アイス ボーン マスター ランク。 アイスボーン マスターランクの歴戦の個体一覧と出し方【モンハンワールド】

アイスボーン マスターランクの歴戦の個体一覧と出し方【モンハンワールド】

アイス ボーン マスター ランク

その為、ここに記載していない武器でも当たり武器があるかもしれないので、武器を手放す等は自己責任でお願いします。 大剣 物理特化武器なので、覚醒武器一択だと思います。 覚醒大剣の爆破があれば、無理に鑑定武器は使わなくてOKだと思います。 龍属性の覚醒大剣が無いなら、龍封大にして古龍に使えるかな?という性能。 太刀 総じて覚醒武器の方が優秀だと思います。 鑑定武器は属性が優秀ですが、覚醒武器と比べて切れ味と攻撃力が低いのが残念なところ。 強かったガイラソード・火は強化しても覚醒武器を越えられませんでした。 火が弱点なら有効だけど、白ゲージでこの攻撃力は残念。 滅尽の一刀よりは優秀。 ブラキ太刀か覚醒太刀でOKです。 片手剣 片手剣は物理重視にした方が火力が高くなるので、属性が強いマム武器は微妙なところです。 会心撃【特殊】付きで、生産武器を上回る攻撃力。 属性解放なしなのでかなり使いやすいと思います。 双剣 双剣はほぼ全属性更新可能です。 皇金に会心撃【属性】が付いているので、でさらに火力が伸びます。 物理が高いものの青ゲージ止まり。 覚醒武器と同等かそれ以上だと思います。 物理、属性共に優秀。 ブランハチェットの方がカスタムとパーツ強化で属性値は高くなりますが、総合的にはこちらが上だと思います。 白ゲージなので、切れ味は激昴ラージャン双剣よりやや劣るものの、会心撃【属性】付きなのが大きいです。 普通に優秀です。 ハンマー 残念ながら覚醒武器の方が強いです。 狩猟笛 覚醒武器と違って旋律が変更できないのがネック。 紫赤青と高スペックな武器。 属性解放で睡眠 540 、白ゲージも長めで無属性運用でも優秀。 旋律は紫赤緑。 ランス ガイラ惨爪は産廃になりました、残念。 物理特化の覚醒武器が強いので、出番は少ないとは思います。 鑑定武器の中では物理が高め。 属性値が高く、会心撃付きなので、水が通るモンスターなら採用できるとは思います。 ガンランス 覚醒武器とブラキガンスでOKです。 放射Lv7は残念ながら無しでした。 放射Lv6は生産武器か覚醒武器で良いかと思います。 ブラキガンスの方が強いですが、属性が水なので爆破に耐性のあるモンスにはワンチャンあると思います。 スラッシュアックス 強かったガイラアックス・麻痺は、青ゲージ止まりなので覚醒武器の麻痺特化の方が強いと思います。 物理高め、強属性ビンなので属性通るモンスターになら覚醒武器超えもありそう。 水と同じく強属性ビン。 物理も高めで優秀です。 チャージアックス 総じて優秀です。 特に氷はついにディープシュネーゲルを超える武器が登場しました。 強属性ビン、白ゲージとかなり優秀。 これまで強かったディープシュネーゲルを遥かに超える性能です。 操虫棍 W強化が無いのが残念なところ。 物理が強い武器なので、覚醒武器を更新する事はできませんでした。 攻撃力が高めなので、まだ使える武器だと思います。 ただ覚醒武器の方が使いやすいと思います。 サポート装備なら使える武器だと思います。 弓 ほぼ覚醒武器を超えてしまいました。 の組み合わせが強力です。 水は強撃ビンが使えないのが残念。 会心率が高く、パーツ強化も可能なので優秀です。 攻撃力は低めですが、高い属性値が優秀。 ガイラ雷の方が属性値は高いですが、スキル枠的にこちらが優秀です。 優秀ですが、龍属性は出番が少ないのがネック。 ライト 使えるのは皇金の弩・雷くらいだと思います。 傷つけ2回の為、通常弾などの物理弾は運用しにくいですね。 DPSは覚醒氷よりも高いとは思いますが、弾切れしやすいデメリットもあり。 ヘビィ ヘビィで属性弾を撃つことは少ないかもしれませんが、火と氷は攻撃力が高めで装填数も多いので優秀だと思います。

次の

【MHWアイスボーン】MR(マスターランク)の効率の良い上げ方と上限の解放条件【モンハンワールド】

アイス ボーン マスター ランク

キリンを簡単に倒すなら徹甲榴弾ライトボウガンがおすすめ! キリンを倒せない、苦戦している人に試してもらいたいのが『 徹甲榴弾ライトボウガン』です。 徹甲榴弾は肉質無視の固定ダメージなので弱点を狙う必要は無く、頭を狙えばスタンも取れるので、比較的戦いやすい武器と言えます。 次の項ではそれぞれの武器の特徴を解説します。 ライトボウガンのスペック紹介 業弩ダークデメント イビルジョーのライトボウガンの最終強化版。 会心率はマイナスですが、徹甲榴弾に会心率は関係なく、攻撃力が威力に繋がるので徹甲榴弾速射ライトでは最強です。 作成に怒り喰らうイビルジョーの素材が必要なので、作成難易度は高いです。 火力は下がりますが、レア素材は必要ないので作成難易度が低めです。 またスロットが一つ空いているのも魅力。 盛者必衰-散華- 攻撃力377と高い攻撃力が魅力。 徹甲榴弾の単発自動装填が注目されていますが、通常弾3運用ができたり、スタン時に散弾3を撃つことが可能であったりと便利なライトボウガン。 麻痺弾・睡眠弾も使用可能。 なによりリロードで足が止まらないので被弾率がかなり下がります。 ライトボウガンの装備例 徹甲榴弾運用に必要なスキルは、装填拡張3、砲術3~5となっています。 砲術5はラスボスクリア後に作成できるEXゾラマグナ装備のシリーズスキルです。 あればいいスキルは、 フルチャージ、 攻撃、 KO術といった火力スキルや体力増強、早食いなどの生存スキルです。 また使用した弾が一定の確率で減らない、 業物/弾丸節約や 真・業物/弾丸節約は徹甲榴弾と相性がいいのでおすすめです。 砲術5+フルチャージ型 EXゾラマグナを3部位使用した火力装備であり、徹甲榴弾ライトボウガンのテンプレ装備となっています。 ラスボスクリア後に作成できるのですが、ほとんどが採取などで揃うので、装備自体の作成難易度は高くないです。 無傷珠3つと解放珠1つが必要なので、装飾品がややネックです。 空きスロットは4スロが1つ、3スロが1つ、2スロが1つ、1スロが3つあります。 余ったスロットに色々詰めたのが上記の装備。 1スロに耐雷珠を3つ装着すると雷ダメージが下がるのでおすすめです。 スタンやダウン時に散弾3を打つために散弾強化をつけたり、モンスターに合わせてKO術や破壊王を入れたりと拡張性が高い装備でもあります。 装飾品不要、砲術3+破壊王型 装飾品無しで砲術3、破壊王3、装填拡張3が発動する装備。 作成難易度もそれほど高くないです。 空きスロットは4スロが2つ、3スロが1つ、2スロが1つ、1スロが4つあるので拡張性も高いです。 護石にはルームサービスから受注できるクエストで貰える『業物の護石』を使用すれば弾丸節約も発動させる事ができます。 ラスボスの頭破壊や部位破壊マラソンでも有効な装備です。 装飾品不要、砲術3+真業物型 ナルガ装備を3部位使用し、真業物を発動させた装備。 真業物は業物よりも弾丸節約の発動率が高いので、徹甲榴弾と相性がいいです。 解放珠と砲術珠がレアでなかなか出ないので、砲術3を護石で発動させています。 作成にアンジャナフの逆鱗と宝玉、テオ・テスカトルの宝玉が必要ですが、マスターランク装備があれば比較的楽に集められると思います。 空いているスロットに詰め込めば、砲術3+フルチャージ+早食い+整備+真業物型の装備が可能となっています。 早食いの代わりに雷耐性を上げる選択肢もありです。 対キリンの立ち回り キリンと言えば角を狙いがちですが、徹甲榴弾は肉質無視ダメージなので、基本的にどこに当ててもダメージは変わりません。 なので頭を狙って外したり、狙いすぎて被弾しないように、キリンの胴体を狙うようにします。 また徹甲榴弾は肉質無視なのでクラッチクロー攻撃による肉質軟化も不要です。 隙があればクラッチクローからのぶっ飛ばしは狙ってもOKです。 狙える時だけ頭を狙うようにしてスタンを狙います。 調合分の弾薬が無くなったり、回復薬が無くなればモドリ玉でキャンプへ戻りましょう。 必須の持ち物 ・モドリ玉 ・秘薬 調合分 ・徹甲榴弾調合用の徹甲榴弾Lv1、バクレツの実、LV2火薬粉 ・転身の装衣 ・耐寒の装衣 徹甲榴弾のLv1とLv2は必ずショートカットの調合に登録しておきましょう。 転身の装衣と耐雷の装衣は交互に装着しておきます。 危険な時や回復・弾丸切れの時はモドリ玉を使用しましょう。 まとめ ・徹甲榴弾は肉質無視なのでキリンにおすすめ ・頭を狙うと外しやすいので、胴体を狙うようにする ・モドリ玉と回復・弾丸の調合分を持っていく 徹甲榴弾速射は他のモンスターにも効果的で、素材集めなら徹甲榴弾ライトボウガンで全てOKなくらい汎用性が高いです。 徹甲榴弾の装備記事などもあるので是非他の記事も参考にしてみて下さい。

次の

【MHWアイスボーン】任務クエスト一覧

アイス ボーン マスター ランク

マスターランク MR 上げの効率的なやり方 おすすめの上げ方まとめ 上げ方 おすすめ度 特定の任務クエストへの救難参加 所要時間が短く、もらえるポイントが多いため、 MRが低い時は最高効率。 高MRのプレイヤーに最もおすすめ。 今後、効率的なイベクエが配信される可能生はある。 一定ダメージを与えた後にひるませるとクリアでき、 1〜5分程度で周回できます。 いつまでも募集が見つからない場合は「」か「」で妥協しましょう。 クエストの楽な探し方• 検索条件を「任務クエスト」「イヴェルカーナ」に設定してクエストを探す• 「」を選択。 しばらく探して出なければ「」で妥協• どちらも見つからなかったら、条件を「任務クエスト」のみに変更し再検索• 「」を選択 高ランクには導きの地がおすすめ 「導きの地」の地帯レベル上げは全モンスターと戦う上では避けて通れない道なので、先を見越してマスターランクと同時に地帯レベルも上げておくのは賢いやり方と言えます。 どのモンスターも多くのランクポイントを獲得できますが、 中でも歴戦個体や古龍はマスターランクを上げやすいので、それらのモンスターが出現するのを確認してから探索に向かうのがおすすめです。 歴戦調査クエストは同時に装飾品集めも 装飾品を集めれば集めるほど理想の装備セットを組みやすくなるので、早めに集めておいて損はありません。 装飾品を集めたい方や、前述の上げ方に飽きて気分転換したい方におすすめです。 古龍クエストはMR上げと素材集めを両立可能 通常個体でも、古龍モンスターは多くのランクポイントを獲得できます。 武器や防具を作るのに古龍素材が必要な方は、装備を強化しつつマスターランクを上げられます。 イベントクエストは効率がイマイチ マスターランクを上げやすいと言われているイベントクエストはたくさんありますが、実際には上げやすいと言い切れるクエストはありません。 そのため、副産物目当ての方以外にはおすすめできません。 ただし、今後マスターランクを上げやすいイベントクエストが配信される可能性は十分にあります。

次の