。 残念ですが、静電気で使っていきましょう… 期間限定のイベントではありますが、ワイルドエリアで『ひらいしん』の特性を持つピカチュウ(キョダイマックスのすがた)が解禁されました。 キョダイバンライで「まひじょうたい」にできるピカチュウで『せいでんき』の特性を採用する理由はないので、『ひらいしん』の個体を用意しましょう!! 持ち物は電気玉以外ありえない ピカチュウの持ち物は電気玉でほぼほぼ確定です。 電気玉を持たせないのなら、ほっぺすりすりを覚えたライチュウやトゲデマルでいいですもんね。 努力値はH4 CS252が安定 ピカチュウは耐久に努力値を振ったところで焼け石に水です。 攻撃は最大の防御のごとく、上から高火力をぶつけていくのがいいでしょう。 おすすめの技 おすすめの技を紹介します。 ねこだまし ダブルバトルなら是非入れておきたい技です。 サポート寄りのポケモンはダイマックスしてくることが少ないので、サポーターを見極めて撃っていきましょう。 10万ボルト 10万ボルトはメインウエポンです。 ダイマックス前提であれば雷でもいいのですが、汎用性を考慮して10万ボルトにしました。 くさむすび くさむすびは電気の通らない地面タイプへの打点として有効です。 ダイマックスすることでダイソウゲンとなり、グラスフィールドの効果によってピカチュウの弱点である地面タイプの技の一部(じしん、じならし、マグニチュード)を半減することもできます。 なみのり ピカチュウは電気タイプには珍しく波乗りを覚えることができます。 ダブルでは少々扱いにくいですが、シングルでは積極的に使ってみるといいでしょう。 もし、ダブルで使うなら、ドリュウズやバンギラスの弱点保険を起動したり、トリトドンの特攻を上げながら攻撃する役割も兼ねるとおもしろそうです。 そもそも、ピカチュウ自体ダイマックス前提な部分があるので、水技がほしい人は普通に採用していいかもしれません。 ボルトチェンジ サイクルを回していきながら戦っていけるようになる技です。 ダイマックスしなくても戦っていけるようになるので枠があれば採用したい技になります。 フェイント 先制技がどうしてもほしい人は採用しましょう! まもる ピカチュウのような耐久の低いポケモンは守るを入れたいところですが、猫騙しが似たような役割を果たせるのでそこまで優先度は高くないと思っています。 ただ、 ダイウォールはほしいので補助技から何か1つ採用したいところではあります。 わるだくみ 積めれば強いですが、ピカチュウの耐久で積むのはあまり現実的ではないため、他のポケモンでのサポートが必須になります。 アンコール 補助技を使った相手をロックすることができるようになります。 ですが、ピカチュウの場合、余計なことをせずにそのまま攻撃しているほうがシンプルに強そうです。 ピカチュウ(キョダイマックス)の対策 相手にキョダイマックスしたピカチュウを使われた場合の対策を考えていきましょう。 上から倒す ピカチュウ所詮進化前のポケモンであり、 ダイマックスしたところでH252振りのロトムよりも脆いくらいの耐久しかありません。 ダイマックス下でも普通に打ち合っていけるので、すなかきドリュウズなどで上から倒していくのも有効な手段です。 電気、地面タイプのポケモンや避雷針の特性を使う キョダイバンライは電気タイプの技なので、地面タイプや避雷針の特性で無効化することができます。 また、麻痺状態にならず電気技を半減できる電気タイプのポケモンを使うのもいいでしょう。

次の