ハイキュー 370 ネタバレ。 漫画「ハイキュー」の完全ネタバレ!370話の内容を徹底解説!

ハイキューのネタバレ370話はまさかのビーチバレーに転向する!?|大漫画時代

ハイキュー 370 ネタバレ

スポンサーリンク アザラシの子 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 コートから引き上げる烏野。 西谷と一緒に歩く東峰は躊躇いつつも、最後の星海のスパイクについて西谷が取れなければ、誰も取れないのだから責任を感じる必要は無いと気遣います。 こちらは月島に声をかける澤村です。 どうやらつった足はもう平気のようです。 月島のブロックが無ければ全国は無かったと澤村は礼を言いますが、その月島は早く帰って鴎台のブロックの録画を見たいと答えます。 また田中は清水の荷物を持つと話しかけ、最後だからかその申し出を受け入れる清水です。 「惜敗じゃねえ、完敗だ」 お前たちはもっと上に行けると試合を総括する澤村。 すると影山の意外な言葉に皆が驚きます。 「このチームでもっと上に行きたかったです」 これを聞いて感情が高ぶったか肩でタックルする菅原。 確かに試合は勝たなければそこで終わりますが、影山の今の言葉を聞けただけでも来た意味があると言います。 烏野を思う気持ちがあれば、これからも先も色々なチームであってもそう思えると大泣きします。 最後に澤村は武田先生が監督にお礼を言います。 それを聞いて武田は生徒たちを誇りに思うと返します。 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 負けは今の力の認識であっても弱さの証明ではありません。 「君たちの何もここで終わらない、これからも何だってできると!!」 と挨拶を締めて烏野の春高バレーは幕を閉じました。 スポンサーリンク これからの人生 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 宿舎に戻りベランダで「つかれた」と身も蓋もない感想を述べる澤村。 東峰もどうやらもう少しで足がつりそうな状況だったようです。 菅原は誰も謝る人間がいなくて良かったと語ります。 そこに清水が加わり一緒に過ごす黄昏時に田中から夕食の連絡が入ります。 しょうが焼き日向にオゴるとご機嫌な4人組でした。 その日向に夕食を運ぶのは鵜養でした。 日向に気合や気持ちが足りなかったと訳ではありません。 メンタルとフィジカルは別個ではなく、強い身体に強い心がついてくるのです。 限界を越えるのではなく、限界値を上げていくために飯を食べ、しっかりと筋肉をつけていこうと鵜養は総括するのでした。 「いただきます」 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 日向は涙を流しながらご飯を噛みしめるのでした。 スポンサーリンク ハイキュー!!369-370話のまとめ キャプテン澤村の最後の総括は、自分たちは奇跡「的」と言いながら、後半たちはもっと上を目指せると期待を込めたものでした。 武田先生に対する感謝も述べるなど気遣いに抜かりはありません。 こうした裏方へのフォローがあるのも、この作品の良いところです。 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 その武田先生の言葉は、もはや名セリフの宝箱すぎます。 そして驚いたのは、このチームでもっと上に行きたかったという影山の一言。 あのワンマン王様野郎からそんな言葉が出てくるとは、菅原でなくても思わず涙です。 そして烏野の現メンバーでの最後の晩餐。 勝利のしょうが焼きでなかったのは少々残念でしたが、インターハイ予選で蒼葉城西に敗北した時の食事と今回は違い涙を流しながらではないから、選手も控えもベンチも各々が自分の力を出し切った感じがしたのでしょう。 山盛りご飯の影山に思わずワロタ。 日向にそっと差し入れをするチームメイトが微笑えましいです。 古舘春一「ハイキュー」369話より引用 そして、最終ページは数年後! 作品ワープの法則で2年生、ひょっとして高校卒業?まで飛ばしてきました。 チャリに乗る日向は少しだけ背が伸びたかな? とりあえず国内ではやることやったので、海外編、武者修行編なのか? それとも、武田先生が日向に語った台詞が伏線で、東京五輪編となるのか? 作品設定として、日向1年生が2012年なので、リオ五輪に合わせて2016年にブラジル渡航、最後は東京五輪で2020年に時間軸を現在に合わせてエンド。 こんな感じでしょうかね。

次の

▷ ハイキュー!!370話ネタバレ 感想 !

ハイキュー 370 ネタバレ

注目ポイント ・タイトル名 ・扉絵 ・あれから5年 ・日向はどこに! ・ビーチを選んだワケ ・影山との最後 以上、 6つの注目ポイントをご用意!!! 各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー! ハイキューネタバレ370話:タイトル名 ハイキュー370話のタイトル名は 「 挑戦者 」 新章開幕しましたね! いきなり時間を超えてブラジルが出てきたわけですが、このタイトル。 一体何に挑戦するのでしょうか・・・ 世界の敵?それとも今までに戦ってきたライバル? 今までも、貪欲に色んなことに挑戦し続けてきた日向。 終章突入へ 本日10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号より、ハイキュー!! は終章へと向かいます。 皆さま、最後まで応援のほど、何卒よろしくお願いいたします! — ハイキュー!!. 終章突入へ 本日10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号より、ハイキュー!! は終章へと向かいます。 彼女は思い出す。 高校1年の夏、接点のなかったバレー部に所属し、マネージャーをやっていたことを。 熱い高校生活を送っていたことを。 ハイキューネタバレ370話:灼熱の2年半 初めての春高は、準々決勝敗退。 大きな存在であった3年生が引退し、谷地たちは2年生に。 初夏のインターハイ予選では、烏野は決勝までいくも伊達工業に敗れます。 その伊達工業は11年ぶりに全国への切符を掴み、全国ベスト16に! 秋の春高では、烏野が全国進出を決めて、3回戦で再び稲荷崎と対戦! 3年になった 宮兄弟を前に惜敗。 そして、谷地たちにとって 最後の春高。 またも全国への切符を手にし、準決勝に進出します! 初めてセンターコートに立つことができるのですが、井闥山に敗れ、 全国3位に終わります。 影山は引く手数多の中、大学へは行かず Vリーグに進みます! 国内トップリーグでは、10代にして 異例の活躍を見せます! 近々海外リーグへの挑戦も予定しているらしい。 日向は・・・ ハイキューネタバレ370話:日向はどこに! 谷地はスマホを見る。 やっと来れたーーーー!! そのメッセージとともに、笑顔で写真にうつる日向。 その場所は、 ブラジル・リオデジャネイロ! 日向は去年から、地球の裏側に居るのだとー ハイキューネタバレ370話:コートはビーチ!? そして、日向がバレーをしている。 その場所は、 フラメンコビーチ! 裸足で砂場を動き回り、ボールを追う! 共に戦う仲間は一人、しかも 外国人! その外国人にトスをもらい、スパイクを決める日向。 どこにも行けない奴が他人の挑戦を笑う 「誰もやってない」事は「誰もできない」事じゃない という言葉を思い出し、検討してみると日向に伝えるのでした! ハイキューネタバレ370話:チャンスをつかむ そして、今まで出会ってきた監督たちなど、いろんな人に情報を聞いて回ります! 日向は日向で、ネットで情報収集。 そこで、オリンピック・ビーチバレーで優勝していたのが ブラジルだと知ります! そして、その年の 宮城県1年生選抜強化合宿。 なかなかビーチに対する情報が集まらないのだと言う烏養コーチに声をかけるのは、 鷲匠監督! 白鳥沢の卒業生で、インドアからビーチに転向し、その後インドアのジュニアチームのコーチをしている奴がいると! しかし、そのコーチがいるのは、 リオデジャネイロ! 驚く烏養コーチでしたが、やっと手に入れたチャンスを日向に伝えます! 即答で 「行きます!!!!」と答える日向に、高校卒業後1年念入りに準備しろと伝える鷲匠監督。 そして、 期限は2年だと。 それを素直に受け入れ、感謝を述べる日向なのでした! 迷いなくブラジルに行っちゃう日向はすごいなーと思います。 他校であり、しかも厳しくあたってきた日向に対して手を貸すなんてと。 その反応に、同意する鷲匠監督。 体格以外は素質があって、気骨もある。 しかし、自分以外の大人が手を貸せばいいことだと。 烏養監督もいるし、関東にもツテがある。 それでも日向に手を貸すのはー 俺以上に日向翔陽に 期待する人間が居てたまるか そう、 身長という越えられない壁をもろともせず、進み続ける日向に対しての 強い期待があるからなのでした! 鷲匠監督は実は日向大好きなんだと思う。 早朝にビーチで瞑想をするのは、ブラジルに行った 日向。 瞑想後、部屋に戻り、ルームメイトを起こして、朝ごはんを食べます。 その時思い出すのは、 高校の卒業式後。 誰もいない体育館でサーブを打つ 影山。 そのボールを迎えたのは 日向! 影山のサーブを、ネットに近い場所に 綺麗に返す! 少し大人になった2人。 最後は、笑顔で再会を約束するように挨拶をします! 「またな!」 そして、いつものように冗談を言い合う2人でした。 このシーンを読んだだけで泣いた、そんな今日でした。 物事は身近なところから、着実に始めることが肝要であることのたとえ。 日向は強くなるために、一つ一つの課題を丁寧に乗り越えて、自分の力にしていくつもりなんでしょうね! 頑張れ日向ー!! 初めて聞いたけど、いいことわざだなこれ。 最新刊をすぐ読みたい…• jpの無料トライアル期間に登録すると合計6巻初回ポイントで読めちゃいます。 ポイント利用で 1冊今すぐ読める ポイント利用で 2冊今すぐ読める すぐにでは無いが、ポイント利用で 3冊読める ハイキューのネタバレ370話はまさかのビーチバレーに転向する!?:まとめ いかがでしたか? 衝撃の展開に、まだ頭が混乱しています! 最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます! 注目考察ポイント ・何年後? ・なぜブラジルに? ・影山 ・新章開幕の伏線 以上、 4つの注目ポイントをご用意!!! 各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー! ハイキューネタバレ考察370話:何年後? では早速考察していきます! 369話では、最後に衝撃の 新章突入・・・! マジかぁ!新章?! — たけ TTennensui 舞台は ブラジル・リオデジャネイロ。 いきなり始まったブラジル編ですが、何年後かは表記されておらず、数年後とだけ。 日向の後ろ姿は描かれていましたね!心なしか大きくなったような・・・ おそらく、高校卒業したあとの 3年~5年後あたりではないでしょうか? 日向が高校生のうちに留学する可能性もありますが、烏野のチームを抜けて日本を出る、ということは考えにくい。 となれば、高校卒業後、大学に入って留学か、それとも進学せずに世界に羽ばたいていったのでしょうか? ハイキューネタバレ考察370話:どの立ち位置でブラジルに? 日向がブラジルに行ったのは、どの立ち位置なのでしょうか。 ・日本代表として選ばれ、ブラジルに遠征中 ・ブラジルのチームに入り、修行中 このどちらかですかね! 369話最後の日向はUber Eatsのようなリュックを背負い、バイト中のようでした。 自身で生活費を稼ぎ、バレー生活を送っているようでしたので、 遠征は考えにくい・・・ となれば、留学か、生活拠点をブラジルに移して生活をしている方が可能性としては高いですね! ハイキューネタバレ考察370話:なぜブラジルに? さて、 ブラジル・リオデジャネイロ! 何故この地が選ばれたのでしょうか? ブラジルは、世界的に見て、 バレーが盛んで強豪国であると言われています! 男子は 世界ランクでも上位に君臨しています! 昨日撮影したワールドカップバレー。 ブラジルの勇姿編。 aika0156 2019年のW杯女子バレーでは、日本は鉄壁ブラジルを相手に敗北していますし・・・ 修行するにはもってこいの地ですよね! ハイキューネタバレ考察370話:小さな巨人再び? そんな強豪国であるブラジルにいき、日向はどうバレーをしていくのでしょうか? 実際のブラジルの過去の選手なんかを見てみたのですが、全員大きい! 低くても180cm以上で、 190cm・200cmを超える選手がわんさか!!! ハイキューに登場してくるかは分かりませんが・・・ しかし、日向にとってこれだけの 高身長の中でバレーをしていくのは苦労がついてくるでしょう! でも、日向は今までも小さいながらバネと動体視力で戦い抜いてきました。 俺はいつか アンタにトスを上げるで そう、敵としてではなく、味方としてトスを上げると宣言していた宮侑! 彼もまた、ブラジルに来ているなんてことがあるのでしょうか・・・? 他にも日向と言葉なき友情を築いていた 青根なんかも出てきて欲しいですよね! どのメンツが今後登場してくるのでしょうか!? ハイキューネタバレ考察370話:新章開幕の伏線 そして、369話最後の方で少し触れていましたが、この新章開幕、宣言されていたのです! 色々と繋がっててやばい — ぼーい MeshidaMasaka 2013年ジャンプ43号の作者コメント欄。 7年後にオリンピック編やります!って言っちゃってるんです!! この時はまだ 仮 となっていますが、ほんとに実現させちゃいましたね!! ここで ニホンオリンピックって言ってるので、おそらく オリンピックが舞台になるのでは! となると、日本代表とかになるのでしょうか?? ハイキューネタバレ考察370話:武田先生も!? 実は・・・ 武田先生も・・・!! ハイキューの初期の武ちゃんのポエム で出てきてるじゃん? サンバ!な国がさ。 古舘せんせはこの頃から考えてたりしてたのかな…流石に深読みし過ぎかな。 背景がなんと ブラジル!!!! あの キリスト像が描かれているのです! 今この瞬間も世界を変えるような出会いはどこかで生まれていてそれは遠い遠い異国かもしれない地球の裏側かもしれない。 もしかしたら東の小さな島国の北の片田舎のごく普通の高校のごく普通のバレーボール部かもしれないそんな出会いがここで…烏野であったんだと思った。 大げさとかおめでたいとか思われるかもしれない。 でも信じないよりはずっといい。 根拠なんかないけど 君らはきっとこれから強く、強くなるんだな 地球の裏側とも 異国とも言っています・・・! きっとこの時の武田先生は、日向がブラジルに行くなんて考えずに言った言葉なのでしょう! しかし、伏線過ぎて鳥肌もんです!! ハイキューのネタバレ370話を徹底考察!ブラジル編が開幕する!!:まとめ いかがでしたか? 最後に、注目考察ポイントを簡潔にまとめます!.

次の

ハイキュー!!371話のネタバレ!!ブラジルで日向が出会った意外な人物とは!?

ハイキュー 370 ネタバレ

スポンサーリンク リオから送信された衝撃の画像は日向と及川の列島がザワつくようなツーショットでした。 さすがにこの組み合わせはどうなのかと、現在ではVリーグのチームメイトである影山と牛若も画像を見ても言葉が出てきません。 及川は現在アルゼンチンのプロリーグで活躍中です。 小学校の時に観戦したW杯の日本VSアルゼンチンで見たベテランセッターのブランコ選手に憧れ海外に進出していたのです。 自分と同じような挑戦者がいると知った日向は、ご飯を奢ってもらったこともあり「超超超元気が出ました」と及川に笑顔で感謝します。 するとそこに地元二人組が中国人と勘違いしたのか日向たちに野良試合の申し込み。 スポンサーリンク どうした渡辺謙コンビ? 古舘春一「ハイキュー」373話より引用 日向たちを試合に誘ったジーノとガブリエルは、この辺りでは「ビールおごれブラザーズ」として少しは名の知れたペアのようです。 夜も遅いから短時間で終わらせると意気込みますが、及川の得意のジャンプサーブはボールが上げた途端に風に流されて、まさかの空振り。 古舘春一「ハイキュー」373話より引用 爆笑するガブリエルに「風よ空気読め!」とキレ気味の及川。 硬い床の上とは違い自由に動けず苦労する及川は、風を読んで丁寧にトスを上げた日向とのコンビも合わせきれずスパイクはアウトになります。 ドリブルしやすいビーチの特性を感じる及川は、日向も最初は出来なかった掴み気味のトスで早くも対応します。 しかしガブリエルの「ビールちょうだいサーブ」に翻弄された日向たちは結局敗退し、ビールを奢るハメになりました。 スポンサーリンク バレーは繋ぐもの 古舘春一「ハイキュー」373話より引用 後日。 日向は自分たちが勝利したらプロテインを奢ってと約束をします。 風上側のバッドサイドはボールが風の影響を受けやすくガブリエルのサーブを取るのは至難の技ですが、今度はガブリエルのサーブに一歩の踏み出しで対応した日向。 レベル上げは好きという日向の言葉を思い出した及川のトスはややネットから遠い感じがしましたが、風を読んだドンピシャの位置にボールが流れてきました。 綺麗なオープン攻撃が決まり勢いよくタッチをする二人。 一方の及川は別のことを考えていました。 また日向は日向で違うことを思っています。 ビーチバレーという競技では仲間は一人のみ。 スポンサーリンク ハイキュー!! 373-374 話のまとめ 古舘春一「ハイキュー」373話より引用 ビーチバレーにおいて最初は素人の及川でしたが、最後は日向とのコンビを決めるなど1週間の滞在期間でアジャストしてくるあたりは、やはりプロ選手のことだけはあります。 もっとも野良試合の初戦は日向が財布を無くし無一文だったはずなので、ガブリエルとジーノ2人分のビール代を支払ったはずでしょう(笑) いちいち喧しい及川に日向は面白いと感じていたようですが、岩泉のように小学校~高校まで一緒にプレーとなるとどうかなぁ。 このあたりをヒントに日向がレベルアップとなれば良いのですが。

次の